調査のチカラ TOP > タグ一覧 > SNSマーケティング

「SNSマーケティング」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年5月17日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2017年4月度)

10代の約半数が「SNOW」を利用。「Instagram」の利用率を抜く モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2017年4月度)10代の約半数が「SNOW」を利用。「Instagram」の利用率を抜く「ライブ動画」を最も頻繁に視聴するSNSは「LINE」で、約3割が視聴調査結果サマリー10代の約半数が「SNOW」を利用。「Instagram」利用率を抜く10代に現在利用中のSNSを聞いたところ、最も利用者が多かったのは「LINE」(88.0%)で、次に「Youtube」(81.0%)、「T

2017年3月22日ジャストシステム★フィードバック数:0マーケティング

SNS広告に関する実態調査

今後、企業が最も注力したいSNS広告は「LINEのインフィード広告」 マーケティング担当に聞いた!『SNS広告に関する実態調査』今後、企業が最も注力したいSNS広告は「LINEのインフィード広告」現在、SNS広告で最も利用されているのは「Facebook広告」調査結果サマリー今後、企業が最も注力したいSNS広告は「LINEのインフィード広告」SNSなどのインフィード広告を現在利用している人に、今後注力していきたいSNSを聞いたところ、「LINEのインフィード広告」(30.9%)が最も多く、次いで

2016年5月22日ジャストシステム★フィードバック数:0モバイル

スマートフォンで大きく変わった、イマドキのライフスタイル実態調査

20代の約3割がスマホ利用で「洗濯物を雨に濡らす機会が減った」 スマートフォンで大きく変わった、イマドキのライフスタイル実態調査20代の約3割がスマホ利用で「洗濯物を雨に濡らす機会が減った」10代の4割以上がレジャー時、「SNSネタとして使えるか」を重視調査結果サマリー20代の約3割がスマホ利用によって、「洗濯物を雨に濡らす機会が減った」スマートフォンを利用してから、「洗濯物を雨に濡らしてしまう機会」が減ったと感じている人は21.5%で、「増えた」と感じている人の7.6%を大きく上回りました。天

2016年2月4日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

SNSプロモーションに対する消費者動向調査

「SNSプロモーションに対する消費者動向調査」 スマホで企業からの情報をチェックする際、最も使うのは「LINE」「SNSプロモーションに対する消費者動向調査」公式アカウントと友だちになるのは、「スタンプ」より「お得な情報」調査結果サマリー企業からの情報収集に使うのは、1位「LINE」、2位「ニュース」、3位「Twitter」スマホユーザーが、企業がプロモーションやマーケティング活動で発信する情報をスマートフォンで収集する際、最もよく使っているのは「LINE」で(57.7%)、続いて「Webニュー

2015年12月11日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

子育て世代に聞く!レジャー実態調査

日帰りレジャーを楽しむ20代ママの半数が、「頻繁にLINE投稿」子育て世代に聞く!レジャー実態調査男性に最も利用されている電子チケットは「飛行機」調査結果サマリー日帰りレジャーを楽しむ20代ママの半数が、「頻繁にLINE投稿」月1回以上日帰りレジャーに行く人のうち、26.7%の人が、レジャー後「LINEに頻繁に投稿する」と回答しました。性別、年代別に見ると20代ママが54.5%と最も高く、他の世代に比べてLINEでレジャーの内容や感想を共有する傾向が強いことがわかりました。男性に最も利用されてい

2015年7月29日ジャストシステム★フィードバック数:0マーケティング

オウンドメディア活用に関するアンケート調査

マーケッターに聞く!オウンドメディア活用実態調査2015 オウンドメディアの認知度は約4割。所有率は約1割マーケッターに聞く!オウンドメディア活用実態調査2015課題は「コンテンツの継続性」と「集客・リーチ調査結果サマリーオウンドメディアの認知度は約4割。所有率は約1割オウンドメディアについて、「知っており、既に所有している」人は13.3%、「知っており、以前は所有していたが、今はしていない」人は6.3%、「知っており、所有はしていないが、所有したいと思っている」人は5.5%、「知っており、所有

モニプラ for Facebookでの調査です。

Facebookユーザーの企業・ブランドSNS利用実態調査2014

SMMLabはアライドアーキテクツが運営するSNSマーケティングに関する情報に特化したメディアです (009)データ集 >【アンケート調査結果大公開!】Facebookユーザーの企業・ブランドSNS利用実態調査2014 投稿日: 2014年8月21日FacebookユーザーのSNS利用実態調査結果をまとめて発表!Facebookは今や全世界で13億2000万人(月間アクティブユーザー数)が利用しており、毎日8億2900万人(毎日のアクティブユーザー数)が交流する情報インフラとなりました。(※数値

2014年4月10日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2014年3月度)

投稿写真を“消せる”「次世代SNS」の認知度1位は、「Yahoo!コミュカメラ」 モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2014年3月度)投稿写真を“消せる”「次世代SNS」の認知度1位は、「Yahoo!コミュカメラ」ニュースキュレーションアプリの広告は、「あまり配信してほしくない」調査結果サマリーニュースキュレーションアプリの利用継続率は、「SmartNews」が1位さまざまなニュース媒体の記事から選別した記事のみを配信するニュースキュレーションアプリの利用率では、「SmartNews」「

2014年3月24日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング要登録

マーケティングトレンドに関する調査

マーケッターに聞く、2014年の市場を占う漢字は、『動』『乱』『新』『増』 スマホユーザー向け動画プロモーションは、15秒が理想的マーケッターに聞く、2014年の市場を占う漢字は、『動』『乱』『新』『増』今、注目すべきWebサービスは、「EC系」と「位置情報系」調査結果サマリー2014年のマーケティング業界は、「動」「乱」「新」「増」セルフ型ネットリサーチのFastaskにおいて、マーケッターに対して「2014年のマーケティング業界の世相を表す漢字1 文字」を聞いたところ、「動」「乱」「新」「増

2014年1月16日ジャストシステムフィードバック数:0大型消費/投資要登録

結婚式に関する調査

30代の約5割が、結婚披露宴を「やり直したい」 結婚披露宴をやり直すとしたら、こだわりたいのはやっぱり「お・も・て・な・し」30代の約5割が、結婚披露宴を「やり直したい」結婚式と披露宴の合計費用は250万円~300万円が最多調査結果サマリー約5割の人が、結婚披露宴をやり直せるのなら、「やり直したい」セルフ型ネットリサーチのFastaskの調査において、結婚披露宴をやり直したいかについて聞いたところ、「やり直したい」と答えた人は46.7%と、半数近くの人がそう思っていることが分かりました。男女別で

2013年9月19日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング要登録

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2013年8月度)

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2013年8月度) スマホコマース、各社の認知度・利用率は、ほぼ横並びモバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2013年8月度)「Facebook」利用率、男性は熟年層で増加するも10代では減少調査結果サマリー10代の7割近くがスマートフォンからネットを利用「Facebook」利用率、男性は熟年層で増加するも10代では減少動画配信サービスは、「iTunes」「Google Play」の利用率・利用意向が上昇スマホコマース、各社の認知度・利用率は、ほぼ横

2012年9月25日ジャストシステムフィードバック数:6モバイル

“SNS化後”のLINE利用者実態調査

LINEのSNS化に対する利用者の意外な本音が明らかに“SNS化後”のLINE利用者実態調査現時点では、6割以上のLINE利用者が、既存機能を中心に利用調査結果サマリー現時点では、既存機能を中心に利用するユーザーが6割以上セルフ型ネットリサーチ「Fastask」にて、LINEが続々とリリースしている新機能の認知度や利用経験・頻度を聞いたところ、自分の活動状況の投稿や友だちの近況の確認を行える「ホーム」「タイムライン」の閲覧は、現時点では、ともにLINE利用者の6割以上が使っていない状況で(「利用

2012年5月31日ジャストシステムフィードバック数:2製造業/エレクトロニクス要登録

節電対策に関する意識調査

計画停電を経験した「東京」と、未経験の「大阪」で意識の差節電対策に関する意識調査節電は我慢できるが、停電の場合は原発再稼働を支持する人が「43.8%」調査結果サマリー「節電は我慢できるが、停電の場合には再稼働を支持」する人が「43.8%」セルフ型ネットリサーチ「Fastask」にて、今夏、節電や停電のリスクが懸念されている中で、原子力発電所の再稼働についてたずねたところ、「たとえ停電になっても、再稼働を支持しない」人が35.0%いる一方で、「節電は我慢できるが、停電となる場合は再稼働を支持する」

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ