「Nomura」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年6月9日野村総合研究所★★★フィードバック数:0大型消費/投資

市場データです。

日本の不動産投資市場2015

日本の不動産投資市場 20152015年6月株式会社野村総合研究所〒100-0005東京都千代田区丸の内1-6-5 丸の内北口ビル不動産投資市場の活性化と透明性の向上を目指して本資料は情報提供を唯一の目的として作成したもので、投資勧誘を目的として作成したものではありません。本資料は、信頼できる情報に基づいて作成されていますが、野村総合研究所は、その正確性および完全性に関して責任を負うものではありません。本資料に記載された意見およびデータは、作成時点における判断・情報であり、予告なく変わる場合があ

2015年2月3日野村総合研究所フィードバック数:0ビジネス

ASEANの長期展望と日本企業が取り組むべき課題

特集 ASEANの構造変化と日本企業の現地マネジメントのあり方ASEANの長期展望と日本企業が取り組むべき課題岩垂好彦C ONT E NT SⅠ ASEANの経済統合と事業環境の変化Ⅱ 環境変化を踏まえたASEAN各国の長期展望Ⅲ ASEANの変化に対応した事業体制のあり方Ⅳ 経済統合後を見据えた事業再編へ要 約1 ASEAN(東南アジア諸国連合)は、2015年末をもって「ASEAN経済共同体(AEC)」を完成させるとしている。これを機に、国境を越えた経済活動が活発になり、世界の多国籍企業から

債券運用パフォーマンスに隠れた時価評価の影響-公社債店頭売買参考統計値とNOMURA-BPIの時価評価の違い

債券運用パフォーマンスに隠れた時価評価の影響-公社債店頭売買参考統計値とNOMURA-BPIの時価評価の違い | ニッセイ基礎研究所 債券運用パフォーマンスに隠れた時価評価の影響-公社債店頭売買参考統計値とNOMURA-BPIの時価評価の違い 千田 英明基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 国内債券マーケットには、複数の時価が存在している。ファンドの運用収益率を計算

2014年5月8日野村総合研究所フィードバック数:0企業情報システム

2020年に向けたIT市場の動向

NRINEWS2020年に向けたIT市場の動向桑津浩太郎ハードウエアやネットワークを中心としたIT市場が成を強めている(図1)。IT市場は熟化する一方で、スマートフォンやクラウドサービス、多様化と成熟化が同時に進行するM2M(Machine to Machine:機器と機器の接続)などの、状況に置かれているのである。多様な機器、サービス、プラットフォームが同市場をけん引しようとしている。本稿では、上述のサービスや利活用へのシフトと並行して注目を集めるM2Mを取り上げ、これまでの自動販売機や電力メ

2014年3月30日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成24年度新エネルギー等導入促進基礎調査事業(風力エネルギーの導入促進のための地域内送電網強化の在り方に関する調査)調査報告書

平成24年度新エネルギー等導入促進基礎調査事業(風力エネルギーの導入促進のための地域内送電網強化の在り方に関する調査)最終報告書2013年02月28日株式会社野村総合研究所コンサルティング事業本部公共経営コンサルティング部〒100-0005東京都千代田区丸の内1-6-5 丸の内北口ビル目次1.背景と目的2.送電網整備の合理性3.送電網整備及び送電網整備と類似する長期インフラ事業における整備手法4.望ましい送電網整備の実現に向けた課題Copyright(C) 2013 Nomura Researc

2013年10月14日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成23年度国際エネルギー使用合理化等対策事業(我が国スマートコミュニティ関連産業の国際展開戦略調査事業)報告書

平成23年度国際エネルギー使用合理化等対策事業我が国スマートコミュニティ関連産業の国際展開調査事業第1部 概要版2012年3月株式会社野村総合研究所コンサルティング事業本部〒100-0005東京都千代田区丸の内1-6-5 丸の内北口ビル背景と目的背景世界各国で低炭素社会実現に向けた様々な政策が発表され、それに伴う新たな市場が創出され、年々その規模は拡大している。省エネルギー、再生可能エネルギー及びこれらを組み合わせたスマートグリッド/スマートコミュニティ分野(以降、SCと記す)は「新たなエネルギ

2013年10月8日野村総合研究所フィードバック数:0ビジネス海外

ASEAN消費市場への日系企業の参入における課題と対応策

特集消費市場として拡大するASEANASEAN消費市場への日系企業の参入における課題と対応策倉林貴之CONTENTS長尾良太Ⅰ 消費市場としての注目度が高まるASEANⅡ 「モザイク」模様のASEAN消費市場Ⅲ 日系企業による参入上の工夫 ── 日系企業の取り組み事例Ⅳ 日系企業が直面する課題と対応策要約1 日本・中国に次ぐアジアの第三極としての消費市場へと成長することが見込まれるASEAN(東南アジア諸国連合)。日系企業にとっての「今後の進出意向」は中国と肩を並べる水準に達している。2 消

2013年6月7日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成24年度アジア産業基盤強化等事業(天然ゴムの安定調達に資する協力のあり方に関する調査)最終報告書

平成24年度アジア産業基盤強化等事業 (天然ゴムの安定調達に資する協力のあり方に関する調査)最終報告書2013年3月22日株式会社野村総合研究所 コンサルティング事業本部 電機・精密・素材産業コンサルティング部〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-6-5 丸の内北口ビル本調査の背景・目的 調査の背景 背景 我が国主要産業の1つであるゴム・タイヤ産業にとって、天然ゴムの安定調達と市場価栺の安定化は、大きな課題である。 天然ゴムと合成ゴムは、自動車や航空機のタイヤ、医療用手袋等、各種ゴム

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ