「REIT市場」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

J-REIT市場の動向と今後の見通し

J-REIT市場の動向と今後の見通し

2015年6月の投資環境見通し 世界の株式、債券、為替、REIT市場

2015年6月の投資環境見通し 世界の株式、債券、為替、REIT市場

J-REIT市場の現状と今後の見通し

<足元の状況>2015年2月以降、10年国債利回りが国債入札の不調による需給悪化懸念の高まりにより上昇する局面が度々あり、不安定に推移したことや、3月に米国の早期利上げ懸念の強まりなどを受けて国内株式市況の上値が重くなったことなどを背景に、J-REIT市場は一進一退の相場展開が続きました。直近では、4月末の欧州における長期金利の急騰を受けて国内長期金利が上昇したため、J-REIT市場はやや乱高下する相場となりました。また、昨年後半から上昇基調が続いたことによる高値警戒感や、J-REIT各社による

魅力ある投資先として注目集まるグローバルREIT市場

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2015年3月25日魅力ある投資先として注目集まるグローバルREIT市場 2015年1月末頃から下落傾向となっていたグローバルREIT市場は、足元で、値を戻す展開となっています。この背景には、2015年3月以降、米国の軟調な経済指標の発表が続いたことや、3月のFOMC(米連邦公開市場委員会)の声明文で経済判断・見通しが下方修正され、FRB(米連邦準備制度理事会)が利上げを急いでいないとの見方が拡がり米国債利回りが低下傾向となったことがあり

2015年3月の投資環境見通し 世界の株式、債券、為替、REIT市場

2015年3月の投資環境見通し 世界の株式、債券、為替、REIT市場

2015年2月の投資環境見通し 世界の株式、債券、為替、REIT市場

2015年2月の投資環境見通し 世界の株式、債券、為替、REIT市場

最近のJ-REIT市場の動向

最近のJ-REIT市場の動向

2015年1月の投資環境見通し 世界の株式、債券、為替、REIT市場

2015年1月の投資環境見通し 世界の株式、債券、為替、REIT市場

2014年12月の投資環境見通し 世界の株式、債券、為替、REIT市場

2014年12月の投資環境見通し 世界の株式、債券、為替、REIT市場

2014年11月の投資環境見通し 世界の株式、債券、為替、REIT市場

2014年11月の投資環境見通し 世界の株式、債券、為替、REIT市場

2014年10月の投資環境見通し 世界の株式、債券、為替、REIT市場

2014年10月の投資環境見通し 世界の株式、債券、為替、REIT市場

2014年8月の投資環境見通し 世界の株式、債券、為替、REIT市場

2014年8月の投資環境見通し 世界の株式、債券、為替、REIT市場

2014年7月の投資環境見通し 世界の株式、債券、為替、REIT市場

2014年7月の投資環境見通し 世界の株式、債券、為替、REIT市場

6月の投資環境見通し 世界の株式、債券、為替、REIT市場

6月の投資環境見通し 世界の株式、債券、為替、REIT市場

5月の投資環境見通し 世界の株式、債券、為替、REIT市場

5月の投資環境見通し 世界の株式、債券、為替、REIT市場

2014年4月の投資環境見通し 世界の株式、債券、為替、REIT市場

2014年4月の投資環境見通し 世界の株式、債券、為替、REIT市場

3月の投資環境見通し 世界の株式、債券、為替、REIT市場

3月の投資環境見通し 世界の株式、債券、為替、REIT市場

Market eyes No.122【『金利上昇』と『米国REIT市場』】

Market eyes No.122【『金利上昇』と『米国REIT市場』】

2014年1月の投資環境見通し 世界の株式、債券、為替、REIT市場

2014年1月の投資環境見通し 世界の株式、債券、為替、REIT市場

2013年12月の投資環境見通し世界の株式、債券、為替、REIT市場

2013年12月の投資環境見通し世界の株式、債券、為替、REIT市場

投資市場は楽観が支配、賃貸市場も全セクターで回復-不動産クォータリー・レビュー2013年第3四半期

投資市場は楽観が支配、賃貸市場も全セクターで回復-不動産クォータリー・レビュー2013年第3四半期 | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 投資市場は楽観が支配、賃貸市場も全セクターで回復-不動産クォータリー・レビュー2013年第3四半期投資市場は楽観が支配、賃貸市場も全セクターで回復-不動産クォータリー・レビュー2013年第3四半期 増宮 守基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読

Market eyes No.114【米国REIT市場動向】

Market eyes No.114【米国REIT市場動向】

順境のJ-REIT市場に死角はないか?

順境のJ-REIT市場に死角はないか? | ニッセイ基礎研究所 順境のJ-REIT市場に死角はないか? 金融研究部 主任研究員 岩佐 浩人今年4月以降、アベノミクスへの期待感がやや息切れし、その新鮮味が薄まるにつれて調整局面に入ったJ-REIT(不動産投資信託)市場は、9月7日の2020年東京オリピック開催決定を機に再び上昇に転じている。オリンピック開催決定後3日間の業種別上昇率を順に並べると、都市インフラの整備促進や資産価格の上昇などに期待して建設や不動産、ガラス・土石、倉庫・運輸といった内

投資市場は楽観が支配、賃貸市場も全セクターで回復 ~不動産クォータリー・レビュー2013年第3四半期~

投資市場は楽観が支配、賃貸市場も全セクターで回復 ~不動産クォータリー・レビュー2013年第3四半期~ | ニッセイ基礎研究所 投資市場は楽観が支配、賃貸市場も全セクターで回復 ~不動産クォータリー・レビュー2013年第3四半期~ 増宮 守国内景気については、センチメントの改善に伴い個人消費が堅調に推移しており、2013年度は高い経済成長率が続くと見込まれている。住宅市場については、総じて各数値が前年を大幅に上回っており、地価動向についても、都市部での回復傾向が顕著に表れてきた。東京の賃貸オフ

J-REIT市場 3本の柱~「資産運用」「不動産投資市場」「都市ストック」のアンカー役としての責任~

J-REIT市場 3本の柱~「資産運用」「不動産投資市場」「都市ストック」のアンカー役としての責任~ | ニッセイ基礎研究所 J-REIT市場 3本の柱~「資産運用」「不動産投資市場」「都市ストック」のアンカー役としての責任~ 金融研究部 主任研究員 岩佐 浩人基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 経済再生を目指して「大胆な金融緩和」「機動的な財政政策」「民間投資を

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ