「SNS」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

EC サイトに関する調査

総合マーケティング支援事業でお客様の仕事を“もっと”面白くする会社 独自で調査した市場調査・マーケティングリサーチのレポート EC サイトに関する調査全国の 20 歳以上の直近 3 ヶ月以内にECサイトで商品を購入した 500 人に聞いた「EC サイトに関する調査」「メーカー公式ホームページ」は閲覧メイン?閲覧 と購入ともに多い EC サイトは「楽天市場」「Amazon」の 2 強! EC で購入後の SNS シェア経験は 17.0%にとどまる結果に 総合マーケティング支援を行なう株式会社ネ

2018年5月8日インターワイヤード★フィードバック数:0ビジネス

「朝の活動」に関するアンケート

● 朝活TOP3 ・ ・ ・ 定番のテレビ、新聞、SNS・インターネット ● 朝活をする理由 ・ ・ ・ 「習慣になっている」 37.4%インターワイヤード株式会社が運営するネットリサーチのDIMSDRIVEでは、「朝の活動」についてアンケートを行い、どんな朝活をしているかや、朝活をする理由、朝の活用方法などについてまとめました。調査は2018年3月7日~3月23日にかけて実施し、DIMSDRIVEモニター3,725人から回答を得ています。 Tweet● 起床時間 ・ ・ ・ 平日 「午前6時

2018年5月3日コロプラ★フィードバック数:0マーケティング

ニュース接触に関する調査結果

ニュースを知るためにどんなメディアを利用していますか? ニュース接触に関する調査結果スマートアンサーでは、スマートアンサーのユーザー22,001人を対象に、ニュースを知るためにどのようなメディアを利用しているか、どのようなニュースのジャンルをよく閲覧、視聴しているか、ニュース記事をSNSでシェアしたことがあるか、ニュース記事のコメント欄や掲示板でコメントしたことがあるかどうかなど、ニュース接触に関するアンケートを実施しました。 ニュースを知るために週に1回以上利用しているメディア: トップは「テ

2018年5月1日コロプラ★フィードバック数:0マーケティング

ニュース接触に関する調査結果

ニュースを知るためにどんなメディアを利用していますか? ニュース接触に関する調査結果スマートアンサーでは、スマートアンサーのユーザー22,001人を対象に、ニュースを知るためにどのようなメディアを利用しているか、どのようなニュースのジャンルをよく閲覧、視聴しているか、ニュース記事をSNSでシェアしたことがあるか、ニュース記事のコメント欄や掲示板でコメントしたことがあるかどうかなど、ニュース接触に関するアンケートを実施しました。 ニュースを知るために週に1回以上利用しているメディア: トップは「テ

2018年4月16日CURUCURUフィードバック数:0ライフスタイル

「妊活・不妊治療」に関する調査

口コミ・ランキングで知る妊活者専用SNS「妊活ボイス」では、「妊活・不妊治療」に関する調査を実施いたしました。 口コミ・ランキングで知る妊活者専用SNS「妊活ボイス」では、「妊活・不妊治療」に関する調査を実施いたしました。【主な調査結果】 〈1〉妊活中に退職や転職などを経験した人は3人に1人以上〈2〉正社員の半数以上は「妊活と仕事との両立が困難」と回答〈3〉最も多い退職・転職理由は「精神的負担が大きかった」で40.8%【背景】晩婚化や晩産化が進む日本において、不妊治療は身近な医療となってきました

2018年4月5日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

最も不快感を持つのは、「Webサイト」の動画広告

最も不快感を持つのは、「Webサイト」の動画広告 動画&動画広告 月次定点調査(2018年2月度)最も不快感を持つのは、「Webサイト」の動画広告動画広告を見た人の約2割が、「不快に感じた動画広告をブロック」調査結果サマリー最も不快感を持つのは、「Webサイト」の動画広告2月に閲覧したYouTubeやLINE、Facebook、Instagram、TwitterといったSNS、その他のスマートフォンアプリなどといったメディアのうち、動画広告が流れて不快感を持ったメディアを聞いたところ、「Webサ

2018年4月4日めちゃコミックフィードバック数:0マーケティング

10~30代のインスタ女子600人に徹底調査! まだ「インスタ映え」を気にしてる? 次に流行る「インスタ〇〇」は!?

10~30代のインスタ女子600人に徹底調査! まだ「インスタ映え」を気にしてる? 次に流行る「インスタ〇〇」は!? 更新日:2018/03/29 10:00友達とご飯やお茶に行っても、買い物に行っても、旅行に行っても、いつでもどこでもインスタグラムを開く女子たち。最新のインスタグラムの投稿事情について、10~30代のインスタ女子600人に徹底調査。「インスタ映え」を気にしつつ投稿し、いち早くインスタトレンドを取り入れようとインスタグラムを閲覧している様子でした。調査の最後には、インスタ映え意識

2018年4月3日産労総合研究所フィードバック数:0ビジネス

2018年度(平成30年度)新入社員のタイプ 「SNSを駆使するチームパシュートタイプ」

採用・社員教育ご担当者のための新入社員関連情報 2018年度(平成30年度)新入社員のタイプ「SNSを駆使するチームパシュートタイプ」 ―SNSを活用してグループの協力関係を作りスピーディーに活動―2018.03.26 発表人事労務分野の情報機関である産労総合研究所(代表・平盛之)は、このたび「2018年度(平成30年度)新入社員のタイプ」を発表しました。これは、企業の人事担当者、大学のキャリアセンター担当者などから成る「新社会人の採用・育成研究会」が、当所調査の「2018年度新卒者の採用・就

“聖地巡礼”デートに関する調査

デート中も“インスタ映え”意識|結婚相談所パートナーエージェント【成婚率No.1】vol.105デート中も“インスタ映え”意識 カップル3組中2組が経験アリ 〜“聖地巡礼”デートも人気、43.2%がアニメやドラマの舞台へ。そのうち40%は海外の“聖地巡礼”も〜成婚率にこだわる婚活支援サービスを展開する株式会社パートナーエージェント(証券コード:東証マザーズ6181、本社:東京都品川区、代表取締役社長:佐藤茂、http://www.p-a.jp/、以下パートナーエージェント)は、20~39歳の独身

2018年3月13日Ryo-MA★フィードバック数:0マーケティング

ミレニアル世代が持つ、EC利用時のマイルール

【第4弾】20代男女、”興味”が左右するPRやAD表記へのアクション。〜ミレニアル世代が持つ、EC利用時のマイルール〜 スマホリサーチを得意とする株式会社テスティーでは「EC×若者」をキーワードに若年層調査・分析を実施し、若者の意識や消費行動を読み解きます。日々のサービス運営やマーケティングなどにおいて少しでも読者の皆様のお役に立てたら幸いです。【TOPICS】・購入検討している商品は「Web検索」、20代女性の4割は「SNS検索」・ミレニアル世代が持つ、EC利用時の「マイルール」・PR、広告

2018年3月5日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

40代女性も、EC利用時のデバイスが「スマホートフォン」にシフト

40代女性も、EC利用時のデバイスが「スマホートフォン」にシフト Eコマース&アプリコマース月次定点調査 2017年総集編40代女性も、EC利用時のデバイスが「スマホートフォン」にシフト利用者の4割超が「InstagramやTwitter上に購入ボタンがあったら使いたい」調査結果サマリー「Instagram」「Twitter」利用者の4割超が、SNS上に「商品購入ボタン」があったら使いたい 2017年9月度調査において、SNSを週1回以上利用する人に、それぞれのSNS上に商品購入ボタンが設置され

2018年2月21日NTTドコモフィードバック数:0モバイル

親のための子どもスマホ“必修”講座 親世代とは違う!?イマドキ子どもたちのコミュニケーション事情

親世代とは違う!? イマドキ子どもたちのコミュニケーション事情 今では当たり前となっているインターネットやスマホなどのデジタルツール。親世代のみなさまの幼少期には、ここまで発展しておらず、ましてや子どもにとっては少し遠い存在だったはずです。しかし、今の子どもたちはいわゆる“デジタルネイティブ”と呼ばれる世代です。そのデジタルの発展に、時には親の方がついていけていない・・・ということもあるのではないでしょうか。今回、スマホを持っている12~18歳の1204人の子どもを対象にスマホに関する調査を実

2018年2月18日イードフィードバック数:0社会/政治

イマドキ高校生、親世代より「忙しい」…理由にギャップ

40代~50代の親世代の高校時代と比べて、現代の高校生の方が忙しいと感じていることが、河合塾マナビスの調査からわかった。勉強に時間を使っていることは共通していたが、そのほか高校生は趣味や動画サービスなどに時間をとられているなど、世代による変化がみられた。「昨今の高校生に関する調査」は2018年1月10日~12日に実施され、現役高校生を含む16歳~25歳250名と、40歳~59歳250名が対象。現役高校生は現在のこと、それ以外は高校時代のことを振り返り回答している。現役高校生に毎日忙しいと思ってい

2018年1月26日MMDLaboフィードバック数:0マーケティング

現在利用しているSNS「Instagram」が29.7%、2016年12月より6.5ポイント増 20代の半数が利用

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > 現在利用しているSNS「Instagram」が29.7%、2016年12月より6.5ポイント増 20代の半数が利用 現在利用しているSNS「Instagram」が29.7%、2016年12月より6.5ポイント増 20代の半数が利用 MMD研究所は、20歳~69歳の男女558人を対象に2017年12月22日~12月23日の期間で「2017年

2018年1月26日ライオンフィードバック数:0社会/政治

【『ストッパ』受験生実態調査】今年の受験生はチャレンジ精神旺盛で勉強家!増加する“親ストレス”に負けず、勉強にSNSを活用して奮闘!

【『ストッパ』受験生実態調査】今年の受験生はチャレンジ精神旺盛で勉強家!増加する“親ストレス”に負けず、勉強にSNSを活用して奮闘!

2018年1月24日N.D.Promotionフィードバック数:0マーケティング

2017年に本当に流行ったモノ・ヒトの人気ランキング

人気Youtuber・カメラアプリ他、現役女子中高生280人が選ぶ、「2017年の人気ランキング」を発表!【Nomdeplume(ノンデプルーム)】 ティーン向けメディア「Nomdeplume(ノンデプルーム)」は読者280名を対象に、現役JCJKの中で「2017年に本当に流行ったモノ・ヒトの人気ランキング」を発表いたしました。◼調査概要アンケート実施日:2017年12月11日対象者:中1〜高3までの女子学生 285名調査項目:コスメ・アパレルブランド、カメラアプリ、Youtuber、Abema

2018年1月17日simejiフィードバック数:0モバイル

Simeji 今年の顔文字大賞 2017

SNSを中心に拡大!「いいね」や返信スタンプの代用としても使用され、ハッシュタグにもなった今ドキの若者コミュニケーション事情を表した、『それな ( ᐛ )σ』が顔文字大賞を受賞!!『それな ( ᐛ )σ』が「Simeji 顔文字大賞 2017」に選ばれた理由としては、若者のスマホトークやSNSで多用されており、現代の若者を表している顔文字であるからです。『それな』という言葉自体は、2015年頃から女子高生の間で日常的に多用されるようになり、現代ではSNSなどのスマホでのコミュニケーションが日常化

恋活中の男女約1,000人が選んだ、2017年を表す「恋漢字」1位は「変」

お知らせ 恋活中の男女約1,000人が選んだ、2017年を表す「恋漢字」1位は「変」 株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)の連結子会社である株式会社マッチングエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役:合田武広)は、趣味でつながる恋活サービス「タップル誕生」の利用者を対象に「2017年を表す恋漢字」に関するアンケートを実施し、以下のような結果となりましたので発表いたします。 ■第一位1位に輝いた今年の恋漢字は「変」。選ばれ

ママ友とのお付き合い、SNSで気をつけていることや困ったこと

話題趣味データキャッチアップママ友とのお付き合い、SNSで気をつけていることや困ったことデータキャッチアップVOL.27 有効サンプル数 471育児や日常生活の情報を発信したり、ママ友と交流をしたり、SNSはとても便利ではありますが、使い方によってはママ友とトラブルを起こしたり、負担になったりすることも。今回は、「SNSを使ったママ友とのお付き合い(リアル・非リアルとも)で、気をつけていること」や「トラブルなど困った経験」について、育児中のベビカムユーザーのみなさんに伺ってみました。 SNSを使

2017年12月26日スプリックスフィードバック数:0社会/政治

中学生男女が選ぶ『2017年 流行語』アンケート

スプリックス、中学生男女が選ぶ『2017年 流行語』アンケー...| スプリックス、中学生男女が選ぶ『2017年 流行語』 アンケート結果を公開SNSの“タイムライン型コミュニケーション”時代を反映「卍」「あーね」などSNSでの返信を意識した短ワードが上位にランクイン株式会社スプリックス(本部:東京都豊島区、以下 スプリックス)は、スプリックスの運営する個別指導塾『森塾』に通う中学生生徒を対象に「『2017年の流行語』に関するアンケート」を実施いたしました。株式会社スプリックス調べ「中高生

2017年12月26日クックパッド★フィードバック数:0ライフスタイル

2017年「食のトレンド大賞」

クックパッド株式会社は、2017年「食トレンド大賞」を選出しました。今回のトレンドは、クックパッドの検索データ分析ツール「たべみる」※1やクックパッドニュースのアクセス数などのデータをもとに、今年を代表するおうちごはんのトレンドキーワードを選出したものです。後半では、クックパッド編集部が予測する2018年の食トレンドもご紹介しています。2017年、もっとも注目を集めたのが、韓国で人気の料理「タッカルビ」です。鶏肉と野菜に甘辛い味噌を和え、鉄板で焼いたもの。そこにチーズをのせた「チーズタッカルビ」

2017年12月11日ジャストシステム★フィードバック数:0マーケティング

Instagram利用者の約半数は、「商品購入ボタンを使ってみたい」

Instagram利用者の約半数は、「商品購入ボタンを使ってみたい」 Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2017年8月度)Instagram利用者の約半数は、「商品購入ボタンを使ってみたい」4人に3人が“かご落ち”の経験あり。目的は「備忘録」「比較」調査結果サマリーInstagram利用者の約半数は、「商品購入ボタンがあったら、使ってみたい」SNSを週1回以上利用する人のうち、ECサイト運営主(企業アカウント)からのSNS投稿をきっかけに商品を購入した経験がある人は38.2%でした。また、

2017年11月13日勝手にランキングフィードバック数:0キャリアとスキル

働くのは何故? 生きていくためとの回答多数!

>, , >働くのは何故? 生きていくためとの回答多数!「何故、人は働くのか……」皆さんは、このことを疑問に思ったことはありませんか?筆者はふとした時、(仕事中もたまに……)このことが脳裏によぎります。そもそも、皆さん働くことが好きなのでしょうか?今日は「働く」ということについて、皆さんの意見を見ていきたいと思います。日本人は仕事好き?2017年10月23日~10月25日に、全国の男女約28,000人にアンケートを通して回答して頂いた「働くことに関するアンケート」。まずは、皆さんが「働く」ことが

2017年11月9日ジャストシステムフィードバック数:0エンタテインメント

動画&動画広告 月次定点調査(2017年9月度)

動画コンテンツを視聴するデバイスは、「スマホ」が「テレビ」を超える 動画&動画広告 月次定点調査(2017年9月度)動画コンテンツを視聴するデバイスは、「スマホ」が「テレビ」を超えるスマホで動画コンテンツを視聴する人の3割が、「ポケットWi-Fiを所有」調査結果サマリー動画コンテンツを視聴するデバイスとして、「スマートフォン」が「テレビ」の利用を超える9月に最も長時間、テレビを含む動画コンテンツを視聴したデバイスとして回答が多かったのは「スマートフォン」(29.8%)でした。次いで、「パソコン」

コンテンツファン消費行動調査2017

2017年10月13日 コンテンツファン消費行動調査は、近年企業のニーズが高まっているコンテンツを起点とした広告やビジネス設計の支援を行う専門チームである 「コンテンツビジネスラボ」が毎年独自に行っている生活者調査です。全国の15~69歳男女・計5,000名を対象に、エンタテインメントやスポーツなど計11カテゴリのコンテンツに対する消費行動の実態を把握したもので、2011年の発表以来、幅広い業種の企業やコンテンツホルダーにご活用頂いています。クラスター分析編本調査では、コンテンツに対する態度や情

2017年10月23日ferret★フィードバック数:0マーケティング

ミレニアル世代は何を考えてる?統計データから行動特性とニーズを読み解いてみよう

ミレニアル世代は何を考えてる?統計データから行動特性とニーズを読み解いてみようミレニアル世代は何を考えてる?統計データから行動特性とニーズを読み解いてみよう株式会社ベーシックferret ライター前職は人材会社で、求人広告営業として大手〜中小企業の採用支援に従事。分かりやすく読みやすい記事を心がけています。(Twitter:@non_w21) 界隈では、2000年以降に成人になった人々の世代を「ミレニアル世代」と呼びます。「パソコンよりスマートフォンを利用している」「あまりモノを買いたがらない」

2017年10月17日リデルフィードバック数:0マーケティング

15兆円のEC市場、「売上に直結する施策」として“インフルエンサーマーケティングは課題解決に有効” 現場担当者の92%が回答

15兆円のEC市場、「売上に直結する施策」として“インフルエンサーマーケティングは課題解決に有効” 現場担当者の92%が回答 ~新規顧客の獲得に、売上の創出に。現場担当者ならではのリアルなニーズが浮き彫りに~ LIDDELL株式会社 (本社:東京都渋谷区、代表取締役:福田晃一、以下リデル) では去る9月14日、株式会社ナノオプトメディア主催『ネット&スマートフォン・コマース』において、当社CEOの福田 晃一による講演『「雰囲気売れ」のイノベーション、インフルエンサーマーケティングの全容と実践』を

2017年10月9日インテージフィードバック数:0大型消費/投資

2017年夏のレジャーを振り返る~“SNS映え”は行先に影響?“話題の場所”には行った?~

ホーム生活者を知る2017年夏のレジャーを振り返る~“SNS映え”は行先に影響?“話題の場所”には行った?~ 2017年夏のレジャーを振り返る~“SNS映え”は行先に影響?“話題の場所”には行った?~ 今夏のレジャー、行先は?まずは、今年の夏にどこに行ったのかを見ていきます。全体では、「花火大会・お祭り」が26.8%、「国内旅行(宿泊)」が20.1%で上位にあがり、続いて「帰省」(15.4%)、「国内旅行(日帰り)」(14.4%)、「海」(11.0%)、「バーベキュー」(10.8%)、「プール

2017年10月4日アドビ システムズ★★フィードバック数:0マーケティング

Adobe Digital Survey 消費者動向調査「商品購入においてネットがどう影響しているのか?」

Blog Post:~カスタマージャーニーで高まるデジタル体験の重要性~ 最新のAdobe Digital Survey 消費者動向調査「商品購入においてネットがどう影響しているのか?」によると、商品購入までにおける体験プロセス、いわゆるカスタマージャーニーにおいて、デジタル体験が及ぼす影響力が益々高まっていることが分かりました。一方、デジタル体験の重要性が増す中で、クロスチャネルでコミュニケーションを実施できている企業ほど、ブランドに対する信頼度が高まる傾向が判明しました。調査結果のハイライト

【H.I.S.SNS旅トレンド調査】母親との海外旅行で行きたい旅先第1位はカナダのオーロラ

【H.I.S.SNS旅トレンド調査】母親との海外旅行で行きたい旅先第1位はカナダのオーロラ

2017年9月13日トレンドマイクロ★★フィードバック数:0マーケティング

「フェイクニュース」に関する調査

購入・更新個人のお客さま法人のお客さま:新規の購入法人のお客さま:契約の更新法人のお客さま:購入関連情報トレンドマイクロについて トレンドマイクロ、「フェイクニュース」に関する調査結果を発表 人気SNSの1,000「いいね!」は、約2円から購入可能~フェイクニュース作成、発信、拡散において利用可能なサービスが存在~2017年8月29日トレンドマイクロ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 兼 CEO:エバ・チェン 東証一部:4704、以下、トレンドマイクロ)は、フェイクニュースに関する調査

2017年9月6日Fanimalフィードバック数:0マーケティング

20~40代の男女に聞いたSNSと写真・動画の利用実態調査

20~40代の男女に聞いたSNSと写真・動画の利用実態調査

2017年9月6日マクロミルフィードバック数:0キャリアとスキル

職種別の意識と実態に関する調査 -20~30代のマーケ・広報・情シス女子ってこんな人!-

世の中の「Honto(本当)」を集めた「Note(記録)」ホーム職種別の意識と実態に関する調査 -20~30代のマーケ・広報・情シス女子ってこんな人!- 2017年9月5日|Author : トコナッツ職種別の意識と実態に関する調査 -20~30代のマーケ・広報・情シス女子ってこんな人!-Tag : 広報,マーケティング,システム,職種,プロファイル分析職種によって、行動や意識に差はあるのでしょうか。マーケティング・広報・情報システムに従事する20~30代の女性に実態を調査しました。“マーケ女子

20代~30代女性の「愛情表現」に関する実態調査

【20代~30代女性の「愛情表現」に関する実態調査】8月31日は「I Love Youの日」 現代の新しい愛情表現法!?SNS上で愛情を表現する「シェアラブ」 女性の3人に1人が経験者。「Twitterでよくのろけます」 ~発表!SNSでも仲良しな芸能人夫婦ランキング 1位はアノ夫婦~結婚式場の日本最大級のクチコミサイトを運営する株式会社ウエディングパーク(本社:東京都港区、代表取締役社長:日紫喜 誠吾 以下ウエディングパーク)は、自社が運営する、大人女子のトレンド研究所「ガールズスタイルLAB

2017年8月9日朝日学生新聞社★フィードバック数:0マーケティング

中高生の勉強へのSNS活用状況調査

【朝日学生新聞社×アルクテラス】中高生の勉強へのSNS活用状況調査 3割が勉強専用アカウントを持ち、閲覧。ゆるい繋がりを「質問」「記録」「モチベーション」に活用 株式会社朝日学生新聞社(東京都中央区、代表取締役社長・脇阪嘉明)とアルクテラス株式会社(東京都世田谷区、代表取締役社長・新井豪一郎)は、中学生・高校生を対象にアンケートを実施し、SNSを勉強にどう役立てているかを調査しました。 アルクテラスが運営する勉強ノートまとめアプリ「Clear(クリア)」ユーザーを対象にインターネット調査を20

「SNSを利用した恋愛事情の変化」に関するアンケート調査

SNSで「告白」「別れ」を告げる若者が2倍以上に iPhone登場から10年、SNSが変えた恋愛シーン ~恋人とのやりとりはメールよりもSNSで。タイムラインで相手のプライベートもチェック~ Vol.88 QOM総研 「SNSを利用した恋愛事情の変化」に関するアンケート調査 成婚率にこだわる婚活支援サービスを展開する株式会社パートナーエージェント(証券コード:東証マザーズ6181、本社:東京都品川区、代表取締役社長:佐藤茂、、以下パートナーエージェント)は、25~29歳の独身男女270人と35~

顧客サービスについての意識調査

世界9市場で聞く <顧客サービスについての意識調査> 2017年6月14日 世界9市場で聞く <顧客サービスについての意識調査> 2017年6月14日世界9市場で聞く <顧客サービスについての意識調査> 今、「顧客サービス」への期待値が最も高い国はインド シビアな感覚で、「良いサービス」が当たり前 日本人は、世界一「悪い顧客サービス」を受け入れない 世界中で求められる「素早い対応」。 担当者の「礼儀正しさ」が重要視される日本 アメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc.(東京都杉並

2017年6月27日トレンダーズ★★フィードバック数:0マーケティング

<SNS見る専クラスタ>に関する調査

<SNS見る専クラスタ>に関する調査

2017年6月18日アスカネットフィードバック数:0デジタル家電

インフォグラフィック 70%の人が写真を撮られるのが苦手だった

撮るのは好き!でも撮られるのは…~苦手の理由を徹底調査~70%の人が写真を撮られるのが苦手だった70%の人が写真を撮られるのが苦手だったあっちをパシャリこっちをパシャリ、誰かと集まれば「一緒に写真撮ろうよ!」なんてことも当たり前。スマホ全盛期とも言われる昨今、写真を撮ることはグッと身近になりました。またSNSの普及により、誰かの写真を見る機会も増えています。しかし写真が身近になることは、「写真を撮られることが苦手な人」にとってはちょっとした問題。本当は写りたくないのに断れず…そんな経験がある方も

20代~30代女性の「父の日」に関する実態調査

【20代~30代女性の「父の日」に関する実態調査】女性の45.8%がお父さんとSNSで“お友達”! SNSを活用して父娘関係を深める女性が増加中!? ~理想の父&娘だと思う芸能人親子ランキング! 3位には初ランクインのあの親子~結婚式場の日本最大級のクチコミサイトを運営する株式会社ウエディングパーク(本社:東京都港区、代表取締役社長:日紫喜 誠吾 以下ウエディングパーク)は、自社が運営する、大人女子のトレンド研究所「ガールズスタイルLABO(GSL)*1」にて、20代~30代の女性120人を対象

メディア利用に関する調査

市場調査は、株式会社日本リサーチセンター(NRC) NRCレポート公表日 2017年6月1日日本リサーチセンター(本社:東京都中央区、代表取締役社長:鈴木稲博)は、1960年に設立された民間の調査研究機関であり、民間企業および官公庁、大学をはじめとする学術機関などの依頼を受け、各種の調査研究を行なっています。また、世界各国に調査拠点を置く「WIN/ギャラップ・インターナショナル・アソシエーション」の日本で唯一のメンバーとしてグローバルネットワークに参加し、海外調査にも豊富な経験を有しています

2017年6月12日ビッグビートフィードバック数:0マーケティング

ベトナム展示会場で300人に聞いた― ビジネス情報源No.1はSNS

デジタルとLIVE詳細を読む 嗚呼、からまわりだぜ!詳細を読む AI時代の仕事と働き方-水野操さん×濱口豊詳細を読む ベトナム展示会場で300人に聞いた― ビジネス情報源No.1はSNS!詳細を読む 夜の水族館で企業イベント!?サンシャイン水族館詳細を読むベトナム展示会場で300人に聞いた― ビジネス情報源No.1はSNS! ベトナムの展示会場でビジネスパーソン300人に聞きました ビジネスにFacebookを活用するひとは80%超。一番の情報源はSNS!? ビッグビートは、ベトナム ホ

2017年5月27日東京工科大学フィードバック数:0社会/政治

新入生の「コミュニケーションツール」利用実態調査

東京工科大学2017年度新入生の「コミュニケーションツール」利用実態調査を発表コミュニケーションは「LINE」、信頼できる情報源は「テレビ」女子の6割近くが「Instagram」「SNOW」を利用新入生の「コミュニケーションツール」利用実態調査を発表東京工科大学(東京都八王子市、学長 軽部征夫)では、2017年度の新入生1,730名を対象に、コミュニケーションツールの利用状況などに関するアンケート調査を実施いたしました(調査日:2017年4月5日、男女比:65%・35%)。以下の通り結果をご報告

2017年5月19日NTTドコモフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

アクティブシニアのICT利活用生活の検討No.5

アクティブシニアのICT利活用生活の検討No.53割のシニアがSNSを使い自ら情報発信する事に関心あり〜趣味との深い関係「写真」「美術」が鍵SNSを使い、自ら情報を発信しているシニアはいったいどれ程いるであろうか。また、今はおこなっていなくても、興味がある人はどれくらいいるのか。 シニアを対象とした調査の結果、現在発信をおこなっているのは約1割、今は使っていないが、今後使ってみたいと意向を表したシニアは2割弱存在し、合わせて3割弱が関心を持っていることが判明した。男女別にみると利用している割合に

2017年5月17日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2017年4月度)

10代の約半数が「SNOW」を利用。「Instagram」の利用率を抜く モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2017年4月度)10代の約半数が「SNOW」を利用。「Instagram」の利用率を抜く「ライブ動画」を最も頻繁に視聴するSNSは「LINE」で、約3割が視聴調査結果サマリー10代の約半数が「SNOW」を利用。「Instagram」利用率を抜く10代に現在利用中のSNSを聞いたところ、最も利用者が多かったのは「LINE」(88.0%)で、次に「Youtube」(81.0%)、「T

2017年5月1日大阪市フィードバック数:0社会/政治

市政モニターアンケート「大阪市の情報発信と施策全般について」(平成29年1月実施)

市政モニターアンケート「大阪市の情報発信と施策全般について」(平成29年1月実施)の結果  大阪市では、(1)市民サービスの拡充という方針のもと、「ア 子育て・教育環境の充実」、「イ 暮らしを守る福祉等の向上」、「ウ 各区の特色ある施策の展開」といった3つの具体的な施策を重点的に推進しています。また、(2)府市一体となった成長の実現という方針のもと、「ア 大阪の成長戦略の実行」、「イ 都市インフラの充実」、「ウ 防災力の強化」、「エ 成長産業の育成」といった4つの具体的な施策を重点的に推進してい

2017年4月26日日本法規情報フィードバック数:0ビジネス

「相談さぽーと通信 相談者実態調査」コンプライアンス問題に遭遇しても担当部署への相談は3割程度。SNS炎上の増加の影響でコンプライアンスが注目されるように

「相談さぽーと通信 相談者実態調査」コンプライアンス問題に遭遇しても担当部署への相談は3割程度。SNS炎上の増加の影響でコンプライアンスが注目されるように。 日本法規情報株式会社(本社:東京都新宿区 代表取締役 今村 愼太郎)( )は、インターネットアンケートを実施し、「コンプライアンスに関するアンケート調査」について発表しました。(日本法規情報株式会社では定期的に法律関連の話題に対して意識調査を行い発表しております)昨今注目度がますます高まっている「コンプライアンス」ですが、実際にコンプライ

2017年4月25日かみあぷ速報★フィードバック数:0マーケティング

プライベートなSNSアカウント、教えたことある?

今週は「上司や同僚にプライベートなSNSアカウント、教えたことある?」というアンケートを実施しました。今回、結果を集計したので発表したいと思います!ワークスモバイルジャパンが接客業や営業職の方を対象に調査を行ったところ、「顧客にSNSのプライベートアカウントを教えたことがある」と答えたのはなんと76.5%にものぼったとのこと。ということで先日かみあぷでは職種を問わずアンケートを実施しました。結果は…聞かれたことないし、聞かれても教えたくない!と言う方が半数となりました。寄せられたコメントを見てみ

2017年4月13日明光義塾フィードバック数:0モバイル

何歳から持たせる? ルールは必要? 子どものスマホ&SNS事情

何歳から持たせる? ルールは必要? 子どものスマホ&SNS事情カテゴリー:コミュニケーション みなさんのご家庭では、お子さんにスマホや携帯端末を持たせていますか? また、SNSの利用にはルールを設けているでしょうか。便利な反面、トラブルや犯罪に巻き込まれることもあるスマホやSNS。それぞれのご家庭の事情について、メイコミュユーザー86名と507名の一般の保護者(※)に聞きました!※一般的の保護者はネットリサーチ会社Fastaskを通してアンケートを実施 その1. スマホはいつ、何をきっかけに持た

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ