「SNS利用」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

訪日タイ人のSNS利用に関する調査

「レオ・レオ・リサーチ」による訪日タイ人のSNS利用に関する調査 | リサーチ・市場調査・マーケティング 海外海外調査や国際比較を行った調査結果を掲載 2017/8/31 「レオ・レオ・リサーチ」による訪日タイ人のSNS利用に関する調査Cross Marketing (Thailand) Co. Ltd. (クロス・マーケティングタイ 本社:タイ王国バンコク都 代表者 濱野 英和)とXQUEST (Thailand)Co., Ltd.(本社:タイ王国バンコク都 代表取締役 陽田 伸行)は、業

2017年7月31日カシオ計算機★フィードバック数:0マーケティング

SNSとカメラ・撮影に関する実態調査

インスタグラム利用女性の4人に1人が スマホじゃなく「インスタ専用カメラ」を持っていた!!画質・防水・広角重視・・・もっと「いいね!」が欲しい! 2017年7月21日 カシオ計算機は、SNS映えする写真が撮れる「EX-FR100L」など、女性向けデジタルカメラの開発・販売に力を入れています。このたび、10代~40代女性655名を対象に、「SNSとカメラ・撮影に関する実態調査」を実施しました。若い女性を中心にユーザーを伸ばすSNSと、SNSに投稿するために利用するカメラや撮影に関する実態を調べまし

2017年7月21日アスカネット★フィードバック数:0マーケティング

「SNSのプロフィール画像」に関する調査アンケート

みんなどうしてる?「SNSのプロフィール画像」に関する調査アンケート 国内最大規模のフォトブックサービス「MyBook(マイブック)」を展開する株式会社アスカネット(本社:広島県広島市、代表取締役社長兼CEO福田幸雄、以下アスカネット)は、「SNSのプロフィール画像」について、全国の10~60代・男女362名を対象にアンケート調査を行いましたので、調査結果を発表いたします。【調査背景】LINEにTwitter、Facebook、Instagramと現代はまさにSNSの最盛期。複数のSNSを使い分

2017年7月18日トレンドマイクロ★★フィードバック数:0マーケティング

子どものSNSコミュニケーションに関する実態調査 2017

03-5334-3601(月曜~金曜の9時~18時)ただし祝祭日および、その振替日を除きます 03-5334-3601(月曜~金曜の9時~18時)ただし祝祭日および、その振替日を除きます プレスリリース -子どものSNSコミュニケーションに関する実態調査 2017-SNS利用中にトラブルを経験した子どもが約3割 -子どものSNSコミュニケーションに関する実態調査 2017-SNS利用中にトラブルを経験した子どもが約3割~子供がトラブルを経験している保護者

2017年5月28日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

SNS利用による「疲れ」や「ストレス」に関する実態調査

3人に2人が、利用し始めよりも「SNS疲れ」の頻度が減った SNS利用による「疲れ」や「ストレス」に関する実態調査3人に2人が、利用し始めよりも「SNS疲れ」の頻度が減った「SNS疲れ」が減った理由は、「使い分けの上達」調査結果サマリー3人に2人が、利用し始めよりも「SNS疲れの頻度が減った」SNS疲れを感じたことがある人に、利用し始めの頃とSNS疲れを感じる頻度を比較してもらったところ、「かなり減った」と答えた人は14.1%、「やや減った」人は45.5%でした。あわせて59.6%の人が使い始め

2017年4月11日総務省★★フィードバック数:0マーケティング

平成28年度 青少年のインターネット・リテラシー指標等

報道資料「平成28年度 青少年のインターネット・リテラシー指標等」の公表 総務省では、青少年のインターネット・リテラシーに関する実態調査を実施し、結果概要を「平成28年度 青少年のインターネット・リテラシー指標等」として取りまとめましたので、公表します。1.経緯・目的総務省では、インターネット・リテラシー向上施策の重要性に鑑み、同施策を効果的に進めていくために、平成23年度に青少年のインターネット・リテラシーを可視化するテスト(注1)を開発し、平成24年度より全国の高等学校1年生相当を対象に実施

2017年3月23日ブライト・ウェイ★フィードバック数:0マーケティング

子育て家族のSNS利用

[] 株式会社ブライト・ウェイ(本社東京 代表取締役 高祖 智明)が運営する子育て・育児支援のポータルサイト【こそだて】 では、日常の情報収集とコミュニケーションのツールとして利用が広がっているSNSについて、尋ねてみました。Facebookのアカウント所有者が半数を超えている一方で、若者中心に利用が広がっているinstagramはそれほど利用が広がっていません。■結果概要 ●アカウントを登録しているSNSの第1位はFacebookで52.7%、唯一の過半数超え。Twitter37%、insta

2016年12月17日FULLER★★フィードバック数:0マーケティング

10代のFacebook離れが深刻化。時代はInstagramやMixChannelへ

SNSが登場し始めて以来、mixiやFacebook、Twitterなど様々な種類のサービスを多くの方が利用していますが現在、10代のFacebook離れが発生し始めSNSに変化が起きています。 特に話題となっているのは動画作成アプリのMixChannelで前回の 「MixChannelがMAUでVine越え」 で紹介しました。 今回は10代、20代などの若い世代におけるSNSの利用の変化について男女年代比率やMAUをもとに考察していきたいと思います。 なお、今回の記事では以上の3つのアプリのデ

2016年11月2日ジャストシステム★フィードバック数:0マーケティング

ECプロモーション別 消費行動調査

「SNS」や「プッシュ通知」での情報受け取り、20代で3割以上 ECプロモーション別 消費行動調査「SNS」や「プッシュ通知」での情報受け取り、20代で3割以上「プッシュ通知」を利用する3人に1人は、「届いたら、すぐに見る」調査結果サマリー「プッシュ通知」を利用する3人に1人は、「届いたら、すぐに見る」ECサイトから届いたお知らせを「すぐに見る」と回答した人の割合は、「プッシュ通知」の場合が一番高く(35.6%)、次いで「SNS」(34.0%)で、「メルマガ」(19.8%)よりも高い結果となりま

2016年10月20日ラクーンフィードバック数:0マーケティング

小売店のSNS利用に関する調査

小売店のSNS利用に関する調査

2016年9月25日MMDLaboフィードバック数:0モバイル

高校生のスマートフォン利用実態調査/高校生のスマートフォンホーム画面分析調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > 高校生のスマートフォン所有率は93.0%、2014年より13.5ポイントアップ 高校生のスマートフォン所有率は93.0%、2014年より13.5ポイントアップ MMD研究所は、インテル セキュリティと共同で、2016年8月26日~8月31日に、高校生921人を対象に「高校生のスマートフォン利用実態調査」を実施いたしました。また、高校生の所

2016年5月26日日本法規情報フィードバック数:0マーケティング

SNS利用に関する意識調査 日本法規情報

[日本法規情報株式会社] ,インターネット タブレット アプリケーション Twitter SNS Facebook LINE スマートフォン パソコン ソーシャルネットワークサービス

2016年5月12日トレンダーズ★フィードバック数:0マーケティング

女性のSNS利用と消費行動に関する調査

女性のSNS利用と消費行動に関する調査

2016年3月17日ジャストシステムフィードバック数:0社会/政治

エフェメラル(消える)系SNS利用実態調査

SNSの新潮流!「エフェメラル(消える)系」は「疲れない」? 利用率1位は「SnapChat」。「エフェメラル系SNS」利用者の7割が支持SNSの新潮流!「エフェメラル(消える)系」は「疲れない」?「消えるはかなさ」ゆえの、プッシュ通知の優先開封とスクショの保存調査結果サマリー半数が他のSNSに比べて「エフェメラル系SNSは、疲れない」「エフェメラル系SNS」ユーザーの55.2%が「他のSNSに比べて気遣いを感じない」、49.6%が「他のSNSに比べて疲れない」と答えました。また、54.3%が「

2016年3月15日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

SNSプロモーション活用実態調査2016

マーケティング担当に聞く!「SNSプロモーション活用実態調査2016」 2016年、売上拡大を期待するSNSは「LINE」、ブランド認知は「Instagram」マーケティング担当に聞く!「SNSプロモーション活用実態調査2016」今年のSNSプロモーション予算は「増やす」が3割調査結果サマリー2016年売上拡大への効果を期待するSNSは「LINE」、ブランド認知には「Instagram」今後、マーケティング活動や販促活動に活用したいSNSとして、最も多くのマーケティング担当者が挙げたのは「Fac

2016年1月25日ジャストシステムフィードバック数:0大型消費/投資

カップル専用SNS利用実態調査

従来のSNSの利用時間を奪う!カップル専用SNS利用実態調査 カップル専用SNS利用率は、スマホユーザーの2割従来のSNSの利用時間を奪う!カップル専用SNS利用実態調査交際開始直後は9割が毎日起動するが、半年後は4割に調査結果サマリーカップル専用SNS利用率はスマホユーザーの2割。10代では3割事前のスクリーニング調査で、「現在、恋人がいる」と答えたスマートフォンユーザーにカップル専用SNSを利用しているかを聞いたところ、18.1%が利用中と回答しました。性別・年代別で見ると特に10代の利用が

2016年1月18日ADDIX★フィードバック数:0マーケティング

SNSと女性についての意識調査

20代以下は「もっとも楽しいのはインスタ」!「SNSと女性についての意識調査」2016年がスタートして、はや2週間がすぎました。昨年は、若い年代の女性への「Instagram」の急速な普及が話題となりましたが、今年、ソーシャルメディアサービス(以下、SNS)と女性を取り巻く状況はどのように変化していくのでしょうか。BWRITEでは、女性とSNSについての今後を占うべく、昨年12月中旬に18歳以上の女性213名にアンケートを実施。「SNSと女性についての意識調査」として結果をまとめました。今回の調

2015年12月14日リクルートフィードバック数:0マーケティング

SNS、どんなふうに利用してる?

Vol.320 大学1年生に聞きました。SNS、どんなふうに利用してる?  LINEやTwitterなどのSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)を利用していますか?大学1年生に、LINEやTwitterなどのSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)を利用しているかどうかを尋ねたところ、95.3%が「はい」と回答。ほとんどの学生がSNSを利用しており、利用していない学生はごくわずかであることがわかった。では、「はい」と回答した学生が89.2%であったことからすると、SNS利用者はさらに増

2015年9月30日コロプラフィードバック数:0ライフスタイル

若者ヒマ意識調査

スマートフォンを使ったネットリサーチ、アンケートを驚きのスピードで コロプラ、『スマートアンサー』にて「若者ヒマ意識調査」実施~1分でも暇があればSNSを利用、オンラインでの友達付き合いを常に行う一方で、実際にリアルな場で「友達と会う」ことも有益だと回答~2015.09.30 株式会社コロプラ(代表取締役社長:馬場功淳、本社:東京都渋谷区、以下「コロプラ」)は、運営するスマートフォン特化型リサーチアプリ『スマートアンサー』にて、株式会社電通の電通若者研究部「ワカモン」( 以下、「ワカモン」)監

シェア情報です。

ソーシャルメディアシェア早わかり~2015更新版

『そういえば、あの業界のシェアは結局どこが一番多いんだっけ……?』 そんな疑問を抱いたことがあるすべてのビジネスマンに捧ぐ連載。仕事でも利用できる業界ランキングや業界地図を私、高橋暁子が手っ取り早く紹介します。<連載目次>大手SNSの月間アクティブユーザー数(MAU)サービス名MAU1Facebook13億9000万2YouTube10億以上3Google+5億4000万4Instagram3億5Twitter2億7100万6LINE1億8100万日本ではLINE>Twitter>Faceboo

登録者は減るがヘビーユーザーは残る mixi―定期調査「SNS利用」(8)

登録者は減るがヘビーユーザーは残る mixi―定期調査「SNS利用」(8) このレポートは、インターネットコムと NTTコム リサーチがインターネットを活用したアンケート調査を定期的に行い、その結果を発表するものである。今回は「SNS利用」について調査した第8回である。 このレポートは、インターネットコムと NTTコム リサーチがインターネットを活用したアンケート調査を定期的に行い、その結果を発表するものである。今回は「SNS利用」について調査した第8回である。調査対象は全国10代〜50代以

2015年1月8日マクロミル★フィードバック数:0社会/政治

マクロミルによる恒例の調査です。

2015年 新成人に関する調査

2015年 新成人に関する調査 ~就職や年金など将来に不安を抱くも、7割が“自分たちが日本を変えたい”~ 2015年01月08日“日本の未来”は「明るい」と思う34%、昨年よりも10ポイントダウン“自分の未来”は「明るい」と思う68%、昨年よりも5ポイントアップこれからの日本の政治に「期待できない」81%7割が、自分たちの世代が“日本を変えてゆきたい”「国民年金は、将来、自分がもらえるか不安」91%パソコンの所有率、昨年の新成人よりも大幅減スマホはiPhoneが43%で9ポイントの大幅増2015

2014年10月30日ビデオリサーチフィードバック数:0ライフスタイル

若者にとってハロウィンはアピールの場?

メディアリサーチおよび広告コミュニケーション効果の調査、そして市場調査・ネットリサーチなどをトータルサポート 2014年10月30日若者にとってハロウィンはアピールの場?株式会社ビデオリサーチ(本社:東京、社長:秋山 創一)は、生活者の実態を捉えるための活動の一環として、「ハロウィンに関する調査」についてまとめましたので、その結果をご紹介します。ここ数年、若者を中心に様々なイベントが盛り上がっています。その中でも学生(高校生、大学生、専門学校生)に注目してみたところ、個人全体(15~74歳)

SNS利用状況の推移が見られます。

利用率の低下が止まった「mixi」、止まらない「Mobage」―定期調査「SNS利用」(7)

利用率の低下が止まった「mixi」、止まらない「Mobage」―定期調査「SNS利用」(7) このレポートは、インターネットコムと NTTコム リサーチがインターネットを活用したアンケート調査を定期的に行い、その結果を発表するものである。今回は「SNS利用」について調査した第7回である。 このレポートは、インターネットコムと NTTコム リサーチがインターネットを活用したアンケート調査を定期的に行い、その結果を発表するものである。今回は「SNS利用」について調査した第7回である。調査対象は全

2014年8月27日インテリジェンス★フィードバック数:0キャリアとスキル

anの調査です。

バイト×SNS

バイト白書18バイトSNS利用経験アリは、約半数の447人 バイト先でのSNSないほうがいい!618人 スマホをいじっている時間の内、SNS利用率ってかなり高いよね。友だちや家族はもちろんだけど、じゃあバイト先でのSNS利用の状況って、いったいどうなんだろう?SNSは使ってる?SNS利用は8割以上で、「やってる!」と答えてくれた人の9割がLINEを使ってるんだって。SNSやらない派の理由は「うざい・めんどくさい」。わかる気もするね。 SNS、バイト内で今やってる? バイト内では思った以上に利用

モニプラ for Facebookでの調査です。

Facebookユーザーの企業・ブランドSNS利用実態調査2014

SMMLabはアライドアーキテクツが運営するSNSマーケティングに関する情報に特化したメディアです (009)データ集 >【アンケート調査結果大公開!】Facebookユーザーの企業・ブランドSNS利用実態調査2014 投稿日: 2014年8月21日FacebookユーザーのSNS利用実態調査結果をまとめて発表!Facebookは今や全世界で13億2000万人(月間アクティブユーザー数)が利用しており、毎日8億2900万人(毎日のアクティブユーザー数)が交流する情報インフラとなりました。(※数値

登録率および利用率の高い「LINE」―定期調査「SNS利用」(6)

登録率および利用率の高い「LINE」―定期調査「SNS利用」(6) このレポートは、インターネットコムと NTTコム リサーチがインターネットを活用したアンケート調査を定期的に行い、その結果を発表するものである。今回は「SNS利用」について調査した第6回である。 このレポートは、インターネットコムと NTTコム リサーチがインターネットを活用したアンケート調査を定期的に行い、その結果を発表するものである。今回は「SNS利用」について調査した第6回である。調査対象は全国10代〜50代以上のイン

2014年4月6日リサモビ★フィードバック数:0マーケティング

主要なSNSの利用についての調査です。

SNS利用調査2014

SNS利用調査2014SNS利用調査2014という内容でインターネット調査を行ないました。調査方法:テレビ東京系列株式会社チェンジフィールが管轄するモバイルリサーチシステムを使ったインターネット・リサーチ調査期間:2014/03/05〜2014/03/16サンプル回答数:1222人回答者属性設問1Facebookの利用に関して当てはまるものをお伝えください。(1つのみ選択)ほぼ毎日閲覧、投稿をしている:141(11.5%)3日に1度以上は閲覧、投稿をしている:68(5.6%)1週間に1度程度、閲

2014年2月3日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング要登録

主要SNS利用実態調査

10代~40代に聞く、主要SNS利用実態調査10代の7割が、「LINE」がないと困る約4割が、「Facebook」は「投稿ネタになるきっかけがないと投稿しづらい」調査結果サマリー10代の7割が、「LINE」がないと困るセルフ型ネットリサーチのFastaskの調査において、「Facebook」「Twitter」「LINE」のうち、なくなったら最も困るツールは「LINE」で、49.0%と半数近くの人にとって、なくてはならないツールとなっていることが分かりました。特に10代は67.0%と約7割の人が「

2014年1月24日マイナビフィードバック数:0キャリアとスキル

新入社員・内定者のソーシャルメディア利用対策状況調査

ご覧になりたい「カテゴリー」と「年別ニュース」を選択すると、ソート表示することができます。カテゴリを選択年度を選択 マイナビ「新入社員・内定者のソーシャルメディア利用対策状況調査」結果を発表~ 新入社員・内定者向けのソーシャルメディアマナー研修について、重要性を認識しつつも対策が十分でないと回答した企業は7割以上に ~株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中川信行)は、マイナビ研修サービス()採用力シリーズの受講者(企業の人事・採用担当者)を対象に、「人事・採用担当者への新入社

2013年12月9日トレンドマイクロフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

就活生と社会人のSNS利用とプライバシー意識に関する調査

トレンドマイクロについて -就活生と社会人のSNS利用とプライバシー意識に関する調査-8割を超える就活生がSNSで日常の出来事を「不特定多数に公開」~社会人と比べ低い就活生のプライバシー意識。新社会人向けSNS教育が急務~2013年12月9日トレンドマイクロ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:エバ・チェン、東証一部:4704 以下、トレンドマイクロ)は、2015年度に向け就職活動を実施予定の学生107名および社会人248名、計355名を対象としたWebアンケート調査「就活生と社

2013年9月13日Z会★フィードバック数:0マーケティング

LINEが人気です。

高校生に対してSNS利用やスマートフォンなどの所有に関する調査

大変申し訳ございません。 お客様がお探しのページは見つかりませんでした。お手数ですがトップページからお求めのページをお探しいただくか、サイト内検索などをご利用いただき、ページをご確認ください。

2013年7月7日ディップフィードバック数:1マーケティング

ライフイベント時のSNS利用に関する調査

『まごラブ』、「ライフイベント時のSNS利用に関する調査」を実施 約9割が出産や育児などの“嬉しいことをSNSに投稿しなかった”経験あり 報道関係者各位ディップ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼CEO:冨田英揮、以下 ディップ)は、無料の子育てアルバム『まごラブ』( https://mago-love.com/ )において、SNS利用者を対象に「ライフイベント時のSNS利用に関する調査」をおこないましたのでご報告いたします。「ライフイベント時のSNS利用に関する調査」概要メインで使っ

2013年6月19日近畿大学フィードバック数:37マーケティング

スマートフォンとSNSの利用状況に関するアンケート

ホームニュースリリース平成25年度新入生アンケート スマートフォンの使用率「88.2%」 、最もよく利用するSNSは"LINE"ニュースリリース平成25年度新入生アンケート スマートフォンの使用率「88.2%」 、最もよく利用するSNSは"LINE"2013年6月19日近畿大学(大阪府東大阪市、学長:塩﨑均)は、平成25年度(2013年度)新入生6,383人(農・医・工学部を除く)を対象に、入学後に各学部で行われる新入生向けガイダンスや基礎ゼミ(※1)の時間を用いて、スマートフォンとSNSの利用

2012年12月17日コムスコアフィードバック数:92マーケティング

アジア太平洋圏のSNS利用はFacebookが主流も、日中韓は独自化。 引き続き好調な国内ブログはライブドアブログとFC2が市場を牽引

[コムスコア] ,ブログ SNS インターネット facebook マーケティング アジア ソーシャル 日本 ソーシャルメディア

2012年5月9日アイティメディアフィードバック数:384マーケティング

MacBook AirとLet's noteユーザーはどう違う?(2) -データから消費者を理解する-

誠ブログは2015年4月6日に「オルタナティブ・ブログ」になりました。各ブロガーの新規エントリーは「オルタナティブ・ブログ」でご覧ください。MacBook AirとLet's noteユーザーはどう違う?②-データから消費者を理解する-MacBook AirとLet's noteユーザーはどう違う?②-データから消費者を理解する-株式会社コプロシステム取締役 商品計画研究所所長。携帯電話キャリア、電機・食品・化粧品各メーカー、エンタメ系企業等のブランディング、商品開発に関するプロジェクトを多数手

2012年4月24日マクロミル★フィードバック数:9モバイル

旅行時のスマートフォン利用についての調査です。

旅行・レジャーにおけるスマートフォン利用調査

旅行・レジャーにおけるスマートフォン利用調査 2012年04月24日旅行中はFacebookやmixi等「SNSへの投稿が増える」52%。"つぶやき"も45%が活発にスマホ利用による旅行・レジャーの変化、「長時間移動の暇つぶし」88%、「渋滞のイライラが減った」60%。ネットサイトの利用も、74%が旅行先で「増える」旅行・レジャーでのスマホの約8割が"カメラ"で最多。"観光""グルメ""宿泊情報"の収集6割。"カーナビ"として約3割。インターネットを活用した市場調査サービス「ネットリサーチ」のリ

2012年3月13日日経BP★フィードバック数:21モバイル

スマートフォンでのSNS利用についての連載です。

第2回 仕事中も約5%が使う、スマホのSNS利用

第2回 仕事中も約5%が使う、スマホのSNS利用

2011年12月19日MMDLaboフィードバック数:48モバイル

スマートフォンのプリインストールアプリに関する実態調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > スマートフォンユーザーの約9割が「プリインストールアプリが便利」と回答 スマートフォンユーザーの約9割が「プリインストールアプリが便利」と回答 MMD研究所(モバイルマーケティングデータ研究所)では、モバイル・インターネットWEBによるオンライン調査にて、「スマートフォンのプリインストールアプリに関する実態調査」を実施致しました。【 調査

2011年12月13日日経BP★フィードバック数:1マーケティング

やはりFacebookが伸びています。

アンケートで知る、スマホユーザーのSNS利用実態 TwitterとFacebookの“満足派”は約6割

アンケートで知る、スマホユーザーのSNS利用実態 TwitterとFacebookの“満足派”は約6割

2011年2月22日ネットエイジア★フィードバック数:4マーケティング

ECに関する消費者アンケートです。

インターネットショッピングに関する調査

ネットリサーチ(モバイルリサーチ)なら、調査設計から集計・分析まで、インターネットリサーチ「ネットエイジアリサーチ」 ■2011年2月22日 インターネットショッピングに関する調査ネットエイジアリサーチインターネットショッピングに関する調査ネットショッピングの支払い方法、女性は「代引き」よりも「コンビニ決済」モバイルリサーチを展開するネットエイジア株式会社(本社/東京都中央区、代表取締役:三清 慎一郎、以下ネットエイジア)では、「インターネットショッピングに関する調査」をモバイルリサーチ(携帯

2010年12月7日東京広告協会フィードバック数:185マーケティング

大学生はTwitterを「フォロー」しない?~大学生の約6割はTwitterを今後「利用したくない」~大学生意識調査調べ

大学生はTwitterを「フォロー」しない?~大学生の約6割はTwitterを今後「利用したくない」~大学生意識調査調べ 【調査について】社団法人東京広告協会主催の「大学生意識調査プロジェクト FUTURE2010」では、首都圏の大学生816名を対象に、「SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)に関する意識調査」を実施しました(調査期間:2010年7月13日~26日)。【調査結果トピックス】■大学生はTwitterを「フォロー」しない?~大学生の約6割はTwitterを今後「利用したく

2010年9月14日MMDLaboフィードバック数:16モバイル

iPhoneへの機種変更意向に関する調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 MMD研究所(モバイルマーケティングデータ研究所)では、モバイル・インターネットWEBによるオンライン調査にて、「iPhoneへの機種変更意向に関する調査」を実施致しました。【 調査結果サマリー(※一部抜粋)】■ 「携帯サイトが利用できるならiPhoneの購入を検討する」約3割 ・ 「8月にiPhoneに機種変更した友人・知人がいる」約2割・ 調査期

2008年11月4日アイシェアフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

会社から付与されたメアド、3割が「個人情報ではない」と認識

会社から付与されたメアド、3割が「個人情報ではない」と認識 個人情報に関する意識調査(2回目) 会社から付与されたメアド、3割が「個人情報ではない」と認識前回2008年05月に個人情報に関する意識調査を行っているが、会社や学校から付与されたメールアドレス、SNSやメッセンジャーのアカウントなどについて、各ユーザーがどう意識しているかを探った。集計回答数は20代から40代を中心とする男女461名。回答者の職種のうち、「一般事務職」は97名(21.0%)、「IT・コンピュータ関連職」は95名(20.

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お知らせ