「No.9」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

経済と物流の動向 2015年6月 No.90

経済と物流の動向 2015年6月 No.90

2015年6月5日内閣府フィードバック数:0社会/政治

Economic & Social Research No.9 2015年夏号

ESR  No. 92015 年 夏号ミクロデータを活用した政策研究の推進CONTENTS政策分析インタビューミクロ計量分析と政策研究の発展について大森 義明横浜国立大学国際社会科学研究院教授トピックミクロデータを用いた実証分析菅 史彦経済社会総合研究所研究官経済財政政策部局の動き「外国企業の日本への誘致に向けた5 つの約束」の概要田中 拓郎政策統括官(経済財政運営担当)付参事官(総括担当)付政策調査員経済理論・分析の窓行政データの研究利用小原 美紀大阪大学大学院国際公共政策研究科准教授ESRI

2015年3月31日福井県★フィードバック数:0社会/政治

福井県のレポートです。

「ふくい統計リポート」 No.8およびNo.9

報道発表資料「ふくい統計リポート」 No.8およびNo.9第8号のテーマは、「福井県における女性就業の特徴〜統計でみる労働の実態〜」です。「福井県の女性は働き者」「共働き率が高い」とは誰もが耳にしたことのあるフレーズです。そこで今回は、福井県と全国の女性の就業について、どのような特徴があるのかを分析していきます。第9号のテーマは、「福井県の企業規模別の産業構造について(平成24年経済センサス−活動調査結果から)」です。大企業や中小企業といった言い回しはよく耳にしますが、実は、業種ごとにその定義が

論文集です。

国際貿易と投資 No.99 2015年春号

<No.99 2015年春号> 2015年3月発行各ファイルはPDF形式で別ウィンドウに開きます。PDFファイルの表示には、Acrobat Readerをご利用下さい。

季刊「国際貿易と投資」No.98 2014年冬号

<No.98 2014年冬号> 2014年12月発行各ファイルはPDF形式で別ウィンドウに開きます。PDFファイルの表示には、Acrobat Readerをご利用下さい。

季刊「国際貿易と投資」第97号(2014年秋号)

<No.97 2014年秋号> 2014年9月発行各ファイルはPDF形式で別ウィンドウに開きます。PDFファイルの表示には、Acrobat Readerをご利用下さい。

2014年6月4日国際貿易投資研究所フィードバック数:0ビジネス

国際貿易と投資 No.96 2014年夏号

<No.96 2014年夏号> 2014年6月発行各ファイルはPDF形式で別ウィンドウに開きます。PDFファイルの表示には、Acrobat Readerをご利用下さい。

季刊「国際貿易と投資」<No.95 2014年春号>

<No.95 2014年春号> 2014年3月発行各ファイルはPDF形式で別ウィンドウに開きます。PDFファイルの表示には、Acrobat Readerをご利用下さい。

国際貿易と投資 第94号(2013年冬号)

<No.94 2013年冬号> 2013年12月発行各ファイルはPDF形式で別ウィンドウに開きます。PDFファイルの表示には、Acrobat Readerをご利用下さい。

福井県における国立大学等と地域企業の連携に関する調査報告

トップ » 調査研究成果公表 » 「福井県における国立大学等と地域企業の連携に関する調査報告」[DISCUSSION PAPER No.99]の結果公表について 「福井県における国立大学等と地域企業の連携に関する調査報告」[DISCUSSION PAPER No.99]の結果公表について当研究所では、福井県を対象に国立大学等と地域企業との連携に関する調査を実施し、分析結果をまとめました。アンケート調査は福井大学 産学官連携本部 吉長重樹准教授が担当し、質問票の設計・分析は当研究所が担当しました。

国際貿易と投資 第93号(2013年秋号)

<No.93 2013年秋号> 2013年9月発行各ファイルはPDF形式で別ウィンドウに開きます。PDFファイルの表示には、Acrobat Readerをご利用下さい。

2030年の予測です。

2030年日本の就業構造~JIDEA85モデルによる経済・産業予測~

論 文2030 年日本の就業構造~JIDEA85 モデルによる経済・産業予測~JIDEA 研究グループ 1(財) 国際貿易投資研究所要約日本産業連関動学モデル(JIDEA)を更新し、2030 年までの日本の産業構造、経済発展の経路をシミュレーションした。人口減少の影響を受け、一方で個人可処分所得の伸びが低いため、日本経済は長期にわたる低成長を続ける。この間雇用は緩やかに低下し、雇用不足は生じない。通信機器、コンピュータなど一部の産業部門を除き、製造業の労働生産性は停滞し、産出額において比重の高ま

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ