「REIT指数」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

『米REIT市場』足元の調整局面を考える

『米REIT市場』足元の調整局面を考えるは2010年から直近までのREIT指数の動きである。足元では今年1月末から調整局面にある。REITは昨年10月〜今年1月の4カ月で25%の急騰を演じた。相場に過熱感が出始めた時に、『利上げ観測』が高まり、調整のきっかけになったようだ。P/NAV(株価/純資産価値)は1月末の+10.8%から5月末には−3.5%と、割安の水準にまで調整が進んでいる。米国が年内に利上げとなると、2006年以来、9年ぶりの利上げになる。は前回の利上げ局面(2004年〜2006年)

過去の好パフォーマンス資産から考える

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2015年1月9日2014年の金融市場は、米国の景気回復と主要先進国の低金利政策の継続により、株式や債券は底堅さを見せる一方、一部の新興国の景気減速や地政学的リスクの高まりなどを背景とした投資家のリスク回避的な動きが目立ちました。特に、年後半は、原油価格の大幅な下落などを背景に、産油国を中心とする新興国経済への影響が懸念され、新興国株式は軟調となる場面が多くありました。REITについては、米国の景気回復基調の強まりや日本の脱デフレ政策などに

日本株式市場の「変化」に注目

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年5月28日日本株式市場では、米国や欧州の株高や為替市場での円高の一服を受けて、日経平均株価が約1ヵ月半ぶりに14,600円台を回復し、これまでの軟調な基調にいくつかの変化がみられるようになってきました。ひとつ目の変化としては、日経平均株価が28日に、200日移動平均線である14,655円(5月28日時点)を上抜いた点です。200日移動平均線は当面の大きな節目と捉えられていましたが、これを上抜いたことにより、相場の底堅さが確認されて

2013年8月26日内閣府フィードバック数:0ビジネス

J-REITによる物流施設などの不動産取得について

今週の指標 No.1078 J-REITによる物流施設などの不動産取得についてポイント2013年8月26日2012年半ばから上昇傾向にあった東証REIT指数は、2012年10月以降、日本銀行による積極的な金融緩和や新政権による経済政策への期待、これらに伴う不動産保有収益率の改善期待などを背景に、上昇ペースを加速させた。また、2013年3月には、時価総額は史上最高を更新し、その後も高水準で推移している。このように、J-REIT市場は盛り上がりを見せている(図1)。東証REIT指数上昇により、J-R

「1.2兆円」日本の2013年3月の公募投信への資金流入額

東証REIT指数に連動を目指す上場投資信託(ETF)です。分配金利回り3.31 ※分配金利回りに関する留意事項はこちらよりご確認ください。※分配金利回りは過去のものであり、投資者の皆様の実質的な投資成果を示すものでも、将来の運用成果や得られる期待利回りを示すものでもありません。 ETFコラム2012/10/16 「Jリート投資にETFを活用する」 ピックアップ情報!(2017/8/10更新)低金利の今だからこそ 比較的高い分配金利回りのETF特集 REIT(リート)特集比較的高い分配金利回りで注

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
 

特集データ

特集INDEXへ

お知らせ