「TFP」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年12月24日日本生産性本部フィードバック数:0社会/政治

日本の生産性の動向2015年版

1.2014年度(年度ベース)の日本の名目労働生産性は770万円。実質労働生産性上昇率は−1.6%と、2009年度以来5年ぶりのマイナス。〇2014年度の日本の名目労働生産性は770万円。名目ベースでは上昇したが、物価変動を加味した実質(−1.6%)では前年度から2.8%ポイント低下し、5年ぶりのマイナスとなった。 〇2014年度の労働生産性上昇率はマイナスとなったものの、10〜12月期以降をみると4四半期連続でプラスが続いている。ただ、足元の2015年7〜9月期には±0%に落ち込むなど、弱含み

2015年6月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2015年1-3月期のGDPギャップ

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2015年1-3月期のGDPギャップ2四半期連続でマイナス幅が縮小したが、力強さに欠ける 2015年6月1日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 長内 智◆2015年1-3月期GDP(一次速報)の結果を反映して大和総研が試算した同四半期のGDPギャップは▲1.7%となり、2014年10-12月期の▲2.2%からマイナス幅が0.5%pt縮小した。また、実質GDPの成長ペースが加速したこと

2015年3月31日経済産業研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

プロダクト・イノベーションと経済成長 PartⅣ:高齢化社会における需要の変化

プロダクト・イノベーションと経済成長 PartⅣ:高齢化社会における需要の変化吉川 洋(ファカルティフェロー) /安藤 浩一(中央大学) 概要プロダクト・イノベーションこそが先進国の経済成長を生み出す究極の要因である、というわれわれの基本命題をさまざまな面から検討する。出発点となるのは、既存のモノ・サービスに対する需要は必ず飽和するという事実である。第1に、このことを実証した従来の研究をサーベイする。第2に、内生的経済成長理論がプロダクト・イノベーションをモデル化しているにもかかわらず、全

2015年3月24日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

(リサーチラボ)金融危機後の景気回復はなぜ緩慢なのか

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 金融危機後の景気回復はなぜ緩慢なのか:金融政策運営への含意に関する一考察池田大輔、黒住卓司(日本銀行) No.15-J-2, 2015年3月24日キーワード:金融危機後の緩慢な景気回復、全要素生産性の低迷、社会厚生最大化金融政策JEL分類番号: E52、O33:takushi.kurozumi@boj.or.jp(黒住)要旨先般の世界的金融危機に限らず、これまでの金融危機の歴史を振り返ると、危機後の景気回復は、通常の回

「日本経済研究」No72

日本経済研究「日本経済研究」は日本有数の学術論文誌です。年に2,3回発行しています。論文は公募しており、レフェリーの厳正な審査などを経たうえで掲載となります。【72】 2015年3月発行本稿では、空港が効率的に運営されているかという問題意識のもと、DEA(Data Envelopment Analysis(包絡分析法))を用いて各空港の技術効率性を推計するとともに、多段階モデルアプローチを用いて、技術効率性から地理的要因や制度的要因といった空港の裁量が及ばない要因(非裁量要因)を除去することで、

2015年3月11日経済産業研究所フィードバック数:0ビジネス

上場企業によるIPOの動機と上場後の企業パフォーマンス

未上場企業によるIPOの動機と上場後の企業パフォーマンス 細野 薫(学習院大学) /滝澤 美帆(東洋大学) 概要本稿では、1990年代後半以降の日本企業を対象として、非上場企業のIPO(新規株式公開)による資金調達の決定要因、および、資金調達後の企業パフォーマンスを分析した。この結果、規模、ROA、全要素生産性(TFP)が高く、負債比率および費用比率が低い企業はIPOをする確率が高いこと、また、IPOをした企業は、その後、非IPO企業に比べて、設備投資比率、研究開発費比率、ROA、TFP、

2015年2月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年10-12月期のGDPギャップ

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2014年10-12月期のGDPギャップマイナス幅が縮小するも、大幅な需要不足が続く 2015年2月19日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 長内 智◆2014年10-12月期GDP(一次速報)の結果を反映して大和総研が試算した同四半期のGDPギャップは▲2.2%となり、7-9月期の▲2.6%からマイナス幅が0.4%pt縮小した。これは、個人消費の持ち直しの動きが続き、設備投資が3四

2015年2月13日内閣府フィードバック数:0社会/政治

GDPギャップの推計方法の改定について

今週の指標 No.1114 GDPギャップの推計方法の改定について ポイント2015年2月12日2014年11月28日に、内閣府より、「固定資産残高に係る参考試算値」として、連鎖方式に基づいた実質値の固定資産残高が公表されたことを受け、GDPギャップ(注)の推計方法の改定を行った。具体的な改定内容は以下の通り。 (1)資本ストックの推計に用いるデータを、内閣府「民間企業資本ストック」から、内閣府「固定資産残高に係る参考試算値」における実質固定資産残高(以下、実質固定資産残高)に変更。実質固定資

2014年12月18日日本生産性本部★フィードバック数:0ビジネス

日本生産性本部のレポートです。

日本の生産性の動向 2014年版

公益財団法人 日本生産性本部は「日本の生産性の動向 2014年版」をまとめた。本書は、2013年度の日本の労働生産性の動向、OECDデータなどを用いた労働生産性の国際比較、主要国の全要素生産性(TFP)の動向など生産性の現状をまとめたもの。主な内容は以下の通り。1.2013年度(年度ベース)の日本の名目労働生産性は764万円。実質労働生産性上昇率は+1.4%だったが、2014年度に入ると2四半期連続でマイナスに転じている。○2013年度の日本の名目労働生産性水準は764万円。昨年度から改善したも

2014年11月13日七十七銀行★フィードバック数:0社会/政治

東北経済の将来推計です。

宮城県・東北各県の経済成長率の将来推計~宮城県経済のダイナミズムの再生と発展に向けて~

平 成 26年 7月 1 5 日株式会社七十七銀行「宮城県・東北各県の経済成長率の将来推計調査」の結果について株式会社七十七銀行(頭取 氏家 照彦)では、東日本大震災により甚大な被害を受けた宮城県経済の再生と発展に資する情報提供を図るため、標記調査を実施しましたが、下記のとおり結果がまとまりましたので、お知らせいたします。当行では、今後とも地域の復興に資する情報提供に努めてまいります。記1.調査要領(1)背 景近年、地域経済は少子高齢化に伴う生産年齢人口の減少や大都市部への経済的資源の集中などを

2014年8月31日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度総合調査研究(国際分業下における日本の企業行動と産業構造に関する調査研究)

経済産業省御中平成25年度総合調査研究 (国際分業下における日本の企業行動と産業構造に 関する調査研究)2014 年 2 月 14 日 株式会社帝国データバンク目1.問題意識 2. 2020 年までの経済見通し:成長会計分析 2.1 2.2 2.3 成長会計アプローチ 政策変数 分析結果次P1 P3 P3 P6 P8 P11 P11 P11 P15 P15 P16 P16 P18 P18 P21 P26 P29 P30 P35 P37 P38 P38 P41 P44 P46 P50 P52 P5

関西の高生産性企業のイノベーションの源泉 -組織・人事への取組-

2013年度の報告書 関西の高生産性企業のイノベーションの源泉 -組織・人事への取組- が完成しました。 2014-05-21 本プロジェクトでは、高い生産性の伸びを維持している関西企業を抽出して、ヒアリング調査を通じて高生産性の秘訣を探りました。この調査の大きな特徴は2つあります。第1に、生産性の指標として全要素生産性(TFP; Total factor productivity 付加価値に対する労働や資本といった生産要素の貢献以外の部分)を取り上げ、個別企業の財務データを使用して定量的な分

2013年12月27日日本生産性本部★★フィードバック数:0ビジネス

国際比較も含みます。

日本の生産性の動向 2013年版

日本生産性本部(理事長:松川昌義)は「日本の生産性の動向2013年版」をまとめた。本書は、経済成長に向けた生産性の現状のほか、2012年度の日本の労働生産性の動向、OECDデータなどを用いた労働生産性の国際比較、主要国の全要素生産性(TFP)の動向をまとめたもの。主な内容は以下の通り。1.2012年度(年度ベース)の日本の名目労働生産性は756万円。実質労働生産性上昇率は+1.2%となり、前年度(+0.6%)を0.6%ポイント上回った。・2012年度の日本の名目労働生産性水準は756万円。実質労

2013年6月30日内閣府フィードバック数:1製造業/エレクトロニクス

外資系企業の参入と国内企業の生産性成長:『企業活動基本調査』個票データを利用した実証分析

ࠐ! फ! ໦! ଢ଼!㸦ㄽᩥ㸧እ㈨⣔௻ᴗࡢཧධ࡜ᅜෆ௻ᴗࡢ⏕⏘ᛶᡂ㛗㸸ࠗ௻ᴗάືᇶᮏㄪᰝ࠘ಶ⚊ࢹ࣮ࢱࢆ฼⏝ࡋࡓᐇドศᯒyyyyyyyyyyyyyyyyyyyఀ⸨ᜨᏊᏛ⣭つᶍࡀᏛຊ࡜Ꮫ⩦ཧຍ࡟୚࠼ࡿᙳ㡪yyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyy஧ᮌ⨾ⱑ㤳㒔┤ୗᆅ㟈࡟࠾ࡅࡿᆅ᪉㈈ᨻ࡬ࡢᙳ㡪㸸ᖺḟู㒔┴ูࡢ᥎ィyyyyyyyyyyyᐑᓮ Ẏ⥔ᣢᖺ㔠ᖹ‽໬࡜≉チࡢ࢜ࣉࢩࣙࣥ౯್yyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyᒣ⏣⠇ኵᩍ㣴ፗᴦ౯᱁ࡀฟ⏘࡟୚࠼ࡿᙳ㡪yyyy

2013年6月30日厚生労働省フィードバック数:1社会/政治

生産年齢人口・GDP・TFP(全要素生産性)の関係

生産年齢人口・GDP・TFP(全要素生産性)の関係

2012年8月23日内閣府フィードバック数:7社会/政治

2012年4-6月期GDP1次速報後のGDPギャップは前期から縮小

今週の指標 No.1040 2012年4-6月期GDP1次速報後のGDPギャップは前期から縮小ポイント2012年8月22日 2012年4-6月期GDP1次速報値から試算したGDPギャップは、▲1.8%程度の需要不足となったが、前期(▲2.0%)から縮小した(図1)(注)。2012年4-6月期のGDPデフレーターは、前年同期比▲1.1%と11四半期連続のマイナスとなったが、前期(▲1.3%)から下落幅が縮小した。この背景としてGDPギャップの縮小があるとみられる。 次に、GDPギャップの変動を実際

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ