「PIXTA」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年2月15日R25フィードバック数:0キャリアとスキル

仕事のミス、若手会社員の「隠蔽経験」は約●割

社用車破損、アポ寝過ごし、異物混入まで…!?仕事のミス、若手会社員の「隠蔽経験」は約●割 【上司に報告しなかったミスは?】という質問に対して、中には「答えられない」(24歳)、「答えられないほどのミスで一時失踪した」(52歳)という回答も。一体どんなことをしてしまったのだろうか…画像:UYORI / PIXTA(ピクスタ)誰しも一度はヒヤッとした経験がある、仕事上でのミス。本来なら上司や先輩に報告すべきレベルの事案でも、つい出来心で隠してしまった人もいるはず。特に、若手社員は身に覚えがある

2017年1月13日R25フィードバック数:0ビジネス

上司200人、部下からの年賀状「いらない」が多数派!?

「来なくてさびしい」上司、わずか1人という結果に衝撃!上司200人、部下からの年賀状「いらない」が多数派!? ネットを介した印刷や投函サービスなども登場しているし、最近は年賀状をメールで送るという人も多い。面倒だと思う人は、そんなサービスを検討してみるのも手かも?画像協力:YsPhoto / PIXTA毎年恒例の年賀状のやりとり…いささか煩わしいとは思いつつも、一度始めるとおいそれとやめられないもの。なかでも仕事関係、とりわけ上司に対しては、半ば形骸化しつつも送っている人が多いのではなかろ

2016年11月7日ピクスタフィードバック数:0大型消費/投資

七五三に関するアンケート調査

ピクスタ株式会社 浸透する早撮り撮影の「お得でらくらく予約」は誤解!?約6割は予約に苦心、秋のシーズン撮影者と苦労も費用も同程度 出張撮影マッチングサービス「fotowa(フォトワ)」(https://fotowa.com/ )を運営するピクスタ株式会社(東京都渋谷区 代表取締役社長:古俣大介、東証マザーズ:3416)は、「七五三」を前に、 現在小学生以下のお子様がいて、なお且つ、七五三でプロに写真撮影を頼んだ/頼む予定がある親を対象とするアンケート調査を実施いたしました。その結果、あえて七五

2016年10月17日R25フィードバック数:0ライフスタイル

「酒の力」を借りないとできない行動TOP10

確かにロマンチックな雰囲気すぎると、妙な恥ずかしさを覚えるもの。あなたはお酒なしで口説ける? 写真:PIXTA(ピクスタ)大人たるもの、感情に任せた言動は慎むもの。しかし、普段は抑制しすぎて思い切った行動ができないため、わざとお酒を煽ってタガを外すという人も少なくあるまい。そこで、お酒が飲める20~30代独身男性会社員200人に、「シラフのままだと躊躇するため、お酒の勢いを借りてすること」についてアンケート調査を行った。(R25調べ/協力:アイリサーチ)■「酒の力」を借りないとできない行動TOP

2016年9月27日R25フィードバック数:0ビジネス

同僚・上司にイラッ!「改善しろ」と思う業務TOP10

同僚ならまだしも、上司に面と向かっては注意しにくいもの。誰か、かわりに注意してやってくれ! 写真/PIXTA「カイゼン=改善」はビジネスの現場や生産現場などで使われる言葉。「トヨタのカイゼン」などは有名で、海外でも使われる言葉だといいます。日々の仕事でも、様々な「改善の余地」を目撃してしまうもの。なかにはやる気のない同僚たちの仕事ぶりを見て、イラッとしてしまうことも。そこで、職場で「見ていてイラッとする」「改善しろよ! と思ってしまう」同僚や上司の業務時間の過ごし方について、20~34歳の男性会

2016年9月16日ピクスタフィードバック数:0ライフスタイル

敬老の日に関するアンケート調査

ピクスタ株式会社 年5回の家族写真撮影が「老後の安心」に。95%が仲良し家族と判明出張撮影×宅配寿司「三世代なかよし家族応援キャンペーン」開始(9/17〜10/16) 出張撮影マッチングサービス「fotowa(フォトワ)」(https://fotowa.com/ )を運営するピクスタ株式会社(東京都渋谷区 代表取締役社長:古俣大介、東証マザーズ:3416)は、9月19日の「敬老の日」を前に、 自社会員(※)を対象とするアンケート調査を実施いたしました。その結果、祝われる側の親・祖父母層は、家族

2016年8月11日Media Shakersフィードバック数:0マーケティング

SNSの写真「100%未加工の女性」はわずか●%…

「みんな加工してるのに、未加工でなんて載せられない」(35歳)との声も 写真:kou / PIXTA(ピクスタ)スマホカメラの進化とアプリの充実で、通常より“盛った”写真をSNSに載せている女性も多いだろう。「100%すべての写真が加工済み」とは言い過ぎだが、実際“未加工”の写真はどれくらい存在しているのか? SNSを利用している20~30代の女性222人にアンケートを行い、SNSに写真を投稿する際、「加工した写真」と「未加工の写真」のどちらを載せるかを調査した。(R25調べ・協力/ファストアス

2016年8月8日R25★フィードバック数:0モバイル

アレにイラッ! ガラケーに戻したくなった理由TOP10

ガラケー全盛期に青春時代を過ごした20~30代が、最もスマホとガラケー双方の良さがわかっているのかも…? 写真:xiangtao / PIXTA(ピクスタ)先日、アラサ―女子の友人から「ガラケーに戻したのでメールアドレス変わります」というメールが送られてきた。どうやら、スマホには機能があり過ぎて、時間を取られてしまうから…という理由らしい。ガラケー→スマホの過渡期を経験している20~30代のなかには、彼女のように「ガラケーに戻したい」と思っている人もいるのかも…? 20~30代でスマホを使ってい

2016年6月27日R25フィードバック数:0大型消費/投資

女性が「したい」ときのアピール行為TOP10

「肩をトントンしたり、ほっぺをツンツンしたりしてアピール」(23歳)といったカワイイ意見も。 画像協力:ふじよ / PIXTA セックスは男性主導で始めるもの――。なんとなくそんなイメージを持つ女性もいるかもしれません。でも当然ながら、女性にも性欲はあるし、「セックスしたい」と思う瞬間はあります。そんなとき、みんなはどうしているの? 今回は、女性の「セックスしたいアピール」について知るべく、恋人がいたことのある20~30代の独身社会人女性200人にアンケート調査を行いました(R25調べ/調査協力

2016年6月13日R25フィードバック数:0マーケティング

友達の立て替え、貸せる平均額は「1万419円」

「お金を貸すならあげる気持ちで貸せ」という言葉は、あながちウソではないのかも… 写真:MM4 / PIXTA(ピクスタ)飲み会や旅行の際、手持ちがない友達の代金を立て替えた経験はないだろうか? アイツは大丈夫!…とは思うものの、実際に返ってくるまでドキドキした経験はあるだろう。そこで、25~34歳の独身男性会社員200人に、飲み会や旅行の予約で友達の分を立て替える際、「いくらまでなら許容できる?」とアンケート調査を実施。立て替えてもよい金額のボーダーラインを探ってみた。■友達の分の立て替え、いく

2016年5月25日R25★フィードバック数:0大型消費/投資

夫が痛感する「結婚のデメリット」TOP10

デメリットと感じることはあれども、幸せもある!…と信じたい 写真:わたなべ りょう / PIXTA(ピクスタ)結婚式シーズン到来! 幸福に浸るふたりを見ると、結婚したくなるものだが、一方で「すべての悲劇というものは死によって終わり、すべての人生劇は結婚をもって終わる」(by バイロン)なんて格言もある。悪いことばかりではないのはわかっちゃいるが、不安はある…いったいどんなことが待ち受けているのだろう。そこで、20~30代の既婚男性会社員200人に、「結婚のデメリット」についてアンケート調査を行っ

2016年5月18日R25★フィードバック数:0ライフスタイル

酔ってやらかした失敗TOP10 3位「元カノへの電話」

酔った上での失敗談。笑えるものもあれば、笑えないものもあり… 画像:Ansaharju/PIXTA適度な酔いは、ストレスの解消や円滑なコミュニケーションに役立つもの。しかし、過ぎた酔いは普段はやらないような失敗を招くことがあります。そこで、20~30代の独身社会人男性200人にアンケート。「酔っぱらってやってしまった失敗」について聞いてみました。〈酔っぱらってやってしまった失敗TOP10〉 (全18項目から複数回答で選択。R25調べ、協力/アイリサーチ) 1位 持ち物をなくしてしまった 10.0

2016年5月18日R25フィードバック数:0大型消費/投資

女性が拒否!!ドライブデートで乗りたくない車TOP10

ちょっとしたことが原因でドライブデートが残念な結果にならないよう、ご注意を… 写真:Tokyo image groups / PIXTA(ピクスタ)立夏も過ぎ、気持ちのいい季節になってきた。GWには快晴が多く、彼女とドライブデートをした人もいたのでは? しかし、自慢の愛車で颯爽と楽しんだと思っていても、実は彼女にドン引きされている可能性もあるかも…。20~30代の女性200人に、「彼氏がデートに乗ってきたら嫌だと感じる車」についてアンケート調査を行った。■ドライブデートしたくない彼氏の車TOP1

2016年5月18日R25フィードバック数:0大型消費/投資

女性の露出「ここなら見えてもいいヨ」TOP10

見られて喜ぶ女性はまずいないということを、肝に銘じなければならない。いいか、見るなよ、絶対に見るなよ! 画像協力:msv / PIXTA薄着の季節。男性ならどうしても気になってしまうのが、女性の肌の露出だ。「いけない…」と思いつつも、つい目が行ってしまうのは男の性というほかない。当の女性サイドも、獣のような(?)視線に気づいているとしばしば聞く。そこで20~30代の独身女性200人に聞いてみたところ、以下のような回答を得られた。■男性が胸やお尻、下着などを“チラ見”する視線に気づいたことはありま

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ