「ROE」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月3日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0大型消費/投資

機関投資家は何を基準に業績不振と判断するのか?-日本版スチュワードシップ・コード受け入れ機関のHPから

機関投資家は何を基準に業績不振と判断するのか?-日本版スチュワードシップ・コード受け入れ機関のHPから | ニッセイ基礎研究所 機関投資家は何を基準に業績不振と判断するのか?-日本版スチュワードシップ・コード受け入れ機関のHPから 金融研究部 主任研究員 高岡 和佳子基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 日本版スチュワードシップ・コードが策定されて1年以上経過した。

2015年5月29日大和総研フィードバック数:0ビジネス

ROEの性質と利用する際の注意点

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ROEの性質と利用する際の注意点最終目的は数値の達成ではなく企業価値の向上と持続的成長の実現 ◆ROEへの関心が高まっている。安倍政権が公表した日本再興戦略およびその改訂版において、企業の収益性向上に焦点が当てられたことを契機に、2014年はJPX日経インデックス400の創設、伊藤レポートによるROE向上の推奨等、ROEを巡り様々な動きがみられた。日本版スチュワードシップ・コードやコーポレートガバナン

2015年5月28日経済産業研究所フィードバック数:0社会/政治

日経平均2万円は実力か 企業の「稼ぐ力」回復は途上

日経平均2万円は実力か 企業の「稼ぐ力」回復は途上日経平均株価が4月22日、2000年4月14日以来15年ぶりに、終値で2万円の大台を回復した。日本経済は長期のデフレから脱却し、企業社会が構造的に変わったのだろうか。株価の回復は日本企業が「稼ぐ力」を取り戻したことを示しているのだろうか。 ◆◆◆筆者は、マクロでは将来リスクの懸念があり、企業レベルのミクロでは構造変化の希望があると考える。まずマクロの問題である。円安が進んだことで、輸出企業は数量ベースの業績が変化しなくても円建ての収益は大きく改善

ROEと「日本版スチュワードシップ・コード」

ROEと「日本版スチュワードシップ・コード」 ■ROEとは、株主の持分である自己資本に対する利益率を指し、どれだけ効率よく利益を上げているかを株主の目線で見た指標です。ROEは株式投資において以前からたびたび注目されていましたが、それでも「数ある株価指標の中の一つ」という感がぬぐえませんでした。 ■昨今のROE重視の動きは、政府による様々な働きかけを伴う点で、これまでとは大きく異なっています。例えば、政府は「日本版スチュワードシップ・コード」やコーポレートガバナンス・コードの導入など、さまざまな

上昇基調が続く日本株式~今の水準は割高なのか?

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2015年4月24日上昇基調が続く日本株式~今の水準は割高なのか? 日経平均株価が15年ぶりに終値で2万円を突破するなど、日本株式の上昇が続いています。速いペースで上昇したことから、一部では過熱感が指摘されていますが、今後の企業業績改善や株主還元拡大への期待感などから、一段高の予想も出ています。株価が割高か、割安かを見る指標のひとつに、1株当たり利益に対し、株価が何倍まで買われているかを表す株価収益率(PER)があります。足元の予想PER

新しいROE投資の可能性-ROEとは何か、本質を理解して活用する

新しいROE投資の可能性-ROEとは何か、本質を理解して活用する | ニッセイ基礎研究所 新しいROE投資の可能性-ROEとは何か、本質を理解して活用する 金融研究部 チーフ株式ストラテジスト・年金総合リサーチセンター兼任 井出 真吾基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 自己資本利益率(ROE)が注目されている。ROEは企業がどれだけ効率よく稼いだかを示す指標なので

2015年4月13日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

GlobalMarket Outlook 2万円回復記念レポート 『1Q97』

Global Market Outlook2万円回復記念レポート『1Q97』2015年4月13日(月)第一生命経済研究所 経済調査部藤代 宏一TEL 03-5221-4523日経平均は2万円の大台を回復。実に15年ぶりの快挙であり金融市場にとって記念すべきことだ。2万円回復まで15年以上も時間を要してしまったことは実に残念だが、リーマンショック後の数年間に日経平均の1万円割れが常態化したことを踏まえれば、今次局面のラリーは劇的な進歩と評価できよう。今次サイクルにおける日本株のカタリストは、円安に

2015年4月8日大和総研フィードバック数:0社会/政治

ESGポートフォリオのリターン分析(3)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ESGポートフォリオのリターン分析③気候変動問題への対応の評価によるポートフォリオ ◆気候変動問題への企業の対応を評価したCDPのパフォーマンスバンドを指標としてポートフォリオを作成し、そのリターンや収益性、外国人持株比率の分析を行ったところ、次の結果を得た。パフォーマンスバンドはAを最上位とし、AからEまでのバンドが付与されている。◆直近5年間の配当込みTOPIXの年率リターンが11.5%であったの

最近の国内株式市場の動向について

最近の国内株式市場の動向について2015年4月3日<足元の上昇一服の背景>国内株式市場は昨年来大幅に上昇してきましたが、足元は上昇が一服した状態にあります。上昇一服の要因としては、年内の利上げ観測から米国株式市場がやや不安定になっていることや、中東情勢をはじめとする地政学リスクの高まりなどを挙げることができますが、単に大幅な上昇の反動という側面も大きいのではないかと思われます。日経平均株価は、1月中旬安値から2カ月強でほぼ3千円、2014年10月中旬安値からは5カ月強で5千円以上も上昇しているた

2015年3月1日EY Japanフィードバック数:0ビジネス

コーポレートガバナンス改革における社外取締役の重要性

新日本有限責任監査法人 情報センサー2015年3月号掲載コーポレートガバナンス改革における社外取締役の重要性コーポレートガバナンス(CG)改革が重視する社外取締役には、「業務執行の妥当性」の監督を強化し、企業の成長力を高める役割が期待されています。業種別に見た社外取締役とROE、PBRの関係からは、そうした体制整備を評価する資本市場の姿勢がうかがえます。対症療法ではない企業価値を高めるためのCG体制が望まれます。 お問い合わせEY総合研究所へのお問い合わせは、「お問い合わせフォーム」 よりお願

ROEの改善を通じて上昇が期待される日本株式

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年8月19日ROEの改善を通じて上昇が期待される日本株式 政府の成長戦略の中で、企業の収益力向上を通じて国民を潤すため、企業統治(コーポレート・ガバナンス)の強化が掲げられたことを受けて、金融庁と東証が企業統治の指針作りを8月から開始しました。成長戦略では、ROE(自己資本利益率)を世界水準に高めることが、企業統治強化の一つの目安とされています。ROEは企業が資本を効率的に使っているかどうかを表す指標で、数値が高いほど収益力が高い

2014年7月30日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

これからはROEが企業の「美人の基準」

これからはROEが企業の「美人の基準」

2014年3月2日SMBC日興証券★★フィードバック数:0社会/政治

企業業績についての予測です。

2013~2014年度の企業業績見通し

2014 年 2 月 28 日SMBC日興証券株式会社SMBC日興証券、「2013~2014 年度の企業業績見通し」を発表SMBC日興証券株式会社は、本日、2013~2014 年度の企業業績見通しを発表いたしましたのでお知らせいたします。添付資料 2013~2014 年度の企業業績見通し(2014 年 3 月)以 上2014 年 2 月 28 日株式調査部Report /日本 /ストラテジー2013~2014 年度の企業業績見通し(2014 年 3 月)<日本株ストラテジーレポート>来期経常増

逆境をバネに変化する日本企業

2014年1月31日2013年は先進国が世界のマーケットにおける中 心的な存在となり、とりわけアベノミクスに対する 期待から、日本への注目度が高まりました。日本 株式の取引は急増し、外国人投資家による日本 株式買いも進みました。このような環境の中で、 日本企業にも変化が見られます。豊富な手元資 金を活用して企業価値を向上させるなど、「守り の経営」から「攻めの経営」へと変化しようとする 動きが活発化しています。 そこで今回は、日本株式を見るうえで、次の2点を 押さえていただきたいと思います。金融

2013年9月6日大和総研フィードバック数:0社会/政治

東証「ESGで企業を視る」公表後の株式パフォーマンス

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 東証「ESGで企業を視る」公表後の株式パフォーマンス 2012年7月に東京証券取引所グループ(現日本取引所グループ)から「ESGで企業を視る」が公表されてから1年が過ぎた。「新たな投資家層の拡大」に向けたアクションの一つとして、テーマ銘柄の公表を行うこととし、その第一回目として、財務情報だけでなく社会的責任やサステナビリティといったESGの視点も取り入れて選定した15社が公表されたのである。そこで、公

2013年3月25日東洋経済新報社★フィードバック数:108ビジネス

ROEによるランキングです。

IT、ユニクロ強し。本当に儲かっている200社

IT、ユニクロ強し。本当に儲かっている200社今期ROEで探す高収益企業ランキング 山内 哲夫SI・ソフトウエア開発、タイヤなどの業界を担当 孫正義社長率いるソフトバンクが主力企業ではトップ 昨年11月14日に終値で8664円だった日経平均は、同12月には1万円大台を回復。この3月には1万2000を突破するなど、過熱感が高まっている。それでは、株価の背景にある企業業績自体はどうか。儲けっぷりのいい高収益企業を、ROE(自己資本利益率)を使って探してみた。 今期ROEは、今期予想純利益を自己

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ