調査のチカラ TOP > タグ一覧 > TDB景気動向調査

「TDB景気動向調査」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2018年6月2日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

2018年度の設備投資に関する企業の意識調査

2018/5/162018年度の設備投資に関する企業の意識調査2018年度、企業の62.4%で設備投資計画〜 投資内容、「設備の代替」が4割超でトップ、「省力化・合理化」は28.2% 〜はじめに国内景気は、人手不足の深刻化や原材料価格の上昇などマイナス材料が目立ちはじめてきた一方、輸出が好調を続けているなか、企業業績の改善にともない設備投資が増加している。また、政府は2018年度予算において中小企業向け投資促進税制を拡充するなど、生産性向上に対する政策が進められている。そこで、帝国データバンクは

2018年1月24日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

事業承継に関する山梨県内企業の意識調査(2017年)

2017/12/22事業承継に関する山梨県内企業の意識調査(2017年)事業承継、企業の83.5%が「経営上の問題」と認識〜 事業承継実施、企業の4割で5年後の業績にプラス影響 〜はじめに中小企業庁は、7月に今後5年程度を事業承継支援の集中実施期間とする「事業承継5ヶ年計画」を策定した。日本経済が継続的に発展を続けていくためには、永続的に企業を存続・発展させ、雇用や技術、暖簾(のれん)を後の世代に伝えていくことが必要不可欠といわれる。一方で、経営者の高齢化や後継者難が問題となる場合もしばしば指摘

2018年1月17日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

2018年の景気見通しに対する企業の意識調査

2017/12/142018年の景気見通しに対する企業の意識調査2018年景気は「人手不足」が最大の懸念材料〜 回復局面を見込む企業は4年ぶりに2割超す 〜はじめに2017年12月8日に発表された7-9月期の実質GDP成長率2次速報は前期(4〜6月期)比0.6%増、年率換算で2.5%増と、7四半期連続のプラス成長となった。また、輸出の増加や有効求人倍率の上昇など改善傾向を示す指標も相次いで発表されている。一方で、個人消費は天候不順など一部で足踏み状態がみられているほか、業種や地域では景況感の格差

2018年1月17日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

事業承継に関する京都府企業の意識調査(2017年)

2017/12/12事業承継に関する京都府企業の意識調査(2017年)事業承継、企業の69.9%が「経営上の問題」と認識〜 事業承継実施、企業の3割超で5年後の業績にプラス影響 〜はじめに中小企業庁は、7月に今後5年程度を事業承継支援の集中実施期間とする「事業承継5ヶ年計画」を策定した。日本経済が継続的に発展を続けていくためには、永続的に企業を存続・発展させ、雇用や技術、暖簾(のれん)を後の世代に伝えていくことが必要不可欠といわれる。一方で、経営者の高齢化や後継者難が問題となる場合もしばしば指摘

2018年1月15日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

事業承継に関する山形県内企業の意識調査(2017年)

2017/12/7事業承継に関する山形県内企業の意識調査(2017年)事業承継、企業の74.4%が「経営上の問題」と認識〜 計画を進めていない/計画がない理由、「後継者が決まっていない」がトップ 〜はじめに中小企業庁は、7月に今後5年程度を事業承継支援の集中実施期間とする「事業承継5ヶ年計画」を策定した。日本経済が継続的に発展を続けていくためには、永続的に企業を存続・発展させ、雇用や技術、暖簾(のれん)を後の世代に伝えていくことが必要不可欠といわれる。一方で、経営者の高齢化や後継者難が問題となる

2018年1月15日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

事業承継に関する栃木県内企業の意識調査(2017年)

2017/12/6事業承継に関する栃木県内企業の意識調査(2017年)事業承継が「経営上の問題」、県内企業の72.7%〜 実際に計画を進めている企業は23.6%にとどまる 〜はじめに事業承継が企業経営の大きな課題といわれて久しい。弊社が行った栃木県内企業の「休廃業・解散」動向調査(2016年)によれば、実に1年間で592社もの企業が消滅していたことが確認されている。これは県内企業の2.7%にあたり、その多くを占めるのが「後継者不在」による休廃業であり、決して看過できない状況と捉えられよう。中小企

2018年1月15日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

TDB景気動向調査(全国)2017年11月調査

2017/12/5TDB景気動向調査 −2017年11月調査結果−2017年12月5日、帝国データバンクでは「TDB景気動向調査」のプレスリリースを行いました。景気DIは50.0、過去2番目に高い水準 〜 製造業が2カ月連続で過去最高を更新 〜詳細はPDFをご確認ください※次回発表予定「TDB景気動向調査2017年12月調査結果」の発表は、1月12日を予定しています。 お問い合わせ先株式会社帝国データバンク 産業調査部 情報企画課TEL: 03-5775-3163E-mail: keiki@ma

2018年1月15日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

事業承継に関する千葉県内企業の意識調査(2017年)

2017/12/4事業承継に関する千葉県内企業の意識調査(2017年)事業承継、約7割が「経営上の問題」と認識〜 回答企業の44.8%で事業承継の計画があるものの、進めているのは25.6% 〜はじめに中小企業庁は、7月に今後5年程度を事業承継支援の集中実施期間とする「事業承継5ヶ年計画」を策定した。日本経済が継続的に発展を続けていくためには、永続的に企業を存続・発展させ、雇用や技術、暖簾(のれん)を後の世代に伝えていくことが必要不可欠といわれる。一方で、経営者の高齢化や後継者難が問題となる場合も

2017年12月26日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

事業承継に関する神奈川県内企業の意識調査

2017/11/28事業承継に関する神奈川県内企業の意識調査事業承継、企業の70.5%が「経営上の問題」と認識〜 事業承継実施、企業の4割で5年後の業績にプラス影響 〜はじめに中小企業庁は、7月に今後5年程度を事業承継支援の集中実施期間とする「事業承継5ヶ年計画」を策定した。日本経済が継続的に発展を続けていくためには、永続的に企業を存続・発展させ、雇用や技術、暖簾(のれん)を後の世代に伝えていくことが必要不可欠といわれる。一方で、経営者の高齢化や後継者難が問題となる場合もしばしば指摘されている。

2017年12月25日帝国データバンクフィードバック数:0ライフスタイル

山梨県内企業における喫煙に関する意識調査

2017/11/24山梨県内企業における喫煙に関する意識調査企業の25.6%が「全面禁煙」実施、「完全分煙」も約5割〜 全面禁煙実施、企業の7割超が自社業績に影響なし 〜はじめに2005年2月に「たばこの規制に関する世界保健機関枠組条約」が発効して以降、政府や自治体のほか、企業などにおいても受動喫煙防止対策の取り組みが拡大してきた。また、厚生労働省は喫煙に関して一層の規制強化を立案している一方、緩やかな規制にとどめるべきなどの反対意見も出ている。そこで、帝国データバンクは、企業における喫煙などに

2017年12月25日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

事業承継に関する静岡県内企業の意識調査

2017/11/21事業承継に関する静岡県内企業の意識調査事業承継、企業の72.8%が「経営上の問題」と認識〜 事業承継実施、企業の3割が翌年度の業績にプラス影響 〜はじめに中小企業庁は、7月に今後5年程度を事業承継支援の集中実施期間とする「事業承継5ヶ年計画」を策定した。日本経済が継続的に発展を続けていくためには、永続的に企業を存続・発展させ、雇用や技術、暖簾(のれん)を後の世代に伝えていくことが必要不可欠といわれる。一方で、経営者の高齢化や後継者難が問題となる場合もしばしば指摘されている。そ

2017年12月18日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

事業承継に関する企業の意識調査(2017年)

2017/11/15事業承継に関する企業の意識調査(2017年)事業承継、企業の71.1%が「経営上の問題」と認識〜 事業承継実施、企業の3割で5年後の業績にプラス影響 〜はじめに中小企業庁は、7月に今後5年程度を事業承継支援の集中実施期間とする「事業承継5ヶ年計画」を策定した。日本経済が継続的に発展を続けていくためには、永続的に企業を存続・発展させ、雇用や技術、暖簾(のれん)を後の世代に伝えていくことが必要不可欠といわれる。一方で、経営者の高齢化や後継者難が問題となる場合もしばしば指摘されてい

2017年12月12日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

TDB景気動向調査 -2017年10月調査結果-

2017/11/6TDB景気動向調査 −2017年10月調査結果−2017年11月6日、帝国データバンクでは「TDB景気動向調査」のプレスリリースを行いました。製造業の景況感が過去最高を更新 〜 国内景気は5カ月連続で改善 〜詳細はPDFをご確認ください※次回発表予定「TDB景気動向調査2017年11月調査結果」の発表は、12月5日を予定しています。 お問い合わせ先株式会社帝国データバンク 産業調査部 情報企画課TEL: 03-5775-3163E-mail: keiki@mail.tdb.co

2017年10月22日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

TDB景気動向調査 -2017年9月調査結果-

2017/10/4TDB景気動向調査 −2017年9月調査結果−2017年10月4日、帝国データバンクでは「TDB景気動向調査」のプレスリリースを行いました。国内景気は4カ月連続で改善、製造業が押し上げ 〜建設業は「大企業」「中小企業」「小規模企業」のすべてで50を上回る〜詳細はPDFをご確認ください※次回発表予定「TDB景気動向調査2017年10月調査結果」の発表は、11月6日を予定しています。 お問い合わせ先株式会社帝国データバンク 産業調査部 情報企画課TEL: 03-5775-3163E

2017年9月21日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

TDB景気動向調査 -2017年8月調査結果-

2017/9/5TDB景気動向調査 −2017年8月調査結果−2017年9月5日、帝国データバンクでは「TDB景気動向調査」のプレスリリースを行いました。消費税率引き上げ後の最高を更新 〜一部の業種や地域で長雨が響くも、耐久消費財の好調から回復続く〜詳細はPDFをご確認ください※次回発表予定「TDB景気動向調査2017年9月調査結果」の発表は、10月4日を予定しています。 お問い合わせ先株式会社帝国データバンク 産業調査部 情報企画課TEL: 03-5775-3163E-mail: keiki@

2017年8月13日帝国データバンク★★フィードバック数:0社会/政治

TDB景気動向調査 -2017年7月調査結果-

2017/8/3TDB景気動向調査 −2017年7月調査結果−2017年8月3日、帝国データバンクでは「TDB景気動向調査」のプレスリリースを行いました。旺盛な建設投資と猛暑が景気を押し上げ 〜大企業は3年4カ月ぶりに50を上回る〜詳細はPDFをご確認ください※次回発表予定「TDB景気動向調査2017年8月調査結果」の発表は、9月5日を予定しています。 お問い合わせ先株式会社帝国データバンク 産業調査部 情報企画課TEL: 03-5775-3163E-mail: keiki@mail.tdb.c

2017年7月7日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

企業の想定為替レートに関する動向調査

2017/6/27企業の想定為替レートに関する動向調査企業の想定為替レートは平均110円06銭〜企業規模が小さいほどより円高水準を想定する傾向〜はじめに海外情勢の変化により為替レートが変動するなか、かつて「有事」となればドル買いがセオリーだったが、近年では「有事の円買い」によって円高に進むケースも増えてきた。また、企業が予め想定した名目為替レートと、実際の名目為替レートに大きな差異が生じた場合には、企業業績を大きく左右することとなる。とりわけ、中小企業の想定為替レートは企業の与信にも影響を与える

2017年6月28日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

事業継続計画(BCP)に対する企業の意識調査(2017年5月)

2017/6/14事業継続計画(BCP)に対する企業の意識調査(2017年5月)BCP策定意向企業は半数以下にとどまる〜BCP策定による効果、業務の効率化や取引先の信頼向上も〜はじめに近年、自然災害や情報セキュリティ事故など、さまざまなリスクによる企業活動への影響を想定し、企業活動を休止することなく、あるいは早期復旧させるなどして事業を継続させるため、予め防災・減災対策、災害発生時や発生後の対応措置などに対する重要性が高まっている。また、BCPがより効果的なものになるための地域との連携に関する議

2017年6月17日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

TDB景気動向調査 -2017年5月調査結果-

2017/6/5TDB景気動向調査 −2017年5月調査結果−2017年6月5日、帝国データバンクでは「TDB景気動向調査」のプレスリリースを行いました。景気回復一服、人手不足に課題 〜輸出および設備投資がけん引し回復が続く見込み〜詳細はPDFをご確認ください※次回発表予定「TDB景気動向調査2017年6月調査結果」の発表は、7月5日を予定しています。 お問い合わせ先株式会社帝国データバンク 産業調査部 情報企画課TEL: 03-5775-3163E-mail: keiki@mail.tdb.c

2017年5月27日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

2017年度の設備投資に関する企業の意識調査

2017/5/172017年度の設備投資に関する企業の意識調査2017年度、企業の52.4%が設備投資を計画〜 主な資金調達方法は内部資金が4割、長期借入が3割 〜はじめに国内景気は個人消費の伸びが緩やかにとどまるなかで、輸出に加え設備投資がけん引役となることへの期待が高まっている。また、政府は「成長戦略2016」において、2018年度までに設備投資を年間80兆円程度に拡大する目標を掲げ、中小企業向け投資促進税制の拡充など、生産性向上に対する政策が進められている。そこで、帝国データバンクは、20

2017年5月15日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

TDB景気動向調査(全国)2017年4調査

2017/5/8TDB景気動向調査 −2017年4月調査結果−2017年5月8日、帝国データバンクでは「TDB景気動向調査」のプレスリリースを行いました。好調な輸出や生産が寄与し3カ月連続で改善 〜個人消費の本格的な持ち直しに期待〜詳細はPDFをご確認ください※次回発表予定「TDB景気動向調査2017年5月調査結果」の発表は、6月5日を予定しています。 お問い合わせ先株式会社帝国データバンク 産業調査部 情報企画課TEL: 03-5775-3163E-mail: keiki@mail.tdb.c

2017年4月28日帝国データバンク★フィードバック数:0キャリアとスキル

人材確保に関する企業の意識調査

2017/4/20人材確保に関する企業の意識調査70%超の企業が人材を確保するための取り組みを実施〜 求める人材像は「意欲的」で「コミュニケーション力」があり「素直」 〜はじめに3月1日に、2018年卒業予定者の新卒採用活動が解禁され、大手企業を中心に各社のエントリー受付や採用活動のための企業説明会開催がスタートした。1980年代後半のバブル期、2000年代半ばの好況期に続く「超・売り手市場」とされる現在の就職/採用活動は、短期的な求人状況の好転だけでなく、少子化に伴う中長期での若年層減少が現実

2017年4月24日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

2017年度の業績見通しに関する企業の意識調査

2017/4/142017年度の業績見通しに関する企業の意識調査企業の27.6%が「増収増益」見込みで緩やかな回復傾向〜 企業はアベノミクスを63.1点と評価、1年前より2.8点上昇 〜はじめに国内景気は、原油価格の上昇など企業のコスト負担が増しているものの、サービス業や製造業を中心に景況感が上向いてきた。しかしながら、人手不足による受注機会の逸失は景気拡大の抑制要因として懸念される。また、地域や業界、規模によって景気動向が業績に与える影響は異なっている。そこで、帝国データバンクは、2017年度

2017年4月23日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

熊本地震後の景況感の変化と倒産動向調査

2017/4/13熊本地震後の景況感の変化と倒産動向調査熊本地震後の景況感、「熊本県」が全国2位の高水準〜 熊本地震関連倒産は12件判明、積極的な金融支援が下支え 〜はじめに明日4月14日で、熊本地震が発生してから1年が経過する。この間、被災企業の施設の復旧等に対する補助制度である「グループ補助金」や日本銀行による「被災地金融機関支援オペ」など、さまざまな支援策が講じられたこともあり、復旧・復興が進んでいる。こうしたなか、被災地域の景気動向も大きく変動してきた。他方、被災地に所在する企業と取引が

2017年4月13日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

TDB景気動向調査 -2017年3月調査結果-

2017/4/5TDB景気動向調査 −2017年3月調査結果−2017年4月5日、帝国データバンクでは「TDB景気動向調査」のプレスリリースを行いました。自動車生産や人手不足対策を追い風に回復 〜省力化を意図した設備投資需要高まる〜詳細はPDFをご確認ください※次回発表予定「TDB景気動向調査2017年4月調査結果」の発表は、5月8日を予定しています。 お問い合わせ先株式会社帝国データバンク 産業調査部 情報企画課TEL: 03-5775-3163E-mail: keiki@mail.tdb.c

2017年3月22日帝国データバンク★★フィードバック数:0キャリアとスキル

2017年度の雇用動向に関する企業の意識調査

2017/3/142017年度の雇用動向に関する企業の意識調査正社員採用、過去10年で最高水準〜 副業・兼業はモチベーション向上や人材確保・定着で効果的 〜はじめに2016年12月の有効求人倍率は1.43倍と、1991年7月以来25年5カ月ぶりの高水準となり、人手不足が深刻化している。また、新規学卒者の就職内定率は2016年12月時点で85.0%(大卒)と6年連続で上昇し過去最高となっている。さらに、政府は「働き方改革」をアベノミクス第三の矢の柱として、副業・兼業など柔軟な働き方を議論している。

2017年3月9日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

TDB景気動向調査(全国)2017年2月調査

2017/3/3TDB景気動向調査 −2017年2月調査結果−2017年3月3日、帝国データバンクでは「TDB景気動向調査」のプレスリリースを行いました。製造業の改善が国内景気押し上げる 〜海外リスク抱えながらも、緩やかに回復続く見込み〜詳細はPDFをご確認ください※次回発表予定「TDB景気動向調査2017年3月調査結果」の発表は、4月5日を予定しています。 お問い合わせ先株式会社帝国データバンク 産業調査部 情報企画課TEL: 03-5775-3163E-mail: keiki@mail.td

2017年2月14日帝国データバンク★フィードバック数:0社会/政治

TDB景気動向調査 -2017年1月調査結果-

2017/2/3TDB景気動向調査 −2017年1月調査結果−2017年2月3日、帝国データバンクでは「TDB景気動向調査」のプレスリリースを行いました。トランプショックで回復傾向が足止め 〜米国の政策で世界経済に不透明感強まる〜詳細はPDFをご確認ください※次回発表予定「TDB景気動向調査2017年2月調査結果」の発表は、3月3日を予定しています。 お問い合わせ先株式会社帝国データバンク 産業調査部 情報企画課TEL: 03-5775-3163E-mail: keiki@mail.tdb.co

2017年1月27日帝国データバンク★★フィードバック数:0ビジネス

個人消費活性化に対する企業の意識調査

2017/1/19個人消費活性化に対する企業の意識調査現状の個人消費、企業の半数超が「悪い」と認識〜 早期回復を見込む企業は1割未満、消費活性化には8つの条件を1つ1つクリア 〜はじめに2016年11月実施のTDB景気動向調査の特別企画「2017年の景気見通しに対する企業の意識調査」において、景気回復に必要な政策として「個人消費拡大策」が5年連続でトップとなった。国内総生産(GDP)の約6割を占める個人消費の拡大は、本格的な景気回復に欠かせない要素となっている。そこで、帝国データバンクは、個人消

2017年1月16日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

TDB景気動向調査 -2016年12月調査結果-

2017/1/11TDB景気動向調査 −2016年12月調査結果−2017年1月11日、帝国データバンクでは「TDB景気動向調査」のプレスリリースを行いました。国内景気は幅広く改善、上向き傾向続く 〜今後の国内景気は個人消費の動向がカギ〜詳細はPDFをご確認ください※次回発表予定「TDB景気動向調査2017年1月調査結果」の発表は、2月3日を予定しています。 お問い合わせ先株式会社帝国データバンク 産業調査部 情報企画課TEL: 03-5775-3163E-mail:keiki@mail.tdb

2016年12月24日帝国データバンク★フィードバック数:0ビジネス

2017年の景気見通しに対する企業の意識調査

2016/12/142017年の景気見通しに対する企業の意識調査2017年の懸念材料、「米国経済」が急増〜 トランプノミクス、日本経済に「マイナス影響」が4割〜はじめに2016年12月8日に発表された7〜9月期の実質GDP成長率2次速報は前期(4〜6月期)比0.3%増、年率換算で1.3%増と、3四半期連続のプラス成長となった。また、住宅着工戸数の増加や有効求人倍率の上昇が続くなど改善傾向を示す指標がある一方、個人消費は依然として足踏み傾向がみられており、業種や地域で景況感の格差が表れている。帝国

2016年11月24日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

金融緩和政策に対する企業の意識調査

2016/11/15金融緩和政策に対する企業の意識調査金融緩和効果、企業の6割が「実感なし」〜 5年後の予想物価上昇率は平均1.29% 〜はじめに日本銀行は2013年4月に始めた金融緩和政策を継続しているが、9月21日には新たな政策枠組みとして「長短金利操作付き量的・質的金融緩和政策」を導入した。また、政府は事業規模28兆円の経済対策を8月に閣議決定し、10月11日には2016年度第2次補正予算が成立するなど、景気が低調に推移するなかで、景気対策の両輪となる金融・財政政策の投入・転換が行われてい

2016年11月10日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

TDB景気動向調査 -2016年10月調査結果-

2016/11/4TDB景気動向調査 −2016年10月調査結果−2016年11月4日、帝国データバンクでは「TDB景気動向調査」のプレスリリースを行いました。国内景気は2カ月連続で改善 〜個人消費の伸び悩みが続くなか、建設や自動車生産がけん引〜詳細はPDFをご確認ください※次回発表予定「TDB景気動向調査2016年11月調査結果」の発表は、12月5日を予定しています。 お問い合わせ先株式会社帝国データバンク 産業調査部 情報企画課TEL: 03-5775-3163E-mail:keiki@ma

2016年10月22日帝国データバンク★フィードバック数:0キャリアとスキル

最低賃金改定に関する企業の意識調査

2016/10/17最低賃金改定に関する企業の意識調査『小売』の48.9%が給与体系を見直し〜 最低賃金改定、消費回復には不十分と認識 〜はじめに2016年10月1日から20日にかけて最低賃金が改定される。2016年度の最低賃金の改定は、政府の「ニッポン一億総活躍プラン」や「経済財政運営と改革の基本方針2016」(骨太の方針)、「日本再興戦略2016」などを踏まえ、最低賃金が時給で決まるようになった2002年度以降で最高額の引き上げとなり、すべての都道府県で700円を上回ることとなった。そのため

2016年10月12日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

TDB景気動向調査 -2016年9月調査結果-

2016/10/5TDB景気動向調査 −2016年9月調査結果−2016年10月5日、帝国データバンクでは「TDB景気動向調査」のプレスリリースを行いました。2カ月ぶりに全10地域で改善 〜国内景気は『建設』が下支え〜詳細はPDFをご確認ください※次回発表予定「TDB景気動向調査2016年10月調査結果」の発表は、11月4日を予定しています。 お問い合わせ先株式会社帝国データバンク 産業調査部 情報企画課TEL:03-5775-3163 FAX:03-5775-3169 こんなご要望ありませんか

2016年9月21日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

イギリスのEU離脱に関する企業への影響調査

2016/9/14イギリスのEU離脱に関する企業への影響調査企業の51.3%が日本経済に「マイナス」〜 イギリスへの直接進出企業、移転先にアジアや北米・中南米も候補に 〜はじめに2016年6月24日(日本時間)、イギリスは国民投票で欧州連合(EU)からの離脱(Brexit)を選択した。Brexitの影響は、イギリスやEU域内に進出している企業にとどまらないとみられている。また、現在交渉が進む「日EU経済連携協定」についても、EUの混乱にともなう合意の遅れは避けられず、対EU貿易やEU市場参入など

2016年9月12日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

TDB景気動向調査 -2016年8月調査結果-

2016/9/5TDB景気動向調査 −2016年8月調査結果−2016年9月5日、帝国データバンクでは「TDB景気動向調査」のプレスリリースを行いました。景気は足踏み、天候が各地の景況感に影響 〜海外情勢の不確実性高まるなか、国内の金融緩和政策の行方に注目〜詳細はPDFをご確認ください※次回発表予定「TDB景気動向調査2016年9月調査結果」の発表は、10月5日を予定しています。 お問い合わせ先株式会社帝国データバンク 産業調査部 情報企画課TEL:03-5775-3163 FAX:03-577

2016年8月19日帝国データバンクフィードバック数:0キャリアとスキル

女性登用に対する企業の意識調査

2016/8/15女性登用に対する企業の意識調査女性管理職割合は平均6.6%で前年比0.2ポイント上昇〜 女性の活用・登用状況、企業の1割超が社外人材も視野に入れる〜はじめに生産年齢人口の減少や共働き世帯の増加などもあり、職場における女性の存在感の高まりがみられるなか、政府は女性の活躍促進を成長戦略の重要政策として打ち出している。また、企業においては新しい視点の取り入れや男性の働き方改革としても位置付けられるなど、人手不足に対する労働力確保だけでなく、企業の成長に女性の活躍が不可欠という認識も高

2016年6月16日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

リオおよび東京五輪に対する企業の意識調査

2016/6/14リオおよび東京五輪に対する企業の意識調査東京五輪、企業の34.9%が「プラスの影響」〜 7社に1社が東京五輪で自社商品に期待〜はじめに2016年8月〜9月にかけてブラジルのリオ五輪、2020年には東京五輪が開催される。五輪などのメガスポーツイベントでは、思いもかけないヒット商品が生まれたり、関連する企業・業界に対して業績への影響が表れる。そこで、帝国データバンクは、リオおよび東京五輪による企業への影響について調査を実施した。本調査は、TDB景気動向調査2016年5月調査とともに

2016年6月13日帝国データバンク★フィードバック数:0社会/政治

TDB景気動向調査(全国)― 2016年5月調査―

2016/06/03TDB景気動向調査 −2016年5月調査結果−2016年6月3日、帝国データバンクでは「TDB景気動向調査」のプレスリリースを行いました。■TDB景気動向調査(全国・概要)−2016年5月調査− 消費停滞に加え、燃費不正や熊本地震が景気下押し 〜 消費税率引き上げ延期の効果に期待 〜※次回発表予定 「TDB景気動向調査2016年6月調査結果」の発表は、7月5日を予定しています。お問い合わせ先株式会社帝国データバンク 顧客サービス統括部 情報企画課107-8680 東京都港区南

2016年5月23日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

マイナス金利導入に関する企業の影響調査

2016/5/19マイナス金利導入に関する企業の影響調査企業の4社に1社で金利の低下を実感〜 企業の1割で新たな資金需要が発生、うち64.2%が「設備投資」〜はじめに日本銀行は1月29日、消費者物価の前年比上昇率を2%とする「物価安定の目標」の実現を目指して、これを安定的に持続するために必要な時点まで「マイナス金利付き量的・質的金融緩和政策」を導入することを決定し、2月16日より実施を開始した。他方、日本では初となるマイナス金利政策が企業に与える影響について、必ずしも政策当局においても明らかでは

2016年4月20日帝国データバンク★★フィードバック数:0社会/政治

2016年度の業績見通しに関する企業の意識調査

2016/4/142016年度の業績見通しに関する企業の意識調査4社に1社が「増収増益」も、個人消費や中国経済への懸念強まる〜 アベノミクスへの企業の評価は60点、1年前より3.9ポイント低下 〜はじめに国内景気は、公共工事の減少が地域経済を悪化させる要因となっているほか、中国経済や資源国経済の低迷による金融市場の混乱で企業や家計のマインドを萎縮させるなど、全国的に悪化している。また、人手不足による受注機会の喪失は景気拡大を抑制する懸念材料ともなっているなか、景気動向は地域や業界、規模によって業

2016年4月12日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

TDB景気動向調査(全国)2016年3月調査

2016/04/18暗号化強度の変更について弊社では、お客さまに安心してご利用いただくため、インターネット通信を暗号化していますが、多くのWebサイトで発表されているとおり、2016年中に暗号化強度がより高いサーバ証明書(SHA-2)への移行が必要となります。 そのため一部サービスにおいて、2016年5月28日(土)よりSSLサーバ証明書を「SHA-1」方式から「SHA-2」方式に変更します。SHA-2サーバ証明書へ移行すると、Windows XP SP2以前のパソコンなど 既に動作環境外として

2016年3月16日帝国データバンクフィードバック数:0キャリアとスキル

2016年度の雇用動向に関する企業の意識調査

2016/3/142016年度の雇用動向に関する企業の意識調査正社員採用、高水準続くも拡大基調に頭打ち〜 非正社員、採用予定企業が6年ぶりに前年を下回る 〜はじめに人手不足が深刻化するなか、2016年1月の有効求人倍率は1.28倍と、1991年12月以来24年1カ月ぶりの高水準となった。また、新規学卒者の就職内定率は2015年12月1日時点で80.4%(大卒)と5年連続で上昇し、リーマン・ショックの影響前の2008年の水準に迫っている。しかし一方で、地域間や業界間、社員・非正社員間などの雇用動向

2016年2月18日帝国データバンク★フィードバック数:0キャリアとスキル

2016年度の賃金動向に関する企業の意識調査

2016/2/152016年度の賃金動向に関する企業の意識調査賃金改善を見込む企業は46.3%で7年ぶり減少〜 賃金改善の理由、「労働力の定着・確保」が過去最高の73.8% 〜はじめに2015年の景気は「踊り場局面」とする企業が半数を超える(「2016年の景気見通しに対する企業の意識調査」)など停滞感の漂う一年となったが、政府は官民対話を通じて賃金の引き上げを要請している。そのため、雇用確保とともにベースアップや賞与(一時金)の引き上げなど、賃金改善の動向はアベノミクスの行方を決定づける要素とし

2015年12月16日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

2016年の景気見通しに対する企業の意識調査

2015/12/142016年の景気見通しに対する企業の意識調査2016年、「中国経済」が最大の懸念材料〜 景気回復に必要な政策、消費関連や法人減税が上位を占める 〜はじめに2015年12月8日に発表された7-9月期の実質GDP成長率2次速報は前期(4〜6月期)比0.3%増、年率換算で1.0%増となり、2四半期ぶりにプラス成長となった。また、住宅着工戸数や有効求人倍率も改善が続くなど改善傾向を示す指標がある一方、ここにきて公共投資や個人消費にやや足踏み傾向がみられ、業種や地域で景況感の格差が表れ

2015年11月23日帝国データバンク★★フィードバック数:0社会/政治

マイナンバー制度に対する企業の意識調査

2015/11/17マイナンバー制度に対する企業の意識調査マイナンバー制度の理解は進むも、対応完了企業は1割未満〜 法人番号の活用、イメージの湧かない企業が多数 〜はじめに全国民に対する税と社会保障の共通番号(マイナンバー)制度について、2015年10月5日からは個人を対象とするマイナンバー、10月22日からは法人番号が通知され、2016年1月から社会保障や税、災害対策の分野での番号の利用が始まる。企業は、2016年以降、税や社会保障の手続きでマイナンバー制度に対応することが求められているほか、

2015年10月15日帝国データバンク★★フィードバック数:0社会/政治

中国の成長鈍化に対する企業の影響調査

2015/10/15中国の成長鈍化に対する企業の影響調査中国の成長鈍化、企業の25.4%が業績に「悪影響」〜 日本企業は中国との経済活動で7つのリスクに直面 〜はじめに中国経済との相互依存関係が深まっている状況において、日中関係の改善に向けた動きは経済取引をより円滑にすると見込まれている。一方で、中国の経済成長が徐々に低下するなか、8月の上海株式市場の急落や為替市場における人民元の基準値切り下げにみられたように、日本経済に与える影響も懸念されている。そこで、帝国データバンクは、中国の成長鈍化が企

2015年9月24日帝国データバンクフィードバック数:0キャリアとスキル

大学に求める教育分野に対する企業の意識調査

2015/9/24大学に求める教育分野に対する企業の意識調査文系・理系出身者、企業の3割で業務に違い〜 大学で学ぶべき学問分野、“経済成長”と“社会の発展”でわかれる 〜はじめに国立大学の「改革加速期間」において2016年度から第3期中期目標・中期計画が始まることにともない、文部科学省は6月8日、全国の国立大学に対し、教員養成系や人文社会科学系の学部・大学院について、組織の廃止や社会的要請の高い分野への転換に積極的に取り組むよう努めることを求める内容の通知を出した。成長戦略における理系強化方針や

2015年9月15日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

イノベーション活動に対する企業の意識調査

2015/9/15イノベーション活動に対する企業の意識調査イノベーション活動、企業の約4割が実施〜 組織やマーケティングの工夫で中小・零細企業の品質・シェア拡大も 〜はじめに日本再興戦略改訂2015(成長戦略)においてイノベーションによる“稼ぐ力”の強化が掲げられているほか、女性の活躍推進政策のなかで、職場において多様な価値観をもたらし、イノベーションの創出につなげることも求められている。また、大学改革の成果を生かしながら、産学官の橋渡し機能の強化や研究開発法人の機能強化など“イノベーション・ナ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ