「PM2.5」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年5月2日decenciaフィードバック数:0大型消費/投資

GWの予定とUVケアに関する意識調査

[株式会社decencia] ,紫外線 GW UVケア 日焼け止め decencia ディセンシア saeru サエル PM2.5 敏感

2016年3月4日環境省★★フィードバック数:0社会/政治

平成27年度 PM2.5 注意喚起の運用状況に関する調査

平成27年度 PM2.5 注意喚起の運用状況に関する調査

全国『春一番お掃除』アンケート調査

気になる飛散物は「花粉」「PM2.5」がTOP2全国で意識格...| メディアで多数の記事になった注目のプレスリリース 気になる飛散物は「花粉」「PM2.5」がTOP2 全国で意識格差・地域差が顕著にケルヒャー全国『春一番お掃除』アンケート調査 清掃機器の最大手メーカー、ドイツ・ケルヒャー社の日本法人、ケルヒャー ジャパン株式会社(本社:宮城県黒川郡大和町松坂平3-2、代表取締役社長:佐藤八郎)は、春一番も観測され、これから増える「飛散物」に関するアンケート調査を全国の20歳以上の男女

2015年5月14日環境省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

環境省のまとめです。

平成25年度 大気汚染状況について(一般環境大気測定局、自動車排出ガス測定局の測定結果報告)

平成25年度 大気汚染状況について(一般環境大気測定局、自動車排出ガス測定局の測定結果報告)(お知らせ) 大気汚染防止法(以下「大防法」という。)第22条に基づき、都道府県及び大防法上の政令市では大気汚染の常時監視が行われています。今般、平成25年度における常時監視の対象である主な大気汚染物質の濃度測定結果の概要を取りまとめました。 1.測定局の概要平成25年度末現在の測定局数は、全国で1,895局であり、内訳は一般環境大気測定局(以下「一般局」という。)が1,478局(国設局を含む。)、自動車

2014年7月6日科学技術振興機構フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

2013年度中国大気質に関する最新結果

2013年度中国大気質に関する最新結果2014年 6月27日 金 振(中国総合研究交流センター フェロー) 2014年5月27日、中国環境保護部は「2013年中国環境状況公報」(以下、2013年環境白書)を公表した。本環境白書において公開された統計データは大きく、1)汚染物質排出総量や森林面積等に関する統計値、2)水質や大気質等に関する測定値、3)エネルギー部門、道路交通部門に関する統計値、に分けることができる。注目ポイント 往年の白書と比べた場合、2013年環境白書には2つの注目ポイントがある

2014年5月25日住宅金融支援機構フィードバック数:0大型消費/投資

季報「住宅金融」2014年度春号

2014年5月23日現在フィリピンの住宅金融市場動向[8ページ:510KB]小林 正宏(住宅金融支援機構 調査部 海外調査担当部長(併任)経営企画部 国際対応担当部長)住宅ローン市場の最新動向と今後の課題~「2013年度 民間住宅ローンの貸出動向調査結果」を踏まえて~[8ページ:426KB]峰村 英二(住宅金融支援機構 調査部 研究員)アメリカの家計部門の負債構造とアメリカ経済への影響[12ページ:499KB]伊達 裕治(住宅金融支援機構 財務企画部 推進役)集合住宅向け一括受電サービスの現状と

2014年5月18日富士通フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

中国の大気汚染に関する考察―これまでの取り組みを中心に

中国の大気汚染に関する考察―これまでの取り組みを中心に要旨現在、中国は、空気、河川、地下水や土壌など深刻な汚染に見舞われている。環境汚染の重大事故は頻繁に起きており、環境問題に関連する抗議活動も年々増えている。世界第二の経済大国になった中国は「汚染大国」になっている。これは、中国経済の過去30余年の成長一辺倒の経済政策の結果とも言える。経済発展と環境破壊との関係は単純な因果関係ではないが、これまでの環境に配慮しない経済成長が深刻な環境汚染をもたらしたのは明らかである。中国が環境問題にまったく取り

2014年4月23日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

経済レビュー:PM2.5問題に伴う中国の環境政策の強化と日本企業への示唆

経済レビュー:PM2.5問題に伴う中国の環境政策の強化と日本企業への示唆

2014年4月6日マインドシェアフィードバック数:0ライフスタイル

見えない敵、PM2.5 ママたちの対処法とは!?

ニュースや情報番組で、たびたび取り上げられているPM2.5(微小粒子状物質)。 目には見えず、洗って落とせるものでもなく。 スプレーでシューッとひと吹き、つまんでポイッ、ということでは除去できないのが ママにとって、やっかいな存在ではないでしょうか。 みなさんの意識や対応を聞いてみました。『PM2.5(微小粒子状物質)、気にしてる?』 1位 「少し気にしている」51% 2位 「あまり気にしていない」26% 3位 「気にしている」18% 4位 「まったく気にしていない」5%まずは、みなさんの意識に

2014年3月31日環境省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

大気汚染の状況です。

平成24年度 大気汚染状況について (一般環境大気測定局、自動車排出ガス測定局の測定結果報告)

平成24年度 大気汚染状況について (一般環境大気測定局、自動車排出ガス測定局の測定結果報告) (お知らせ) 大気汚染防止法(以下「大防法」という。)第22条に基づき、都道府県及び大防法上の政令市では大気汚染の常時監視が行われています。今般、平成24年度における常時監視の対象である主な大気 汚染物質の濃度測定結果及び微小粒子状物質(PM2.5)の成分分析結果を取りまとめました。 平成26年3月28日発表の測定結果お知らせについては、平成24 年度の大気汚染状況の常時監視結果等を収録した「平成24

年末年始の海外旅行、今年の人気は”暖かくて近い国”

年末年始の海外旅行、今年の人気は”暖かくて近い国” 最大9連休となる今年の年末年始。日並びがいいことから飛行機の予約状況は好調のようだが、今年はどの国が人気なのか!?海外旅行者の傾向を追ってみた。アベノミクスの影響!?”贅沢旅行”の人気が上昇 今年の年末年始の海外宿泊予約は、前年比+88.8%と大きく伸びています。これは、9連休となる日並びの良さに加え、アベノミクス効果もあって、海外旅行の需要が高まっていることが要因と見られます。今年は例年に比べ、早期の予約が増えていることも特徴です。 【年末

2013年12月16日ハー・ストーリィフィードバック数:0マーケティング

主婦1000人が選んだ今年の漢字一文字

【プレスリリース】主婦 1000 人が選んだ今年の漢字一文字「偽」りだらけの世の中に疲れた果てた2013年。東京オリンピック開催決定。汚染水問題。PM2.5。多発する自然災害、アベノミクスなど多く出来事があった2013年。来年の春には、増税、家計を守る主婦は今年をどう締めくくり、来年には何を期待するのか。※20 代~60 代の主婦1000 人を対象に「今年を表現する漢字一文字と来年を願う漢字一文字」調査 詳しい実績が知りたい・サービス説明をしてほしいなど、御社に合わせた最適なソリューションをご提

2013年10月2日参議院★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

参議院のレポートです。

PM2.5をめぐる問題の経緯と今後の課題

PM2.5をめぐる問題の経緯と今後の課題

2013年8月1日福岡市フィードバック数:0社会/政治

福岡市黄砂・PM2.5 モニター調査

福岡市黄砂・PM2.5 モニター調査

2013年5月17日ブライト・ウェイフィードバック数:0ライフスタイル

子育て中の家族の86.8%は、帰宅後のうがい手洗いが習慣。6割以上の人が花粉アレルギーやハウスダストアレルギーに悩む -【こそだて】アンケート

[] 株式会社ブライト・ウェイ(本社東京 代表取締役 高祖 智明)が運営する子育て・育児支援のポータルサイト【こそだて】 では、子育て家族の意識や生活状況を知るためにさまざまな視点でアンケ-トを実施しています。今年、花粉症の時期と重なるように中国の大気汚染が話題となりました。子ども達の健康への影響も心配されます。PM2.5の認知度とともに、花粉症やハウスダストなどの生活環境に関連するアレルギーの有無を尋ねてみました。花粉アレルギーだけでなく、ハウスダストや動物アレルギーなど、さまざまなアレルギー

2013年5月2日大和総研フィードバック数:3製造業/エレクトロニクス

中国の環境汚染と日中環境協力

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ◆本年初から、北京を始めとする中国各地で大気中のPM2.5(直径2.5マイクロメートルの微粒子、中国では正式名称として‘細顆粒物’と呼ぶようになっている)の値が急上昇し、改めて中国の深刻な環境汚染が明らかとなった。PM2.5は偏西風によってわが国にも飛来しており、中国の環境汚染は、わが国にとっても他人事ではなくなっている。 この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。 レポート検索

2013年3月24日(個人)フィードバック数:1706ライフスタイル

PM2.5の大気汚染情報まとめ

PM2.5とは「PM2.5」とは「大気中に浮遊する直径2.5μm(マイクロメートル)以下の粒子」と定義されていますが、物質の種類は問いません。大きさも「2.5μm以下」というだけで一定していません。「2.5μm」と言われてもよく分からない単位かもしれませんが、例えば、髪の毛は50〜100μm、スギ花粉が30〜40μmほどであり、それよりもはるかに小さく、微小粒子状物質とも呼ばれています。(画像引用元:東京都ホームページ)最近では、メディアでPM2.5が話題になることが多いですが、そのPM2.5は

2013年3月15日常盤薬品工業★フィードバック数:1ライフスタイル

女性に限定せずに洗顔について調査しています。

ノブ “洗顔”実態に関する調査レポート2013年春

HOME > ニューストップ > 2013年エントリー > 【生活者調査】『ノブ“洗顔”実態に関する調査レポート2013年春』〜春先、肌が不安定な状態の人は4割以上(女性では6割)と多いにもかかわらず、理想的な洗顔*をしている人は、わずか5%〜 PDF形式のファイルを開くためには、Adobe Acrobat Readerが必要です。 お使いのパソコンにAcrobat Readerがインストールされていない場合は、下記ボタンからダウンロードを行って下さい。 【生活者調査】『ノブ“洗顔”実態に関す

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ