「TODAY」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年8月1日ニールセン★★フィードバック数:0マーケティング

メディアの現状: AUDIO TODAY 2017

2億7,100万人のアメリカ人が毎週ラジオを聴いている。米国のラジオ聴取者は増加し続けている。ポッドキャストは、若く高学歴で裕福な聴取者を惹き付けている。視聴行動分析サービスを提供するニールセン デジタル株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:宮本淳)は、米国のラジオ聴取動向をまとめた『メディアの現状: AUDIO TODAY 2017』を発表しました。ニールセンが初めてオーディオ測定分野に参入した時、ラジオは他の競合媒体に引けをとらないという結果が出ましたが、多くの人々はこの結果を当然のこ

2017年4月29日LINEフィードバック数:0マーケティング

LINEアプリ内の「ニュースタブ」新設により月間アクティブユーザー数が5,900万人を突破

【LINE NEWS】LINEアプリ内の「ニュースタブ」新設により月間アクティブユーザー数が5,900万人を突破2017.04.20LINE 特に30-50代男性におけるMAU増加率が高く、ユーザー数・ユーザー層共に拡大海外で展開している「LINE TODAY」を含んだ合計MAUは1億5,000万人以上を記録LINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛)は、同社が運営する「LINE NEWS」(「LINEアカウントメディア プラットフォーム」を含む)の月間アクティブユーザー数(

2016年1月26日ソフォスフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

The State of Encryption Today

The State of Encryption Today

2015年5月19日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米国はドル高に不満でも「達磨さんが転んだ」にならず

リサーチ TODAY2015 年 5 月 19 日米国はドル高に不満でも「達磨さんが転んだ」にならず常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創昨日のTODAYで米国が世界の金融市場での「浮き輪」となった結果、米国に運用難民の運用資金が流入しドル高になりやすいとした1。米国は一極集中のドル高になることへ不満の一面を示しつつある。4月16~17日に開催されたG20財務大臣・中央銀行総裁会議の声明文には、米金融政策の成否を左右しうる重要な一文が加わっている。それは、「金融市場の変動を監視し、必要な行動

2015年4月15日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

2万円でも日本株はまだ回復途上だ

リサーチ TODAY2015 年 4 月 15 日2万円でも日本株はまだ回復途上だ常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創先週、日経平均株価は15年ぶりに2万円を回復したことが話題になった。みずほ総合研究所は、「日経平均株価2万円が視野に」と題するリポート1を発表しており、当該水準をすでに展望しながら議論してきた。確かに2万円は象徴的な水準であるが、1989年のバブルピークの4万円近い水準からは依然大きな差がある。より重要なのは、むしろ時価総額ではバブルピークの590兆円に近づいてきたことと考

2015年4月6日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

短観の注目点、なぜ企業は慎重なままなのか

リサーチ TODAY2015 年 4 月 6 日短観の注目点、なぜ企業は慎重なままなのか常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創4月1日に日銀から発表された2015年3月の短観では、下記の図表のように、大企業・製造業が横ばいとなったものの、大企業・非製造業が個人消費の回復などから改善し、内需の緩やかな回復が確認できるものとなった。みずほ総合研究所は、今回の短観に関するリポートを発表している1。製造業は、円安が押し上げ要因になる一方で、中国を中心とした新興国の減速などが意識され、全体としては横ば

2015年3月23日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

達磨さんが転んだ、米はドル高けん制に転じるか

リサーチ TODAY2015 年 3 月 23 日達磨さんが転んだ、米はドル高けん制に転じるか常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創円/ドル為替については、円安が進み、一時は121円台と2008年以来8年ぶりの円安水準になった。筆者が為替について長らくストーリーラインとしてきたのは、「達磨さんが転んだ」だった。すなわち、戦後の為替の5年から10年といった中期トレンドの転換はすべて米国サイドにあったとし、「ゲームのルール」を決める主導権はいつも「鬼」としての米国サイドにあったとするものだった。

2015年3月16日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

独自概念「実質年金改定率」、昨年から今年の大きな転換

リサーチ TODAY2015 年 3 月 16 日独自概念「実質年金改定率」、昨年から今年の大きな転換常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創2015年度の年金改定率は+0.9%と、1999年度以降16年ぶりのプラス改定になる。「現役人口の減少」や「平均余命の伸び」に応じて年金額の伸びを調整する「マクロ経済スライド」が初めて実施されることから、本来の改定率よりも0.9%抑制され、2015年度はさらに特例水準の段階的な解消のため0.5%の抑制も実施される。みずほ総合研究所では、マクロ経済スライド

2015年1月27日みずほ総合研究所★フィードバック数:0社会/政治

マイナス金利です。

世界の金利「水没」マップ、金融機関はどう生き残るか

リサーチ TODAY2015 年 1 月 27 日世界の金利「水没」マップ、金融機関はどう生き残るか常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創下記の図表は、「世界の金利の『水没』マップ」と題した一覧表である。基本的に国別・年限別の国債利回り、イールドカーブ状況を示す。ここでは、マイナスになった「水没した」ゾーンを濃く示しており、さらに0%以上0.5%未満、0.5%以上1%未満、1%以上と徐々に色を薄くして示している。こうした濃淡を示した図表はリスク管理などで「ヒートマップ」として示されることが多

2015年1月26日みずほ総合研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

若者就労の問題は非正社員比率の上昇にあり

リサーチ TODAY2015 年 1 月 26 日若者就労の問題は非正社員比率の上昇にあり常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創若年層の失業率低下や新卒者の求人倍率改善が示すように、足元で若者を取り巻く雇用環境は改善している。一方、若者の非正社員比率の上昇に歯止めがかかっていないこと、学校を卒業して就職した後に早期離職する若者の割合が近年上昇しているなど、若者の雇用を巡る環境には依然問題が多い。みずほ総合研究所は、若者就労に関するリポートを発表している1。今後の対策としては、限定正社員の普及

2014年9月19日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

メキシコ経済は停滞局面を脱し、将来へ期待は高い

リサーチ TODAY2014 年 9 月 19 日メキシコ経済は停滞局面を脱し、将来へ期待は高い常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創メキシコ経済に停滞局面を脱する動きがみられる。公共事業の執行の遅れ等による景気の下押し圧力は後退し、北米向け自動車輸出が生産活動の回復を後押ししている。みずほ総合研究所は、メキシコ経済に関するリポートを発表している1。メキシコ経済の動きを振り返れば、2013年には12年ぶりの政権交代に伴う公共事業の執行の遅れや、大手住宅建設業者の破たん等による建設投資の低迷が

2014年9月8日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

ウクライナ不安のなか原油価格はなぜ下がるのか

リサーチ TODAY2014 年 9 月 8 日ウクライナ不安のなか原油価格はなぜ下がるのか常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創足元の原油価格を見ると、ウクライナ問題等の地政学的なリスクが高まるなかでも、軟調相場が続いている。一般的に、これまでの原油市場では地政学的不安が原油の供給減の要因として意識され、価格上昇という反応がみられることが多かった。一方、最近のウクライナ問題は、不安の高まりに伴い世界の需要の低下が懸念され、価格低下の要因として受け止められていることが注目される。下記の図表は

2014年6月20日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

アジアは輸出回復に期待するも中国リスク残存

リサーチ TODAY2014 年 6 月 20 日アジアは輸出回復に期待するも中国リスク残存常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創みずほ総合研究所は「みずほアジア・オセアニア経済情報」(2014年7月)1を発表した。今回は、NIEsについては先進国経済の回復に沿って輸出主導で拡大基調を期待するが、ASEANについては見通しの下方改訂を行った。中国に関しては2015年に向け緩やかな減速が続くと見込むものの、不動産市況の悪化リスクには留意が必要と認識している。2014年1~3月期、アジア経済は全

2014年3月31日みずほ総合研究所フィードバック数:0大型消費/投資

韓国から学ぶ訪日外客数拡大の鍵

リサーチ TODAY2014 年 3 月 31 日韓国から学ぶ訪日外客数拡大の鍵常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創下記の図表にあるように、2013年は訪日外国人が初めて1,000万人を超えた記念すべき年だった1。東南アジアや、NIEs諸国からの訪問客が前年比1.5倍近くに増加したことが主因であり、アジアからの増加が今後も訪日外客数拡大の鍵を握ると展望される。みずほ総合研究所は「ASEAN観光客誘致策の日韓比較」と題したリポートを発表した2。そこではASEANからの観光客が急増した韓国との

2014年2月24日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

事例研究、ベトナム経済はなぜ堅調か

リサーチ TODAY2014 年 2 月 24 日事例研究、ベトナム経済はなぜ堅調か常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創先月のTODAYで、新興国経済の不安が生じた一因は、貯蓄・投資バランス上、政治的な不安定さを背景とする財政面でのばら撒き構造が経常収支の赤字化を招いたことであるとし、経常収支分析の重要性を指摘した1。本日は経常収支を中心にマクロバランスの観点の事例研究として、ベトナム経済がなぜ堅調さを保ったかを考える。みずほ総合研究所はベトナム経済について、「ベトナム経済はなぜ堅調か」と

2014年2月21日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

警戒警報、海外投資家が発するアベノミクスへの不信

リサーチ TODAY2014 年 2 月 21 日警戒警報、海外投資家が発するアベノミクスへの不信常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創下記の図表は各国の指導者に対する投資家の信頼感を示している。楽観者の割合から悲観者の割合を引いた指数で比較すると、前回の2013年9月は日本の安倍首相が主要国のなかでトップであったが、今回2014年1月調査では安倍首相の評価が大きく低下した。昨日のTODAYで議論したように1、今年1月後半からグローバルな株価調整が起きた理由、「リスク・オン」から「リスク・オ

2014年1月21日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

2014年、脱「失われた3、7、20年」ゴールデンサイクル

リサーチ TODAY2014 年 1 月 21 日2014年、脱「失われた3、7、20年」ゴールデンサイクル常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創今年の経済については4月以降の消費税率引き上げに伴う減速もあることから、先行きには警戒を示す見方も多い。我々も消費税率引き上げに伴う一時的な減速は不可避と見るものの、その後、再び緩やかな回復を展望する。その背景には、今年は過去の3つの大きな足枷から正常化の基調にあるという位置づけがある。それは、脱「失われた3年」、脱「失われた7年」、脱「失われた2

2013年11月27日みずほ総合研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

日本の賃金は本当に上がらないのか

リサーチ TODAY2013 年 11 月 27 日日本の賃金は本当に上がらないのか常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創先週のTODAYで、円安にも関わらずなぜ輸出の伸びが鈍いのかという論点を取り上げた。今日、さらに日本経済に関し議論になる論点の一つに、日本の賃金は本当に上がらないのかという点がある1。足元、日本企業の収益は改善が示され、安倍政権は政労使協議の場などで産業界に賃上げを要請している。また、一部の企業経営者からは賃上げに前向きな発言も聞こえている2。下記の図表に示されるように春

2013年10月17日みずほ総合研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

男性無業率の高止まりが意味するもの

リサーチ TODAY2013 年 10 月 17 日男性無業率の高止まりが意味するもの常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創15歳~59歳の既卒男性のうち無業者(ふだん仕事をしていないか、臨時的にしかしていない人)の割合をみると、バブル崩壊後に急上昇したのち、高止まりしている。みずほ総合研究所は先月、無業者の実態把握と支援の強化が必要との趣旨のリポートを発表している1。下記の図表から、無業者の人口に占める割合(無業率)は1992年~2002年にかけて顕著に上昇し、2002年以降は高止まりが続

2013年10月8日みずほ総合研究所フィードバック数:0大型消費/投資

東京五輪で日本への観光客拡大、都市再生を

リサーチ TODAY2013 年 10 月 8 日東京五輪で日本への観光客拡大、都市再生を常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創2020年の東京オリンピック開催決定に関しては、既に先月、TODAYでも取り上げた1。また、今月の『みずほリサーチ』2でも述べたが、その趣旨は、直接的に建設費等で試算される効果を越え幅広い影響が及ぶ点にある。そのリポートでも次の5要因から、今日、日本の置かれた環境にとっては絶妙のタイミングで、脱「失われた20年」に向けた効果があるとした。■図表:2020年東京オリン

2013年10月6日Epticaフィードバック数:0モバイル海外

Mobile websites failing to deliver right experience to 52% of UK consumers

You are here91% of consumers say good digital customer service from insurers makes them more loyal – yet the UK’s leading insurance companies fail to accurately answer more than two thirds (68%) of routine questions asked through the web, email, Twit

2013年10月1日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

今、韓国でも注目されるアベノミクス

リサーチ TODAY2013 年 10 月 1 日今、韓国でも注目されるアベノミクス常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創先週、韓国ソウルで開催された韓国をテーマとしたセミナーに参加した 1。そのなかで、「日本経済と韓国」、アベノミクスが韓国に与える影響についてのパネルに加わった。韓国は2008年のリーマン危機後、世界に先駆けて景気回復を果たし、2009年にはプラス成長(0.3%)を維持できた。その主因は輸出の持ち直しにあり、サムスン電子や現代自動車を筆頭に韓国企業はグローバル市場で存在感を

2013年8月30日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

日本の貸出回復、でも運用難で債券積み増し圧力も

リサーチ TODAY2013 年 8 月 30 日日本の貸出回復、でも運用難で債券積み増し圧力も常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創下記の図表は日本の銀行貸出の推移である。2011年以降、着実に改善の傾向が続いている。貸出増加の大層は大企業が中心であったが、足元、漸く中小企業もプラスに転ずる兆しがある。株価は上昇し、企業のマインドに先行きへの明るさが生じたが、企業がキャッシュを潤沢に保有する状況下、外部資金を積極的に取り込むまでには至っていない。企業マインドは着実に変化を示すが、資金需要が

2013年8月29日イード★★フィードバック数:0モバイル

モバイル通信の実測データを基にしたレポートです。

RBB TODAY SPEED TEST分析レポート

News 2013年8月28日 「RBB TODAY SPEED TEST分析レポート」公開のお知らせ 2013年8月28日 各位 「RBB TODAY SPEED TEST分析レポート」公開のお知らせ 株式会社イード 株式会社イード(本社:東京都中野区中央、代表取締役:宮川洋 以下、イード)が運営するIT総合ニュースサイト「RBB TODAY」は、スマートフォン向けのスピード測定アプリ「RBB TODAY SPEED TEST」のユーザーが計測したデータよりNTTドコモ、KDDI、ソフト

2013年8月1日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

97年がどうして消費税引上げのトラウマとなったか

リサーチ TODAY2013 年 8 月 1 日97年がどうして消費税引上げのトラウマとなったか常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創参院選後、消費税引上げ論が大きな政治課題になった。安倍政権は脱デフレを最重視し、少しでも経済にマイナス要因となるものを避けるとの観点から消費税引上げに慎重なスタンスをとり、その見極めをギリギリまで待って行うとされる。参院選後の株価の調整は、安倍政権の経済政策のスタンスの振れが原因との見方も、筆者の知る海外ヘッジファンドのなかには生じている。現政権の消費税引上げ

2013年7月23日みずほ総合研究所フィードバック数:1社会/政治

国債市場は既に5月からペギング(釘付け)状態?

リサーチ TODAY2013 年 7 月 23 日国債市場は既に5月からペギング(釘付け)状態?常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創下記の図表は今から12年前の拙著、『国債暴落』1において、米国の大恐慌後(1929年)の道筋と日本のバブル崩壊(1990年)の起点を合わせて時間軸を描いた概念図である。3カ月前の4月のTODAYで示した、日本は既に大恐慌後の「ペギング」状態に入るとの問題意識を2、本日改めて検討するものだ。■図表:アメリカの大恐慌と1990年以降の日本の調整の比較【金利上昇圧力

2013年7月11日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

参院選後の課題は「第四の矢」、「骨太の方針」

リサーチ TODAY2013 年 7 月 11 日参院選後の課題は「第四の矢」、「骨太の方針」常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創6月14日に政府は、アベノミクスの第三の矢である成長戦略とともに、経済政策全体の指針となる『経済財政運営と改革の基本方針~脱デフレ・経済再生~』(以下、骨太の方針)を閣議決定した。骨太の方針を作成するのは、麻生政権時の2009年以来4年ぶりである。この骨太の方針では「経済再生と財政健全化の両立」に向けた基本的な考え方や方向性が示されたが、財政健全化目標の具体策は

2013年7月2日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

曲がり角にある韓国の新政権

リサーチ TODAY2013 年 7 月 2 日曲がり角にある韓国の新政権常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創韓国は米国や日本を目標とするキャッチアップ型の発展を遂げてきた。韓国企業は米国や日本などが開発した技術にいち早く適応し、それをベースに製品開発を進めるファストフォロワー戦略で競争力を高め、2000年代に入るとサムソン電子や現代自動車を筆頭にグローバル市場で存在感を高めた。2008年のリーマン危機後、韓国が世界に先駆けて景気回復を果たし、2009年にプラス成長(0.3%)を維持できた

2013年6月14日みずほ総合研究所フィードバック数:3社会/政治

世界中、どこを見ても2%物価目標は困難だ

リサーチ TODAY2013 年 6 月 14 日世界中、どこを見ても2%物価目標は困難だ常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創今回も引き続き、先週の米国出張記録第3弾である。昨日のTODAYで日米の長期金利は金融政策の出口論が生じるなかでもその上昇は限られるとした。その一因には、本日の主題である世界の物価は内外市場参加者が意識するほどには上がりにくくなっている点がある。以上の論点は、先週の米国セミナーで筆者が主張した点でもあり、米国の市場参加者の関心を引いた点でもあった。下記の図表は日米欧

2013年5月31日みずほ総合研究所フィードバック数:1社会/政治

街おこしに企業の視点を活かそう

リサーチ TODAY2013 年 5 月 31 日街おこしに企業の視点を活かそう常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創みずほ総合研究所では、4月に地域経済に関し長年の経験をベースにした『地域活性化ビジネス』と題する書籍を刊行した1。下記の図表はそのなかで示した各都道府県別の人口増加率の推移である。今日、アベノミクスで成長戦略が課題になるが、東京を中心とした大都市圏を除き、殆どの地域が人口減少にあるなかで、いかに地域活性化を実現できるかが問われている。■図表:都道府県別にみた人口増減6(%)4

2013年5月31日MCEI★フィードバック数:0社会/政治

アベノミクスについてのアンケートです。

アベノミクスに関する実感アンケート調査

MCEI TOKYO TODAY'S ANSWER TODAY いま、要る知恵とパワーを、いま。2017年5/6月合併号 (1.26MB) ★東京支部定例研究会★【3月】メーカーマーケティング革新 〜社会問題を、ビジネスを通して解決〜お客さまと共に幸せな未来を!─キリンならではのCSVの取り組み─大北 博一/キリン㈱ CSV 本部 CSV 戦略部 主幹【4月】小売からメーカーや卸に求める事とECの現状と今後信田 洋二/㈱Believe-up 代表取締役★大阪支部定例研究会 ★【3月】生き残る関西

2013年5月28日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

経済は米国で決まる、やっぱり米国経済を学びなさい

リサーチ TODAY2013 年 5 月 28 日経済は米国で決まる、やっぱり米国経済を学びなさい常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創みずほ総合研究所は今月、米国経済に関し米国の調査経験豊かな2人のエコノミストによる『やっぱりアメリカ経済を学びなさい』と題する書籍を刊行した1。今年、みずほ総合研究所は米国経済のバランスシート調整が大きく進展したとの認識に転換し、成長率も大幅に上昇修正した。その結果、日本を中心に見通しを大きく前向きに転換し「脱失われた20年」の第一歩としたが、その背景にある

2013年4月8日みずほ総合研究所フィードバック数:4社会/政治

日銀の金融革命、今度は民間に問われる「今でしょ」

リサーチ TODAY2013 年 4 月 8 日日銀の金融革命、今度は民間に問われる「今でしょ」常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創今年2月に日銀新総裁に黒田氏の指名が決まったとき、筆者に「ドリームチーム」と話した海外投資家は4月4日の日銀の決定を「Kuroda big bang 最高のプレゼントだ」とした。かねてより筆者が世界の中央銀行の置かれた状況を「金融緩和オリンピック」と称していることを受け、「今回のオリンピックの勝者は日本」とした。今回の決定は甘利経済財政政策担当大臣が110%と

2013年3月30日Arbitronフィードバック数:0モバイル海外

APPS DOMINATE VIDEO ONLINE CONSUMPTION ACROSS SEVEN ARBITRON MOBILE SMARTPHONE PANELS IN THE U.S., EUROPE, AND ASIA

Nielsen has announced the launch of Nielsen Esports, a new business vertical focused on competitive gaming that will leverage the company’s expertise and leadership in media consumption and valuation. Global consumer confidence showed signs of conti

2013年3月24日イード★フィードバック数:4セキュリティ/ネットワーク

ソフトバンクが優位とのことです。

RBB TODAY SPEED TEST分析レポート

News 2013年3月19日 「RBB TODAY SPEED TEST分析レポート」公開のお知らせ 2013年3月19日 各位 「RBB TODAY SPEED TEST分析レポート」公開のお知らせ 株式会社イード 株式会社イード(本社:東京都中野区中央、代表取締役:宮川洋 以下、イード)が運営するIT総合ニュースサイト「RBB TODAY」は、スマートフォン向けのスピード測定アプリ「RBB TODAY SPEED TEST」のユーザーが計測したデータよりNTTドコモ、KDDI、ソフ

2013年3月18日みずほ総合研究所フィードバック数:1社会/政治

アベノミクスの目的は不動産・株式市場回復

リサーチ TODAY2013 年 3 月 18 日アベノミクスの目的は不動産・株式市場回復常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創先週のTODAY1では資産価格の重要性を指摘し、その支援のための税制や国民的合意が必要とした。下記の図表は日本のREIT指数と株価の推移である。REIT指数は、株価と連動した動きになっている。いまや株式だけでなく不動産市場にも動意が生じてきた。筆者が今年最も重視するのは資産価格動向であるが、なかでも不動産市場の回復に注目し、今年は「不動産市場転換の年」になると期待し

2013年3月8日みずほ総合研究所フィードバック数:1社会/政治

今年を「脱失われた20年」第一歩としたわけ

リサーチ TODAY2013 年 3 月 8 日今年を「脱失われた20年」第一歩としたわけ常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創先日発表したみずほ総合研究所の中期見通しで、2013年の海外環境は依然、慎重な見方も必要との認識を示したが、2014年以降を展望すれば、米欧で2007年以降生じた長期のバランスシート調整の圧力が次第に減退し安定成長パスに戻るとの判断を初めて示した1。日本も海外中心の先行き期待改善を通じて、漸く前向きな方向に舵を切るとの判断に修正し、期待も込めて長いトンネルからの脱却

2013年2月20日みずほ総合研究所フィードバック数:1社会/政治海外

韓国の環境は日本の3年前、「失われた3年」に類似

リサーチ TODAY2013 年 2 月 20 日韓国の環境は日本の3年前、「失われた3年」に類似常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創今日、韓国の輸出頼みの経済運営は転換を迫られている。これまで輸出の追い風となっていたウォン安の修正にも拍車がかかっている1。ウォン相場は2012年9月以降、米国の量的緩和に伴い韓国への資金流入が増加したことなどを受け、下記の図表のように、対ドル、対円いずれの通貨に対しても上昇傾向であった。さらに、米国が2012年11月に発表した為替政策報告書のなかで、韓国の

2009年11月9日イードフィードバック数:0モバイル

RBB TODAY モバイルアワード2009

News 2009年10月20日 【RBB TODAY】「モバイルアワード2009」を発表 2010年10月20日 各位 ユーザー満足度・期待度の高いモバイル製品/サービスを決める「モバイルアワード 2009」を発表 株式会社IRIコマース&テクノロジー東京都中野区中央1丁目38番1号代表取締役 宮川 洋 株式会社IRIコマース&テクノロジー(本社:東京都中野区中央、代表取締役:宮川洋)が運営する「RBB TODAY」は20日、「モバイルアワード2009」の結果を発表した。 読者投票によりユ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ