調査のチカラ TOP > タグ一覧 > SNSマーケティング

「SNSマーケティング」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年5月18日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2017年4月度)

ECサイトの5大プレミアムサービス利用率1位は、「Amazon」 Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2017年4月度)ECサイトの5大プレミアムサービス利用率1位は、「Amazon」最も利用するデバイスは6割がパソコン、3割がスマートフォン調査結果サマリーECサイトの5大プレミアムサービスの利用率1位は、「Amazon」Eコマース利用経験者に、「アマゾンプライム会員」「Yahoo!プレミアム会員」「楽天プレミアム会員」「ZOZOプレミアム/ZOZOプラチナム会員」「ヨドバシ・プレミアム会員

2017年5月4日ジャストシステムフィードバック数:0大型消費/投資

GW直前!プレミアムフライデーに関する実態調査

約4割が、大型連休前のプレミアムフライデーは「あきらめている」 GW直前!プレミアムフライデーに関する実態調査約4割が、大型連休前のプレミアムフライデーは「あきらめている」約6割が、「月末の設定はやめた方がいい」調査結果サマリー大型連休前のプレミアムフライデーは、約4割が「早帰りをあきらめている」ゴールデンウィークに近い、4月の「プレミアムフライデー」は、「特にいつもと退社時間は変わらないとあきらめている」という人が最も多く、37.3%でした。「なんとしても15時退社したい」人は4.2%、「でき

2017年3月14日ジャストシステムフィードバック数:0モバイル

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2017年2月度)

10代スマホユーザーの7割は、「SNS上の投稿やニュースから情報収集」 モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2017年2月度)10代スマホユーザーの7割は、「SNS上の投稿やニュースから情報収集」~全年代で、「ニュースの収集は新聞よりも、スマートフォン」~調査結果サマリー10代のスマートフォン利用者のうち、7割は「SNS上の投稿やニュース」から情報収集スマートフォンでニュースなどの情報収集をする際に最も利用するのは「インターネット」(74.8%)、次に「ニュースアプリ(新聞社やテレビ局以外

2017年1月26日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査2016年度総集編

2016年、LINE利用率が6割超で、YouTubeに迫る。インスタ認知率も9割 『モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査2016年度総集編』2016年、LINE利用率が6割超で、YouTubeに迫る。インスタ認知率も9割2016年の全調査を統合した365ページのレポートを無料提供調査結果サマリーLINEの利用率が6割を超え、YouTubeに迫る。Instagramも認知率が約9割にSNSで最も利用率の伸びが大きかったのは「LINE」でした。1月度調査では47.3%だったのに対し、12月度調査

2016年9月14日ジャストシステムフィードバック数:0社会/政治

子どもの英語学習に関する実態調査

小学校の英語授業について、改訂内容を知っている母親は約3割 2020年がターゲット!『子どもの英語学習に関する実態調査』小学校の英語授業について、改訂内容を知っている母親は約3割小学1、2年生の母親の過半数が、「2020年に向けて対策をしたい」調査結果サマリー2020年から改訂される小学校の英語授業の内容を、知っている母親は約3割2020年から実施される新学習指導要領により、小学校での英語授業が大きく変わることを、その改訂内容も含めて知っている母親は29.6%でした※1。2020年から「小学5、

2016年1月19日ジャストシステムフィードバック数:0モバイル

年末年始のスマホ利用実態調査【2016年】

半数以上が、年末年始にスマホでショッピング年末年始のスマホ利用実態調査【2016年】4人に1人は普段はSNSに投稿しないが、年末年始は投稿機会が「増える」調査結果サマリー半数以上が、年末年始にスマホでショッピング。1年前より大幅増加年末年始(2015年12月30日~2016年1月3日)にスマートフォンで商品を購入した人の割合は、「スマートフォンのWEBサイト経由」(18.6%)、「スマートフォンのショッピングアプリ経由」(28.0%)、「スマートフォンのフリマアプリ経由」(9.4%)でした。あわ

2016年1月13日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2015年12月度)

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2015年12月度) Instagramの認知率が、1年間で5割弱から7割強へモバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2015年12月度)10代の広告接触は、テレビを抜いて「スマホ」が1位に調査結果サマリーInstagramの認知率が、1年間で5割弱から7割強へInstagramの認知率が、2014年12月調査時の48.6%から、72.8%と大幅に増加しました。また、利用率も2014年12月調査時の8.3%から13.4%と増加しました。一方、Faceb

2015年12月21日ジャストシステムフィードバック数:0ライフスタイル

クリスマスの情報収集に関する調査

スマホは若者の「クリスマス」をどう変えたのか? 20代女性の4人に1人は、思い出を「Instagram」に投稿スマホは若者の「クリスマス」をどう変えたのか?3割近くがクリスマス時期になると、SNS投稿をより意識する調査結果サマリー20代女性の4人に1人は、クリスマスの思い出を「Instagram」に投稿パーティやイベント、デートなどクリスマスの思い出を投稿するSNSとして「Twitter」を挙げる人が最も多く(33.0%)、次いで「Facebook」(23.3%)、「LINEのタイムライン」(2

2015年11月17日ジャストシステム★フィードバック数:0マーケティング

チラシアプリ利用実態調査

既婚女性のスマホユーザーのうち、3割が利用チラシアプリ利用実態調査チラシアプリで広がる主婦の買い物圏調査結果サマリー既婚女性のスマホユーザーのうち、3割がチラシアプリを利用女性のスマートフォンユーザーのうち、1年以内に「チラシアプリを利用した」人は21.8%でした。未婚女性では14.8%、既婚女性では31.9%でした。 ※複数回答あり。女性チラシアプリユーザーの4人に1人が、「利用する店の数が増えた」既婚女性ユーザーの3人に1人は、チラシアプリを見て「電車や車で行ける範囲なら行く」女性ユーザーの

2015年10月8日ジャストシステム★★フィードバック数:0エンタテインメント

広告を見ても、"違和感を抱かない"SNSとは?

広告を見ても、“違和感を抱かない”SNSとは? インスタグラマーの認知度は57.6%、フォローしているのは4人に1人広告を見ても、“違和感を抱かない”SNSとは?意外と多い!? Instagramユーザーの3割は、「見る専」調査結果サマリー広告に“違和感を抱かない”SNSは、「Instagram」「Facebook」「Twitter」「LINE」「Instagram」のうち、利用中に広告が目に入ってきたとしても、特に違和感を抱かないというユーザーの割合が最も高かったのは「Instagram」(2

2015年7月29日ジャストシステム★フィードバック数:0マーケティング

オウンドメディア活用に関するアンケート調査

マーケッターに聞く!オウンドメディア活用実態調査2015 オウンドメディアの認知度は約4割。所有率は約1割マーケッターに聞く!オウンドメディア活用実態調査2015課題は「コンテンツの継続性」と「集客・リーチ調査結果サマリーオウンドメディアの認知度は約4割。所有率は約1割オウンドメディアについて、「知っており、既に所有している」人は13.3%、「知っており、以前は所有していたが、今はしていない」人は6.3%、「知っており、所有はしていないが、所有したいと思っている」人は5.5%、「知っており、所有

2015年1月21日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング要登録

ソーシャルギフトに関するアンケート

ソーシャルギフトをもらった女性の3割が“Facebookで拡散”ソーシャルギフトに関するアンケートソーシャルギフト利用者の27.7%が、「SNS上だけの友人」に贈った経験あり調査結果サマリーソーシャルギフトをもらった女性の3割が「Facebookで拡散したことがある」ソーシャルギフトをもらったことをSNSで伝えるのに、男性は「Twitter」(46.4%)、女性は「Facebook」(30.0%)を最も使うことがわかりました。また、「誰にも知らせない」と回答した人は男性が7.1%に対し、女性は3

2014年12月17日ジャストシステムフィードバック数:0モバイル要登録

スマートフォンとライフスタイルの変化に関するアンケート

スマートフォンは私たちから、どのような時間を奪ったのか? スマートフォン利用後のテレビ視聴時間の減少を、10代では49.4%が認識スマートフォンは私たちから、どのような時間を奪ったのか?約3割がスマートフォン利用前と比べ、「パソコンの利用時間が減った」調査結果サマリースマートフォン利用後のテレビ視聴時間の減少を、10代では49.4%が認識スマートフォン利用後、40.8%の人が「雑誌を読む時間が減った」、34.9%の人が「テレビを見る時間が減った」、32.6%の人が「新聞を読む時間が減った」と答え

モニプラ for Facebookでの調査です。

Facebookユーザーの企業・ブランドSNS利用実態調査2014

SMMLabはアライドアーキテクツが運営するSNSマーケティングに関する情報に特化したメディアです (009)データ集 >【アンケート調査結果大公開!】Facebookユーザーの企業・ブランドSNS利用実態調査2014 投稿日: 2014年8月21日FacebookユーザーのSNS利用実態調査結果をまとめて発表!Facebookは今や全世界で13億2000万人(月間アクティブユーザー数)が利用しており、毎日8億2900万人(毎日のアクティブユーザー数)が交流する情報インフラとなりました。(※数値

2013年5月24日ジャストシステムフィードバック数:2大型消費/投資要登録

富士山の観光・登山に関する意識調査

世界遺産登録で注目が集まる「富士山」富士山の観光・登山に関する意識調査約3 割が登山以外も含む、富士山関連ツアーに興味あり調査結果サマリー富士山に登る目的は、「人生の記念にするため」が約5割セルフ型ネットリサーチ「Fastask」にて、世界遺産登録が確実になり、注目が集まる富士山に、もし登るとした場合の目的を聞いたところ、49.5 %の人が「人生の記念にするため」と回答しました。続いて「(ご来光でなくても)山頂からの景色を見るため」( 38.5 %)、「心身のリフレッシュのため」( 33.5 %

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ