調査のチカラ TOP > タグ一覧 > TDB景気動向調査

「TDB景気動向調査」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年9月15日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

イノベーション活動に対する企業の意識調査

2015/9/15イノベーション活動に対する企業の意識調査イノベーション活動、企業の約4割が実施〜 組織やマーケティングの工夫で中小・零細企業の品質・シェア拡大も 〜はじめに日本再興戦略改訂2015(成長戦略)においてイノベーションによる“稼ぐ力”の強化が掲げられているほか、女性の活躍推進政策のなかで、職場において多様な価値観をもたらし、イノベーションの創出につなげることも求められている。また、大学改革の成果を生かしながら、産学官の橋渡し機能の強化や研究開発法人の機能強化など“イノベーション・ナ

2015年8月16日帝国データバンク★★フィードバック数:0キャリアとスキル

女性登用に対する企業の意識調査

2015/8/13女性登用に対する企業の意識調査女性管理職割合は平均6.4%も、ゼロの企業が50.9%〜 女性の活躍促進、「社会」「家庭」「職場」における環境整備で業績改善に 〜はじめに生産年齢人口の減少や共働き世帯の増加などもあり、職場における女性の存在感の高まりがみられるなか、政府は女性の活躍促進を成長戦略と同時に、地方創生の一環としても重要政策として打ち出している。また、企業においては新しい視点の取り入れや男性の働き方改革としても位置付けられるなど、人手不足に対する労働力確保だけでなく、企

2015年7月14日帝国データバンク★★フィードバック数:0ビジネス

“本業”の現状と今後に対する企業の意識調査

2015/7/14“本業”の現状と今後に対する企業の意識調査創業以来、企業の47.7%が“本業”に変化〜 江戸期以前に創業の企業、“本業”を保ちつつ新分野への挑戦も積極的 〜はじめに経済のグローバル化やサービス化、技術革新・情報化の進展等、企業経営を取り巻く環境の急激な構造変化が進むなか、企業が長期継続する要因として、経営戦略のなかで“本業”をどのように捉えるかが重要となっている。また、成長戦略では、金融機関に対して、融資企業の経営改善や生産性向上、体質強化への取り組みがなされるように、企業の本

2015年6月21日帝国データバンクフィードバック数:0キャリアとスキル

従業員の健康管理に対する企業の意識調査(新潟県)

2015/6/16特別企画 :従業員の健康管理に対する企業の意識調査(新潟県)企業の84.1%が従業員の健康管理対策を実施〜 その一方で、1割弱の企業で過重労働の従業員が存在 〜はじめに労働者の高齢化にともない、従業員の健康管理が企業の重要課題となっている。また、日本再興戦略(成長戦略)で「国民の健康寿命の延伸」が重要施策の1つとして位置づけられているなか、12月に施行される改正労働安全衛生法により、従業員50人以上の事業所においてはいわゆるストレスチェックの実施が義務づけられる(50人未満の事

2015年6月11日帝国データバンク★フィードバック数:0ライフスタイル

TDBの調査です。

従業員の健康管理に対する企業の意識調査

2015/6/11従業員の健康管理に対する企業の意識調査1割を超える企業で過重労働の従業員あり、人手不足が拍車〜 企業の84.2%で従業員の健康管理対策を実施 〜はじめに労働者の高齢化にともない、従業員の健康管理が企業の重要課題となっている。また、日本再興戦略(成長戦略)で「国民の健康寿命の延伸」が重要施策の1つとして位置づけられているなか、12月に施行される改正労働安全衛生法により、従業員50人以上の事業所においてはいわゆるストレスチェックの実施が義務づけられる(50人未満の事業所は努力義務)

2015年6月7日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

マイナンバー制度に対する企業の意識調査(新潟県)

2015/6/2特別企画 :マイナンバー制度に対する企業の意識調査(新潟県)マイナンバー、企業の9割超が認識も対応進まず〜 コスト負担は1社平均72万円と想定 〜はじめに全国民に対する税と社会保障の共通番号(マイナンバー)制度が導入されることに先立ち、2015年10月には市区町村から全国民へマイナンバーの通知が開始される。さらに、2016年1月からは、社会保障や税、災害対策の分野での番号の利用が始まる。企業は、2016年以降、税や社会保障の手続きでマイナンバー制度に対応することが求められているほ

2015年6月7日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

マイナンバー制度に対する山梨県内企業の意識調査

2015/6/5特別企画 : マイナンバー制度に対する山梨県内企業の意識調査マイナンバー、企業の9割超が認識も対応進まず〜 法人番号制度を認識していない企業は4割超 〜はじめに全国民に対する税と社会保障の共通番号(マイナンバー)制度が導入されることに先立ち、2015年10月には市区町村から全国民へマイナンバーの通知が開始される。さらに2016年1月からは、社会保障や税、災害対策の分野での番号の利用が始まる。企業は2016年以降、税や社会保障の手続きでマイナンバー制度に対応することが求められている

2015年6月7日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

マイナンバー制度に対する群馬県内企業の意識調査

2015/6/3マイナンバー制度に対する群馬県内企業の意識調査マイナンバー制度、県内企業の9割超が認識するも対応進まず〜 法人番号制度は県内企業の4割が認知せず 〜はじめに全国民に対する税と社会保障の共通番号(マイナンバー)制度が導入されることに先立ち、2015年10月には市区町村から全国民へマイナンバーの通知が開始される。さらに、2016年1月からは、社会保障や税、災害対策の分野での番号の利用が始まる。企業は、2016年以降、税や社会保障の手続きでマイナンバー制度に対応することが求められている

2015年5月31日帝国データバンクフィードバック数:0企業情報システム

マイナンバー制度に対する九州企業の意識調査

2015/5/29特別企画 : マイナンバー制度に対する九州企業の意識調査マイナンバー制度への「対応中・完了」企業は2割未満〜 制度内容理解企業は36.5%にとどまる 〜はじめに全国民に対する税と社会保障の共通番号(マイナンバー)制度が導入されることに先立ち、2015年10月には市区町村から全国民へマイナンバーの通知が開始される。さらに、2016年1月からは、社会保障や税、災害対策の分野での番号の利用が始まる。企業は、2016年以降、税や社会保障の手続きでマイナンバー制度に対応することが求められ

2015年5月31日帝国データバンクフィードバック数:0企業情報システム

マイナンバー制度に対する静岡県内企業の意識調査

2015/5/26特別企画 : マイナンバー制度に対する静岡県内企業の意識調査マイナンバー、企業の9割超が認識も対応進まず〜 法人番号制度、企業の4割が認知していない〜はじめに全国民に対する税と社会保障の共通番号(マイナンバー)制度が導入されることに先立ち、2015年10月には市区町村から全国民へマイナンバーの通知が開始される。さらに、2016年1月からは、社会保障や税、災害対策の分野での番号の利用が始まる。企業は、2016年以降、税や社会保障の手続きでマイナンバー制度に対応することが求められて

2015年5月19日帝国データバンク★フィードバック数:0企業情報システム

TDBの調査です。

マイナンバー制度に対する企業の意識調査

2015/5/19マイナンバー制度に対する企業の意識調査マイナンバー、企業の9割超が認識も対応進まず〜 コスト負担は1社平均109万円と想定 〜はじめに全国民に対する税と社会保障の共通番号(マイナンバー)制度が導入されることに先立ち、2015年10月には市区町村から全国民へマイナンバーの通知が開始される。さらに、2016年1月からは、社会保障や税、災害対策の分野での番号の利用が始まる。企業は、2016年以降、税や社会保障の手続きでマイナンバー制度に対応することが求められているほか、従業員とその家

2015年5月10日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

2015年度の業績見通しに関する山梨県内企業の意識調査

2015/5/8特別企画 : 2015年度の業績見通しに関する山梨県内企業の意識調査企業の4社に1社が「増収増益」を見込む〜 アベノミクスへの企業の評価は100点満点中66.6点 〜はじめに国内景気は、企業の設備投資意欲の改善で生産関連が堅調に推移しているほか、原油安や円安による外部環境の改善も加わり、消費税率引き上げ後の悪化傾向から脱し、上昇基調の様相をみせている。他方、人手不足による受注機会の喪失は景気拡大を抑制する懸念材料ともなっているなか、地域や業界、規模によって景気動向が業績に与える影

2015年5月6日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

2015年度の業績見通しに関する企業の意識調査

2015/4/272015年度の業績見通しに関する企業の意識調査(新潟県)4分の1が「増収増益」も、規模間格差への懸念は根強い〜 アベノミクスに対する評価は100点満点中62.5点 〜はじめに国内景気は、企業の設備投資意欲の改善で生産関連が堅調に推移しているほか、原油安や円安による外部環境の改善も加わり、消費税率引き上げ後の悪化傾向から脱し、上昇基調の様相をみせている。他方、人手不足による受注機会の喪失は景気拡大を抑制する懸念材料ともなっているなか、地域や業界、規模によって景気動向が業績に与える

2015年5月6日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

2015年度の業績見通しに関する静岡県内企業の意識調査

2015/4/24特別企画 : 2015年度の業績見通しに関する静岡県内企業の意識調査企業の4社に1社が「増収増益」を見込む〜 アベノミクスへの企業の評価は100点満点中63.9点〜はじめに国内景気は、企業の設備投資意欲の改善で生産関連が堅調に推移しているほか、原油安や円安による外部環境の改善も加わり、消費税率引き上げ後の悪化傾向から脱し、上昇基調の様相をみせている。他方、人手不足による受注機会の喪失は景気拡大を抑制する懸念材料ともなっているなか、地域や業界、規模によって景気動向が業績に与える影

2015年5月6日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

2015年度の業績見通しに関する長野県内企業の意識調査

2015/4/30特別企画 :2015年度の業績見通しに関する長野県内企業の意識調査「増収増益」が25.2%、前年度から7.2ポイント減少〜 アベノミクスの成果に対する企業の評価は100点満点中63.7点 〜はじめに国内景気は、企業の設備投資意欲の改善で生産が堅調に推移しているほか、原油安や円安による外部環境も改善。消費税率引き上げ後の悪化傾向から脱し、上昇基調の様相をみせている。TDB景気動向調査における景気DIは、全国・長野県とも昨年12月まで下降局面にあったが、今年1月改善に転じ、3月まで

2015年4月26日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

2015年度の業績見通しに関する九州企業の意識調査

2015/4/202015年度の業績見通しに関する九州企業の意識調査26.1%が「増収増益」も、規模間格差拡大への懸念強まる〜 アベノミクスへの企業の評価は100点満点中64点 〜はじめに国内景気は、企業の設備投資意欲の改善で生産関連が堅調に推移しているほか、原油安や円安による外部環境の改善も加わり、消費税率引き上げ後の悪化傾向から脱し、上昇基調の様相をみせている。他方、人手不足による受注機会の喪失は景気拡大を抑制する懸念材料ともなっているなか、地域や業界、規模によって景気動向が業績に与える影響

2015年4月14日帝国データバンク★フィードバック数:0ビジネス

TDBの調査です。

2015年度の業績見通しに関する企業の意識調査

2015/4/14特別企画 : 2015年度の業績見通しに関する企業の意識調査3割が「増収増益」も、規模間格差拡大への懸念強まる 〜 アベノミクスへの企業の評価は100点満点中64点 〜はじめに国内景気は、企業の設備投資意欲の改善で生産関連が堅調に推移しているほか、原油安や円安による外部環境の改善も加わり、消費税率引き上げ後の悪化傾向から脱し、上昇基調の様相をみせている。他方、人手不足による受注機会の喪失は景気拡大を抑制する懸念材料ともなっているなか、地域や業界、規模によって景気動向が業績に与え

2015年4月5日帝国データバンクフィードバック数:0キャリアとスキル

岡山県 2015年度の雇用動向に関する企業の意識調査

2015/4/1岡山県 2015年度の雇用動向に関する企業の意識調査正社員「採用ある」73.4%、8年ぶりの高水準〜 5年連続の改善も企業間格差を助長か 〜はじめに消費税率が8%へ引き上げられてから1年が過ぎ、国内消費は持ち直しの動きが強まりつつある。上場企業の2015年3月期決算では7年ぶりに過去最高益を更新する見通しとなるなど、大手の業績回復が鮮明となり、中小企業へも波及しつつある。今年2月の岡山県の有効求人倍率(季節調整値)は1.44倍となった。中国5県でトップの倍率で推移し、全国でも8番

2015年4月5日帝国データバンクフィードバック数:0キャリアとスキル

2015年度の雇用動向に関する千葉県内企業の意識調査

2015/3/272015年度の雇用動向に関する千葉県内企業の意識調査正社員採用、6年連続で改善〜 非正社員も半数近くが「採用予定あり」 〜はじめに人手不足が深刻化するなか、2014年12月の全国の有効求人倍率は1.15倍と、1992年3月以来22年9カ月ぶりの高水準となった。また、新規学卒者の就職内定率は2014年12月時点で80.3%(大卒)と4年連続で上昇し、リーマン・ショック前の2008年の水準に迫っている。しかし一方で、地域間や業界間、正社員・非正社員間などの雇用動向には依然として格差

2015年3月22日帝国データバンクフィードバック数:0キャリアとスキル

2015年度の賃金動向に関する道内企業の意識調査

2015/3/162015年度の賃金動向に関する道内企業の意識調査賃金改善を見込む企業は45.2%〜 賃金改善の内容は、ベア36.4%・賞与21.1% 〜はじめに2014年4月の消費税率引き上げ以降、景気が低調に推移するなか、政府は政労使会議等を通じて賃金の引き上げを要請している。そのため、雇用確保とともにベースアップや賞与(一時金)の引き上げなど、賃金改善の動向はアベノミクスの行方を決定づける要素として注目されている。このようななか、帝国データバンクは、2015年度の賃金動向に関する企業の意識

2015年3月12日帝国データバンク★フィードバック数:0キャリアとスキル

TDBの調査です。

2015年度の雇用動向に関する企業の意識調査

2015/3/122015年度の雇用動向に関する企業の意識調査正社員採用、7年ぶりの高水準 〜 「女性」の活躍推進、従業員1,000人超の企業が突出 〜はじめに人手不足が深刻化するなか、2014年12月の有効求人倍率は1.15倍と、1992年3月以来22年9カ月ぶりの高水準となった。また、新規学卒者の就職内定率は2014年12月時点で80.3%(大卒)と4年連続で上昇し、リーマン・ショック前の2008年の水準に迫っている。しかし一方で、地域間や業界間、社員・非正社員間などの雇用動向には依然として

2015年3月1日帝国データバンクフィードバック数:0キャリアとスキル

2015年度の賃金動向に関する静岡県内企業の意識調査

2015/2/202015年度の賃金動向に関する静岡県内企業の意識調査賃金改善を見込む企業は50.0%で前年度比増加〜 「ベースアップ」による賃金改善が上昇 〜はじめに2014年4月の消費税率引き上げ以降、景気が低調に推移するなか、政府は政労使会議等を通じて賃金の引き上げを要請している。そのため、雇用確保とともにベースアップや賞与(一時金)の引き上げなど、賃金改善の動向はアベノミクスの行方を決定づける要素として注目されている。このようななか、帝国データバンクは、2015年度の賃金動向に関する企業

2015年2月16日帝国データバンク★フィードバック数:0キャリアとスキル

TDBの調査です。

2015年度の賃金動向に関する企業の意識調査

2015/2/162015年度の賃金動向に関する企業の意識調査賃金改善を見込む企業は48.3%で過去最高 〜 給与・賞与は総額3.2兆円増加すると試算 〜はじめに2014年4月の消費税率引き上げ以降、景気が低調に推移するなか、政府は政労使会議等を通じて賃金の引き上げを要請している。そのため、雇用確保とともにベースアップや賞与(一時金)の引き上げなど、賃金改善の動向はアベノミクスの行方を決定づける要素として注目されている。 このようななか、帝国データバンクは、2015年度の賃金動向に関する企業の意

2015年2月8日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

地方創生に対する埼玉県内企業の意識調査

2015/2/2地方創生に対する埼玉県内企業の意識調査企業の半数弱が地方創生に関心示すも、全国平均下回る〜 地方創生に向けた政策、安定した生活基盤の形成を重視 〜はじめに日本経済の発展には地域経済の活性化が欠かせない。2014年11月21日に可決・成立した「まち・ひと・しごと創生法案」および「地域再生法の一部を改正する法律案」では、人口減少・超高齢社会への取り組みとして地方創生を掲げている。また、1月20日には内閣府地方創生推進室が設置され、内閣官房まち・ひと・しごと創生本部とともに安倍政権にお

2015年2月1日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

地方創生に対する九州企業の意識調査

2015/1/30地方創生に対する九州企業の意識調査企業の64.3%が地方創生に関心あり〜 地方創生に向けた政策、若年世代の支援を重視 〜はじめに日本経済の発展には地域経済の活性化が欠かせない。2014年11月21日に可決・成立した「まち・ひと・しごと創生法案」及び「地域再生法の一部を改正する法律案」では、人口減少・超高齢社会への取り組みとして地方創生を掲げている。また、1月20日には内閣府地方創生推進室が設置され、内閣官房まち・ひと・しごと創生本部とともに安倍政権における地方創生の動きが本格化

2015年1月26日帝国データバンク★フィードバック数:0ビジネス

TDBの調査です。

地方創生に対する企業の意識調査

2015/1/26地方創生に対する企業の意識調査企業の半数超が地方創生に関心、人口減少地域で高水準 〜 地方創生に向けた政策、若年世代の支援を重視 〜はじめに日本経済の発展には地域経済の活性化が欠かせない。2014年11月21日に可決・成立した「まち・ひと・しごと創生法案」及び「地域再生法の一部を改正する法律案」では、人口減少・超高齢社会への取り組みとして地方創生を掲げている。また、1月20日には内閣府地方創生推進室が設置され、内閣官房まち・ひと・しごと創生本部とともに安倍政権における地方創生の

2015年1月19日帝国データバンク★フィードバック数:0ビジネス

TDBの調査です。

円安に対する企業の意識調査

2015/1/19円安に対する企業の意識調査円安をデメリットと認識する企業が半数に迫る 〜 円安進行が人件費抑制につながる可能性も 〜はじめに円相場は2014年12月に終値で1ドル=120円を突破。同年夏まで100円台前半で推移していた相場は短期間で急激に円安が進行した。2015年に入ってもドル円相場の変動幅は大きく推移している。短期間での想定を上回る為替レートの変動は、海外との直接取引がある企業にとどまらず、間接的に輸入製品、原材料・資源を利用している企業にも大きな影響を与える可能性がある。

2015年1月18日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

消費税増税後の仕入・販売単価に関する東北6県企業の動向調査

2015/1/15消費税増税後の仕入・販売単価に関する東北6県企業の動向調査仕入単価は3.9%上昇、小規模企業ほど収益環境は悪化〜 『小売』は7割近くで経常利益が「減少」 〜はじめに2013年4月に始まった日本銀行による“異次元”の量的・質的金融緩和政策で円安が進み、原材料などの輸入価格が上昇している。また、人手不足による人件費の上昇や2014年4月の消費税率8%への引き上げなど、企業は多くのコストアップ要因に直面している。さらに、消費税率引き上げ後の反動で落ち込んだ消費の回復も遅れており、企業

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ