「Ponta」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

第21回 Ponta消費意識調査 2017年2月

第21回 Ponta消費意識調査 2017年2月 「節約したい」派が初の7割超え 「物価が上がる」と答えた人は全体の約6割共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を運営する株式会社ロイヤリティ マーケティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:長谷川 剛、以下「LM」)は、消費者の意識とポイントの利用意向を把握するため、「第21回 Ponta消費意識調査 2017年2月」を実施いたしましたので、ご報告いたします。<消費者意識>・「節約したい」派は70.7%となり本設問開始以来初めて7割を超

2016年9月10日文化工房フィードバック数:0マーケティング

ブックオフからJALまで…貯めているポイント 少数派の声

ブックオフからJALまで…貯めているポイント 少数派の声 今週の「1000人リサーチ(※)」は、「一番貯めているポイント」について調査した。今日は、少数派の意見をピックアップ!※WB編集部が、旬の話題を10代から50代まで世代別の男女、各100人ずつに独自調査を行う企画【一番貯めているポイント(少数派)】 ■得票数の少なかった項目に寄せられたコメント・家を建て替えるので、家電関連を購入しているため(44歳、男性、「ビックポイント」)・マイルを貯めて旅行に行きたいから(42歳、女性、「JALマイ

2016年9月10日文化工房★フィードバック数:0マーケティング

一番貯めているポイントTOP5 お得感が高いのは?

今週の「1000人リサーチ(※)」は、「一番貯めているポイント」について調査した。※WB編集部が、旬の話題を10代から50代まで世代別の男女、各100人ずつに独自調査を行う企画【一番貯めているポイント】順位 (票数)ポイント1位 (292票)Tポイント2位 (270票)楽天スーパーポイント3位 (100票)Pontaポイント4位 (72票) Amazonポイント5位 (55票)WAONポイント■店の人気とは比例しない?トップとなった「Tポイント」について、どの世代でもファミリーマートでの利用をあ

2016年9月10日文化工房フィードバック数:0マーケティング

店の人気とは比例しない? 20代が一番貯めているポイント

今週の「1000人リサーチ(※)」は、「一番貯めているポイント」について調査した。今日は、20代の調査結果を発表!※WB編集部が、旬の話題を10代から50代まで世代別の男女、各100人ずつに独自調査を行う企画【一番貯めているポイント(20代編)】順位 (票数)ポイント1位 (65票)Tポイント2位 (52票)楽天スーパーポイント3位 (21票)Pontaポイント4位 (15票) Amazonポイント 5位 (8票)WAONポイント10代に続き「Tポイント」がトップとなった。以前、「好きなコンビニ

2016年9月10日文化工房フィードバック数:0マーケティング

コンビニやAmazonで利用、10代が貯めているポイント

今週の「1000人リサーチ(※)」は、「一番貯めているポイント」について調査した。今日は、10代の調査結果を発表!※WB編集部が、旬の話題を10代から50代まで世代別の男女、各100人ずつに独自調査を行う企画【一番貯めているポイント(10代編)】順位 (票数)ポイント1位 (70票)Tポイント2位 (42票)Pontaポイント3位 (29票)Amazonポイント4位 (15票) 楽天スーパーポイント 5位 (9票)au WALLETポイントトップの「Tポイント」をはじめ、「Pontaポイント」や

2016年9月10日文化工房フィードバック数:0マーケティング

4割近くが「一番貯めている」、40代に人気のポイント

今週の「1000人リサーチ(※)」は、「一番貯めているポイント」について調査した。今日は、40代の調査結果を発表!※WB編集部が、旬の話題を10代から50代まで世代別の男女、各100人ずつに独自調査を行う企画【一番貯めているポイント(40代編)】順位 (票数)ポイント1位 (72票)楽天スーパーポイント2位 (49票)Tポイント3位 (15票)Pontaポイント4位 (12票) WAONポイント5位 (8票)Amazonポイント「楽天スーパーポイント」がトップとなり、全世代の中で40代が最も多か

2016年9月10日文化工房フィードバック数:0マーケティング

男性は“還元率”を重視、30代が一番貯めているポイント

今週の「1000人リサーチ(※)」は、「一番貯めているポイント」について調査した。今日は、30代の調査結果を発表!※WB編集部が、旬の話題を10代から50代まで世代別の男女、各100人ずつに独自調査を行う企画【一番貯めているポイント(30代編)】順位 (票数)ポイント1位 (71票)楽天スーパーポイント2位 (55票)Tポイント3位 (15票)Pontaポイント4位 (12票) WAONポイント5位 (8票)dポイント10~20代でトップだった「Tポイント」が2位に転落、代わって「楽天スーパーポ

第18回 Ponta消費意識調査 2016年8月

第18回 Ponta消費意識調査 2016年8月 海外旅行でも利用できるポイントサービス「利用してみたい」が6割!20~30代女性は利用意向が高く、7割超え共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を運営する株式会社ロイヤリティ マーケティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:長谷川 剛、以下「LM」)は、消費者の意識とポイントの利用意向を把握するため、「第18回 Ponta消費意識調査 2016年8月」を実施いたしましたので、ご報告いたします。<海外旅行時のポイントサービスの利用意向>・

2016年8月10日ドゥ・ハウスフィードバック数:0マーケティング

「ポイントカード」に関する調査

2016.08.04所持率の最も高いポイントカードは「Tポイントカード」 ポイントカードを作った理由は「よく行くお店で使える」 ~ 「ポイントカード」に関する調査結果を発表 ~株式会社ドゥ・ハウス(東京都港区 代表取締役社長:高栖祐介)は、自社のインターネットリサーチサービス『myアンケートlight』を利用し、1都3県に住む20代~50代の男女を対象に「ポイントカード」に関するWEBアンケートを実施いたしました。調査期間は2016年7月12日(火)~7月15日(金)。有効回答は1,063人から

第16回 Ponta消費意識調査 2016年4月

第16回 Ponta消費意識調査 2016年4月 金融機関の金利引き下げ、「メリットの方が大きい」に比べ「デメリットの方が大きい」が10ポイント高い結果に!- ポイントを「つかいたい」は過去最高に -共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を運営する株式会社ロイヤリティ マーケティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:長谷川 剛、以下「LM」)は、消費者の意識とポイントの利用意向を把握するため、「第16回 Ponta消費意識調査 2016年4月」を実施いたしましたので、ご報告いたします。

第14回 Ponta消費意識調査 2015年12月

第14回 Ponta消費意識調査 2015年12月 年末年始に購入・消費したい商品・サービス:「外食」関連が2年連続で増加!共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を運営する株式会社ロイヤリティ マーケティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:長谷川 剛、以下「LM」)は、消費者の意識とポイントの利用意向を把握するため、「第14回 Ponta消費意識調査 2015年12月」を実施いたしましたので、ご報告いたします。<消費者意識>・20位以内にランクインの「外食」関連は、2年連続で増加。2

第13回 Ponta消費意識調査 2015年10月

第13回 Ponta消費意識調査 2015年10月 「冬のボーナス」の使い道は、「貯金・預金」 が36.7%で過去最高に共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を運営する株式会社ロイヤリティ マーケティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:長谷川 剛、以下「LM」)は、消費者の意識とポイントの利用意向を把握するため、「第13回 Ponta消費意識調査 2015年10月」を実施いたしましたので、ご報告いたします。 <消費者意識>・「冬のボーナス」の使い道は、「貯金・預金」が36.7%で過去

第12回 Ponta消費意識調査 2015年8月

第12回 Ponta消費意識調査 2015年8月 ポイントを「つかいたい」:全体で過去最高の44.4%、「節約したくない派」でも過去最高の4割に共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を運営する株式会社ロイヤリティ マーケティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:長谷川 剛、以下「LM」)は、消費者の意識とポイントの利用意向を把握するため、「第12回 Ponta消費意識調査 2015年8月」を実施いたしましたので、ご報告いたします。 <消費者意識>・「節約したい」派は、67.9%と高水準

第11回 Ponta消費意識調査 2015年6月

第11回 Ponta消費意識調査 2015年6月「夏のボーナス」の使い道:「貯金・預金」と「財形貯蓄」を合わせ“貯蓄”が約4割に!/「節約したい」派も67.6%と高水準で推移共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を運営する株式会社ロイヤリティ マーケティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:長谷川 剛、以下「LM」)は、消費者の意識とポイントの利用意向を把握するため、「第11回 Ponta消費意識調査 2015年6月」を実施いたしましたので、ご報告いたします。 <消費者意識>・「夏のボ

2015年6月29日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング要登録

共通ポイントに関するアンケート

楽天、Tポイント、Ponta、大手共通ポイントをひとつに絞るとしたら? 4割近くが「提携店舗・サービスの多さ」を最も重視楽天、Tポイント、Ponta、大手共通ポイントをひとつに絞るとしたら?ポイント利用者の半数近くが提携の有無で「来店が左右される」調査結果サマリー三大共通ポイントをひとつに絞るなら「楽天スーパーポイント」Tポイント、楽天スーパーポイント、Pontaポイントのいずれかの利用者に、共通ポイントをひとつに絞るとしたらどれかを聞いたところ、42.2%が「楽天スーパーポイント」と回答しまし

2014年9月23日アイブリッジ★フィードバック数:0マーケティング

ポイントサービスの利用についての調査です。

ポイントサービスに関する調査

業界最大規模のモニター数を誇るリサーチプラスが実施したポイントサービスに関する調査結果。企業登録をすると、管理画面からのアンケート作成や、回答結果のダウンロードが可能となります。ポイントサービスに関する調査2014年9月16日ポイントサービスに関する調査アイブリッジ株式会社(本社:大阪市福島区、代表取締役社長:松田康弘)が展開するインターネットリサーチサービス“リサーチプラス”では、約160万人の自社モニター会員を活用し、全国、男女、900人を対象に、ポイントサービスに関する調査を実施いたしまし

2013年12月1日ドゥ・ハウスフィードバック数:0マーケティング

ポイントサービスの利用状況について

【生活者に聞く!】 ポイントサービスの利用状況について 月刊『アイ・エム・プレス』2013年12月号に掲載 半数以上が週に1回以上、共通ポイントを利用。 いつもの店、たくさんの店で使えることが利用の動機付けに。  株式会社ドゥ・ハウス(東京都港区 代表:稲垣佳伸)のmyアンケートを利用して実施された調査「ポイントサービスの利用状況について(調査主体:株式会社アイ・エム・プレス 文京区 代表:西村道子)」が、月刊『アイ・エム・プレス』2013年12月号に掲載されました。ネット専業通販やドラッグス

2012年9月6日マーシュ★フィードバック数:4大型消費/投資

ポイントカード、電子マネー、クレジットカードなどをまとめた調査です。

コンビニで利用するカードに関するアンケート

コンビニで利用するカードに関するアンケート調査調査結果概略コンビニで利用するカードはTカードが圧倒的。でも行くコンビニは「セブン-イレブン」がトップ。一都三県の20~69歳の男女にアンケートを実施。「nanacoカード」「Pontaカード」「Tカード」「Edy機能付きカード」などコンビニで買い物をする時には、複数枚のカードを提示(利用)することが日常化してきた。巷では、カードの有無を聞かれることに煩わしいという声も聞かれるが、レジでカード所有の有無に聞かれることについてどう感じているかを聞くと(

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ