「OECD加盟」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

Women in Work Index(働く女性インデックス)

PwC、調査レポート「Women in Work Index(働く女性インデックス)」を発表‐女性の経済的エンパワーメントは着実に拡大するも、男性との賃金格差は依然として大きな課題 OECD加盟33カ国で男女同一賃金が実現すれば、女性の賃金は総額2兆米ドル増加 ※本プレスリリースは、2017年2月21日にPwCが発表したプレスリリースの翻訳に、日本のランキング結果を追記したものです。英語の原文と翻訳内容に相違がある場合には原文が優先します。 最新のPwC調査レポート「Women in Wor

2016年12月28日日本生産性本部★★フィードバック数:0社会/政治

労働生産性の国際比較 2016年版

公益財団法人 日本生産性本部は12月19日、「労働生産性の国際比較 2016年版」を発表した。政府ではGDPに関する統計の見直しが進められており、12月8日にGDP基準改定が行われた。こうした改定を踏まえ、今回は、(1)政府目標のGDP600兆円実現に必要となる労働生産性上昇率(新基準を踏まえた試算)、(2)労働生産性の国際比較、(3)GDP新基準に基づく労働生産性の国際比較に関する試算について発表を行う。政府が目標とするGDP600兆円実現に必要な実質労働生産性上昇率は、GDP基準改定に伴い、

2015年12月24日日本生産性本部フィードバック数:0社会/政治

日本の生産性の動向2015年版

1.2014年度(年度ベース)の日本の名目労働生産性は770万円。実質労働生産性上昇率は−1.6%と、2009年度以来5年ぶりのマイナス。〇2014年度の日本の名目労働生産性は770万円。名目ベースでは上昇したが、物価変動を加味した実質(−1.6%)では前年度から2.8%ポイント低下し、5年ぶりのマイナスとなった。 〇2014年度の労働生産性上昇率はマイナスとなったものの、10〜12月期以降をみると4四半期連続でプラスが続いている。ただ、足元の2015年7〜9月期には±0%に落ち込むなど、弱含み

第一子出産年齢上昇はそんなに問題なのか? - データでみる少子化との関係性 -

第一子出産年齢上昇はそんなに問題なのか? - データでみる少子化との関係性 - | ニッセイ基礎研究所 第一子出産年齢上昇はそんなに問題なのか? - データでみる少子化との関係性 - 生活研究部 研究員 天野 馨南子【どうして「データで見る」のか?】筆者は女性活躍と少子化の関係について昨年5つのレポートを発信iした。その中で、少子化の進行を阻止するには「晩産化を阻止すること」が全ての少子化対策のベースとなる政策となるであろうと提言した。晩産化を阻止することで、その他の少子化政策が少子化阻止によ

2015年5月13日経済協力開発機構★フィードバック数:0社会/政治

OECDのレポートです。

有害なアルコール摂取への取り組み

Tokyo Centre › ニュースルーム › OECDは、有害な飲酒がもたらす高いコストに取り組むことができるよう、各政府に対して行動を提言。OECDは、有害な飲酒がもたらす高いコストに取り組むことができるよう、各政府に対して行動を提言。2015年5月12日有害な飲酒は、多くのOECD加盟国において若者や女性を中心に増加傾向にあります。最新のOECD報告書によると、その要因としては、アルコールへのアクセスがしやすくなったこと、より安価になったこと、より効果的な広告が広がっていること、などがあ

2014年12月18日日本生産性本部★フィードバック数:0ビジネス

日本生産性本部のレポートです。

日本の生産性の動向 2014年版

公益財団法人 日本生産性本部は「日本の生産性の動向 2014年版」をまとめた。本書は、2013年度の日本の労働生産性の動向、OECDデータなどを用いた労働生産性の国際比較、主要国の全要素生産性(TFP)の動向など生産性の現状をまとめたもの。主な内容は以下の通り。1.2013年度(年度ベース)の日本の名目労働生産性は764万円。実質労働生産性上昇率は+1.4%だったが、2014年度に入ると2四半期連続でマイナスに転じている。○2013年度の日本の名目労働生産性水準は764万円。昨年度から改善したも

2014年12月11日経済協力開発機構★フィードバック数:0社会/政治

OECDの税金についてのレポートです。

税収は危機後から回復しているものの、税収構造では各国間で大きな違いが見られる

Tokyo Centre › ニュースルーム › OECDによると税収は危機後から回復しているものの、税収構造では各国間で大きな違いが見られるOECDによると税収は危機後から回復しているものの、税収構造では各国間で大きな違いが見られる2014年12月10日OECDの最新報告書によると、先進国の間では、世界金融危機以降初めてとなる高レベルの租税負担と税収となりましたが、税収構造は各国で大きく違うことがわかりました。「税収統計2014年版」によると、租税負担率は、OECD平均で2011年の33.3%

所得分配を考える(1)  『拡大する所得格差』

2014/02/14政策研究事業本部 東京本部 副本部長・主任研究員 相川 宗徳 厚生労働省は、昨年10月「平成23年度所得再分配調査」結果を報告した。また、OECDは2011年に「Divided We Stand」という報告書を発表して、OECD加盟各国の所得格差について分析している。本稿ではこの2つの報告書を用いながら、日本も含めた所得格差の最近の動向について素描してみたい。我が国で所得格差が話題になったのは、2006年1月19日における内閣府の月例経済報告で「統計データから経済格差は確認で

2013年12月27日日本生産性本部★★フィードバック数:0ビジネス

国際比較も含みます。

日本の生産性の動向 2013年版

日本生産性本部(理事長:松川昌義)は「日本の生産性の動向2013年版」をまとめた。本書は、経済成長に向けた生産性の現状のほか、2012年度の日本の労働生産性の動向、OECDデータなどを用いた労働生産性の国際比較、主要国の全要素生産性(TFP)の動向をまとめたもの。主な内容は以下の通り。1.2012年度(年度ベース)の日本の名目労働生産性は756万円。実質労働生産性上昇率は+1.2%となり、前年度(+0.6%)を0.6%ポイント上回った。・2012年度の日本の名目労働生産性水準は756万円。実質労

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ