「NOx」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2014年7月6日科学技術振興機構フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

中国の大気汚染は果たして「悪化の一途をたどってきた」のか?-データが示すPM2.5問題の背景と実態-(その2)

トップ >> 第93号> 中国の大気汚染は果たして「悪化の一途をたどってきた」のか?-データが示すPM2.5問題の背景と実態-(その1)中国の大気汚染は果たして「悪化の一途をたどってきた」のか?-データが示すPM2.5問題の背景と実態-(その2)2014年 6月20日堀井 伸浩(ほりい のぶひろ):九州大学経済学研究院准教授略歴1994年3月 慶應義塾大学法学部政治学科卒業 1996年3月 慶應義塾大学法学研究科前期博士課程(修士課程)修了1996年4月 アジア経済研究所研究員 2006年4月 

2013年10月2日参議院★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

参議院のレポートです。

PM2.5をめぐる問題の経緯と今後の課題

PM2.5 をめぐる問題の経緯と今後の課題環境委員会調査室中野 かおり1.はじめに2013 年1月、中国における微小粒子状物質PM2.51による大規模かつ深刻な大気汚染が発生したことを契機に、日本への越境大気汚染が大きく報道され、社会的な話題となった。実際に、西日本では広範囲にわたって、環境基準2を超える高濃度のPM2.5 が観測され、大陸(中国)からの越境大気汚染による影響があったものと報告されている3。こうした状況を踏まえて、環境省は、同年2月、「微小粒子状物質(PM2.5)に関する専門家会

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

お知らせ