「OPEC」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

原油を取り巻く環境は複雑多岐

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2015年1月19日原油市況は、供給が需要を上回る状態が続いていることなどから、昨年半ば以降、低下傾向となっており、13日にはWTI先物価格が一時1バレル=44.20米ドルと、2009年4月以来の安値をつけました。およそ7ヵ月で6割弱の低下という、原油安のペースの速さに加え、先行きの見通しが容易でないことなどから、投資家の間にリスク資産を避ける動きが見られます。こうした中、米エネルギー情報局(EIA)は、13日に公表したエネルギー見通しの中

コモディティ・レポート (2014年11・12月)

I.コモディティ市況全般: 11~12月は原油を中心に下落傾向が続くドル建て国際商品市況全般の動向を示すロイター・コアコモディティーCRB指数は、6月下旬にかけて上昇した後、下落傾向で推移している。マクロ経済環境をみると、足元では、ギリシャ情勢の混乱や原油安に伴う産油国経済などへの悪影響が懸念されている。今後、米国を中心に世界経済の底堅さが確認されるとともにコモディティ市況は上昇に転じようが、原油を中心にコモディティ市況の反発力は弱いであろう。II.エネルギー市況: OPEC総会を挟んで大幅下落

けいざい早わかり 2014年度第12号:最近の原油価格の下落について

Q1.原油価格が大幅に下落していますね。Q2.なぜ、原油価格は下落しているのでしょうか?Q3.注目されていたOPEC総会では減産が見送られましたね。Q4.原油価格は、さらに下がるのでしょうか?Q5.原油価格の下落は、日本経済や世界経済にどのように影響しますか?Q6.原油価格の下落は、金融市場にどのように影響しますか?

OPECの減産見送りとシェール・オイルを巡る今後

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年12月1日OPECの減産見送りとシェール・オイルを巡る今後 中東などの主要な産油国12ヵ国が加盟するOPEC(石油輸出国機構)は11月27日の総会で、原油の生産目標を現行の日量3,000万バレルに据え置くことを決定しました。実際の生産量は既に同目標を上回っているものの、生産枠厳守の方針すら示されないなど、OPECが減産を見送ったことから原油相場は下げ足を速め、先物価格(1バレル当たり)は28日に北海ブレントで70米ドル台、WTI

2014年11月18日丸紅フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

サウジアラビアに見る原油価格

丸紅経済研究所2014/11/11サウジアラビアに見る原油価格2014/11/18(Daily Diamond (週刊ダイヤモンド・電子版) 2014 年 11 月 11 日掲載一部加筆修正)・原油価格下落と産油国の輸出価格引き下げ原油価格が下落している。米ドル高に加え、需給が緩んでいるためだ。需給緩和の理由は、需要面は欧州を中心とした世界経済の回復遅れ、供給面は北米のシェールオイルやオイルサンドの増産が大きい。通常であれば OPECの生産調整が期待される場面だ。しかし、OPEC の生産量は、主

コモディティ・レポート (2014年9・10月)

I.コモディティ市況全般: 9~10月は原油を中心に総じて下落傾向ドル建て国際商品市況全般の動向を示すロイター・ジェフリーズCRB指数は、6月下旬にかけて上昇していたが、その後、下落傾向が続いた。マクロ経済環境をみると、欧州や中国を中心に景気の下振れ圧力が意識される中、10月に入ると、米国景気の減速も懸念されるようになり、コモディティ市況の下押し要因となった。コモディティ市況の下落は一巡したとみられるものの、当面、反発力は弱いであろう。II.エネルギー市況: 原油は大幅下落ブレント原油は、6月に

2014年3月5日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

経済マンスリー 2014年2月(原油)

平成 26 年(2014 年)2 月 28 日~非 OPEC の生産拡大を背景に、原油価格は横這い圏内で推移~1.価格動向原油価格(WTI 期近物)は 12 月中旬以降、米国の量的緩和縮小決定や足元は 100 ドル台地政学リスクの高まりを背景に 99 ドル近辺の高値で推移した。しかし、1の高値圏月上~中旬は米国の原油在庫増加や米中の経済指標悪化、イラン核協議進展を受けて下落傾向をたどり、91 ドル台と約 8 ヵ月振りの安値をつけた(第 1 図)。1 月下旬には、米国でのパイプラインによる原油輸送

2013年12月27日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2013年12月(原油)

平成 25 年(2013 年)12 月 27 日米シェールオイル増産と OPEC の存在感原油価格(WTI 期近物)は地政学リスクの後退や米国の原油在庫増加を受けて下落傾向を辿り、11 月末には 92 ドル台と約半年振りの安値となった。しかし 12 月に入ると、米国でのパイプライン稼動による原油在庫減少期待や米 11 月分雇用統計の改善を受けて、原油価格は上昇に転じた。12 月中旬以降は、①来年 1 月からの米国の量的緩和縮小決定を受けて米景気の楽観的な見方が広がったこと、②南スーダンでの戦闘激

2013年12月27日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

2013年12月(全体版)

平成 25 年(2013 年)12 月 27 日【経済概況】Ⅰ.日 本~多くの期待を集める経済の好循環実現、その起点はより明確に~Ⅱ.米 国~景気下振れリスクが後退する中、FRB の出口戦略が遂にスタート~Ⅲ.西 欧~低成長とディスインフレが継続~Ⅳ.ア ジ ア~アジア全体の景気は持ち直すなか、タイ、インドネシアは減速が持続~Ⅴ. 中 国~足元は 7-9 月期並の回復基調を維持するも、金融環境は再び悪化~Ⅵ.オーストラリア~景気減速を背景に、政府は財政赤字の拡大を容認~Ⅶ.原 油~米シェールオイ

2013年2月24日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:1社会/政治

原油価格の見通し(2013年2月)

平成 25 年(2013 年)2 月 22 日~原油価格は横這い圏内で推移する見込み~1.価格動向原油価格(WTI 期近物)は、米財政不安の後退や地政学リスクの高ま97 ドル台と 4 ヵ月りを受けて上昇し、4 ヵ月振りの高値圏で推移している(第 1 図)。振りの高値1 月 1 日、米下院が「財政の崖」回避に向けた法案を可決したことを受けて、原油価格は昨年 12 月中の 85~90 ドルのレンジを抜けて 93 ドル台へ上昇した。その後も堅調な米経済指標や中東・アフリカ地域の地政学リスクの高まりから

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ