「NOMURA」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月9日野村総合研究所★★★フィードバック数:0大型消費/投資

市場データです。

日本の不動産投資市場2015

日本の不動産投資市場 20152015年6月株式会社野村総合研究所〒100-0005東京都千代田区丸の内1-6-5 丸の内北口ビル不動産投資市場の活性化と透明性の向上を目指して本資料は情報提供を唯一の目的として作成したもので、投資勧誘を目的として作成したものではありません。本資料は、信頼できる情報に基づいて作成されていますが、野村総合研究所は、その正確性および完全性に関して責任を負うものではありません。本資料に記載された意見およびデータは、作成時点における判断・情報であり、予告なく変わる場合があ

2015年5月13日経済産業省フィードバック数:0ビジネス

平成26年度新興国市場開拓事業(相手国の産業政策・制度構築の支援事業(インド:対インド投資・貿易促進に関する調査)) 報告書

経済産業省通商政策局 アジア大洋州課 南西アジア室平成26年度新興国市場開拓事業(相手国の産業政策・制度構築の平成26年度新興国市場開拓事業(相手国の産業政策制度構築の支援事業(インド:対インド投資・貿易促進に関する調査))報告書2015年3月株式会社野村総合研究所Nomura Research Institute India Ltd報告書目次(1)日本工業団地検討対象設定(1)-1日本工業団地検討対象設定P.10(2)日本工業団地類型化・選定(2)-1インド中央政府の製造業振興策の把握P.26

6次産業化についての調査です。

「集客型6次産業化」に関するアンケート調査

「集客型 6 次産業化」に関するアンケート調査報告2015 年 4 月野村アグリプランニング&アドバイザリー株式会社はじめに農林水産業の 6 次産業化・成長産業化が地方創生等、政策レベルで頻繁に用いられる現在、生産したものを加工・販売する取り組みに加えて、「来てもらう」「見てもらう」ことを重視した、観光と関連させた取り組み事例も数多くみられるようになっている。本調査では、「来てもらう」「見てもらう」6 次産業化を「集客型 6 次産業化」と名付け、調査を行うことによって、その現状と課題、今後の展望

2015年2月26日経済産業省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

経産省のレポートです。

平成25年度我が国経済社会の情報化・サービス化に係る基盤整備(我が国電機電子産業を巡る構造的環境変化、経営課題及び政策課題に関する調査研究)報告書

平成25年度我が国経済社会の情報化・サービス化に係る基盤整備(我が国電機電子産業を巡る構造的環境変化、経営課題及び政策課題に関する調査研究)報告書2014年3月31日株式会社野村総合研究所コンサルティング事業本部グローバル製造業コンサルティング部部長近野 泰〒100-0005東京都千代田区丸の内1-6-5 丸の内北口ビル実施計画2013年調査/タスク項目11月下旬2014年12月上旬中旬文献調査1月下旬上旬中旬2月下旬上旬中旬3月下旬上旬中旬下旬取りまとめTASK 1 各社の現状把握ヒアリングを

2014年8月17日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

国際競争力強化のためのデザイン思考を活用した経営実態調査報告書

国際競争力強化のためのデザイン思考を活用した経営実態調査報告書2014年3月株式会社野村総合研究所〒100-0005東京都千代田区丸の内1-6-5 丸の内北口ビル【国際競争力強化のためのデザイン思考を活用した経営実態調査】1.本調査事業の背景と目的、実施フロー・・・2-4・・・5- 232.イノベーションを実現するためのデザイン思考3.経験・組織デザインにおけるデザイン思考活用成功事例・・・ 24- 484.デザイン思考の活用を促進するために・・・ 49- 555.参考資料・・・ 56-121ワ

債券運用パフォーマンスに隠れた時価評価の影響-公社債店頭売買参考統計値とNOMURA-BPIの時価評価の違い

債券運用パフォーマンスに隠れた時価評価の影響-公社債店頭売買参考統計値とNOMURA-BPIの時価評価の違い | ニッセイ基礎研究所 債券運用パフォーマンスに隠れた時価評価の影響-公社債店頭売買参考統計値とNOMURA-BPIの時価評価の違い 千田 英明基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 国内債券マーケットには、複数の時価が存在している。ファンドの運用収益率を計算

2014年5月23日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度国際エネルギー使用合理化等対策事業(インドにおける運輸部門に係る省エネルギー推進等政策共同研究事業)報告書

平成25年度国際エネルギー使用合理化等対策事業インドにおける運輸部門に係る省エネルギー推進等政策共同研究事業― 報告書―2014年2月株式会社野村総合研究所コンサルティング事業本部〒100-0005東京都千代田区丸の内1-6-5 丸の内北口ビルCopyright(C) 2014 Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved.目次0 背景と目的1 燃料価格政策に関する情報収集と整理2 燃料価格政策オプションの検討3 運輸部門のエネルギー需給

2014年5月8日野村総合研究所フィードバック数:0企業情報システム

2020年に向けたIT市場の動向

NRINEWS2020年に向けたIT市場の動向桑津浩太郎ハードウエアやネットワークを中心としたIT市場が成を強めている(図1)。IT市場は熟化する一方で、スマートフォンやクラウドサービス、多様化と成熟化が同時に進行するM2M(Machine to Machine:機器と機器の接続)などの、状況に置かれているのである。多様な機器、サービス、プラットフォームが同市場をけん引しようとしている。本稿では、上述のサービスや利活用へのシフトと並行して注目を集めるM2Mを取り上げ、これまでの自動販売機や電力メ

2014年3月20日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成24年度国際エネルギー使用合理化等対策事業(省エネルギー等政策共同研究事業)報告書

平成24年度国際エネルギー使用合理化等対策事業省エネルギー等政策共同研究事業報告書2013年3月株式会社野村総合研究所コンサルティング事業本部〒100-0005東京都千代田区丸の内1-6-5 丸の内北口ビル本調査の背景と目的 背景 世界的なエネルギー需要の増大に伴い、中長期的なエネルギー需給の逼迫・不安定化や、化石燃料の消費による二酸化炭素排出量の増加がもたらす地球温暖化が懸念されている。省エネルギー・再生可能エネルギー等(以下、「省エネルギー等」という。 )はこれを解決する有力な手段として

2013年10月8日野村総合研究所フィードバック数:0ビジネス海外

ASEAN消費市場への日系企業の参入における課題と対応策

特集消費市場として拡大するASEANASEAN消費市場への日系企業の参入における課題と対応策倉林貴之CONTENTS長尾良太Ⅰ 消費市場としての注目度が高まるASEANⅡ 「モザイク」模様のASEAN消費市場Ⅲ 日系企業による参入上の工夫 ── 日系企業の取り組み事例Ⅳ 日系企業が直面する課題と対応策要約1 日本・中国に次ぐアジアの第三極としての消費市場へと成長することが見込まれるASEAN(東南アジア諸国連合)。日系企業にとっての「今後の進出意向」は中国と肩を並べる水準に達している。2 消

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:2製造業/エレクトロニクス

平成23年度産業経済研究委託事業(我が国における中長期的な産業構造変化調査事業)報告書

平成23年度産業経済研究委託事業(我が国における中長期的な産業構造変化調査事業)報告書2012年3月30日株式会社野村総合研究所コンサルティング事業本部自動車・ハイテク産業コンサルティング部部長本書は、貴省と株式会社野村総合研究所(以下、「弊社」といいます)との間で本書を用いた検討を行う目的において、貴省内に限りご利用頂くことを目的として弊社が作成したものであり、弊社の営業秘密が含まれます。また、本書は、弊社の著作物です。本書の無断複製、無断転載、当該目的以外へのご利用及び貴省以外の第三者への本

2013年7月5日経済産業省フィードバック数:0ライフスタイル

平成24年度総合調査研究(地域医療再生等健康関連分野における各種制度に関する調査研究)報告書

平成24年度総合調査研究「地域医療再生等健康関連分野における各種制度に関する調査研究」最終報告書2013年3月15日株式会社野村総合研究所コンサルティング事業本部消費サービス・ヘルスケアコンサルティング部〒100-0005東京都千代田区丸の内1-6-5 丸の内北口ビル目次1.調査の概要2.調査の結果Copyright(C) 2013 Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved.1目次1.調査の概要1.1.背景・目的・内容1.2.本調査の

2013年6月7日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成24年度アジア産業基盤強化等事業(天然ゴムの安定調達に資する協力のあり方に関する調査)最終報告書

平成24年度アジア産業基盤強化等事業(天然ゴムの安定調達に資する協力のあり方に関する調査)最終報告書2013年3月22日株式会社野村総合研究所コンサルティング事業本部電機・精密・素材産業コンサルティング部〒100-0005東京都千代田区丸の内1-6-5 丸の内北口ビル本調査の背景・目的調査の背景背景 我が国主要産業の1つであるゴム・タイヤ産業にとって、天然ゴムの安定調達と市場価栺の安定化は、大きな課題である。 天然ゴムと合成ゴムは、自動車や航空機のタイヤ、医療用手袋等、各種ゴム製品の原料と

6次産業化についての調査です。

農業法人の直販事業に関するアンケート調査

農業法人の直販事業に関するアンケート調査結果(概要版) 2013 年 4 月野村アグリプランニング&アドバイザリー株式会社1. アンケート概要1) 目的農林漁業の再生は、日本再生に向けた大きなテーマの一つとなっている。また、TPP 議論もあり、新しい成長産業としての農林漁業の「かたち」を模索する動きが活発化している。農林漁業は生産部分だけを取り上げると 11 兆円程度の市場規模しかないが、加工(2 次産業)、流通・販売(3 次産業)を含めると90 兆円以上の市場が存在していることは事実である。こ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ