「OPEC原油」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年3月1日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治

経済・金融の動向

情勢判断今月の情勢  〜経済・金融の動向〜 米国金融・経済1 月 27〜28 日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、政策金利(0〜0.25%)の現状維持を決 定し、政策の正常化に向けて「忍耐強く」対応するとの姿勢も維持した。なお、 「相当な期間維 持する」との文言は削除された。インフレ率については「中長期的に 2%に向けて徐々に上昇す る」との見通しを示した一方、利上げ時期については「国際情勢」に関するデータを考慮する意 向も追加した。  米国の経済指標をみると、雇用統計(1 月)の失業率は

2015年2月1日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治

経済・金融の動向

情勢判断今月の情勢 ∼経済・金融の動向∼米国金融・経済12 月 16∼17 日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、政策金利(0∼0.25%)について、前回までの「相当な期間維持する」との文言を残しつつ、政策の正常化に向けては「忍耐強く」対応するという方針が示された。また、イエレン FRB 議長は FOMC 後の会見で、少なくとも次回(1月)と次々回(3 月)の FOMC で利上げを実施する可能性は低いと説明している。米国の経済指標をみると、雇用統計(12 月)の失業率は 5.6%と前月(5.

経済・金融の動向

情勢判断今月の情勢 ∼経済・金融の動向∼米国金融・経済12 月 16∼17 日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、政策金利(0∼0.25%)について、前回までの「相当な期間維持する」との文言を残しつつ、政策の正常化に向けては「忍耐強く」対応すると、15 年内の利上げを見据えた方針が示された。また、イエレン FRB 議長は FOMC 後の会見で、少なくとも次回(1 月)と次々回(3 月)の FOMC で利上げを実施する可能性は低いと説明している。米国の経済指標をみると、雇用統計(11 月)の失

2013年6月20日みずほ総合研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

「シェール革命」は米国を変える、世界を変える

リサーチ TODAY2013 年 6 月 20 日「シェール革命」は米国を変える、世界を変える常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創下記の図表はみずほ総合研究所の「シェール革命」をフォーカスしたリポートで示された、米国の天然ガス貿易の予想である1。世界でシェールガスがここまで注目されるのは、図表にあるように、米国の天然ガス貿易で2020年には米国が輸入国から輸出国に転換することである。米国が経済に自信を回復し、為替のドル安圧力に転換が生じたのはシェール革命による面も大きい。国際機関のエネルギ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ