「Paper」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年2月22日ITRフィードバック数:0企業情報システム

ITR White Paper:ビジネスで勝ち抜くためのシステム連携基盤構築指針 ~連携基盤ツールによるサステナブル企業システム確立~

ホワイトペーパーITR White Paper:ビジネスで勝ち抜くためのシステム連携基盤構築指針 ~連携基盤ツールによるサステナブル企業システム確立~執筆者: 甲元 宏明 | 発行号: 2017-01かつて多くの企業が、巨大な単一システムで自社ビジネスをグローバル規模で支援する構想を持っていたが、それは夢に終わった。現在必要なことは、ビジネス環境の変化や続々登場する革新的なテクノロジに対して柔軟かつ迅速に適応する企業システムであり、それは多種多様なアプリケーションの集合体となる。このような時代に

科学技術に関する国民意識調査-熊本地震-[DISCUSSION PAPER No.138]

科学技術に関する国民意識調査-熊本地震-[DISCUSSION PAPER No.138]の公表について科学技術・学術政策研究所(NISTEP)では、インターネット・リサーチを利用して、自然災害である熊本地震に直面した人々の科学技術に関する意識がどのように変化したのかを調査・分析し、さらに、熊本地震の被災地域と全国の科学技術に関する意識の差異の抽出を試みました。その結果、熊本県や全国において地震など自然災害から生活を守る分野などへの期待が高まっていること、被災地域では、事前予測研究や横断研究など

大学研究者の研究変遷に関する調査研究

「大学研究者の研究変遷に関する調査研究」[DISCUSSION PAPER No.134]の結果公表について科学技術・学術政策研究所(NISTEP)では、大学研究者の研究プロジェクトの目的・段階・利用研究費等の変遷を明らかにすることを目的としたウェブ調査を、自然科学系(工学を含む)大学研究者1000名を対象に実施しました。その結果、本調査の回答研究者は、過去10年間に平均で4.4件の研究プロジェクトを実施しており、その平均実施期間は4.5年であることが明らかになりました。また、過去10年間に実施

2016年1月11日ITR★フィードバック数:0企業情報システム

ITR White Paper:2016年に注目すべき10のIT戦略テーマ ~「攻めのIT」と「守りのIT」~

ホワイトペーパー2016年に注目すべき10のIT戦略テーマ ~「攻めのIT」と「守りのIT」~執筆者: 金谷 敏尊 | 発行号: 2016-01ITRでは、毎年行っているIT投資動向調査の結果、クライアント企業から受ける質問や依頼されるブリーフィングの内容、および各種のITプロジェクト支援の成果を加味し、多くの大手企業にとって重要と考えるIT戦略テーマを選定している。本稿では、2016年に向けてITRが抽出した10の戦略テーマの概要、予測およびキーワードを提示する。中期IT戦略や次年度のIT投資

大学発ベンチャー企業の成果と出口戦略-設立理由と経営者の属性との関連性の観点から-

トップ » 調査研究成果公表 » 「大学発ベンチャー企業の成果と出口戦略-設立理由と経営者の属性との関連性の観点から-」[DISCUSSION PAPER No.123]の公表について 「大学発ベンチャー企業の成果と出口戦略-設立理由と経営者の属性との関連性の観点から-」[DISCUSSION PAPER No.123]の公表について当研究所では、大学発ベンチャー企業の成果と出口戦略について、「大学等発ベンチャー調査2010」(NISTEP調査資料 No.197)のデータを用いて定量的分析を行い

女性研究者にフォーカスしています。

企業における研究者の多様性と特許出願行動

「企業における研究者の多様性と特許出願行動」[DISCUSSION PAPER No.120]の公表について当研究所では、民間企業の研究活動以外の活動がイノベーションに与える影響を分析するため、企業において研究者の多様性が研究開発活動に影響を与えるか否かという観点から、特に女性研究者に関してその割合や研究分野の偏りが特許出願件数に与える影響を定量的に分析しました。その結果、研究者の性別や研究分野での多様性が高い企業ほど、特許出願件数が多い傾向があることが示唆されました。詳細については、以下のリン

第1回~第3回全国イノベーション調査の経年比較の試み(調査設計及び調査事項の整理とそれに基づく産業別・企業規模別の比較考察)

トップ » 調査研究成果公表 » 「第 1 回~第3 回全国イノベーション調査の経年比較の試み(調査設計及び調査事項の整理とそれに基づく産業別・企業規模別の比較考察)」[DISCUSSION PAPER No.116]の公表について 「第 1 回~第3 回全国イノベーション調査の経年比較の試み(調査設計及び調査事項の整理とそれに基づく産業別・企業規模別の比較考察)」[DISCUSSION PAPER No.116]の公表について当研究所では、OECDオスロ・マニュアルに準拠して実施してきた第1回

2015年3月25日内閣府フィードバック数:0ビジネス

ESRI Discussion Paper Series No.319「企業R&D資本の減耗率についての実証研究」

現在のページ: »»» ESRI Discussion Paper No.319 企業R&D資本の減耗率についての実証研究 企業R&D資本の減耗率についての実証研究外木内閣府経済社会総合研究所客員研究員、一橋大学経済研究所特任講師北岡内閣府経済社会総合研究所研究官Wendy C. Y. Liアメリカ合衆国商務省経済分析局リサーチエコノミスト 要旨日本では、2016年より国民経済計算に新しいSNA基準である2008SNAの実施が計画されている。2008SNAの実施による最も重要な変更点は研究開発

「スーパーサイエンスハイスクール」の効果検証です。

スーパーサイエンスハイスクール事業の俯瞰と効果の検証

トップ » 調査研究成果公表 » 「スーパーサイエンスハイスクール事業の俯瞰と効果の検証」[DISCUSSION PAPER No.117]の公表について 「スーパーサイエンスハイスクール事業の俯瞰と効果の検証」[DISCUSSION PAPER No.117]の公表について当研究所では、平成14年度から実施されているスーパーサイエンスハイスクール(SSH)事業の経緯や変遷、SSH指定校の変化等をエビデンスベースで示すことを試みました。その結果、(1)SSH指定校の理系進学率は全国平均に比べ、2

大学発ベンチャーの海外展開志向の決定要因

「大学発ベンチャーの海外展開志向の決定要因」[DISCUSSION PAPER No.119]の公表について当研究所では、大学発ベンチャーの海外展開志向に影響を与える要因を調べるため、大学発ベンチャー457社を含むデータベースを用いて定量的な分析を行いました。分析結果から大学発ベンチャーの持つ技術志向の強さや公的支援を受けた経験の有無、ベンチャー企業の立地する地域の特性、設立母体となった大学の研究水準が大学発ベンチャーの海外展開志向の強さに影響していることが示されました。詳細については、以下のリ

産学共同研究についての調査です。

共著論文から見た日本企業による国際産学共同研究の現状

トップ » 調査研究成果公表 » 「共著論文から見た日本企業による国際産学共同研究の現状」[DISCUSSION PAPER No.109]の結果公表について 「共著論文から見た日本企業による国際産学共同研究の現状」[DISCUSSION PAPER No.109]の結果公表について近年の経済活動や研究活動のグローバル化に伴い、海外の大学との共同研究を通じて研究開発力を高めようとする日本企業も増加してきている。本稿においては、学術論文データベースSCOPUS に収録されている2003年から200

ポスドクの就職についての調査です。

ポストドクターの正規職への移行に関する研究

「ポストドクターの正規職への移行に関する研究」[DISCUSSION PAPER No.106]の公表について本報告書では、ポストドクターから任期のない正規の雇用(正規職)への移行状況及び移行パターンを、文部科学省 科学技術・学術政策局 基盤政策課で実施した『ポストドクター等の雇用・進路に関する調査-大学・公的研究機関への全数調査(2009年度実績)』の個票データを用いて明らかにしています。また、正規職への移行に関する要因分析により、どのような人が正規職に移行しやすいか等、詳しく検討を行いました

『科学コミュニティとステークホルダーの関係性を考える』報告書

トップ » 調査研究成果公表 » 『科学コミュニティとステークホルダーの関係性を考える』報告書[DISCUSSION PAPER No.105-1.2.3]の公表について 『科学コミュニティとステークホルダーの関係性を考える』報告書[DISCUSSION PAPER No.105-1.2.3]の公表について『科学コミュニティとステークホルダーの関係性を考える』三分冊の報告書を取りまとめました。詳細につきましては、以下のリンクより御覧ください。第一報告書第二報告書第三報告書

福井県における国立大学等と地域企業の連携に関する調査報告

トップ » 調査研究成果公表 » 「福井県における国立大学等と地域企業の連携に関する調査報告」[DISCUSSION PAPER No.99]の結果公表について 「福井県における国立大学等と地域企業の連携に関する調査報告」[DISCUSSION PAPER No.99]の結果公表について当研究所では、福井県を対象に国立大学等と地域企業との連携に関する調査を実施し、分析結果をまとめました。アンケート調査は福井大学 産学官連携本部 吉長重樹准教授が担当し、質問票の設計・分析は当研究所が担当しました。

岡山県における国立大学等と地域企業の連携に関する調査報告

トップ » 調査研究成果公表 » 「岡山県における国立大学等と地域企業の連携に関する調査報告」[DISCUSSION PAPER No.100]の結果公表について 「岡山県における国立大学等と地域企業の連携に関する調査報告」[DISCUSSION PAPER No.100]の結果公表について当研究所では、岡山県を対象に国立大学等と地域企業との連携に関する調査を実施し、分析結果をまとめました。アンケート調査は岡山大学 研究推進産学官連携機構 産学官連携本部長 大原晃洋教授と産学官融合センター長 藤

広島県における国立大学等と地域企業の連携に関する調査報告

トップ » 調査研究成果公表 » 「広島県における国立大学等と地域企業の連携に関する調査報告」[DISCUSSION PAPER No.101]の結果公表について 「広島県における国立大学等と地域企業の連携に関する調査報告」[DISCUSSION PAPER No.101]の結果公表について当研究所では、広島県を対象に国立大学等と地域企業との連携に関する調査を実施し、分析結果をまとめました。アンケート調査は広島大学 若手研究人材養成センター 川畑弘特任教授が担当し、質問票の設計・分析は当研究所が

2012年6月26日経済産業省★フィードバック数:1製造業/エレクトロニクス

紙・印刷・プラスチック・ゴム製品の統計のまとめです。

平成23年紙・印刷・プラスチック・ゴム製品統計年報

平 成 23年2011紙・印刷・プラスチック・ゴム製品統計年報YEARBOOK OFPAPER, PRINTING, PLASTICS PRODUCTSAND RUBBER PRODUCTS STATISTICS経済産業省大臣官房調査統計グループR e s e a r c h a n d S t a ti s t i c s D e p a r t m e n tMinister's SecretariatMinistry of Economy,Trade and Industry(METI)序

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ