「SIMフリー」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年3月3日MM総研フィードバック数:0デジタル家電

2016年国内タブレット端末出荷概況

2016年国内タブレット端末出荷概況暦年出荷台数として初の前年割れ 2017年02月27日■ 2016年1-12月期のタブレット端末出荷台数は851万台(9.8%減)と初の前年割れ■ Appleがシェア42.3%で7年連続1位を維持するも台数は2年連続減少■ 携帯キャリア主導のAndroidセルラータブレット好調、セルラー比率58%で過去最高■ 2017年V字回復のポイントはキャリア販売施策の継続とWindowsタブレットの拡大  MM総研(東京都・港区、所長・中島 洋)は2月27日、2016

2017年2月19日MM総研フィードバック数:0モバイル

16年国内携帯電話端末出荷概況

2016年国内携帯電話端末出荷概況SIMフリースマートフォン好調でスマホ出荷は過去2番目 2017年02月09日■ 2016年1-12月期の総出荷台数は前年比3.0%減の3,606.1万台■ スマートフォン出荷台数は前年比1.5%増の2,942.1万台で過去2番目の記録■ Appleが前年比7.3%増の1,591万台(シェア44.1%)で5年連続1位と好調■ フィーチャーフォン出荷台数は前年比18.9%減の664万台で過去最低を更新  MM総研(東京都・港区、所長・中島 洋)は2016年暦年(

2016年11月24日MM総研フィードバック数:0モバイル

2016年度上期国内タブレット端末出荷概況

2016年度上期国内タブレット端末出荷概況~上期出荷台数として初の前年割れ~ 2016年11月17日■ 2016年度上期のタブレット端末出荷台数は前年同期比13.0%減の388万台■ Appleがシェア1位を維持■ 2016年度通期は870万台(3.7%減)。2019年度に1,000万台超へ  MM総研(東京都・港区、所長・中島 洋)は11月17日、2016年度上期(2016年4月~9月)の国内タブレット端末の出荷台数調査の結果を発表した。総出荷台数は前年同期比13.0%減の388万台となった

2016年11月10日ICT総研フィードバック数:0モバイル

SIMフリースマートフォン端末の品質調査

ICTマーケティング・コンサルティング・市場調査はICT総研にお任せ下さい。 HOME ≫ レポート ≫ 2016年11月 SIMフリースマートフォン端末の品質調査2016年11月 SIMフリースマートフォン端末の品質調査 ■ 最も長時間使用できるスマホは、ZenFone Max。最大輝度で電池消費時間は752分。■ Webや動画接続が最も快適なスマホは、HUAWEI P9。Web4.0秒、動画1.8秒。■ LTE通信速度が速いスマホは、ZenFone Selfie、ZenFone Zoom。

2016年5月23日MM総研フィードバック数:0ビジネス

2015年度通期国内タブレット端末出荷概況

2016年05月19日■ 2015年度通期タブレット端末出荷台数は903万台(前年度比2.8%減)で初の前年割れ ■ Appleが361万台(シェア40.0%)で6年連続シェア1位を獲得するも11.5%減 ■ OS別台数シェアはAndroid が3年連続1位 ■ 2016年度970万台、2017年度1,060万台でV字回復と予測  MM総研(東京都・港区、所長・中島 洋)は5月19日、2015年度通期(2015年4月~2016年3月)の国内タブレット端末出荷台数(※1)の調査結果を発表した。出

2016年5月17日MM総研フィードバック数:0モバイル

2015年度通期国内携帯電話端末出荷概況

■2015年度通期の総出荷台数は前年度比5.6%減の3,658.5万台で4年連続減少 ■スマートフォン出荷台数は前年度比2.9%増の2,916.5万台 ■SIMフリースマートフォン出荷台数は前年度比2倍の170.5万台 ■フィーチャーフォン出荷台数は前年度比28.7%減の742万台 ■2016年度の総出荷台数は3,420万台、スマートフォン出荷台数2,770万台と予測 MM総研(東京都・港区、所長・中島 洋)は2015年度通期(2015年4月〜2016年3月)の国内携帯電話端末(※1)の出荷台数

2016年5月10日MM総研フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

SIMフリースマートフォンの購入実態・満足度調査(2015年12月)

SIMフリースマートフォンの購入実態・満足度調査(2015年12月) 2016年04月26日■SIMフリースマートフォンに挿入するSIMカードはMVNO 54.0%、大手キャリア SIM 38.9% ■SIMフリースマートフォンの平均購入価格は32,418円 ■SIMフリースマートフォンの総合満足度は61.1%。他人への推奨度は52.3% ■SIMフリースマートフォン出荷台数比率5%から今後は更なる拡大が予測される  MM総研(東京都・港区、所長・中島 洋)は4月26日、SIMロックフリースマ

2016年3月9日MM総研フィードバック数:0デジタル家電

2015年国内タブレット端末出荷概況

2016年03月07日■ 2015年1-12月期のタブレット端末出荷台数は前年比8.4%増の943万台 ■ Appleが378万台(シェア40.1%)で6年連続1位を維持するも台数・シェア減少 ■ OS別シェアはAndroid 435万台(46.2%)が2年連続1位。Windowsシェアは拡大傾向 ■ 今後の法人市場はWindowsタブレットおよびB2B2Cモデルの拡大が期待される  MM総研(東京都・港区、所長・中島 洋)は3月7日、2015年暦年(2015年1月~2015年12月)の国内タ

2015年12月9日SBIライフリビングフィードバック数:0モバイル

2015年11月 ムスビー白ロム・中古携帯/スマートフォン ランキング

【2016年8月】最新中古携帯/スマホランキング|ムスビー こんにちは ゲストさん白ロム・中古携帯トップ> 白ロム・中古携帯/スマートフォン ランキング 2016年9月2日更新2016年8月 ムスビー白ロム・中古携帯/スマートフォン ランキング中古携帯/スマホランキング(2016年8月売上)NTTドコモ iPhone5s が2カ月連続第1位 NTTドコモのiPhone5sが2カ月連続1位となりました。今月のランキングでもTOP10以内にiPhoneが7機種ランクインしており、人気を維持しており

2015年11月2日MM総研フィードバック数:0モバイル

2015年度上期国内携帯電話出荷概況

2015年10月29日■ 2015年度上期出荷台数は1,638万台(前年同期比3.8%増) ■ スマートフォン出荷台数は1,262万台(20.2%増)、スマートフォン出荷比率は77.0% ■ Appleが631万台で半期別シェア8期連続1位もOS別シェアでAndroidと並ぶ ■ 2015年度通期は総出荷台数3,650万台、うちスマートフォン2,760万台と予測 ■ 出荷台数は微減傾向となるが、2018年度にはスマートフォン契約数1億件を突破  MM総研(東京都・港区、所長・中島 洋)は201

2015年5月21日MM総研★フィードバック数:0デジタル家電

市場データです。

2014年度通期国内タブレット端末出荷概況

2015年05月21日■ 2014年度通期のタブレット端末出荷台数は前年同期比24.2%増の929万台 ■ Appleが408万台(シェア43.9%)で出荷統計開始から5年連続シェア1位を獲得 ■ OS別台数シェアはAndroid 425万台(45.7%)が2年連続1位 ■ 2015年度は1,070万台で初の1,000万台超へ  MM総研(東京都・港区、所長・中島 洋)は5月21日、2014年度通期(2014年4月~2015年3月)の国内タブレット端末出荷台数(※1)の調査結果を発表した。出荷

2015年4月3日GfKフィードバック数:0モバイル

SIMフリースマートフォンの販売動向およびMVNO SIMカードの利用意向調査

本ウェブサイトのすべての機能を使用するためには、ブラウザーのJavaScriptを有効にする必要があります Cookieの使用について: 本ウェブサイトでは、アクセスした方がどのようにサイトを利用しているのかを把握するためCookieを使用しています。 これはサイトの品質向上を目的としています。当社ウェブサイトを閲覧することにより、当社のCookie利用に同意するものとします 詳細

2015年3月19日価格.comフィードバック数:0キャリアとスキル

激変!縮小するスマートフォン市場。アクセスではソニーがトップ、アップルは3位に後退。さらにガラケーの復活も!?

激変!縮小するスマートフォン市場。アクセスではソニーがトップ、アップルは3位に後退。さらにガラケーの復活も!? 激変!縮小するスマートフォン市場。アクセスではソニーがトップ、アップルは3位に後退。さらにガラケーの復活も!? 今、国内のスマートフォン市場が大きな踊り場にさしかかっている。相次ぐモデルチェンジによって端末の高機能化が進み、製品の差別化が難しくなってきたことに加え、今年2015年には通信キャリアへのSIMフリー化が義務づけられることもあり、市場を巡る状況も大きく変わろうとしているの

2014年11月2日MM総研★フィードバック数:0モバイル

市場データです。

2014年度上期 国内携帯電話端末出荷概況

2014年10月30日■ 2014年度上期出荷台数は半期別で過去最低の1578万台(前年同期比4.1%減) ■ スマートフォン出荷台数は1050万台(13.7%減)でスマートフォン出荷比率も減少 ■ Appleが601万台(シェア38.1%)で半期別台数シェア6期連続1位 ■ 2014年度通期は総出荷台数3530万台、うちスマートフォン2510万台と予測  MM総研(東京都・港区、所長・中島 洋)は2014年度上期(2014年4月~2014年9月)の国内携帯電話端末出荷台数(※1)調査結果を発

2014年9月29日NTTレゾナントフィードバック数:0モバイル

iPhoneで格安SIMを使う時に気になるQ&Aベスト5

格安SIMを使って通信料を下げたいとなった時に、ちょっと気をつけなければならないのは端末。Androidでは、問題になることが少ないですが、iPhoneの場合は、キャリアによる差異や、バージョンなど気をつけておかなければならない点がいくつか。このQ&Aを見て、事前にしっかりチェックをしておきましょう。格安SIM&iPhoneの組み合わせなら、docomo版iPhone 5s/5cかApple発売のSIMロックフリー版を使うのがが一番の近道ですが、音声通話をするしないを考えたり、購入時価格を抑えた

2014年9月2日SBIライフリビングフィードバック数:0モバイル

中古携帯/スマホ ランキング(2014年8月)

【2016年8月】最新中古携帯/スマホランキング|ムスビー こんにちは ゲストさん白ロム・中古携帯トップ> 白ロム・中古携帯/スマートフォン ランキング 2016年9月2日更新2016年8月 ムスビー白ロム・中古携帯/スマートフォン ランキング中古携帯/スマホランキング(2016年8月売上)NTTドコモ iPhone5s が2カ月連続第1位 NTTドコモのiPhone5sが2カ月連続1位となりました。今月のランキングでもTOP10以内にiPhoneが7機種ランクインしており、人気を維持しており

2014年9月2日マイナビフィードバック数:0モバイル

iPhone 5cを買って良かったところはどこ?

2013年9月に発売されたiPhone 5c。今までのiPhoneシリーズにないカラフルでポップなデザインが話題となった。そんなiPhone 5cについて、ユーザーはどんなところを評価しているのだろうか。iPhone 5cユーザーのマイナビニュース会員184人にアンケートを実施した。デザインの評価が高いiPhone 5cまずは、iPhone 5cを購入して良かった点から聞いてみた。iPhone 5cを購入して良かった点はどこですか?(複数回答)最も多かったのは僅差で「軽い」という回答。40.8%

2013年12月18日NTTレゾナントフィードバック数:0モバイル

iPhone5s、iPhone5cにまつわるQ&Aベスト5

3大キャリア全てから発売されたiPhone 5s/5c。その上、Appleからも国内向けにSIMフリー版が発売。そのため、iPhoneは選び放題……と言いたいところですが、一体どれを買うのがベストなの?と言う話になりますよね。そんな素朴な疑問にお答えするのが『SIM通』のQ&Aランキング!これを見ると、「誰でもこれを買っておけば一番!」というような即答できる選択肢がないことが分かります。つまり、今お使いになられている端末がどこのキャリアのものなのか、データ通信をどのくらいにするのか、電話はどんな

2013年11月27日ウェブレッジフィードバック数:0モバイル

SIMフリーiPhoneの販売に関する調査

ちょっと気になる「iPhone、Android、Webサービス」のニュースをお届け 【速報】SIMフリーのiPhoneを 購入したい人は約38%! SIMフリーiphoneの販売に関する調査を行った。今回の調査結果では、SIMフリーのiPhoneを購入したい人は、回答者の約38%見受けられた。(ポストコ調査結果から)Apple社が今年9月に発売し、メディアでも多く取り上げられたiPhone5S,5C。先日、ついにSIMフリー版の販売が開始された。早速、ポストコユーザーにアンケートを行ったところ

2011年11月15日オークファンフィードバック数:0モバイル

「iPhone4S」オークション比較 Softbank版とau版の違いは!? ~Softbank版はau版よりおよそ1万円高値で落札!SIMフリー版は破格の10万円も~

[] ●Softbank版はau版よりおよそ1万円高値で落札!SIMフリー版は10万円超!この度弊社ではiPhone4Sのネットオークションにおける落札動向調査結果を発表いたしました。日本では今回初めてSoftbankとauの2社からiPhone4Sが発売されるということで、発売前から料金プランや回線速度など、どちらが優れているかについて多くの比較がなされてきました。今回調査したところ、Softbank版のiPhone4Sはau版に比べ、平均落札額はおよそ11,000円と高値となっておりました。

2011年5月23日オークファンフィードバック数:0モバイル

「iPhone 4」の価格・落札動向の調査

[] ■Android勢の台頭、そして次期モデルの情報が飛び交うなかiPhoneの市場価格が変動国内外のスマートフォン市場でAndroid OS搭載端末が躍進しているようです。その動きは販売価格に影響を与えているのでしょうか。今回は一例として、iPhone 4という携帯端末の価値がどう判断されているかを知るため、 いわゆるSIMフリーの市場動向をみてみましょう。 以上は価格情報分析ツール「Pricefan」を使って、iPhone 4(32GB 香港版 SIMフリー)の価格動向を過去3カ月分表示し

2010年8月31日日経BPフィードバック数:19モバイル

「SIMロック解除ならドコモに乗り換え」は約3割~「iPhone 4利用実態調査」(後編)

半数強はそのままソフトバンクモバイルを使い続ける 8月26日から日本通信は、アップルのiPhone 4向けのマイクロSIMを発売、これを使えば海外で販売されているSIMフリー版iPhone 4との組み合わせでNTTドコモのFOMA回線を使えるようになる。現在国内で販売されているiPhone 4はソフトバンクモバイルの回線に限定されているが、もし国内でもSIMフリーのiPhone 4が発売されたらどのキャリアの回線で使いたいかをiPhone 4ユーザーに聞いた。 その結果、「そのままソフトバンクモ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ