「Ponemon」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月24日IBM★★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

データ漏えいのコストです。

データ漏えいコストに関する調査報告書:世界分析(Cost of Data Breach Study: Global Analysis)

Ponemon Instituteによる世界調査:データ漏えいに関わる2015年の平均コストが過去最高を記録 データ漏えいの対応及び修正にかかるコストは世界の平均で380万ドルに上り、記録の紛失または盗難に関わるコストは6%増加 TOKYO - 24 6 2015:2015年6月24日[米国ミズーリ州トラバース - 2015年5月27日(現地時間)発]Ponemon Instituteは本日、「データ漏えいコストに関する調査報告書:世界分析(Cost of Data Breach Study:

2015年4月3日IBMフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

モバイル・アプリケーション開発者が セキュリティーに投資していないことが明らかに

IBM提供の調査から、モバイル・アプリケーション開発者が セキュリティーに投資していないことが明らかに TOKYO - 03 4 2015:2015年4月3日IBM提供の調査から、モバイル・アプリケーション開発者が セキュリティーに投資していないことが明らかに 最新のIBM Mobile Threat Managementテクノロジーがモバイル・マルウェア対策を支援[米国ニューヨーク州アーモンク - 2015年3月19日(現地時間)発]IBM(NYSE:IBM)セキュリティーとPonemon I

2014年11月12日HPフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2014 Cost of Cyber Crime Study(2014年、サイバー犯罪コスト調査)

HP、日本でのサイバー犯罪によるコストが76%増加し平均7億800万円と発表- 第3回目の年次調査結果によると、セキュリティインテリジェンス・ソリューションを導入することで、1社あたり年平均1億4,200万円のコスト削減を実現 -2014年11月12日日本ヒューレット・パッカード株式会社日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都江東区、社長執行役員:ジム・メリット)は、Ponemon Institute社(ポネモン・インスティテュート)による第3回年次調査結果を発表します

2014年8月18日CA Technologiesフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

「BYOID(Bring Your Own Identity:個人IDの持ち込み)」に関する調査

CA Technologiesの調査により、IT部門と事業部門の双方がBYOID(Bring Your Own Identity: 個人IDの持ち込み)の価値を見出していることが明らかに (2014年7月28日、ニューヨーク州およびミシシッピ州トラバース市発)CA Technologies (本社:米国ニューヨーク州アイランディア市、CEO:マイケル・グレゴア) は、ソーシャル・ネットワーキング/デジタルIDをアプリケーションのログインに使用する「BYOID(Bring Your Own

2013年12月3日HPフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

日本でのサイバー犯罪によるコストは50%増、攻撃への対処に要する時間も34%拡大

日本でのサイバー犯罪によるコストは50%増、攻撃への対処に要する時間も34%拡大とHPが発表- セキュリティ・インテリジェンス・ソリューションが影響を軽減し、1組織あたり年間平均8600万円のコスト削減につながることを、今回2回目となる年次調査で明らかに -2013年12月3日日本ヒューレット・パッカード株式会社日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都江東区、代表取締役 社長執行役員:小出 伸一)は、Ponemon Instituteが実施した日本での調査結果を発表しま

2012年7月17日マカフィーフィードバック数:3モバイル

スマートフォンの紛失率、年間で約5%

マカフィーとPonemon Institute社は「The Lost Smartphone Problem(スマートフォンの紛失問題:英語)」を発表しました。これは、さまざまな組織において、従業員が所有するスマートフォンの紛失・盗難件数と、その影響を明らかにすることを目的とした調査です。調査対象となった439社の中で、スマートフォンの紛失数は1年間で142,706台という莫大な数に上ります。そのうち約62%は、従業員に業務用として支給している会社所有のスマートフォンです。また、38%は個人が業務

2012年5月28日シマンテックフィードバック数:11セキュリティ/ネットワーク

2011年情報漏えいのコストに関する調査: 日本版

シマンテック、Ponemon 社とレポートを発表、日本における情報漏えいの主な原因は従業員の不注意にあることが明らかに 2011 年の日本企業における情報漏えいまたは盗難のコストは、レコード 1 件あたり 11,011 円 2012 年 5 月 28 日【報道関係者各位】株式会社シマンテック (本社:東京都港区赤坂、代表取締役社長:河村 浩明、以下シマンテック) と Ponemon Institute 社は本日、「2011 年情報漏えいのコストに関する調査: 日本版」を発表しました。これは、

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ