「OECD景気」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2013年7月16日第一生命保険フィードバック数:1社会/政治海外

先進国と新興国の逆デカップリング ~先進国株価は回復し、新興国株価は鈍い~

Financial Trends経済関連レポート先進国と新興国の逆デカップリング発表日:2013年7月11日(木)~先進国株価は回復し、新興国株価は鈍い~第一生命経済研究所 経済調査部担当 熊野英生(℡:03-5221-5223)5月から各国株価が下落した後で、日本株の回復が目立っている。おそらく、そこには実体経済の好調な先進国と必ずしもそうではない新興国の景気実勢の格差が反映しているのだろう。今後、QE3の出口を模索する動きが本格化していけば、先進国よりも新興国経済への悪影響がより色濃く表れる

2013年7月3日日本総研フィードバック数:1社会/政治

「先進国堅調」「新興国足踏み」の潮流が強まる世界経済―米国が力強さを増す一方、中国は低迷が長期化―

Research Focushttp://www.jri.co.jp2013年7月2日 No.2013-10「先進国堅調」「新興国足踏み」の潮流が強まる世界経済― 米国が力強さを増す一方、中国は低迷が長期化 ―調査部 マクロ経済研究センター《要 点》◆ 世界経済は、①中国での景気減速、②ユーロ圏での景気後退長期化が、下押し要因と なり、減速が持続。 ◆ 中国では、人件費上昇などを受け輸出の大幅な伸びは期待薄なほか、投資も過剰投資 是正圧力から当面減速基調が続くとみられ、景気が上向く材料が欠如。一

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ