「SNS」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年11月13日勝手にランキングフィードバック数:0キャリアとスキル

働くのは何故? 生きていくためとの回答多数!

>, , >働くのは何故? 生きていくためとの回答多数!「何故、人は働くのか……」皆さんは、このことを疑問に思ったことはありませんか?筆者はふとした時、(仕事中もたまに……)このことが脳裏によぎります。そもそも、皆さん働くことが好きなのでしょうか?今日は「働く」ということについて、皆さんの意見を見ていきたいと思います。日本人は仕事好き?2017年10月23日~10月25日に、全国の男女約28,000人にアンケートを通して回答して頂いた「働くことに関するアンケート」。まずは、皆さんが「働く」ことが

2017年11月9日ジャストシステムフィードバック数:0エンタテインメント

動画&動画広告 月次定点調査(2017年9月度)

動画コンテンツを視聴するデバイスは、「スマホ」が「テレビ」を超える 動画&動画広告 月次定点調査(2017年9月度)動画コンテンツを視聴するデバイスは、「スマホ」が「テレビ」を超えるスマホで動画コンテンツを視聴する人の3割が、「ポケットWi-Fiを所有」調査結果サマリー動画コンテンツを視聴するデバイスとして、「スマートフォン」が「テレビ」の利用を超える9月に最も長時間、テレビを含む動画コンテンツを視聴したデバイスとして回答が多かったのは「スマートフォン」(29.8%)でした。次いで、「パソコン」

コンテンツファン消費行動調査2017

2017年10月13日 コンテンツファン消費行動調査は、近年企業のニーズが高まっているコンテンツを起点とした広告やビジネス設計の支援を行う専門チームである 「コンテンツビジネスラボ」が毎年独自に行っている生活者調査です。全国の15~69歳男女・計5,000名を対象に、エンタテインメントやスポーツなど計11カテゴリのコンテンツに対する消費行動の実態を把握したもので、2011年の発表以来、幅広い業種の企業やコンテンツホルダーにご活用頂いています。クラスター分析編本調査では、コンテンツに対する態度や情

2017年10月23日ferret★フィードバック数:0マーケティング

ミレニアル世代は何を考えてる?統計データから行動特性とニーズを読み解いてみよう

ミレニアル世代は何を考えてる?統計データから行動特性とニーズを読み解いてみようミレニアル世代は何を考えてる?統計データから行動特性とニーズを読み解いてみよう株式会社ベーシックferret ライター前職は人材会社で、求人広告営業として大手〜中小企業の採用支援に従事。分かりやすく読みやすい記事制作を頑張ります!(Twitter:@non_w21) 界隈では、2000年以降に成人になった人々の世代を「ミレニアル世代」と呼びます。「パソコンよりスマートフォンを利用している」「あまりモノを買いたがらない」

2017年10月17日リデルフィードバック数:0マーケティング

15兆円のEC市場、「売上に直結する施策」として“インフルエンサーマーケティングは課題解決に有効” 現場担当者の92%が回答

15兆円のEC市場、「売上に直結する施策」として“インフルエンサーマーケティングは課題解決に有効” 現場担当者の92%が回答 ~新規顧客の獲得に、売上の創出に。現場担当者ならではのリアルなニーズが浮き彫りに~ LIDDELL株式会社 (本社:東京都渋谷区、代表取締役:福田晃一、以下リデル) では去る9月14日、株式会社ナノオプトメディア主催『ネット&スマートフォン・コマース』において、当社CEOの福田 晃一による講演『「雰囲気売れ」のイノベーション、インフルエンサーマーケティングの全容と実践』を

2017年10月9日インテージフィードバック数:0大型消費/投資

2017年夏のレジャーを振り返る~“SNS映え”は行先に影響?“話題の場所”には行った?~

ホーム生活者を知る2017年夏のレジャーを振り返る~“SNS映え”は行先に影響?“話題の場所”には行った?~ 2017年夏のレジャーを振り返る~“SNS映え”は行先に影響?“話題の場所”には行った?~ 今夏のレジャー、行先は?まずは、今年の夏にどこに行ったのかを見ていきます。全体では、「花火大会・お祭り」が26.8%、「国内旅行(宿泊)」が20.1%で上位にあがり、続いて「帰省」(15.4%)、「国内旅行(日帰り)」(14.4%)、「海」(11.0%)、「バーベキュー」(10.8%)、「プール

2017年10月4日アドビ システムズ★★フィードバック数:0マーケティング

Adobe Digital Survey 消費者動向調査「商品購入においてネットがどう影響しているのか?」

Blog Post:~カスタマージャーニーで高まるデジタル体験の重要性~ 最新のAdobe Digital Survey 消費者動向調査「商品購入においてネットがどう影響しているのか?」によると、商品購入までにおける体験プロセス、いわゆるカスタマージャーニーにおいて、デジタル体験が及ぼす影響力が益々高まっていることが分かりました。一方、デジタル体験の重要性が増す中で、クロスチャネルでコミュニケーションを実施できている企業ほど、ブランドに対する信頼度が高まる傾向が判明しました。調査結果のハイライト

【H.I.S.SNS旅トレンド調査】母親との海外旅行で行きたい旅先第1位はカナダのオーロラ

【H.I.S.SNS旅トレンド調査】母親との海外旅行で行きたい旅先第1位はカナダのオーロラ

2017年9月13日トレンドマイクロ★★フィードバック数:0マーケティング

「フェイクニュース」に関する調査

購入・更新個人のお客さま法人のお客さま:新規の購入法人のお客さま:契約の更新法人のお客さま:購入関連情報トレンドマイクロについて トレンドマイクロ、「フェイクニュース」に関する調査結果を発表 人気SNSの1,000「いいね!」は、約2円から購入可能~フェイクニュース作成、発信、拡散において利用可能なサービスが存在~2017年8月29日トレンドマイクロ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 兼 CEO:エバ・チェン 東証一部:4704、以下、トレンドマイクロ)は、フェイクニュースに関する調査

2017年9月6日Fanimalフィードバック数:0マーケティング

20~40代の男女に聞いたSNSと写真・動画の利用実態調査

20~40代の男女に聞いたSNSと写真・動画の利用実態調査

2017年9月6日マクロミルフィードバック数:0キャリアとスキル

職種別の意識と実態に関する調査 -20~30代のマーケ・広報・情シス女子ってこんな人!-

世の中の「Honto(本当)」を集めた「Note(記録)」ホーム職種別の意識と実態に関する調査 -20~30代のマーケ・広報・情シス女子ってこんな人!- 2017年9月5日|Author : トコナッツ職種別の意識と実態に関する調査 -20~30代のマーケ・広報・情シス女子ってこんな人!-Tag : 広報,マーケティング,システム,職種,プロファイル分析職種によって、行動や意識に差はあるのでしょうか。マーケティング・広報・情報システムに従事する20~30代の女性に実態を調査しました。“マーケ女子

20代~30代女性の「愛情表現」に関する実態調査

【20代~30代女性の「愛情表現」に関する実態調査】8月31日は「I Love Youの日」 現代の新しい愛情表現法!?SNS上で愛情を表現する「シェアラブ」 女性の3人に1人が経験者。「Twitterでよくのろけます」 ~発表!SNSでも仲良しな芸能人夫婦ランキング 1位はアノ夫婦~結婚式場の日本最大級のクチコミサイトを運営する株式会社ウエディングパーク(本社:東京都港区、代表取締役社長:日紫喜 誠吾 以下ウエディングパーク)は、自社が運営する、大人女子のトレンド研究所「ガールズスタイルLAB

2017年8月9日朝日学生新聞社★フィードバック数:0マーケティング

中高生の勉強へのSNS活用状況調査

【朝日学生新聞社×アルクテラス】中高生の勉強へのSNS活用状況調査 3割が勉強専用アカウントを持ち、閲覧。ゆるい繋がりを「質問」「記録」「モチベーション」に活用 株式会社朝日学生新聞社(東京都中央区、代表取締役社長・脇阪嘉明)とアルクテラス株式会社(東京都世田谷区、代表取締役社長・新井豪一郎)は、中学生・高校生を対象にアンケートを実施し、SNSを勉強にどう役立てているかを調査しました。 アルクテラスが運営する勉強ノートまとめアプリ「Clear(クリア)」ユーザーを対象にインターネット調査を20

2017年7月28日ジャストシステムフィードバック数:0モバイル

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2017年6月度)

定額制動画配信サービスの利用率1位は「Amazon プライム・ビデオ」 モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2017年6月度)定額制動画配信サービスの利用率1位は「Amazon プライム・ビデオ」新SNS「マストドン」の認知率が最も高い職業は「エンジニア」調査結果サマリー定額制動画配信サービスの利用率1位は「Amazon プライム・ビデオ」現在利用中の定額制動画配信サービスを聞いたところ、「Amazonプライム・ビデオ」が最も多く(14.4%)、2015年10月度調査での利用率(4.1%)

「SNSを利用した恋愛事情の変化」に関するアンケート調査

SNSで「告白」「別れ」を告げる若者が2倍以上に iPhone登場から10年、SNSが変えた恋愛シーン ~恋人とのやりとりはメールよりもSNSで。タイムラインで相手のプライベートもチェック~ Vol.88 QOM総研 「SNSを利用した恋愛事情の変化」に関するアンケート調査 成婚率にこだわる婚活支援サービスを展開する株式会社パートナーエージェント(証券コード:東証マザーズ6181、本社:東京都品川区、代表取締役社長:佐藤茂、、以下パートナーエージェント)は、25~29歳の独身男女270人と35~

顧客サービスについての意識調査

世界9市場で聞く <顧客サービスについての意識調査> 2017年6月14日 世界9市場で聞く <顧客サービスについての意識調査> 2017年6月14日世界9市場で聞く <顧客サービスについての意識調査> 今、「顧客サービス」への期待値が最も高い国はインド シビアな感覚で、「良いサービス」が当たり前 日本人は、世界一「悪い顧客サービス」を受け入れない 世界中で求められる「素早い対応」。 担当者の「礼儀正しさ」が重要視される日本 アメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc.(東京都杉並

2017年6月27日トレンダーズ★★フィードバック数:0マーケティング

<SNS見る専クラスタ>に関する調査

<SNS見る専クラスタ>に関する調査

2017年6月18日アスカネットフィードバック数:0デジタル家電

インフォグラフィック 70%の人が写真を撮られるのが苦手だった

撮るのは好き!でも撮られるのは…~苦手の理由を徹底調査~70%の人が写真を撮られるのが苦手だった70%の人が写真を撮られるのが苦手だったあっちをパシャリこっちをパシャリ、誰かと集まれば「一緒に写真撮ろうよ!」なんてことも当たり前。スマホ全盛期とも言われる昨今、写真を撮ることはグッと身近になりました。またSNSの普及により、誰かの写真を見る機会も増えています。しかし写真が身近になることは、「写真を撮られることが苦手な人」にとってはちょっとした問題。本当は写りたくないのに断れず…そんな経験がある方も

20代~30代女性の「父の日」に関する実態調査

【20代~30代女性の「父の日」に関する実態調査】女性の45.8%がお父さんとSNSで“お友達”! SNSを活用して父娘関係を深める女性が増加中!? ~理想の父&娘だと思う芸能人親子ランキング! 3位には初ランクインのあの親子~結婚式場の日本最大級のクチコミサイトを運営する株式会社ウエディングパーク(本社:東京都港区、代表取締役社長:日紫喜 誠吾 以下ウエディングパーク)は、自社が運営する、大人女子のトレンド研究所「ガールズスタイルLABO(GSL)*1」にて、20代~30代の女性120人を対象

メディア利用に関する調査

市場調査は、株式会社日本リサーチセンター(NRC) NRCレポート公表日 2017年6月1日日本リサーチセンター(本社:東京都中央区、代表取締役社長:鈴木稲博)は、1960年に設立された民間の調査研究機関であり、民間企業および官公庁、大学をはじめとする学術機関などの依頼を受け、各種の調査研究を行なっています。また、世界各国に調査拠点を置く「WIN/ギャラップ・インターナショナル・アソシエーション」の日本で唯一のメンバーとしてグローバルネットワークに参加し、海外調査にも豊富な経験を有しています

2017年6月12日ビッグビートフィードバック数:0マーケティング

ベトナム展示会場で300人に聞いた― ビジネス情報源No.1はSNS

Bigbeat LIVE 開催レポート ~こぼれ話あれこれ編~詳細を読む マーケティングで経営を変える。Bigbeat LIVE 開催レポート詳細を読む 旅は道連れ世は情け!その2詳細を読む 旅は道連れ世は情け!詳細を読む 座ってできるスキマヨガ―燃えるカラダに詳細を読むベトナム展示会場で300人に聞いた― ビジネス情報源No.1はSNS! ベトナムの展示会場でビジネスパーソン300人に聞きました ビジネスにFacebookを活用するひとは80%超。一番の情報源はSNS!? ビッグビート

2017年5月27日東京工科大学フィードバック数:0社会/政治

新入生の「コミュニケーションツール」利用実態調査

東京工科大学2017年度新入生の「コミュニケーションツール」利用実態調査を発表コミュニケーションは「LINE」、信頼できる情報源は「テレビ」女子の6割近くが「Instagram」「SNOW」を利用新入生の「コミュニケーションツール」利用実態調査を発表東京工科大学(東京都八王子市、学長 軽部征夫)では、2017年度の新入生1,730名を対象に、コミュニケーションツールの利用状況などに関するアンケート調査を実施いたしました(調査日:2017年4月5日、男女比:65%・35%)。以下の通り結果をご報告

2017年5月19日NTTドコモフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

アクティブシニアのICT利活用生活の検討No.5

アクティブシニアのICT利活用生活の検討No.53割のシニアがSNSを使い自ら情報発信する事に関心あり〜趣味との深い関係「写真」「美術」が鍵SNSを使い、自ら情報を発信しているシニアはいったいどれ程いるであろうか。また、今はおこなっていなくても、興味がある人はどれくらいいるのか。 シニアを対象とした調査の結果、現在発信をおこなっているのは約1割、今は使っていないが、今後使ってみたいと意向を表したシニアは2割弱存在し、合わせて3割弱が関心を持っていることが判明した。男女別にみると利用している割合に

2017年5月18日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2017年4月度)

ECサイトの5大プレミアムサービス利用率1位は、「Amazon」 Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2017年4月度)ECサイトの5大プレミアムサービス利用率1位は、「Amazon」最も利用するデバイスは6割がパソコン、3割がスマートフォン調査結果サマリーECサイトの5大プレミアムサービスの利用率1位は、「Amazon」Eコマース利用経験者に、「アマゾンプライム会員」「Yahoo!プレミアム会員」「楽天プレミアム会員」「ZOZOプレミアム/ZOZOプラチナム会員」「ヨドバシ・プレミアム会員

2017年5月17日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2017年4月度)

10代の約半数が「SNOW」を利用。「Instagram」の利用率を抜く モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2017年4月度)10代の約半数が「SNOW」を利用。「Instagram」の利用率を抜く「ライブ動画」を最も頻繁に視聴するSNSは「LINE」で、約3割が視聴調査結果サマリー10代の約半数が「SNOW」を利用。「Instagram」利用率を抜く10代に現在利用中のSNSを聞いたところ、最も利用者が多かったのは「LINE」(88.0%)で、次に「Youtube」(81.0%)、「T

2017年5月1日大阪市フィードバック数:0社会/政治

市政モニターアンケート「大阪市の情報発信と施策全般について」(平成29年1月実施)

市政モニターアンケート「大阪市の情報発信と施策全般について」(平成29年1月実施)の結果  大阪市では、(1)市民サービスの拡充という方針のもと、「ア 子育て・教育環境の充実」、「イ 暮らしを守る福祉等の向上」、「ウ 各区の特色ある施策の展開」といった3つの具体的な施策を重点的に推進しています。また、(2)府市一体となった成長の実現という方針のもと、「ア 大阪の成長戦略の実行」、「イ 都市インフラの充実」、「ウ 防災力の強化」、「エ 成長産業の育成」といった4つの具体的な施策を重点的に推進してい

2017年4月26日日本法規情報フィードバック数:0ビジネス

「相談さぽーと通信 相談者実態調査」コンプライアンス問題に遭遇しても担当部署への相談は3割程度。SNS炎上の増加の影響でコンプライアンスが注目されるように

「相談さぽーと通信 相談者実態調査」コンプライアンス問題に遭遇しても担当部署への相談は3割程度。SNS炎上の増加の影響でコンプライアンスが注目されるように。 日本法規情報株式会社(本社:東京都新宿区 代表取締役 今村 愼太郎)( )は、インターネットアンケートを実施し、「コンプライアンスに関するアンケート調査」について発表しました。(日本法規情報株式会社では定期的に法律関連の話題に対して意識調査を行い発表しております)昨今注目度がますます高まっている「コンプライアンス」ですが、実際にコンプライ

2017年4月25日かみあぷ速報★フィードバック数:0マーケティング

プライベートなSNSアカウント、教えたことある?

今週は「上司や同僚にプライベートなSNSアカウント、教えたことある?」というアンケートを実施しました。今回、結果を集計したので発表したいと思います!ワークスモバイルジャパンが接客業や営業職の方を対象に調査を行ったところ、「顧客にSNSのプライベートアカウントを教えたことがある」と答えたのはなんと76.5%にものぼったとのこと。ということで先日かみあぷでは職種を問わずアンケートを実施しました。結果は…聞かれたことないし、聞かれても教えたくない!と言う方が半数となりました。寄せられたコメントを見てみ

2017年4月13日明光義塾フィードバック数:0モバイル

何歳から持たせる? ルールは必要? 子どものスマホ&SNS事情

何歳から持たせる? ルールは必要? 子どものスマホ&SNS事情カテゴリー:コミュニケーション みなさんのご家庭では、お子さんにスマホや携帯端末を持たせていますか? また、SNSの利用にはルールを設けているでしょうか。便利な反面、トラブルや犯罪に巻き込まれることもあるスマホやSNS。それぞれのご家庭の事情について、メイコミュユーザー86名と507名の一般の保護者(※)に聞きました!※一般的の保護者はネットリサーチ会社Fastaskを通してアンケートを実施 その1. スマホはいつ、何をきっかけに持た

2017年4月11日大日本印刷★フィードバック数:0マーケティング

メディアバリューレポートVol.77最新号「2017年の生活者トレンド」

◆◇◆DNPからのお知らせ◆◇◆メディアバリューレポートVol.77最新号「2017年の生活者トレンド」を発行― 「いま」を創る「個」への回帰 ―【「メディアバリューレポート最新号(Vol.77)「2017年の生活者トレンド」について】大日本印刷(DNP)は3月27日、「メディアバリューレポート」の最新号(Vol.77)「2017年の生活者のトレンド」を発行しました。DNPは、2001年に生活者の情報メディア利用と購買行動の変化を調査・分析する「メディアバリュー研究」を開始し、テーマごとの調査・

2017年4月9日Snaplaceフィードバック数:0大型消費/投資

北海道のSNS映えスポットランキング

北海道のSNS映えスポットランキング!隠れたおしゃれ・ネタスポットを観光しよう 北海道といえば、ジンギスカンやラベンダー畑が有名ですが、SNS投稿を分析してみると、知られざるフォトジェニックなスポットや、インパクト絶大な面白いスポットなどが多く発見されました。Snaplaceでは、SNS映えの要素をフォトジェニック(Cool!)と笑い・ネタ(Haha!)に分解し、おしゃれや可愛いなどの感情によってSNSで反響の高いスポットを「Cool!」、ネタとして面白いなどの感情によってSNSで反響の高いス

2017年3月14日ジャストシステムフィードバック数:0モバイル

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2017年2月度)

10代スマホユーザーの7割は、「SNS上の投稿やニュースから情報収集」 モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2017年2月度)10代スマホユーザーの7割は、「SNS上の投稿やニュースから情報収集」~全年代で、「ニュースの収集は新聞よりも、スマートフォン」~調査結果サマリー10代のスマートフォン利用者のうち、7割は「SNS上の投稿やニュース」から情報収集スマートフォンでニュースなどの情報収集をする際に最も利用するのは「インターネット」(74.8%)、次に「ニュースアプリ(新聞社やテレビ局以外

2017年3月8日ジャストシステム★フィードバック数:0マーケティング

SNS利用に関する実態調査

複数アカウントを持つTwitter利用者の約3割が、広告に肯定的 SNS利用に関する実態調査複数アカウントを持つTwitter利用者の約3割が、広告に肯定的~Instagram Stories利用者の7割に、「ライブ動画」の視聴経験~調査結果サマリー複数アカウントを持つTwitter利用者の約3割は、広告に肯定的複数のTwitterアカウントを持っている人のうち、26.5%が「趣味趣向に合った広告を見ることが多いので不快感は感じない」と答えました。また、「プライベートアカウントとは使い分けている

2017年3月7日テスティーラボフィードバック数:0ライフスタイル

ファッションに関する意識調査

/ / 「若者のファッション離れ」は本当?若年層ファッション意識調査!「若者のファッション離れ」は本当?若年層ファッション意識調査!近年、様々な「若者の◯◯離れ」が話題となっていますが、若年層の実態はどうなんでしょうか?今回はその中で「若者のファッション離れ」についてのへの意識調査を実施しました!若い女性が「」をどのようにとらえ、どのように考えているか、をご覧ください!・若年層は、〈と〈手に入れる!・「ファッション情報の入手はネットやSNS、購入は店頭で。」が若者のスタンダード!・10代、20

2017年2月26日マンダムフィードバック数:0社会/政治

ヤング男性の対人関係に関する実態および意識調査

イマドキ男子の周囲との“距離感”①~友人編~悪気なく、人を見た目で判断し、自分もそうされることを自覚!?「気になる人はSNSでリサーチ」65.9%「フォロワー以外からも見られることを意識」65.2% ヤング男性の対人関係に関する実態および意識調査 株式会社マンダム(本社:大阪市 社長執行役員:西村元延)は、15歳~24歳のヤング男性を対象に、友人や仲間との関係性に関する調査を実施しました。スマートフォンの普及にともない、SNSは彼らのコミュニケーションや情報収集に欠かせないツールとなったことによ

2017年2月22日テスティーラボフィードバック数:0キャリアとスキル

大学生の2017年就職活動調査

/ / 地方在住者には厳しい…大学生の2017年就職活動調査地方在住者には厳しい…大学生の2017年就職活動調査冬もそろそろ終わり、春の足音が聞こえますね。大学では定期考査も終わり、いよいよ春休み!…と言いたいところですが、本番も近づいてきていますね。では、大学生は現在どのように考えているのでしょうか?今回はを対象に「就職活動」について対象に調査しました!・2017年2月時点でのは…・メインはスマホ、就職活動で利用するSNSはに!・地方在住は不利?が一番の負担・現在の就職活動事情は…2017年

2017年2月22日マイナビフィードバック数:0キャリアとスキル

2018年卒マイナビ大学生のライフスタイル調査

ご覧になりたい「カテゴリー」と「年別ニュース」を選択すると、ソート表示することができます。カテゴリを選択年度を選択 「2018年卒マイナビ大学生のライフスタイル調査」を発表「育休を取らない」理由として「職場復帰に不安がある」と回答した女子が、前年比5.5pt増の44.3%。女子の方が男子より、多岐に渡る動画メディアに接触=================================================================================【TOPICS】

2017年2月20日マクロミル★フィードバック数:0社会/政治

防災意識と備えの実態を調査

世の中の「Honto(本当)」を集めた「Note(記録)」ホーム防災意識と備えの実態を調査 2017年2月14日|Author : トコナッツ防災意識と備えの実態を調査Tag : 震災,ボランティア,防災,備蓄,グッズ,災害,ペット近年、甚大な被害をもたらす自然災害が、相次いで起こった日本。間もなく、東日本大震災から6年、熊本地震から1年となる今、改めて、生活者の防災に対する意識や備えの実態について、全国の男女1,000名を対象にアンケート調査を行いました。 TOPICS大災害に対して備えをして

2017年2月17日ジャストシステムフィードバック数:0モバイル

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2017年1月度)

10~20代がソーシャルシェアボタンを使うのは「Twitter」、30代以上は「Facebook」 モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2017年1月度)10~20代がソーシャルシェアボタンを使うのは「Twitter」、30代以上は「Facebook」~"リア充系CtoCサービス"は、若年層ほど強い利用意向~調査結果サマリー10~20代がソーシャルシェアボタンを使うのは「Twitter」、30代以上は「Facebook」スマートフォンユーザーのうち、ネット記事などをSNSでシェアする「ソー

2017年1月26日スタートアウツ★フィードバック数:0マーケティング

2017年ヒット予測ランキング

2017年01月18日 【News Release】「2017年ヒット予測ランキング」を発表しました。料理動画サービスmogoo(もぐー)、「2017年ヒット予測ランキング」を発表。トレンドキーワードは「SNS映え」と「フォトジェニック」〜ヒット予測レシピ1位はSNS映えするおしゃれなマグカップスイーツ、バレンタインにも〜株式会社スタートアウツ(本社:東京都港区、代表取締役:板本拓也)は、InstagramやFacebookを中心に10〜30代の女性から圧倒的な支持を得ている料理動画サービス『m

誕生日の嬉しさやメッセージの伝え方に関する意識調査

〜誕生日の嬉しさやメッセージの伝え方に関する意識調査〜 誕生日のお祝いメッセージは、メールやSNSよりも、 “直接会ってお祝いの言葉を言われる”方が嬉しい「ビルを、まるごと、心地よくする。」三菱電機ビルテクノサービス株式会社(社長:吉川正巳)では、当社Webサイトにおいて、当社オリジナルの2017年カレンダープレゼント(2016年12月実施)応募者(2,000名)を対象に、誕生日に関するアンケート調査を行いました。調査の結果、誕生日のメッセージをもらう時、メールやSNSでのお祝いのメッセージ(2

2017年1月16日博報堂★★フィードバック数:0マーケティング

好き・熱中にまつわる意識・実態調査

NEWS博報堂生活総合研究所、生活者の「好き・熱中にまつわる意識・実態調査」を発表 2017年01月11日生活者の好き・熱中について… ●熱中しているもの・ことがある人…62% ●今後、熱中しているもの・ことによって副収入を得たい人…32% ●SNSの「いいね!」1回あたりの価値…556円  博報堂生活総合研究所の、2017年の大きな研究テーマのひとつが、何かに熱中する=[好き]という感情です。社会には実に多様な[好き]があふれ、[好き]が高じて思わぬ人とつながった人や、[好き]が仕事になった人

2017年1月15日FULLERフィードバック数:0マーケティング

Twitterユーザーの66%がFacebookアプリを所持。6つのSNSの相関関係を調査

Twitterユーザーの66%がFacebookアプリを所持。6つのSNSの相関関係を調査。 今回はApp Ape の独自機能である"同時所持”機能を用い、 SNSアプリ同士の相関関係を調査いたします! この機能を用いることで対象としたアプリのユーザーが他にどのようなアプリを、インストールしているかを把握することができます。詳しくは下図をご覧ください。今回、以下6つのSNSを調査対象として、それぞれのSNSとの同時所持率を調査します。それでは、さっそくFacebookユーザーの同時所持率をご覧

2017年1月15日FULLERフィードバック数:0マーケティング

2015年1年間で最も利用率が伸びたSNSは「Instagram」

2015年1年間で最も利用率が伸びたSNSは「Instagram」 今回は昨年2015年に最も利用率が伸びたSNSを調査しました。App Apeデータを元に、【伸び率=(2015年12月のMAU)÷(2015年1月のMAU)×100】 と定義し、SNSについて2015年の1年間の伸び率を算出しランキングを作成しました。なお、今回の調査で対象とするSNSは以下の12アプリです。各SNSは1年間でどのように変化したのでしょうか。それでは、早速伸び率ランキングの発表です。[データ元: App Ape

2017年1月15日FULLERフィードバック数:0マーケティング

あけおめツイートでHAUが200%増。元旦の挨拶はSNSに変化か

あけおめツイートでHAUが200%増。元旦の挨拶はSNSに変化か。 新年のご挨拶の定番といえば年賀状。しかし今や、年賀状代わりにSNSへの投稿が当たり前になってきています。こうした生活ツールの一つとして広く利用されているSNSであるLINE、Twitter、Facebookの3アプリについて、元旦にどのようなアクティブユーザーの動きがあったのかを調査しました。## 元旦と12月平均のHAU推移との比較今回はまず、各アプリ(LINE、Twitter、Facebook)の2016年元旦(金曜日)に

2017年1月5日マクロミル★★フィードバック数:0キャリアとスキル

2017年 新成人に関する調査

世の中の「Honto(本当)」を集めた「Note(記録)」ホーム全国500名の新成人にきく!「2017年 新成人に関する調査」 2017年1月4日|Author : トコナッツ全国500名の新成人にきく!「2017年 新成人に関する調査」Tag : 成人式,新成人,2017年,成人の日,1月9日,20歳今年、成人式を迎える全国の500人を対象に「2017年 新成人に関する調査」を実施しました。この調査は2008年から開始し、今回で10年目です!今年の新成人は、どのような趣味・嗜好、考え方の特長が

スマートフォンのトラブルに関する実態調査

【スマートフォンのトラブルに関する実態調査】5割超が「通信速度制限」によりSNSなどが使いづらくなるトラブルを経験、かつその8割が『データ容量を計画的に使うのは面倒』と回答 「通信速度制限」/「画面割れ」したまま使い続ける割合ともに20代女性が最多 ズボラ女子が一定層存在か スマートフォンなどで高速LTE通信が利用できるSIMカード「OCN モバイル ONE」を提供するNTTコミュニケーションズ株式会社(代表取締役社長:庄司哲也)は、これから「格安スマホ」「格安SIM」の利用が着実に増えると想定

2016年12月29日ジャストシステム★フィードバック数:0マーケティング

ECトレンド調査【2016年版】

今年の注目は、2位「ブラックフライデー」、3位「Web接客」、1位は? ネットショップ担当者に聞いた! 「ECトレンド調査【2016年版】」今年の注目は、2位「ブラックフライデー」、3位「Web接客」、1位は?約3割のECサイトが、「動画広告」を配信調査結果サマリー今年、EC担当者が注目したキーワードは、1位「AI」、2位「ブラックフライデー」、3位「Web接客」2016年、EC担当者が最も注目したキーワードは「AI・人工知能」(34.5%)で、次いで「ブラックフライデー」(26.6%)、「We

2016年12月28日大日本印刷フィードバック数:0大型消費/投資

メディアバリューレポート VOL.76「進化するギフト・コミュニケーション」

メディアバリューレポート VOL.76「進化するギフト・コミュニケーション」最上級のリアルコミュニケーションとなる、SNS時代のギフト 昨年末に生活者がやり取りした「お歳暮・冬ギフト」の市場規模は3,562億円(DNP調べ)。前年より4.1ポイント低下したものの10代から70代の25.5%が「お歳暮・冬ギフト」を贈っている。一方、お菓子のパッケージにメッセージを書いて手渡すなどカジュアルギフトのやりとりも活発になっており、1年を通じたギフト市場全体の規模については、9兆9,535億円(法人需要

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

お知らせ