「No.5相続税」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2013年4月4日日本総研フィードバック数:0社会/政治

【特集 社会保障と経済成長をどう両立するか】相続税の課税方式に関する理論的考察

相続税の課税方式に関する理論的考察―取得税方式への回帰に向けて―調査部 研究員 立岡 健二郎目   次1.はじめに2.遺産税方式と取得税方式(1)課税根拠(2)機能面の特徴3.わが国の現行課税方式とその問題点(1)法定相続分方式(2)現行方式が導入された背景およびその問題点(3)課税方式を巡る最近の議論の展開4.遺産税・取得税方式と社会における相続の位置付け(1)三木[1995]「財産元本への課税は所有権の侵害」(2)マーリーズ・レビュー[2011]「機会の平等こそ政策目標」(3)遺産税・取得税

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ