「REIT」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月19日日経新聞★フィードバック数:0大型消費/投資

個人投資家調査です。

個人投資家9400人調査

「勝ち組」は焦らずリスクを取る 調査で見えた素顔 相場のことは相場から学べ――。日々変化する相場では経験は糧になる。経験から学ぶのがうまい人は最近の上昇相場で何をしてきたのか。日経マネー誌が個人投資家9400人を対象に実施した「個人投資家調査」から、投資歴10年以上のベテランで、2年間連続して「20%以上の利益を上げた」勝ち組と「損を出した」残念組とを比較。その投資行動を分析した。 まず、2年連続で利益を上げた「勝ち組」の特徴を見てみよう。●運用資産の中に先進国株、REIT(不動産投資信託)を組

拡大するREIT型投資信託、成長速度はネットサービス業も圧倒

拡大するREIT型投資信託、成長速度はネットサービス業も圧倒 | ニッセイ基礎研究所 拡大するREIT型投資信託、成長速度はネットサービス業も圧倒 金融研究部 主任研究員 増宮 守アベノミクスの開始から2年以上が経過し、日経平均株価も2万円を回復したように企業業績の回復が進んでいます。業績回復といっても多種多様ですが、そのなかで最も飛躍的に伸びた分野といえば、どのような業種でしょう。円安を背景とした輸出関連や、急増する訪日外国人向けのサービス、さらには、先端技術を用いた医療機器など、様々な分野

『J-REIT』には長期的な支援材料が豊富

『J-REIT』には長期的な支援材料が豊富■ 1月からのスピード調整は最終局面を示唆今年1月からのJ-REITは、昨年の上昇相場から一転、上値の重い横バイの相場が続いている。昨年10月の日銀の追加金融緩和以降、J-REITは僅か3カ月で+25%の急騰を演じた。さすがに上昇ピッチが早く過熱感が強まり、スピード調整を必要としていた。今年に入ってJ-REITの資金調達の株式発行が増加、需給懸念が生じたことが調整のキッカケとなったようだ。その株式発行のブームも既にピーク・アウトしており、

米国REIT:『賃貸不動産』の市場動向

米国REIT:『賃貸不動産』の市場動向■ 『オフィス』『商業施設』賃料の上昇ピッチが加速金融危機以降のセクター別の賃料推移を比較すると、『集合住宅』は2009年に底入れし、2010年から上昇に転じ、セクターの中で最も早い回復を遂げた。『オフィス』賃料は2010年に底入れし、2011年から上昇に転じた。『商業施設』は2011年に底入れし、2012年から上昇に転じた。『オフィス』『商業施設』はやや遅れての回復であったが、足元の賃料は上昇ピッチを加速させている。景気の回復に伴って、不動産需要が広が

マンションについての調査です。

マンション居住者・実態調査

≪マンション居住者・実態調査≫希望する設備トップは「インター...| メディアで多数の記事になった注目のプレスリリース ≪マンション居住者・実態調査≫ 希望する設備トップは「インターネット無料」フロントサービスには「不用品回収・リサイクル」 住宅系Jリートで最大級の資産規模を持つ、アドバンス・レジデンス投資法人(証券コード:3269)の資産運用会社であるADインベストメント・マネジメント株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:高坂 健司)は、マンション入居者に対するアンケート調査を

市場拡大が続くJ-REIT~需給懸念はあるが収益力に期待が持てよう

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2015年3月11日市場拡大が続くJ-REIT~需給懸念はあるが収益力に期待が持てよう J-REIT市場は、2013年半ばから堅調な推移が続いていましたが、2015年1月に1,990ポイント(東証REIT指数ベース)の高値を付けた後、軟調な値動きとなっています。これにはいくつかの要因が考えられますが、その大きなものとして「金利要因」と「需給要因」が考えられます。J-REITは投資家からの出資に加え、借り入れや社債などで資金を調達しており、

多くの都市でオフィス賃料は今後も上昇する見通し

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2015年2月5日多くの都市でオフィス賃料は今後も上昇する見通し 2014年10-12月期に世界の主要都市の多くでオフィス賃料の伸びが高まりました。国によって状況は異なるものの、世界的に賃貸オフィスの新規供給が低水準となっていることなどから、2015年から2016年(以下、今後2年間)についても、多くの主要都市でオフィス賃料の上昇は続くと見込まれています。景気回復基調が強まる米国では、雇用市場の改善が続いていることもあり、特に、ITやメデ

景況感はさらに改善するも海外要因を注視~不動産価格のピークは2017年までが大勢~第11回不動産市況アンケート結果

景況感はさらに改善するも海外要因を注視~不動産価格のピークは2017年までが大勢~第11回不動産市況アンケート結果 | ニッセイ基礎研究所 景況感はさらに改善するも海外要因を注視~不動産価格のピークは2017年までが大勢~第11回不動産市況アンケート結果 金融研究部 主任研究員 増宮 守基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 第11回不動産市況アンケート(年1回、実務

2015年1月15日不動産証券化協会フィードバック数:0社会/政治

J-REIT REPORT No.62(2015年1月)

J-REIT REPORT No.62(2015年1月)

No.149 2015年の『J-REIT』は収益拡大局面へ

No.149 2015年の『J-REIT』は収益拡大局面へ

利回りから考えるJ-REIT価格~利益成長に沿う堅調な推移が期待される

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年12月17日利回りから考えるJ-REIT価格~利益成長に沿う堅調な推移が期待される 相対的に高い分配金利回りが魅力であるJ-REITは、2011年以降堅調な値動きが続き、かつて見られた大幅な割安感は薄らいでいます。J-REITの分配金利回りは3.0%(2014年11月末現在)と、国内では依然として高い利回り水準となっているものの低下傾向にあり、一部では、J-REITの価格は割高との見方があります。ただし、利回りにおける上乗せ部分

2014年12月2日不動産証券化協会フィードバック数:0大型消費/投資

J-REIT REPORT Vol.61(2014年12月)

J-REIT REPORT Vol.61(2014年12月)

2014年11月3日土地総合研究所フィードバック数:0大型消費/投資

「金融システムレポート」(日本銀行、2014年10月)に見る不動産市場分析の紹介

リサーチ・メモ「金融システムレポート」 (日本銀行、2014 年 10 月)に見る不動産市場分析の紹介2014 年 10 月 31 日今回の金融システムレポートは、不動産市場の状況に関する検討がかなり詳細になされている。業界 関係者にはすでによく知られた中身ではあるが、改めてその概要を紹介しよう。  不動産業の業況は他産業と概ね同じ動きであり、不動産ブーム期に見られた、不動産業に偏重した 動きはない。図 1. 不動産業の業況判断 DI不動産取引動向を大規模土地取引件数でみると物流施設などを中

日銀がサプライズの追加金融緩和

日銀がサプライズの追加金融緩和<日銀が追加金融緩和>2014年10月31日日銀は、10月31日の政策委員会・金融政策決定会合において、以下の通り量的・質的金融緩和の拡大を決定 しました。賛成5:反対4という僅差での決定でした。 (1)マネタリーベース増加額の拡大 マネタリーベースが、年間約60~70兆円→80兆円(約10~20兆円追加)に相当するペースで増加するよう金 融市場調整を行う。 (2)資産買入れ額の拡大および長期国債買入れの平均残存年限の長期化 ①長期国債について、保有残高が年間約50

2014年10月1日不動産証券化協会フィードバック数:0大型消費/投資

J-REIT REPORT No.59(2014年10月)

J-REIT REPORT No.59(2014年10月)

2014年9月2日不動産証券化協会フィードバック数:0大型消費/投資

J-REIT REPORT Vol.58(2014年9月)

J-REIT REPORT Vol.58(2014年9月)

市場データです。

[確報-2014年上半期]世界の不動産投資額、前年同期比28%増の2,970億ドル

2014年第2四半期の世界の商業用不動産投資額は、前年同期比28%増の1,580億ドルとなり、9四半期連続で1,000億ドルを突破。2014年上半期の投資額は、前年同期比28%増の2,970億ドルとなり、最近の上半期取引額のボトムである2009年上半期の3.7倍超となった。(図表1)2014年上半期において最も投資活動が活発だった地域は、アメリカ大陸で、前年同期比44%増の1,290億ドル。EMEAの投資活動も好調で、前年同期比37%増の1,130億ドルとなった。一方、アジア太平洋地域の投資額は

2014年8月3日不動産証券化協会フィードバック数:0社会/政治

J-REIT REPORT Vol.57 2014年8月

J-REIT REPORT Vol.57 2014年8月

2014年第2四半期インベストメント・レポート

クリックすると拡大します クッシュマン・アンド・ウェイクフィールドは、2014年第2四半期(4月1日~6月30日)の調査レポート「MARKETBEAT INVESTMENT TOKYO Q2 2014」を公表しました。本レポートは東京不動産投資市場に関して以下のとおり分析しています。 1.今年上半期のオフィス売買取引量は、前年比20%増加し1兆円を超えました。依然として積極的な買い手である既存J-REITと並び、日本リートやインベスコオフィスリート等の新規銘柄も売買市場を牽引しました。2.オフィ

No.135 米国『REIT』の収益力が向上~配当利回りの魅力向上が期待される~

No.135 米国『REIT』の収益力が向上~配当利回りの魅力向上が期待される~

2014年6月26日不動産証券化協会フィードバック数:0大型消費/投資

J-REIT リターンと資金流入の関係 -VAR(Vector Auto-regression)モデルによる分析-

J-REIT リターンと資金流入の関係 -VAR(Vector Auto-regression)モデルによる分析-

『J-REIT』不動産投資を活発化~不動産市況回復に貢献~

『J-REIT』不動産投資を活発化~不動産市況回復に貢献~

『J-REIT』相場環境~回復基調に入った不動産市場~

『J-REIT』相場環境~回復基調に入った不動産市場~

2014年4月4日不動産証券化協会フィードバック数:0大型消費/投資

J-REIT REPORT No.53(2014年4月)

J-REIT REPORT No.53(2014年4月)

2014年3月4日不動産証券化協会フィードバック数:0社会/政治

J-REIT REPORT No.52(2014年3月)

J-REIT REPORT No.52(2014年3月)

シェール革命の影響がオフィスの賃料上昇にも拡がる米国

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年2月27日シェール革命の影響がオフィスの賃料上昇にも拡がる米国 最近の米国では、景気回復の動きが進んでいることや、企業業績が改善していることなども相俟って、オフィス需要が増加しています。そうした中、シェール革命によってシェールガスやシェールオイルの生産量が急増し、その恩恵を受ける傾向にある製造業やエネルギー関連企業の活動が活発化していることなどがオフィス需要増に大きく貢献しており、米国の主要都市では力強いオフィス賃料の上昇が見込

J-REITによる東京周辺部や地方都市のオフィスビル取得が活発 ~極端な買い手優位の市場は2014年初めにかけて修正~

J-REITによる東京周辺部や地方都市のオフィスビル取得が活発~極端な買い手優位の市場は2014年初めにかけて修正~ J-REITによるオフィス物件の取得が活発な中、2013年は東京周辺部や地方都市におけるオフィス物件の取得金額が9年ぶりに都心部を上回った。 東京周辺・地方においてオフィス物件の取得が活発化した背景として、不動産価格の先行き上昇期待が高まったことに加えて、都心部に比べて割安感の残る市場環境であったことが大きいと考えられる。 ただし、2014年初めにかけて東京周辺・地方における極端

Market eyes No.115【『J-REIT』日本の不動産市況】

Market eyes No.115【『J-REIT』日本の不動産市況】

分配金の安定したJ-REITを選ぶための5つの視点-初めての投資でも知っておきたいチェックポイント

分配金の安定したJ-REITを選ぶための5つの視点-初めての投資でも知っておきたいチェックポイント | ニッセイ基礎研究所 分配金の安定したJ-REITを選ぶための5つの視点-初めての投資でも知っておきたいチェックポイント 金融研究部 主任研究員 岩佐 浩人2013年のJ-REIT市場は、アベノミクスによる景気回復などから大きく上昇し、J-REIT各社の資金調達意欲も旺盛である。一方、こうした資金需要を支えるJ-REITの購入主体は、投資信託を経由した個人投資家のお金である。個人投資家の多くは

総合チャート集(株価・為替・商品・金利・REIT等)

総合チャート集(株価・為替・商品・金利・REIT等)

J-REIT市場動向

J-REITの評価指標として、三井住友トラスト基礎研究所が独自に算出しているNAV(Net Asset Value)を紹介します。 NAV(Net Asset Value) NAV(Net Asset Value)は、J-REITの保有不動産の価値を時価評価した修正純資産額を示し、J-REITを運用不動産の価値の面から評価する指標です。 2002年9月を起点に、東証J-REITの全銘柄を対象として、NAVに対する時価総額のプレミアム・ディスカウントの推移を示しています。 当指標は月次更新をしてお

2013年6月12日第一生命保険フィードバック数:1社会/政治

GlobalMarket Outlook ETF・REITは10月に躊躇なく調整へ

GlobalMarket Outlook ETF・REITは10月に躊躇なく調整へ

2013年5月10日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

(論文)2012年度の金融市場調節

ENGLISH2013年5月9日 日本銀行金融市場局概観2012年度において、日本銀行は、実質的なゼロ金利政策と金融資産の買入れ等の措置を通じて、強力な金融緩和を引き続き推進した。年度中の政策決定として、2010年10月に導入した資産買入等の基金について、残高上限を65兆円程度から2013年末の101兆円程度へ累次にわたって大幅に引き上げたほか、その後も「期限を定めない資産買入れ方式」のもとで金融緩和の強化を図ることを決定した。こうした決定を受けて、金融市場調節では、資産買入等の基金の運営として

急騰するJ-REIT市場と今後の投資環境

急騰するJ-REIT市場と今後の投資環境

「投資への抵抗度」に注目した軽めの調査です。

「投資への抵抗度」に関する調査結果

みんなで大家さん 元本の安全性を重視した不動産投資商品 みんなで大家さんについて小額で不動産投資に参加することができる資産運用として評判のみんなで大家さんは、お客様の出資金に対して、営業者が選定した対象不動産の安定した賃貸利益を分配するしくみで運営されています。すでに賃貸借契約済みの家賃を分配原資とするため、みんなで大家さんシリーズにおいて、これまで1度も想定利回りを下回ったことはありませんし、評価額も、賃貸利益を評価基準とするため、株やJ-REITのように日々の変動がありません。そのため、

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ