「PCE」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年6月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 マイナス成長でFOMC予想の達成は困難に(15年1-3月期実質GDP:改定) ~国内最終需要の基調は堅調さを維持。PCEコアはインフレ鈍化を示した~

米国 マイナス成長でFOMC予想の達成は困難に(15年1-3月期実質GDP:改定) ~国内最終需要の基調は堅調さを維持。PCEコアはインフレ鈍化を示した~

2015年4月17日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 5か月ぶりの上昇も物価下落圧力は残存(15年3月生産者物価) ~医療費の鈍化は3月のPCEデフレーターの抑制を示唆~

米国 5か月ぶりの上昇も物価下落圧力は残存(15年3月生産者物価) ~医療費の鈍化は3月のPCEデフレーターの抑制を示唆~

2015年2月1日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米国の物価動向と今後の注目点

分析レポート海外経済金融米 国 の物 価 動 向 と今 後 の注 目 点木村 俊文原油安・ドル高がインフレ鈍化の要因ディスインフレ傾向と FRB の姿勢景気回復が続く米国で、再びディスイ図表 1 に示す財別寄与度の動きをみるンフレ(物価上昇率の鈍化)傾向が強まと、上下に変動して全体の動きを左右する動きを見せている。る「非耐久財」が 14 年後半に上昇幅を連邦準備制度理事会(FRB)がインフレ徐々に縮小させ、足元ではマイナス寄与指標として重視している個人消費支出に転じたことに加え、同時期に「耐久財

【米国物価統計】基礎から見直す米国物価統計(FRBが注視する物価指標)

【米国物価統計】基礎から見直す米国物価統計(FRBが注視する物価指標) | ニッセイ基礎研究所 【米国物価統計】基礎から見直す米国物価統計(FRBが注視する物価指標) 経済研究部 主任研究員 窪谷 浩基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら FOMCの声明文(10月28-29日分)では、物価動向について3通りの表現がみられた。本稿ではFRBが重視していると思われる物価指

2013年7月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

GlobalMarket Outlook 黒田総裁は「躊躇なく調整する」と言っている。バーナンキ議長は「縮小もありうる」と言っている。

Global Market Outlook黒田総裁は「躊躇なく調整する」と言っている。バーナンキ議長は「縮小もありうる」と言っている。2013年6月27日(木)第一生命経済研究所 経済調査部副主任エコノミスト 藤代 宏一TEL 03-5221-452315:11 現在<主要株価指数>日経平均株価TOPIXNYダウDAX(独)FT100(英)CAC(仏)上海総合※<外国為替>※ドル円ユーロ円ドルユーロ<長期金利>※日本アメリカイギリスドイツフランスイタリアスペイン(円)終値13213.551098

2013年6月24日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

今後は「今後のデータ次第」

Global Market Outlook今後は「今後のデータ次第」2013年6月20日(木)第一生命経済研究所 経済調査部副主任エコノミスト 藤代 宏一TEL 03-5221-452315:44 現在<主要株価指数>日経平均株価TOPIXNYダウDAX(独)FT100(英)CAC(仏)上海総合※<外国為替>※ドル円ユーロ円ドルユーロ<長期金利>※日本アメリカイギリスドイツフランスイタリアスペイン終値13014.581091.8115,112.198,197.086,348.823,839.34

2013年3月4日内閣府フィードバック数:5社会/政治海外

アメリカ:最近の物価動向

今週の指標 No.1060 アメリカ:最近の物価動向ポイント2013年3月4日 FRBが物価の尺度として使用しているPCE(個人消費支出)デフレーター(総合指数)の前年同月比の値をみると、12年半ば以降上昇していたが、10月以降は伸び幅を縮小させている(図1)。為替レートや原油価格など物価に影響を及ぼすいくつかの項目を取り上げ、インフレ率低下の要因を探ることとする。 為替レートは、輸入物価を通じてPCEデフレーターに影響を及ぼすと考えられる。昨年10月以降、ドルの名目実効為替レートはおおむね横

2011年8月15日内閣府フィードバック数:8社会/政治

アメリカ:2010年とは異なる経済環境下における金融政策の動向

今週の指標 No.1004 アメリカ:2010年とは異なる経済環境下における金融政策の動向ポイント2011年8月15日8月9日に行われたFOMCの声明文において、FRBは「経済成長は、今年これまでのところ、委員会が予想していたよりも相当さらに緩慢」と景気判断を下方修正し、先行きについても「景気の下振れリスクが増えている」とした。実際、7月末に公表された4-6月期実質GDPは前期比年率1.3%、また合わせて公表された1-3月期実質GDPも前期比年率0.4%と大幅に下方改定されており、2011年に

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ