「RBI」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

インド準備銀行が臨時会合で追加利下げを決定

インド準備銀行が臨時会合で追加利下げを決定2015年3月4日<臨時利下げの背景>RBI(インド準備銀行)は3月4日(現地、以下同様)、臨時的に政策金利を0.25%ポイント引き下げ7.50%にしました。 利下げの理由は、声明文によると、インフレ率が鈍化しRBIの目標レンジ内での推移が確認されたこと、景気は回復基調にあるものの生産活動や貸出動向などはまだぜい弱さが残るため、インフレ鈍化見通しが優勢なこと、最後に2月28日に発表された来年度予算案で政府が財政構造の質的な改善に取り組むことが確認されたこ

2015年2月23日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

インドの緊急利下げに続くアジア諸国

リサーチ TODAY2015 年 2 月 23 日インドの緊急利下げに続くアジア諸国常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創インド準備銀行(RBI)は2015年1月15日に緊急の政策決定会合を開き、下記の図表に示されるように政策金利のレポレートを8.00%から7.75%に引き下げた。ラジャン総裁が就任した2013年9月以降、断続的に引き締められてきた金融政策は緩和に転じた。原油と生鮮品の価格下落に伴うインフレ率の下振れとインフレ期待の落ち着きが背景にある。みずほ総合研究所では「緊急利下げに踏み

インド準備銀行が臨時会合で利下げを決定

インド準備銀行が臨時会合で利下げを決定2015年1月16日<臨時会合での利下げの背景>RBI(インド準備銀行)は1月15日、政策金利を0.25%ポイント引き下げ7.75%とすると発表しました。RBIは2月3日に定例決定会合を予定していましたが、それに先立ち利下げに踏み切りました。利下げの理由として、野菜・果物価格の下落、原油を中心とした国際商品市況の下落、脆弱な内需、政府の積極的な財政赤字削減への取り組みを挙げ、これらがインフレ圧力を低減させていると述べました。また今回の利下げが定例会合ではなく

2013年9月4日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

通貨防衛に追われるインド~防衛のための金融・財政引き締めで景気は停滞~

みずほインサイトアジア2013 年 9 月 4 日通貨防衛に追われるインドアジア調査部主任研究員防衛のための金融・財政引き締めで景気は停滞+65-6304-1935小林公司koji.kobayashi@mizuho-cb.com○ 米国のQE3が縮小されるとの観測から、経常赤字国インドのルピーが下落。8月は連日のように史上最安値更新。○ 今後もルピー相場の下落圧力は続く公算。外貨準備が枯渇する国際収支危機のリスクは限定的だが、インフレや財政悪化、外貨建て債務返済負担増加のリスクを当局は警戒。○

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お知らせ