調査のチカラ TOP > タグ一覧 > SIMサービス

「SIMサービス」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年8月10日GMOメディア★フィードバック数:0モバイル

10代女子に「格安SIM/格安スマホに関する調査」

10代女子に「格安SIM/格安スマホに関する調査」を実施~半数以上が格安スマホは「よくわからない」、利用しない理由は使いにくくなりそう、料金プランがわかりにくい~<調査概要>調査テーマ 格安SIM/格安スマホに関する調査調査対象スマホを持っている10代女子調査期間2017年6月27日~2017年7月10日調査方法インターネットリサーチ有効回答数 1367名調査主体プリキャンティーンズラボ※本調査レポートの百分率表示は四捨五入で端数処理を行っており、合計しても100%とならない場合がございます。

2016年10月14日MMDLaboフィードバック数:0モバイル

2016年9月格安SIMサービスの利用動向調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > 格安SIMサービスの利用率は14.7%、契約プランは音声プランが53.8%、データプランが46.2% 格安SIMサービスの利用率は14.7%、契約プランは音声プランが53.8%、データプランが46.2% MMD研究所は、15歳~69歳の男女35,161人を対象に2016年9月26日~10月3日の期間で「2016年9月格安SIMサービスの利

2016年6月2日アイティメディアフィードバック数:0モバイル

ロケットモバイルが“ロケットスタート”を決めたが!?――「格安SIM」18サービスの実効速度を比較(ドコモ回線2016年5月編)

MVNOが提供している「格安SIM」を選ぶうえで、料金はもちろんだが、「通信速度」も重要な決め手になる。料金は各社のWebサイトやカタログに表示されていて比較しやすいが、通信速度は各社一律「下り最大150Mbps」「下り最大225Mbps」などと表記されており、実際のところどれだけの速度が出るのかが分からない。 そこで、2015年7月から各社が提供している格安SIMの“実効速度”を毎月調査し、その結果を横並びで紹介している。今回は2016年5月編として、先月のドコモ系MVNOの通信速度をレポート

2016年5月4日MMDLaboフィードバック数:0モバイル

2016年4月格安SIMサービス通信速度調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 MMD研究所は、「2016年4月格安SIMサービス通信速度調査」を実施致しました。 調査は、2016年3月18日当研究所から発表した「格安SIMサービスの利用動向調査※1」より格安SIMサービスシェア上位10サービス※2にて通信速度調査を実施しています。【調査対象格安SIMサービス】 1. OCN モバイル ONE 2. 楽天モバイル 3. IIJ

2016年3月29日MMDLaboフィードバック数:0モバイル

2016年3月格安SIMサービスの利用動向調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > 格安SIMサービスの利用率は11.5%、契約プランは、音声プランが46.7%、データプランが53.3% 格安SIMサービスの利用率は11.5%、契約プランは、音声プランが46.7%、データプランが53.3% MMD研究所では、15歳~69歳の男女35,061人を対象に「2016年3月格安SIMサービスの利用動向調査」を実施致しました。【

2016年3月16日アイティメディアフィードバック数:0デジタル家電

Wonderlink LTE FとDTI SIMが好調を維持――「格安SIM」16サービスの実効速度を比較(ドコモ回線2月編)

MVNOが提供している「格安SIM」を選ぶうえで、料金はもちろんだが、「通信速度」も重要な決め手になる。料金は各社のWebサイトやカタログに表示されていて比較しやすいが、通信速度は各社一律「下り最大150Mbps」「下り最大225Mbps」などと表記されており、実際のところどれだけの速度が出るのかが分からない。 そこで、2015年7月から各社が提供している格安SIMの“実効速度”を毎月調査し、その結果を横並びで紹介している。今回は公開が遅れてしまったが2016年2月編として、先月のドコモ系MVN

2016年2月7日アイティメディア★フィードバック数:0モバイル

鬼門はやはり「12時台」、特にmineoが不調――「格安SIM」2サービスの実効速度を比較(au回線1月編)

MVNOが提供している「格安SIM」を選ぶうえで、料金はもちろんだが、「通信速度」も重要な決め手になる。料金は各社のWebサイトやカタログに表示されていて比較しやすいが、通信速度は各社一律「下り最大150Mbps」「下り最大225Mbps」などと表記されており、実際のところどれだけの速度が出るのかが分からない。 そこで、本企画では各社が提供している格安SIMの“実効速度”を毎月調査し、その結果を横並びで紹介している。前回は2016年1月編のドコモ系MVNOの通信速度をリポートしたが、今回はau系

2015年7月31日アイティメディアフィードバック数:0モバイル

UQ mobile/mineoは本家auより速い???「格安SIM」の実効速度を比較(au回線7月編)

MVNOが提供している「格安SIM」を選ぶうえで、料金はもちろんだが、「通信速度」も重要な決め手になるが、実際のところどれだけの速度が出るのかが分からない。そこで、各社が提供している格安SIMの“実効速度”を毎月調査し、その結果を横並びで紹介する。今回は30日に公開したドコモ系MVNOの通信速度に続き、KDDI系MVNOの7月編をリポートしたい。→IIJmioとNifMoが好調――「格安SIM」10サービスの実効速度を比較(ドコモ回線7月編)通信速度の調査方法 今回、テストを行ったのは以下の3サ

2014年6月30日MM総研フィードバック数:0デジタル家電

MM総研大賞2014

「MM総研大賞2014」審査結果のお知らせ ―スマート社会を支える製品・サービスを表彰、第11回目― 2014年06月30日■「大賞」は新電力エネットの法人向けデマンドレスポンスサービス『EnneSmart』 ■「スマートソリューション部門」の部門賞はNTTコミュニケーションズ、日本通信、NTT東日本、NEC、本田技研工業、NTT BP、エネット(※大賞と同時受賞) ■「話題賞」にはトヨタ自動車『i-ROAD』、ぐるなびの『ぐるなびPRO認証システム3.0』、サムスン電子ジャパン『GALAXY

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お知らせ