「SNA」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年3月30日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

統計でみる高知県の姿

2016 年 5 月統計でみる高知県のすがた日本銀行高知支店1.自然環境高知県は、北は四国山地で愛媛県と徳島県に接し、南は太平洋に面した東西に長い地形。面積は 7,103 ㎢(国土の 1.9%)と、47 都道府県中 18 番目に大きく、11 市 17 町 6 村で構成されている。森林面積割合が全国で最も高いほか、年平均気温や年間日照時間が例年全国上位の水準にあるなど、南国特有の温暖な気候に恵まれている。こうした豊かな自然環境が、第一次産業の比率の高さに繋がっているほか、四万十川流域や室戸ジオ

ちっとも失われていなかったこの20年―国富の推移は、どうなってきたのか―

ちっとも失われていなかったこの20年―国富の推移は、どうなってきたのか― | ニッセイ基礎研究所 ちっとも失われていなかったこの20年―国富の推移は、どうなってきたのか― 保険研究部 専務取締役 部長 中村 昭基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 私ごとですが、ノルディック・ウォーキングiという、ポールを使用する歩行エクササイズを始めました。最近は、週末になると隅田

2015年3月25日内閣府フィードバック数:0ビジネス

ESRI Discussion Paper Series No.319「企業R&D資本の減耗率についての実証研究」

現在のページ: »»» ESRI Discussion Paper No.319 企業R&D資本の減耗率についての実証研究 企業R&D資本の減耗率についての実証研究外木内閣府経済社会総合研究所客員研究員、一橋大学経済研究所特任講師北岡内閣府経済社会総合研究所研究官Wendy C. Y. Liアメリカ合衆国商務省経済分析局リサーチエコノミスト 要旨日本では、2016年より国民経済計算に新しいSNA基準である2008SNAの実施が計画されている。2008SNAの実施による最も重要な変更点は研究開発

2015年2月25日内閣府フィードバック数:0ビジネス

企業の貯蓄投資バランスの動向

今週の指標 No.1115 企業の貯蓄投資バランスの動向 ポイント2015年2月23日企業収益は、2013年度は円安等を追い風に一部製造業が過去最高益を更新する等、増加しており、2014年度に入ってからも高水準で推移している。(図1)SNA(国民経済計算)のデータを用いて、企業の貯蓄投資バランスを実物取引面からみると、2000年頃から企業の当期純利益(税引き後、配当支払い後)を原資とした内部留保と減価償却費の積み上がりが設備投資、在庫投資等の実物投資を上回り、企業の貯蓄投資バランスは貯蓄超過が

2015年2月6日鹿児島県フィードバック数:0社会/政治

2012年度県民経済計算(確報)の概要

ここから本文です。県民経済計算年報民経済計算推計結果を年報としてまとめたものを,以下から「全ページ」又は「分割」で内容をご覧いただくことができます。全ページ】分】第3編_県民経済計算の関連指標(PDF:193KB)県民経済計算と国民経済計算 一人当たり水準 県内総生産及び県民所得等の国に対するシェア 第4編_県民経済計算の概念と内容(PDF:580KB)県民経済計算の観念相互関連図 県民経済計算の概念 基本勘定 主要系列表 付表 第5編_県民経済計算の推計方法(PDF:481KB) 参_考(PD

2014年12月28日新潟県フィードバック数:0社会/政治

平成24年度県民経済計算の概要

1 県民経済計算は、県内における経済活動を生産・分配・支出の三面からとらえ、県経済の規模、構造、県民の所得水準などを明らかにするものです。2 この報告書は93SNA※による「県民経済計算標準方式」(内閣府経済社会総合研究所国民経済計算部)に基づき、推計したものです。※ 「SNA」とは「System of National Accounts」の略称であり、「国民経済計算」又は「国民経済計算体系」と訳されています。この「SNA」は一国の経済の状況について、体系的に記録する国際的な基準で、「93SNA

2014年10月23日建設経済研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

市場データです。

「建設経済モデルによる建設投資の見通し」(2014年度・2015年度見通し)

ᘓタ⤒῭ࣔࢹࣝ࡟ࡼࡿᘓタᢞ㈨ࡢぢ㏻ࡋ㸦 2014 ᖺ 10 ᭶ 㸧ᘓタᢞ㈨ ᖺᗘࡣ๓ᖺᗘẚ‫ڹ‬㸣ࡢ ඙ ൨෇ ᖺᗘࡣ๓ᖺᗘẚ‫ڹ‬㸣ࡢ ඙ ൨෇ᨻᗓᘓタᢞ㈨ ᖺᗘࡣ ᖺᗘࢆୗᅇࡿࡶࡢࡢ ᖺᗘࢆ㉸࠼ࡿᢞ㈨㢠ࢆ⥔ᣢ ᖺᗘࡣ኱ᖜ࡞ῶᑡࡢぢ㏻ࡋẸ㛫ᘓタᢞ㈨ ఫᏯᢞ㈨㸸 ᖺᗘࡣᾘ㈝ቑ⛯๓㥑ࡅ㎸ࡳ㟂せࡢ཯ື࡟ࡼࡾῶᑡࡋࠊᖺᗘࡣ๓ᖺᗘẚᚤቑ࡛᥎⛣㠀ఫᏯᢞ㈨㸸 ᖺᗘ࣭ ᖺᗘ࡜ࡶ⦆ࡸ࠿࡞ᅇ᚟ࡀ⥅⥆2014ᖺ10᭶22᪥㸦୍㈈㸧ᘓタ⤒῭◊✲ᡤ㸦୍㈈㸧⤒῭ㄪᰝ఍ ⤒῭ㄪᰝ◊✲ᡤ㸺࠾ၥ࠸ྜࢃࡏඛ㸼

2014年4月24日大和総研フィードバック数:0社会/政治

SNA中心で見た社会保障(その3)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 SNA中心で見た社会保障(その③)給付増は高齢化の影響だけではない ◆介護保険は、当初の制度定着期を経て、最近は、高齢人口増以外の要因である受給率上昇や、一人当たり受給額増の影響が目立つ。介護予防サービスなどの予防の効果は見出しにくい。◆労災保険は黒字が続いていたが、保険料引下げ等により2009年度からは若干の赤字である。雇用保険は、給付と負担が雇用情勢に応じて変動する。急速な雇用悪化時には給付額は急

2014年4月24日大和総研フィードバック数:0社会/政治

SNA中心で見た社会保障(その2)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 SNA中心で見た社会保障(その②)給付増は高齢化の影響だけではない ◆個別分野を見ると、年金保険は高齢者数増の影響が支配的である。なお、個別世帯では減額でも、高齢者数増によりマクロでは増加するため財政赤字に直結する。また、社会保障の中でも年金の赤字が最大であるが、特に、国民年金保険は給付と負担の差が大きく、突出している上、未納・免除が4分の3を占め、もはや「保険」とは言えない状況にある。◆医療保険は、

2014年4月24日大和総研フィードバック数:0社会/政治

SNA中心で見た社会保障

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 SNA中心で見た社会保障給付増は高齢化の影響だけではない ◆本稿は、SNA統計を中心にして社会保障を分析したものである。SNAを使うメリットは、今や社会保障が財政悪化の最大の要因となっている中、社会保障と財政・経済との関係を整合的に捉えることができることなどである。しかし、現時点では年齢層別のデータが存在しないなどの制約があるため、他の統計データで補う必要がある。◆具体的な内容としては、財政健全化目標

2014年4月24日大和総研フィードバック数:0社会/政治

SNA中心で見た社会保障(その1)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 SNA中心で見た社会保障(その①)給付増は高齢化の影響だけではない ◆本稿は、SNA統計を中心にして社会保障を分析したものである。SNAを使うメリットは、今や社会保障が財政悪化の最大の要因となっている中、社会保障と財政・経済との関係を整合的に捉えることができることなどである。しかし、現時点では年齢層別のデータが存在しないなどの制約があるため、他の統計データで補う必要がある。◆具体的な内容としては、財政

2014年1月31日建設経済研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

市場データです。

建設経済モデルによる建設投資の見通し 2014年度の見通し(2次改訂)

ᘓタ⤒῭ࣔࢹࣝ࡟ࡼࡿᘓタᢞ㈨ࡢぢ㏻ࡋ㸦 2014 ᖺ 1 ᭶ 㸧ࢺࣆࢵࢡࢫ࠙ᘓᘓタᢞ㈨ࠚ㸦㸦㸻ձ㸩ղ㸩ճ㸧 ᖺᗘࡣࠊ๓ᖺᗘẚ 㸣ቑࡢ ඙ ൨෇࡜ண ࡍࡿࠋᨻᗓᘓタᢞ㈨ࡣ᫖ᖺᗘ኱ᆺ⿵ṇண⟬ࡢᮏ᱁ᐇ᪋➼࡟ࡼࡾ 2 ᱆ࡢቑຍࠊẸ㛫ᘓタᢞ㈨ࡣ⦆ࡸ࠿࡞ᅇ᚟ᇶㄪࡢ⥅⥆ࡀぢ㎸ࡲࢀࡿࠋ ᖺᗘࡣࠊ๓ᖺᗘẚ‫ڹ‬㸣ࡢ ඙ ൨෇࡜ண ࡍࡿࠋᨻᗓᘓタᢞ㈨ࡣ཯ື࡛ῶᑡࡍࡿࡶࡢࡢࠊ2012 ᖺᗘࢆ㉸࠼ࡿᢞ㈨㢠ࢆ⥔ᣢࠋẸ㛫ᘓタᢞ㈨ࡣఫᏯᢞ㈨ࡀᾘ㈝ቑ⛯๓㥑ࡅ㎸ࡳ㟂せࡢ཯ື࡛ῶᑡࡍࡿ୍᪉ࠊ㠀ఫᏯᘓタᢞ㈨ࡀቑຍࡍࡿࡇ࡜࡟ࡼ

2013年11月8日大和総研フィードバック数:0社会/政治

「右肩上がりの日本経済」はまだある

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 下図は、65歳以上人口、単独世帯数、世帯主が65歳以上の世帯数、現金による社会保障給付額、現物社会給付額、平均寿命(男女別)のこれまでの推移と、一部については予測を描いたものである。いずれもこれまで増加を続け、今後も基本的にある程度の期間は増加を続けるものと予測されている。こうしたグラフを見るたびに、社会保障支出の増大による財政赤字が大変、世帯当たり消費支出が比較的少ない高齢層が増える、などといった悲

2013年10月22日建設経済研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

市場データです。

建設経済モデルによる建設投資の見通し

ᘓタ⤒῭ࣔࢹࣝ࡟ࡼࡿᘓタᢞ㈨ࡢぢ㏻ࡋ㸦 2013 ᖺ 10 ᭶ 㸧ࢺࣆࢵࢡࢫ࠙ᘓᘓタᢞ㈨ࠚ㸦㸦㸻ձ㸩ղ㸩ճ㸧 ᖺᗘࡣࠊ๓ᖺᗘẚ 㸣ቑࡢ ඙ ൨෇࡜ண ࡍࡿࠋᨻᗓᘓタᢞ㈨ࡣ᫖ᖺᗘ኱ᆺ⿵ṇண⟬ࡢᮏ᱁ᐇ᪋➼࡟ࡼࡾ 2 ᱆ࡢቑຍࠊẸ㛫ᘓタᢞ㈨ࡣ⦆ࡸ࠿࡞ᅇ᚟ᇶㄪࡢ⥅⥆ࡀぢ㎸ࡲࢀࡿࠋ ᖺᗘࡣࠊ๓ᖺᗘẚ‫ڹ‬㸣ࡢ ඙ ൨෇࡜ண ࡍࡿࠋᨻᗓᘓタᢞ㈨ࡣ཯ື࡛ῶᑡࡍࡿࡶࡢࡢࠊ2012 ᖺᗘࢆ㉸࠼ࡿᢞ㈨㢠ࢆ⥔ᣢࠋẸ㛫ᘓタᢞ㈨ࡣఫᏯᢞ㈨ࡀᾘ㈝ቑ⛯๓㥑ࡅ㎸ࡳ㟂せࡢ཯ື࡛ῶᑡࡍࡿ୍᪉ࠊ㠀ఫᏯᘓタᢞ㈨ࡀቑຍࡍࡿࡇ࡜࡟

2013年10月18日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

(論文)2008SNAを踏まえた資金循環統計の見直し方針

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 2008SNAを踏まえた資金循環統計の見直し方針ご意見のお願い2013年10月17日日本銀行調査統計局日本銀行では、国連統計委員会において2009年に採択された国民経済計算体系にかかる作成基準(、以下2008SNA)を踏まえた「資金循環統計」の見直しを、検討しています。これまでも、日本銀行は、資金循環統計をよりよい統計とするべく、1999年に、その時点の最新の作成基準()を踏まえた見直しを行ったほか、随時、部門分類の見

2013年8月23日大和総研フィードバック数:0社会/政治

SNAで見た近年の財政

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 SNAで見た近年の財政我が国財政の総合的・整合的把握 ◆財政状況の分析には通常、予算書・決算書等が使用されるが、必ずしも分析のために作られているものではなく、本稿は敢えてSNA統計中心に近年の財政の動向を分析する試みである。◆その結果、まず、一般政府を見ると、支出面では、社会保障給付は高齢者人口の増加に伴い増加を続けてきた一方、1990年代半ば以降は、総固定資本形成の大幅減や、低金利による財産所得の支

2013年7月24日内閣府フィードバック数:0社会/政治

家計の行動とSNA ~SNA 分布統計を用いた分析例~

家計の行動とSNA ~SNA 分布統計を用いた分析例~

2013年2月14日大和総研フィードバック数:1社会/政治

経済指標を見るための基礎知識 第9回 SNA全体の理解のために(その2)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 経済指標を見るための基礎知識 第9回SNA全体の理解のために(その2) 今回は、SNA国際基準の全体像、GDPを補完する指標の検討状況、県民経済計算、サテライト勘定、などを説明します。今回で、GDPに関連する事項の説明はひとまず終了します。3.4 国際基準3.5 GDPを補完する動き3.6 その他 大和総研 調査本部は、2014年7月に「経済指標を見るための基礎知識(Kindle版)」を出版しました。

2013年2月14日大和総研フィードバック数:4社会/政治

SNAから見た財政:地方分権の議論に際しての債務残高や社会保障の重要性

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 SNAから見た財政:地方分権の議論に際しての債務残高や社会保障の重要性 財源移譲などの地方分権の議論が行われている。その際、国と地方を一体的かつ整合的に捉えた財政指標を参照しながら議論を進めることが必要である。SNA(国民経済計算)における財政関係データは、まさにそうした指標である。政府機関の分類などにおいて様々な財政当局による決算等と異なる点はあるものの、政府全体を一般政府とし、更にそれを中央政府、

2013年2月7日大和総研フィードバック数:1社会/政治

経済指標を見るための基礎知識 第8回 SNA全体の理解のために(その1)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 経済指標を見るための基礎知識 第8回SNA全体の理解のために(その1) 3.3 SNA全体の理解のために 大和総研 調査本部は、2014年7月に「経済指標を見るための基礎知識(Kindle版)」を出版しました。当コーナーでの連載当時の内容に対して、大幅な加筆や最新データへのリバイス等をおこなっていますので、そちらも是非ご覧ください。 この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

2012年1月18日内閣府フィードバック数:2社会/政治

消費総合指数の改定について

今週の指標 No.1019 消費総合指数の改定についてポイント2012年1月17日内閣府(経済財政分析担当)では、月例経済報告における個人消費の基調判断の一材料として消費総合指数を作成している(注1)。消費総合指数とは、四半期別GDP速報(QE)の作成方法を参考にしながら、月次で個人消費の動向を総合的に捉えられるよう需要側統計(「家計調査」等)と供給側統計(「鉱工業出荷指数」等)を合成したものである。しかし、以前より閏年等を考慮していない季節調整法や、形態別の要因分解が不可能という問題を指摘され

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ