「PWC」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

グローバル情報セキュリティ調査2017 vol2:スレットマネジメントの新たな可能性に向けて

グローバル情報セキュリティ調査2017 vol2:スレットマネジメントの新たな可能性に向けて 今日、世界のCEOや経営幹部は、サイバーセキュリティへの革新的なアプローチを求めています。多くの先進的な企業では、サイバーセキュリティによってビジネスにおける優位性、信頼、株主価値を生み出すことができることを理解しており、これが常識になりつつあります。日本企業はグローバルよりも、スレットインテリジェンスのサービスを利用している一方、受け取っているスレットインテリジェンスを有益と考えている企業の割

「長時間労働」に関するアンケート

● 残業時間『45時間以上』…13.8%。【運輸・郵便業】では3人に1人● 現状の残業時間が45時間以上の人…「上限規制は守れないと思う」インターワイヤード株式会社が運営するネットリサーチのDIMSDRIVEでは、「長時間労働」についてアンケートを行い、労働時間の実態や、残業が発生する理由、サービス残業の有無などについてまとめました。 調査は2017年4月4日〜4月14日にかけて実施し、DIMSDRIVEモニターの「正規社員として働いている人」1,343名から回答を得ています。Tweet ● 残

日本企業のデジタル化とCDO

2016年、グローバルでCDO(Chief Digital Officer)を設置している企業は19%日本は2015年の0%から2016年は7%に増加デジタル化実行フェーズでの経営層のサポート不足が88%と高く、経営層のより積極的な取り組みが求められるStrategy& グローバルおよび日本のCDO調査を実施2017年7月12日 - PwCネットワークのStrategy&は、グローバルおよび日本のChief Digital Officer(チーフ・デジタル・オフィサー、以下CDO)に関する調査を

トータル・リテール・サーベイ2017

Total Retail 2017 不確かな将来に備え、小売業に求められる10の投資 2017年、小売業者はここ数十年間の中で最も激しい競争に直面することになります。顧客が絶えずオンラインショッピングへと流れ、世界各地で低成長が続き、グローバル市場でかつてないほど高度な技術が否応なく求められる中で、一部の小売業者は存在そのものが脅かされつつあるのです。米国などの先進国の一部では、年末商戦が低調に終わったことから、従来型の小売業の未来についてますます不安が高まっています。本調査は、29カ国

グローバル エンタテイメント&メディア アウトルック2017‐2021

PwC、年次調査「グローバル エンタテイメント&メディア アウトルック2017‐2021」を発表 ユーザーエクスペリエンスが成長の鍵:広告業が苦戦するなか、エンタテイメント&メディア業界は顧客エンゲージメントの向上にデータを活用 ※本プレスリリースは、2017年6月7日にPwCが発表したプレスリリースの翻訳です。英語の原文と翻訳内容に相違がある場合には原文が優先します。消費者の嗜好が変化し、テクノロジーが急速な進歩を遂げるなか、旧来型ビジネスモデルの破壊が進んでいます。エンタテイメント&メディア

ファミリービジネスサーベイ2016 日本分析版

ファミリービジネスサーベイ2016 日本分析版 「ファミリービジネス企業の永続的な発展のヒント」 本レポートは、ファミリービジネスサーベイ2016の日本分析版として、日本とグローバルとの回答比較を行い、日本のファミリービジネス企業にとって重要と考えられている「直面する課題」、「国際化」、「事業承継」、「親族間の紛争解決の仕組み」および「デジタル化への対応」に関して取り上げ、分析・考察しています。課題今後5年間の主な課題として、日本とグローバルともに、「優位性を維持するためにイノベーション

2016年 世界の上場企業上位2,500社に対するCEO承継調査

日本の新任CEOの平均年齢は61歳と世界で最も高く、他企業からの招聘(3%)、他企業でのCEO経験(9%)、他企業での勤務経験(33%)、MBA保有率(4%)は世界で最も低く、女性CEO就任はなしStrategy& 第17回CEO承継調査を実施2017年5月16日 - PwCネットワークのStrategy&は、世界の上場企業における時価総額の上位2,500社を対象に、CEOの承継についての第17回となる年次調査をまとめました。 調査対象のうち2016年にCEOが交代したのは14.9%、372社で

2050年の世界 長期的な経済展望:世界の経済秩序は2050年までにどう変化するのか?

2050年の世界 長期的な経済展望:世界の経済秩序は2050年までにどう変化するのか? 本調査レポートは、2050年にかけての主要32カ国のGDPを予測した「The World in 2050」の最新版です。英国の国民投票におけるEU(欧州連合)離脱派の勝利や米国大統領選挙でのトランプ氏の勝利など、世界の政治に何度も激震が走った1年を経て、2050年はおろか、2017年の経済予測を示すことすら大胆な試みに思えるかもしれません。しかし、経済や政治のサイクルにおける短期的な浮き沈みを越えて、世界経済

経営者の視点2017:小売企業の変革

JDAとPWCが毎年実施している経営者への調査によると、本年の傾向は、顧客満足の提供を軸としてデジタル変革に対する投資の優先度が最も高いという結果が見られました。しかし、52%の小売企業が、デジタル変革戦略の取組を開始していないと回答しています。更に、ネット通販ビジネスの成長はあるものの、78%のCEOは、店舗への投資を削減する予定はないと考えています。更に複雑化している注文への対応(フルフィルメント)、顧客データの活用、店舗への投資等小売業界のトレンドを考察しています。是非ご一読ください。

グローバルフィンテック調査2017 日本分析版

変わる境界拡大するフィンテックの影響金融機関にとってフィンテックは、革新か、破壊か、チャンスか、それともその全てか? の日本の金融機関が自社のビジネスの一部がフィンテック企業に奪われる脅威にさらされていると回答 の日本の金融機関がブロックチェーンの採用時期を不明と回答 の日本の金融機関が、情報セキュリティ・プライバシーの侵害を、フィンテックの台頭がもたらす脅威と回答 の日本の金融機関が今後フィンテック企業とのパートナーシップを拡大する予定 今、フィンテック企業は世界中の

ファミリービジネスサーベイ2016

ファミリービジネスサーベイ2016​日本分析版「ファミリービジネス企業の永続的な発展のヒント」 日本とグローバルの回答に特徴的な違いが見られた5つのテーマ「直面する課題」、「事業承継」、「親族間の紛争解決の仕組み」、「デジタル化」、および「国際化」への対応について分析・考察 今回で8回目となったPwCの「ファミリービジネスサーベイ」は、過去最大の規模、かつ最も包括的なアプローチで実施されました。50カ国の農業、小売、製造など多種多様な業界を代表する2,800社以上の経営幹部に調査への

第20回世界CEO意識調査

PwC、「第20回世界CEO意識調査」の結果を世界経済フォーラム(ダボス)に合わせて発表‐新たなリスクや不確実性にもかかわらず、CEOは自信を深める 自社の成長に対する自信は緩やかに回復52%が雇用拡大を計画過剰な規制や鍵となる人材の不足に対する懸念は過去最高水準グローバリゼーションは所得格差の解決にほとんど寄与していないと考える2017年1月17日PwC Japanグループ *本プレスリリースは、世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)開催に合わせ、PwCが2017年1月16日にスイスのダボス

第12回グローバル・イノベーション調査

R&D支出世界上位1000社のうち日本企業は支出額・企業数ともに減世界ランキングではトヨタが10位世界でR&D支出は製品ハードウエアからソフトウエアやサービス開発へシフトStrategy& 第12回グローバル・イノベーション調査を実施2016年10月26日 - PwCの戦略コンサルティングを担うStrategy&は、2016年グローバル・イノベーション調査を実施した。 12年目となる2016年調査の結果、以下の動向が明らかになった。2016年調査におけるR&D支出トップ1000社のR&D支出額は

電力・ガス小売市場意識調査2016

※資料ダウンロードフォームからのダウンロードをお願いします。 PwCコンサルティングでは、全国の一般家庭における消費者を対象に電力・ガス小売市場についての意識調査を行いました。本調査は当社内の専門組織「電力・ガスシステム改革支援室」が実施したものです。電力については小売全面自由化前の2013年から毎年意識調査を実施しており、ガスについては今年1月から加わりました。調査の結果、今回の自由化で電力会社の契約を変更した回答者の過半数が、比較的低額な電力料金使用者であり、料金やポイントなどの割引が乗り

第19回世界CEO意識調査 日本分析版

第19回世界CEO意識調査 日本分析版変貌する世界で成功を再定義する成長し続ける日本企業の姿を考える の日本のCEOが今後3年間の成長に非常に自信があると回答。世界全体(49%)を大きく下回る。 自社が成長する上で重要視する国は、調査史上初めて米国が中国(45%)を抜き首位に の日本のCEOが、ステークホルダーとの関わりおいて効果を発揮するテクノロジーとして「データアナリティクス」を挙げているが、世界全体(68%)に比べテクノロジーの活用が低い傾向 の日本のCEOが、人事戦略において

中国銀行経営者調査報告書2015 エグゼクティブサマリー

中国銀行経営者調査報告書2015 エグゼクティブサマリー 本冊子は、PwC中国と中国銀行業協会(CBA)が共同で作成したアンケート調査報告書のエグゼクティブサマリーです。アンケートは中国31省に勤務するマネジメントクラスの銀行員を対象に、電子アンケート形式で実施され、1,328件の有効回答を受領しました。中国経済の減速が続くなか、中国の銀行は成長を求めてベンチャー企業向け融資やアセットマネジメント業務などの新規分野に注力していますが、一方で、不良債権の拡大、インターネット金融業者との競争などの課

Redefining business success in a changing world‐変貌する世界で成功を再定義する‐

PwCの調査によれば、鍵となる人材、価値創造、 業績連動型報酬について投資家の見解はCEOと正反対 サイバー攻撃への脅威と主要市場の認識については一致 *本プレスリリースは、2016年4 月27日にPwCが発表したプレスリリースの翻訳です。英語の原文と翻訳内容に食い違いがある場合には原文が優先します。PwCが実施したグローバル調査において、業績連動型報酬、鍵となる人材の調達、価値創造などの主要課題に関する投資家とCEO(最高経営責任者)の考え方に大きな違いがあることが鮮明になりました。2015年

インダストリー4.0: デジタルエンタープライズの構築

PwC、企業のインダストリー4.0に向けた投資額は 年間9,000億米ドル超、2020年まで続くと発表 *本プレスリリースは、2016年4 月13日にPwCが発表したプレスリリースの翻訳です。英語の原文と翻訳内容に食い違いがある場合には原文が優先します。 PwCのグローバル調査によると、製造業各社はインダストリー4.0への対応により、コスト削減、効率性向上、利益拡大など大きなメリットを得られると期待しています。半数以上の企業が2年以内に投資額を回収できると予測する一方で、最大の課題は専門技術者

第19回世界CEO意識調査

PwC、「第19回世界CEO意識調査」の結果を世界経済フォーラム(ダボス)に合わせて発表‐地政学的脅威の高まりとともに、世界経済の成長に対するCEOの自信は低下 世界経済への自信が10ポイント低下地政学的な不確実性への懸念が急拡大主要な経済圏では売上への期待が低下90%は顧客やその他のステークホルダーからの期待に応えるべく、テクノロジーを利用する手段を変革2016年1月20日PwC Japan *本プレスリリースは、世界経済フォーラムの年次総会(ダボス会議)の開催に合わせて、2016年1 月1

2015年12月2日アイティメディアフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

読んでおきたいセキュリティリポート・調査結果まとめ

標的型攻撃をはじめとする不正アクセスやサイバー犯罪、Webサイトの侵害とそれを踏み台にしたマルウエア感染など、日々さまざまな脅威が報じられ、セキュリティ対策の必要性が叫ばれています。さて、セキュリティ対策に取り組む上で大事なのは「敵を知り、己を知る」こと。何がどんなふうに危険にさらされているのかを知らなくては、対策の方針を立てることはできません。しかも攻撃の動向は継続的に変わっており、いつまでも昔の常識で考えていては裏をかかれる、ということを忘れてはいけません。 そんなときに参考になるのが、セキ

2015年11月26日はてなニュースフィードバック数:0社会/政治

2015年度キャリア大学アワード

「キャリア大学アワード」とは、この夏にサマークラスとして、日本を代表する企業が開催したキャリア教育プログラムの中から、特に学生のキャリア形成に貢献した企業を約2,000名の参加学生のアンケートを基に選出し、表彰するのものです。今年で3回目となる「キャリア大学アワード」は、昨年に比べてエントリープログラム数も増加し、各プログラムに対する学生の満足度も非常に高いレベルとなっています。今後とも回が重ねられるごとに、より多くの素晴らしい教育プログラムがキャリア大学から輩出され、次世代を担う学生のキャリア

グローバル情報セキュリティ調査 2016(日本版)

プライスウォーターハウスクーパース、「グローバル情報セキュリティ調査2016(日本版)」を発表日本企業は、ISO27001のセキュリティフレームワークに偏重サイバーリスクの情報共有活動を行っている日本企業は3割程度2015年11月9日プライスウォーターハウスクーパース株式会社* 本プレスリリースは、2015年11月7日にCyber Conference Okinawa 2015 国際会議で開催した「グローバル情報セキュリティ調査2016(日本版)結果報告および新会社設立の記者発表会」での発表資料

Strategy& 第11回グローバル・イノベーション調査

世界ランキングではトヨタが8位、ホンダが21位Strategy& 第11回グローバル・イノベーション調査を実施2015年10月28日 - PwCの戦略コンサルティングを担うStrategy&は、2015年グローバル・イノベーション調査を実施した。この調査は、研究開発に多額の費用を投入した世界の上場企業のトップ1000社を「グローバル・イノベーション1000社」として特定し、研究開発が企業業績に及ぼす影響および企業業績について評価を行い、高い費用対効果を生むためには何が手がかりになっているのかを探

2015年内部監査全世界実態調査

2015年内部監査全世界実態調査‐ 急激な変革の時代において内部監査の「真北」を目指す‐今回で第11回目となるPwCの内部監査全世界実態調査は、世界中の計1,300名の内部監査部門長や利害関係者(役員会メンバー、マネジメントなど)に調査した結果を取りまとめたものです。今日の企業は新しいビジネス戦略を推進していることから、内部監査が企業において重要な位置を維持し価値を提供し続けるには内部監査も同じペースで進化しなければなりません。PwCは、組織が現在の状態から望んでいる場所にたどり着くための理想目

PwCのレポートです。のレポートです。

リテールバンキング2020 進化か革命か

リテールバンキング2020 進化か革命か金融業界は、変化を求められる大きな力にさらされています。顧客の期待、技術の革新、規制強化、人口動態や経済変動など、金融機関が乗り越えなくてはいけない課題は山積みです。これからの時代で成功するには、これらの課題を解決することが必要です。また、金融機関は現在の責務を果たすだけではなく、将来に向けて、自らを根本的に改革し再構築していかなければなりません。本レポートにおいては、PwCの「プロジェクトブルー」という枠組みを駆使し、これらの課題が将来、リテールバンクに

大いなる期待‐チーフデータオフィサーの進化

大いなる期待‐チーフデータオフィサーの進化経営幹部(C-suite)の中でチーフデータオフィサー(Chief Data Officer, CDO)という新たな役割が浸透し始めています。この新たに登場したリーダーは、情報資産に関する企業全体のガバナンスと有効利用に責任を負っており、データを活用し、リスクを管理し、収益機会を生み出すことに尽力することが求められています。本報告書では、CDOがどのような役割を果たすかについて考察しています。(2015年06月) © 2004-2017 PwC. A

業界別財務分析(キャッシュ・フロー計算書中心)‐広告業界

業界別財務分析(キャッシュ・フロー計算書中心)‐広告業界2015年06月16日利益が出ている企業であっても継続的に資金を生み出すことができなければ企業の存続は難しくなります。財務諸表の一つに企業の資金生成能力を示すキャッシュ・フロー計算書があります。キャッシュ・フロー計算書は(1)営業活動によるキャッシュ・フロー、(2)投資活動によるキャッシュ・フロー、(3)財務活動によるキャッシュ・フローの3つの区分に分かれています。そこで今回は広告業界を中心に各区分ごとのキャッシュ・フロー計算書の比較・分析

PwCのレポートです。

Top health industry issues of 2015 ヘルスケア業界の展望

Top health industry issues of 2015 ヘルスケア業界の展望米国医療業界は大きな転換を迎えようとしています。PwCは毎年消費者調査と専門家インタビューを実施し、ヘルスケア業界が直面する直近の課題をまとめています。2015年は、インターネット普及や患者中心思考、新規参入企業のイノベーションならびに医療保険改革法(ACA: Affordable Care Act)などが業界変革を推進していくことが予想されます。鍵を握るのは、患者自身、特にテクノロジーとともに成長してきた

業界別財務分析(貸借対照表中心)‐テレビ業界

業界別財務分析(貸借対照表中心)‐テレビ業界2015年05月26日今回は、テレビ業界に属する主要な5社の連結貸借対照表(一部抜粋)および関連する指標【表1】について会社別に比較してみたいと思います。それぞれの指標の算定式は、【表2】指標の説明を参照してください。(注)すべて連結財務諸表は、公表されている有価証券報告書より【表2】自己資本(=純資産-少数株主持分)÷総資産×100 株主資本比率、有利子負債比率、流動比率および固定比率の4つの指標は、いずれも財務の安定性を測る指標ですが、それぞれの

業種別財務分析(貸借対照表中心)‐広告業界

業種別財務分析(貸借対照表中心)‐広告業界2015年05月19日まずは広告業界の内、執筆者が選定した4社の連結貸借対照表(一部抜粋) 【表1】と、関連するそれぞれの指標を見ていきましょう。それぞれの指標の算定式については【表2】指標の説明を参照してください。【表1】連結貸借対照表(*1)サービス業の業界平均は東京証券取引所に上場しているサービス業に分類される会社の2014年1月から12月に決算日を迎えた会社の平均値となっております。【表2】指標の説明自己資本(=純資産-少数株主持分)÷総資産×1

スポーツイベントの効果についてのレポートです。

レガシーに関するスポーツ業界リーダー調査

PwC、スポーツアコード国際会議で、「レガシーに関するスポーツ業界リーダー調査」の中間結果を発表スポーツ業界リーダーの93%が、スポーツイベントは開催都市に長期にわたりポジティブな変化をもたらすと考えている早い段階からの総合的なプランニングが成功の主要因であると強調している2015年5月20日PwC Japan本プレスリリースは、2015年4月22日にPwCが発表したプレスリリースの翻訳です。英文の原文と翻訳内容に齟齬がある場合には原文が優先します。2015年4月22日 ソチ(ロシア) - Pw

PwCのレポートです。

Future of India 勝利への飛躍(エグゼクティブサマリー版)

Future of India 勝利への飛躍(エグゼクティブサマリー版)独立から70年、インドは大きな変化の時代を迎えようとしています。この20年間でインドの国内総生産(GDP)は1兆米ドル超拡大し、その過程で何百万もの人々が新興中間層と呼ばれる新たな階層への仲間入りを果たしました。本報告書は、インドが年率9%のペースでGDPを拡大させ、今後20年間で10兆米ドル規模の経済大国となるには何が必要かを見極めようとするものです。PwCでは、インド内外の企業経営者、学識者、経済専門家とのワークショップ

業種別財務分析(損益計算書中心)‐広告業界

業種別財務分析(損益計算書中心)‐広告業界2015年05月07日まずは広告業界のうち、執筆者が選定した4社の連結損益計算書(一部抜粋) 【表1】と、関連するそれぞれの指標を見ていきましょう。それぞれの指標の算定式については【表2】指標の説明を参照して下さい。(*1)サービス業の業界平均は東京証券取引所に上場しているサービス業に分類される会社の2014年1月から12月に決算日を迎えた会社の平均値となっております。直近の広告業界4社の連結損益計算書と、関連するそれぞれの指標にはどのようなものがあるの

経済犯罪についてのレポートです。

経済犯罪実態調査 2014 業界別分析版

経済犯罪実態調査 2014(業界別分析版)PwCが実施した「経済犯罪実態調査 2014」を通して、業界・地域ごとに経済犯罪の傾向・特徴が見られることが分かりました。例えば業界ごとの視点であれば、不正行為者の特徴について、ほとんどの業界では組織内の人物による不正行為の割合の方が組織外の人物による不正行為の割合よりも高くなっている一方で、金融業界では組織外の人物が不正行為者であるケースが半数以上と正反対の傾向が見られました。また、贈収賄・賄賂、競争法・独占禁止法違反、マネーローンダリングといった特に

Three surprising digital bets for 2015

Three surprising digital bets for 20152015年が幕を開けた今、企業はどのようなテクノロジーに投資していくのでしょうか?PwCがビジネスリーダーおよびITリーダーを対象として実施した2015年のDigital IQ調査では、サイバーセキュリティ(69%)、プライベートクラウド(61%)、データマイニングおよび分析(54%)が上位の投資対象として挙げられていました。この上位3つは多くの企業で必要とされる重要テクノロジーですが、企業の競争優位性を高める可能性は低

ビジネスに影響を及ぼす"水"リスク

ビジネスに影響を及ぼす"水"リスクビジネスにおいて、特に工業や製造業においては水は欠かすことができません。その一方で、世界各地で洪水、渇水などの自然現象に加え、人為的な水の汚染が起きており、世界のどこでも水資源を思うように利用することはもはや不可能であるとともに、水は管理を行うことが難しい資源の一つともなっています。OECDによると、現在の水の利用形態のペースがそのまま続けば2050年までに世界の水需要は55%増大すると見込まれています(主に、製造業(+400%)、電力(+140%)、家庭(+1

PwCのレポートです。

Closing the gap in performance management 業績管理に対する課題認識と変革の取り組みに関する調査

Closing the gap in performance management 業績管理に対する課題認識と変革の取り組みに関する調査ビジネスの趨勢を先読みして的確な成長戦略を描き、これを確実に実行するためには、基盤となる業績管理の仕組みがうまく機能し、戦略の実行状況や将来予測といった経営に役立つ情報が、経営者層や現場の管理者に対して、早く、正しく、分かりやすく提供できている必要があります。PwC UKが英国勅許管理会計士(CIMA:Chartered Institute of Managem

PwCのレポートです。

第18回世界CEO意識調査 A marketplace without boundaries? 境界なき市場競争への挑戦

第18回世界CEO意識調査 A marketplace without boundaries? 境界なき市場競争への挑戦PwCは、世界のCEOのビジョンおよびビジネス判断についての分析・考察を「世界CEO意識調査」として、毎年公表しています。今年で18回目となる本調査では、世界77カ国、1,322人のCEOから回答を得ました。調査結果によると、2015年に世界経済が改善すると回答したCEOの割合は全体の37%となり、昨年の44%から減少しました。しかし、CEOの39%が、今後12カ月間に自社の売

PwCのレポートです。

2020年における資産運用ビジネス‐資産運用業は金融ビジネスの中心へ

2020年における資産運用ビジネス‐資産運用業は金融ビジネスの中心へ2015年04月16日2020年における資産運用ビジネス‐資産運用業は金融ビジネスの中心へ本コラム“あらたなView”では、さまざまな市場や業種、サービスにおける最新情報について現場のナマの声をお伝えしていきます。今回は、金融業界でも今後ますますの成長が期待される資産運用業界について取り上げます。プライスウォーターハウスクーパースでは2014年、資産運用業界の将来を予測したレポート「アセットマネジメント2020 資産運用業界の展

競争優位をもたらす組織文化を築く

競争優位をもたらす組織文化を築く組織文化およびこれを支えるビヘイビアの変革は、あまりに大きな課題であるように見えることから、他の喫緊の課題が片付くまでは後回しにしておこうという気持ちになってしまいがちです。しかし、焦点を絞ったビヘイビアの変革は、市場での認知度向上や顧客の理解度向上に取り組む際の触媒として機能し、また、目まぐるしく変わる市場環境へ適用する機敏さの源にもなります。本報告書の構成は以下のとおりです。組織文化の変革へ向けた新たな取り組み未来の金融機関で組織文化が果たす役割組織文化はどう

PwCのレポートです。

インダストリアル インターネットの機会と課題‐インダストリー4.0

インダストリアルインターネットの機会と課題‐インダストリー4.0産業界に第4次産業革命(インダストリー4.0)が到来しています。この革命は製品、バリューチェーン、ビジネスモデルのデジタル化の拡大と相互接続を特徴としています。産官学で推進するドイツ企業235社への調査から、インダストリー4.0の本質的な特徴と、それがもたらす機会と課題について報告します。本質的な特徴バリューチェーンの垂直および水平統合と管理改善の機会製品・サービスのデジタル化と相互接続(モノやサービスのインターネット)新たなデジタ

グローバルでの人材についてのレポートです。

目的を明確にした国際間異動 モダンモビリティ調査 2014年

目的を明確にした国際間異動 モダンモビリティ調査 2014年世界の企業は今、急速に成長する市場へ参入するため、また将来を担うビジネスリーダーに必要なグローバルマインドセットを醸成するために、国際間異動のあり方を再考しています。新しい人材資源へのアクセスを確保すること、それと並行して、既存の人材を適切なコストで適切な国や地域の適切なポジションへ配置して戦略的に管理することが重要であり、それに成功すれば、強力な競争優位性が得られます。本調査では、国際間異動に関してグローバル企業が直面している課題の考

PwCのレポートです。

Insurance 2020:デジタル化の加速‐デジタルフロントランナーになるための近道

Insurance 2020: デジタル化の加速‐デジタルフロントランナーになるための近道PwCは2014年5月に先進国および新興国を含む生命保険市場の9,000人以上の消費者に対してデジタルにかかわる調査を行いました。さらに同時期に日本の2,000人以上の消費者に対して保険のネット販売に対する意識調査も実施しました。この2つの調査から明らかになった、デジタル技術にかかわるメガトレンドとメガトレンドに対応するためのリスクおよび市場の先頭を行くために必要となるオペレーション上の戦略的要素について、

投資家調査です。

投資家の視点:投資家はいかに今日そして明日の取締役会のあり方を変えていくのか

投資家の視点:投資家はいかに今日そして明日の取締役会のあり方を変えていくのかPwC米国では、2014年に、年金基金や資産運用会社など幅広い機関投資家(調査に参加した機関投資家の運用資産総額約11.5兆米ドル)を対象とした調査を実施し、取締役会の現状について投資家が取締役に何を期待し、その期待は満たされているのかなどについて意見を求めました。本調査の結果得られた意見は以下の3点にまとめられます。取締役の現状に対する投資家の満足度は、全般的に2013年の調査結果よりも向上しているものの、一部の領域に

PwCのレポートです。

激増するリスク追いつかない対策‐米国サイバー犯罪調査2014における主要な発見事項

激増するリスク追いつかない対策 ‐米国サイバー犯罪調査2014における主要な発見事項米国小売業のCEOが、サイバー攻撃後の株価低迷や利益減によって辞任したことはご存知でしょうか。PwCが米国において実施した、サイバー犯罪調査2014によると、「現在のセキュリティ対策では、持続的で巧妙化する攻撃に対抗できているとは言い難い」という調査結果が導出されました。犯罪組織は、検知されないように標的を絞り攻撃を仕掛けています。しかも、セキュリティインシデントの件数も被害額も急増しているのです。今回の調査によ

業界別の財務分析です。

業界別財務分析(損益計算書中心)‐電機業界

業界別財務分析(損益計算書中心)‐電機業界2015年03月17日2014年04月に紹介しました「業界別財務分析(損益計算書中心)-電機業界」では、直近3年間の有価証券報告書の数値を基に、電機業界における主要8社の連結財務諸表の損益計算書や損益計算書から読み取れる主要な指標について推移を比較しました。今回は、直近の第2四半期の数値を用いて、前回と同様に指標数値の推移を比較・分析していきます。まずは、テクノロジー業界8社の連結損益計算書(一部抜粋)と、関連するそれぞれの指標【表1】を見ていきましょう

PwCのレポートです。

成長に向けた新たな視点 人材マネジメントの最新動向2014年

成長に向けた新たな視点 人材マネジメントの最新動向2014年先般発行したレポート『未来の働き方‐2022年までの変遷と展望』でも指摘されたように、雇用や労働の世界がどこへ向かっているのか、それが企業や人材マネジメントにとって何を意味するのかについて慎重に検討しなければならない時期にきています。例えば、景気回復期における新興市場の本質や労務管理、多様性と信頼関係が果たす役割、さらには人事部門のあり方についてすら見直す必要があります。今回の調査では、過去の習慣を打破して考え直すことで、他社から抜きん

PwCのレポートです。

ミレニアル世代の女性: 新たな時代の人材 (The female millennial: A new era of talent)

ミレニアル世代の女性は、どの世代よりも自信にあふれ意欲が高い‐PwCの最新調査結果が、女性と仕事に関するこれまでの通説を払拭 最も魅力を感じる企業の特長として、昇進の機会がトップに入社間もないミレニアル世代の女性の49%が、現在の職場で自らがトップレベルまで昇進できると想定ミレニアル世代の女性の86%が共働き、そのうち66%の収入がパートナーや配偶者と同等またはそれ以上しかし、ほぼ半数が、社内の昇進機会において企業は男性偏重であると回答また71%が、機会は全員に均等に与えられていないと回

Real Estate 2020 不動産の未来(要約版)

Real Estate 2020 不動産の未来(要約版)本報告書は、PwCが発刊した「Real Estate 2020 building the future」(英語版)から要旨部分を抜粋翻訳したものです。「Real Estate 2020 building the future」では、2020年における不動産の未来の姿について、データ分析、ディスカッションなどの手法で調査を実施し、不動産の取り巻く環境が今後どのように変化していくのか、またそれがファンド、不動産投資業界の戦略にどのような影響を及

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ