「REIT価格」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年4月1日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

取引量の増大によるREIT価格変化率への影響-市場流動性指標としての有用性評価

取引量の増大によるREIT価格変化率への影響-市場流動性指標としての有用性評価 | ニッセイ基礎研究所 取引量の増大によるREIT価格変化率への影響-市場流動性指標としての有用性評価 金融研究部 主任研究員 高岡 和佳子基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 筆者は資産価格の変動性や、資産間の共変動性が観測する時間間隔により異なることに着目し、市場流動性の定量化を試み

米『REIT価格』に出遅れ感

米『REIT価格』に出遅れ感

景気の回復とともに一段の上昇が期待されるグローバルREIT

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年4月7日景気の回復とともに一段の上昇が期待されるグローバルREIT グローバルREITは、2014年に入り堅調な推移となっています。これは、イエレン新FRB(米連邦準備制度理事会)議長が、バーナンキ体制下での金融政策を維持する方針を示し、超低金利政策の長期化観測が拡がったことなどを受けて、米国を中心にREIT価格が大きく上昇したことが背景と考えられます。昨年を振り返ると、米国で量的緩和の早期縮小懸念が強まるなか、長期金利の上昇

Market eyes No.119【『米国REIT』調整完了のタイミングを探る】

情報提供資料2014年2月4日No.119『米国REIT』調整完了のタイミングを探る■ バリュエーション(株価評価):調整局面を経て割安水準に【図表1】は『REIT価格』とREITの『純資産価値』の比較である。通常『REIT価格』は将来の利益成長を織賃料上昇が続くとの予想である。■ モメンタム(市場価格の勢い):モメンタム反転の兆しり込む形で『純資産価値』よりも高値で取引されるの折れ線グラフが上向きの時は『REIT』のリターンが『株が一般的である。式』を上回っており、下向きの時は『R

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お知らせ