「SNS広告」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2019年2月19日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

情報収集は、「テレビ」よりも「スマートフォン」

情報収集は、「テレビ」よりも「スマートフォン」 モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査 2018年総集編【トレンド版】情報収集は、「テレビ」よりも「スマートフォン」主要SNSの広告について、「Instagram」のみ不快感を持つ人が増加調査結果サマリー10代から50代が情報収集に使うのは「テレビ」よりも「スマートフォン」 スマートフォン利用者に、普段、情報収集に活用するツールを聞いたところ、「スマーフォンからのインターネットやアプリ」(75.7%)が最も多く、次いで「テレビ」(70.9%)でし

2018年4月12日ジャストシステム★フィードバック数:0マーケティング

春のSNS断捨離。約3割が、SNS利用を見直す

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2018年3月度)春のSNS断捨離。約3割が、SNS利用を見直す花見の情報収集に最も利用されたSNSは「Instagram」調査結果サマリー春のSNS断捨離。約3割が、SNS利用を見直すFacebook、Twitter、LINE、InstagramのいずれかのSNSを利用している人のうち、この春、利用中のSNSにおいて「つながっている企業アカウントを整理(解除、ブロック)した」人は10.4%、「つながっている個人アカウントを整理した」人は10.2%、「つ

2018年4月5日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

【比較表つき】SNS広告は商品購入に影響する?最も効果が高いのはInstagram?LINE?メルマガ?

【 比較表つき 】SNS広告は商品購入に影響する?最も効果が高いのはInstagram?LINE?メルマガ?【 比較表つき 】SNS広告は商品購入に影響する?最も効果が高いのはInstagram?LINE?メルマガ?目次:「これからはSNS広告ですよ」って言われますが?MRC(マーケティングリサーチキャンプ)では、SNSのアカウントを持って運用はしているものの、熱心とは言いにくいのが正直なところ。どちらかと言うとメルマガ派です。ただ、「SNSももっと真剣に取り組まないと」と後ろめたさもありまして

2017年12月11日ジャストシステム★フィードバック数:0マーケティング

Instagram利用者の約半数は、「商品購入ボタンを使ってみたい」

Instagram利用者の約半数は、「商品購入ボタンを使ってみたい」 Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2017年8月度)Instagram利用者の約半数は、「商品購入ボタンを使ってみたい」4人に3人が“かご落ち”の経験あり。目的は「備忘録」「比較」調査結果サマリーInstagram利用者の約半数は、「商品購入ボタンがあったら、使ってみたい」SNSを週1回以上利用する人のうち、ECサイト運営主(企業アカウント)からのSNS投稿をきっかけに商品を購入した経験がある人は38.2%でした。また、

2016年11月9日ジャストシステムフィードバック数:0モバイル

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2016年10月度)

メインで使うSNSは「LINE」、「Facebook」は同窓会用? 『モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2016年10月度)』メインで使うSNSは「LINE」、「Facebook」は同窓会用?Twitterのタイムラインに流れる広告を、4割が「不快」調査結果サマリーメインで使うSNSは「LINE」、「Facebook」は同窓会用?複数のSNSを意識して使い分けていると答えたスマートフォンユーザーに、相手との関係性ごとに使用しているSNSを聞いたところ、「本音で語れる親友やパートナー」(6

2016年9月21日ジャストシステムフィードバック数:0モバイル

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査 (2016年8月度)

10代で「スマホでテレビ視聴」が浸透中。利用率1位は「AbemaTV」 モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査 (2016年8月度)10代で「スマホでテレビ視聴」が浸透中。利用率1位は「AbemaTV」10代は、「プライベートでEメールを使わない」調査結果サマリー10代スマホユーザーの約4割が「スマートフォンでテレビ視聴」。利用率1位は「AbemaTV」10代スマホユーザーで、スマートフォンを使ってテレビを視聴する頻度が「ほぼ毎日」の人は11.7%、「週2~3回程度」の人は4.3%、「週1回程

2016年8月10日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

若者に聞く!関係性の違いによる「SNSの使い分け」に関する実態調査

女性は趣味が合う相手はもちろん、”興味がある相手”でも「Instagram」 若者に聞く!関係性の違いによる「SNSの使い分け」に関する実態調査女性は趣味が合う相手はもちろん、”興味がある相手”でも「Instagram」よく知らないうちは「Twitter」、本音が話せる相手には「LINE」調査結果サマリー女性は相手と趣味が合えば合うほど「Instagram」を交換女性は、相手と趣味や趣向がとても合う場合は「Instagram」を利用する割合が12.8%に対し、趣味や趣向が全く合わない場合は「In

2016年5月3日ジャストシステム★★フィードバック数:0マーケティング

アドブロッカーアプリに関する利用実態調査

アドブロッカーアプリ認知者の3割以上が「利用中」。非利用者の約半数が「興味あり」 アドブロッカーアプリに関する利用実態調査アドブロッカーアプリ認知者の3割以上が「利用中」。非利用者の約半数が「興味あり」認知者の約7割が「ホワイトリストによる広告表示に否定的」調査結果サマリー認知者の3割以上が「利用中」。非利用者の約半数が「興味あり」「アドブロッカーアプリ」認知者のうち、「現在利用している」人は33.3%でした。「利用を検討している」人は17.0%、「興味はある」人は29.6%で、認知者の46.6

2016年1月13日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2015年12月度)

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2015年12月度) Instagramの認知率が、1年間で5割弱から7割強へモバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2015年12月度)10代の広告接触は、テレビを抜いて「スマホ」が1位に調査結果サマリーInstagramの認知率が、1年間で5割弱から7割強へInstagramの認知率が、2014年12月調査時の48.6%から、72.8%と大幅に増加しました。また、利用率も2014年12月調査時の8.3%から13.4%と増加しました。一方、Faceb

2015年3月28日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング要登録

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査 2014年度総集編【トレンドトピック版】

2014年は「ニュースキュレーションアプリ」飛躍の年。「Yahoo!ニュース」がトップ 『モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査』2014年度総集編【トレンドトピック版】2014年は「ニュースキュレーションアプリ」飛躍の年。「Yahoo!ニュース」がトップスマホでのネットショッピングは1.5倍成長。10代女性は4割近くに調査結果サマリー2014年は「ニュースキュレーションアプリ」飛躍の年。「Yahoo!ニュース」がトップ2014年、自身の「行動」や「考え方」に最も影響を与えたメディアとして、「

2015年1月21日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング要登録

ソーシャルギフトに関するアンケート

ソーシャルギフトをもらった女性の3割が“Facebookで拡散”ソーシャルギフトに関するアンケートソーシャルギフト利用者の27.7%が、「SNS上だけの友人」に贈った経験あり調査結果サマリーソーシャルギフトをもらった女性の3割が「Facebookで拡散したことがある」ソーシャルギフトをもらったことをSNSで伝えるのに、男性は「Twitter」(46.4%)、女性は「Facebook」(30.0%)を最も使うことがわかりました。また、「誰にも知らせない」と回答した人は男性が7.1%に対し、女性は3

2014年3月26日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング要登録

マーケティングトレンドに関する調査(後編)

マーケッターが最も利用するニュースアプリは「日本経済新聞電子版」 マーケッターが最も利用するニュースアプリは「日本経済新聞電子版」マーケッターが最も利用するニュースアプリは「日本経済新聞電子版」マーケッターの約4 割は、動画プロモーションに興味あり調査結果サマリーマーケッターから最も支持が高いニュースアプリは「日本経済新聞電子版」セルフ型ネットリサーチのFastaskにおいて、37.4%のマーケッターが「ニュースアプリを利用」し、マーケッターに最も多く利用されているニュースアプリは「日本経済新聞

2013年9月10日ジャストシステムフィードバック数:0エンタテインメント要登録

2020年オリンピック開催都市決定に関する調査

2020年オリンピック開催都市決定に関する調査 約8 割が東京開催決定で景気が良くなると回答2020年オリンピック開催都市決定に関する調査4 人に1 人は、ボランティアとして大会運営に参加したい調査結果サマリー東京開催決定で、約8割が景気が良くなると期待セルフ型ネットリサーチ「Fastask」にて、2020 年のオリンピック開催地が東京に決定したことを受け、景気への影響について聞いたところ、「景気は良くなると思う」人が27.4%、「どちらかと言えば景気は良くなると思う」人が49.5%となり、合わ

2013年4月3日ジャストシステムフィードバック数:14マーケティング要登録

Webサービスの月額課金に関する調査

3割の利用者は「解約したいのに、まだ解約できていないサービスがある」Webサービスの月額課金に関する調査16.0%の利用者は「500円以上」のサービスでも、新規加入に抵抗はない調査結果サマリー4人に1人は、「月に一度も利用しない」のに、契約を継続中セルフ型ネットリサーチ「Fastask」にて調査を行ったところ、パソコン、スマートフォン、携帯電話を使って閲覧・利用する月額課金サービスの契約の有無について聞いたところ、44.8 %の人が何らかのサービスを契約中であることが分かりました。しかし、そのう

2011年12月27日ICT総研★フィードバック数:0マーケティング

SNSについてビジネス視点での調査です。

SNS利用動向・広告活用状況に関する調査

ICTマーケティング・コンサルティング・市場調査はICT総研にお任せ下さい。 HOME ≫ レポート ≫ 2011年度 SNS利用動向・広告活用状況に関する調査2011年度 SNS利用動向・広告活用状況に関する調査 ■ 日本のSNS利用者は4,289万人(普及率45%)、2014年末に5,643万人へ ■ 利用者満足度1位はツイッター、アクティブユーザーの多いミクシィ ■ 64%の利用者が毎日SNSを利用しているが、20%はほとんど利用なし ■ SNS広告を購入の参考にする利用者は15%、3

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

特集データ

特集INDEXへ

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ