「TPP」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年2月7日ニワンゴフィードバック数:0社会/政治

月例ネット世論調査2017年1月

月例ネット世論調査2017年1月トランプ政権、禁煙強化など12問のネット世論調査を実施 トピックス内閣支持率 「支持する」57.8%、「支持しない」15.5% Q1いま、あなたは安倍内閣を支持しますか、支持しませんか。安倍内閣の支持率は、前月より6.1ポイント増の57.8%となり、2014年の衆議院総選挙以降、最高を記録しました。一方、不支持率は、前月より3.5ポイント減の15.5%となりました。男女別でみると、支持率は男性が64.2%で、女性を14.3ポイント上回りました。 生活指数(D.I

2016年12月6日ニワンゴフィードバック数:0マーケティング

月例ネット世論調査2016年11月

月例ネット世論調査2016年11月2016年11月の月例ネット世論調査です。今回は11月24日21:50に実施しました。 トピックス内閣支持率 「支持する」51.7%「支持しない」17.8% 前月比の増減は「支持する」0.5ポイント減、「支持しない」0.8ポイント減 Q1いま、あなたは安倍内閣を支持しますか、支持しませんか。安倍内閣の支持率は、前月より0.5ポイント減の51.7%となりました。一方、不支持率は、前月より0.8ポイント減の17.8%でした。男女別で見ると、支持率は男性が58.7%

2016年11月11日ニワンゴ★★フィードバック数:0社会/政治

米大統領選挙に関するアンケート

トランプ氏勝利! 米大統領選挙に関するアンケート米大統領選後の日米関係についての緊急調査アメリカの大統領選挙は、共和党のドナルド・トランプ氏が民主党のヒラリー・クリントン氏を破って勝利しました。そこで、日米関係について緊急アンケート調査を行いました。 結果全容Q1米大統領選で共和党のトランプ氏が民主党のクリントン氏に勝ったことは、日本にとって良かったと思いますか、悪かったと思いますか。Q28年間のオバマ政権時代に比べて、来年1月からのトランプ政権では、日米関係は全体として良くなると思いますか、

TPPと食品購入に関する生活者意識調査

TPPと食品購入に関する生活者意識調査

第8回 企業経営者・緊急アンケート調査「TPPの影響と対応 ~現下の経済と企業経営~」

企業経営者 緊急アンケート調査報告TPPの影響と対応~現下の経済と企業経営~2016年1月12日経済成長フォーラムTPPについて①・TPP(環太平洋パートナーシップ)協定の大筋合意(2015年10月5日)を、9割(89.8%)の経営者が、 「評価する」あるいは「ある程度評価する」と回答。TPP大筋合意に対する評価あまり評価評価しない しない1.7%8.5%評価する32.2%ある程度評価する57.6%(SA)n:1771© 経済成長フォーラムTPPについて②・日本にとってのTPPのメリットは、「国

2015年12月24日帝国データバンク★★フィードバック数:0社会/政治

中小企業の海外進出動向調査

2015/12/18中小企業の海外進出動向調査過半数が海外事業を拡大の意向〜 3割がTPPに新たな商機を期待 〜はじめに人口減などにより、国内市場に大きな伸びを期待するのは難しい。一方、新興国を含め世界の市場は着実に成長している。そのため成長機会を海外に求める中小企業も多い。そのような中、海外進出を行っていると目される中小企業2,760社に対し、海外進出への取り組みについてアンケート調査を行った。■【調査方法】 郵送調査(2015年11月6日〜20日)■【調査対象】 帝国データバンクの企業データ

2015年11月2日リクルートフィードバック数:0社会/政治

日本の政治・経済で、今、一番気になっていることは?

Vol.314 大学1年生に聞きました。 日本の政治・経済で、今、一番気になっていることは? 日本の政治・経済で、気になっていることはありますか?大学1年生に、日本の政治・経済で気になることがあるかどうかを尋ねたところ、8割以上の学生が「ある」と回答し、多くの学生が日本の政治・経済に関心を持っていることがわかった。属性別に見ると、理系学生よりも文系学生の方が、関心がある学生の割合が高い傾向が見られた。 一番、気になっていることは何ですか?(複数回答)次に、一番、関心があることについて尋ねたところ

TPPに関する世論調査

日本人のTPPに対する期待度は、調査対象国の中で最低の結果に...| メディアで多数の記事になった注目のプレスリリース TOP > プレスリリース一覧 > 日本人のTPPに対する期待度は、調査対象国の中で最低の結果に 一方で関心度は他の...日本人のTPPに対する期待度は、調査対象国の中で最低の結果に 一方で関心度は他のTPP参加国に比べて最も高い~エデルマン・ジャパン、TPPに関する世論調査結果を発表~ 世界をリードするグローバルなコミュニケーションズ・マーケティング会社エデルマンの

TPPをめぐる外交と国内政治(2014年度)

本研究ではアメリカや中国、韓国など、アジア太平洋地域の主要国におけるFTA(自由貿易協定)政策の動向を把握するとともに、TPP(環太平洋連携協定)交渉への対応を検討し、その政治的な背景を分析して、この地域の経済・外交の展開を規定する要因を明確化することによって、日本の対応の方向性を提示しました。 この研究成果の研究プロジェクト研究プロジェクト日本の対アジア太平洋外交政策と通商政策のあり方 [ 2014年度/アジア太平洋地域の経済成長と発展形態 ]Abstract/Keywords外交、通商 

新たな「世界の工場」として注目を集めるメキシコ

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年11月26日新たな「世界の工場」として注目を集めるメキシコ 自動車の年間生産台数において、メキシコが2014年にブラジルを12年ぶりに上回り、中南米で最大となる見通しです。メキシコの今年10月の自動車生産台数(速報ベース)は前年同月比+15.8%の33.0万台、1~10月累計では前年同期比+8.5%の272.6万台と、単月、累計とも過去最高を記録しました。この背景として、同国が低賃金などを武器に海外自動車メーカーの進出や生産拡大

2014年9月7日南都経済研究所フィードバック数:0社会/政治

円高修正とTPPで変わる地域産業(5)(まとめ…国際分業体制と地域の工業・農業)

円高修正とTPPで変わる地域産業(5)(まとめ…国際分業体制と地域の工業・農業)

2014年6月15日富士通フィードバック数:0社会/政治海外

アジア地域経済統合における2つの潮流と台湾参加の可能性

アジア地域経済統合における2つの潮流と台湾参加の可能性要旨これまでの10年間にアジアでの自由貿易地域形成は主に2国・地域間で行われてきており、FTAのネットワークも完成されつつある。しかし、アジア地域には規模の小さい経済が多く存在し、発展段階も多種多様であり、また外資企業の大量進出によってサプライチェーンやバリューチェーンも多数国・地域間にわたって構築されつつある。したがって、これまでのような2国・地域間のFTAから地域全体をカバーする地域統合の機運が生まれ、交渉の段階に入っている。特にTPPと

2014年5月11日南都経済研究所フィードバック数:0社会/政治

円高修正とTPPで変わる地域産業(1)(円高修正の動きとアジアの経済)

円高修正とTPPで変わる地域産業(1)(円高修正の動きとアジアの経済)

2014年4月28日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

外需主導で景気回復を遂げるマレーシアの死角 ~「中所得国の罠」のリスク回避に向け、外資開放など大胆な取り組みが不可欠~

1/3Asia Trendsマクロ経済分析レポート外需主導で景気回復を遂げるマレーシアの死角~「中所得国の罠」のリスク回避に向け、外資開放など大胆な取り組みが不可欠~ 発表日:2014年4月25日(金)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) ASEANへの注目が集まるなか、インドネシアやタイが躓きをみせる一方、外需依存度が高いマレーシアは先進国の景気回復や通貨安も追い風に回復感を強めている。近年は中国依存を高めており、その景気減速の影響

2014年4月24日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

オバマ大統領来日とTPP ~貿易赤字国の輸出促進~

オバマ大統領来日とTPP ~貿易赤字国の輸出促進~

2014年4月6日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

国会論議としてのTPP ―支持・反対の言説―

国会論議としてのTPP ―支持・反対の言説―2014-03-28 関連論文日本の対アジア太平洋外交政策と通商政策のあり方 [ 2014年度/アジア太平洋地域の経済成長と発展形態 ]Abstract/Keywords外交、通商 日中関係、日韓関係、対米関係リサーチリーダー 主席研究員 大矢根聡 同志社大学教授 研究目的緊張感が高まる東アジア地域の外交関係の中で、日本の通商政策のシナリオオプションを探る。研究内容今般、日中・日韓関係が混迷し対米関係にも影を落としていることに鑑み、政治学・国際関係論

2014年3月18日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

日本企業の「六重苦」問題はまだまだ残る

リサーチ TODAY2014 年 3 月 18 日日本企業の「六重苦」問題はまだまだ残る常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創2011年の東日本大震災後2012年頃まで、日本の産業についてよく言われた議論に「六重苦」があった。当時、日本の産業が抱える問題として挙げられた6つの要因は、①超円高、②法人税の実効税率の高さ、③自由貿易協定の遅れ、④電力価格問題、⑤労働規制の厳しさ、⑥環境規制の厳しさであった。以上の「六重苦」から日本の産業が国内における立地競争力を失い、空洞化が不安視された。また、

2014年2月2日中央調査社フィードバック数:0社会/政治

2014年の展望―日本の経済 ―4月の消費増税焦点に―

■「中央調査報(No.675)」より ■ 2014年の展望―日本の経済 ―4月の消費増税焦点に―時事通信社 経済部次長 犬飼 優2014年の日本経済のビッグイベントは4月の消費税増税だ。税率の5%から8%への引き上げが経済にどの程度のインパクトを与えるのか。昨年、安倍政権の経済政策「アベノミクス」の「第1の矢」(金融政策)で円安・株高が実現し、経済は回復軌道に乗り始めたが、消費税率アップは景気を大きく落ち込ませる要因になりかねない。政府は回避策として5.5兆円の景気対策を用意しているが、どこまで

2013年12月2日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

脱アジアが鍵になる中国のFTA

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 脱アジアが鍵になる中国のFTA~TPP参加も一つの戦略に~『大和総研調査季報』 2013年秋季号(Vol.12)掲載 米国がアジアにおける覇権のリバランスを図っている。中国は、それを再度リバランスすることに焦点を定め、経済大国の米国に対抗すべく日中韓FTAの締結交渉を進めており、その核心は日中経済の結合強化だった。一方で、中国は2013年5月に米国からTPP交渉への参加を打診されており、それに応える形

2013年11月29日ケアネットフィードバック数:0ライフスタイル

医師1,000人にTPPに対する意識を調査

医師1,000人にTPPに対する意識を調査

2013年11月17日富士通フィードバック数:0社会/政治海外

中国のアジア経済統合戦略:FTA、RCEP、TPP

中国のアジア経済統合戦略:FTA、RCEP、TPP要旨中国のFTA(自由貿易協定)戦略は、政治・経済・外交・安全保障政策を統合した戦略的な意味合いを持っている。これまで中国は、1)経済発展のスケールメリットの実現、2)自国経済成長に必要な資源の確保、3)「中国脅威論」の解消、4)「台湾独立」などの分離独立勢力の抑制、5)国際環境、特に周辺環境の改善といった目的に照らして12ヵ国・地域とFTAを締結したほか、7ヵ国・地域と締結交渉をしている。中でも、中国・ASEAN自由貿易協定は大きな成果を収めた

2013年7月25日日本総研フィードバック数:0ライフスタイル

【新しい成長戦略シリーズ7】目標を上回る農産物輸出の実現に向けて-TPP時代の農産物輸出拡大戦略

Research Focushttp://www.jri.co.jp≪新しい成長戦略シリーズ⑦≫2013 年 7 月 25 日No.2013-16目標を上回る農産物輸出の実現に向けて-TPP時代の農産物輸出拡大戦略調査部 主任研究員 蜂屋勝弘《要 点》 TPP協定への参加に伴い農業生産の減少が懸念。政府は、コメ、麦、牛・豚肉、乳製品、甘味資源作物を重要5品目と位置付け、関税撤廃の例外扱いを要求する一方で、農地集積や農家の大規模化を通じて、生産コストの削減や経営体力の強化を図り、農産物輸出の拡大

2013年7月24日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

参議院選挙後のアベノミクス(後編) ~過半数を獲得して成長戦略は実行段階へ~

Financial Trends経済関連レポート参議院選挙後のアベノミクス(後編) 発表日:2013年7月22日(月)~過半数を獲得して成長戦略は実行段階へ~第一生命経済研究所 経済調査部担当 熊野英生(℡:03-5221-5223)自公政権が参議院選挙で過半数を獲得して、いよいよねじれ国会は解消される。アベノミクスは信任投票をパスして、成長戦略を計画段階から実行段階へと進めていくことになる。今後のアベノミクスは、TPPなど批判が起こりやすい政策課題にも積極的に取り組むことになる。その先の最大の

2013年4月29日JETROフィードバック数:1ビジネス海外

【米国】砂糖輸入はTPP でどうなる?(2013年4月)

ジェトロの海外ネットワークを通じて収集した最近のビジネスニュースや政治・経済の概況、貿易・投資実務に役立つ制度・手続き情報や各種統計、調査レポートなどをお届けしています。 各国・地域別にご覧になりたい場合は「国・地域別情報」をご覧ください。 各種サービスメニューを取り揃えて日本企業の皆様の海外ビジネス展開を支援します。 海外ビジネスの目的にあわせてご利用いただける、ジェトロのビジネス情報とサービスをご案内します。 【米国】砂糖輸入はT

グラフで見る東海経済(2013年4月)

2013年04月25日【今月の景気判断】東海経済は持ち直している。自動車生産の増加が続いており、2月の鉱工業生産は3ヶ月連続で増加した。海外景気の回復により輸出も3ヶ月連続で持ち直している。円安・株高を背景に高額消費が好調を続ける一方、雇用環境は新規求人、有効求人ともに改善傾向が一服しており、個人消費全体は横ばい圏で推移している。設備投資は増加が一服しており、新年度の計画も慎重になっている。一方、賃金減少には歯止めがかかり、住宅投資は緩やかに持ち直している。今後も、世界経済の緩やかな回復とともに

2013年4月9日みずほ総合研究所フィードバック数:1ライフスタイル

農業に必要な担い手重視の競争力強化策

リサーチ TODAY2013 年 4 月 9 日農業に必要な担い手重視の競争力強化策常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創日本の農業が抱える本質的な問題は下記の図表に示される農業就業者の減少と高齢化に集約され、その結果、農業の衰退が地域の衰退につながることへの危機意識が生じている。そのため、農業の持続性を考えるには、あくまでも農業を主体とした「6次産業化」にとどまらず、企業との連携、「農商工連携」が不可欠になっている。 日本の農業従事者の平均年齢はすでに66歳程度まで高齢化が進んだなか、「6

日本経済ウオッチ TPPの概要と論点について

1.今月のグラフ ~赤字に転落した10~12月期の経常収支2.景気概況 持ち直しの動きがみられる3.今月のトピック:TPPの概要と論点について (1)FTA/EPAの締結動向 (2)TPP交渉の概要 (3)TPPに関する主な論点

2013年3月21日第一生命保険フィードバック数:2社会/政治

TPP参加の経済効果を吟味する ~関税を即時撤廃する極端な前提でもプラス効果~

TPP参加の経済効果を吟味する ~関税を即時撤廃する極端な前提でもプラス効果~

2013年2月28日第一生命保険フィードバック数:1社会/政治

TPP参加に実質合意した日米首脳会談 ~経済連携に強かに舵を切る安倍政権~

Economic Trends経済関連レポートTPP参加に実質合意した日米首脳会談発表日:2013年2月26日(火)~経済連携に強かに舵を切る安倍政権~第一生命経済研究所 経済調査部担当 熊野英生(℡:03-5221-5223)安倍首相は、2 月 22 日の日米首脳会談で事実上、TPP推進へと大きな一歩を踏み出した。以前から「聖域なき関税撤廃を前提条件とする限り反対」という立場だったのを、ここにきて「すべての関税撤廃をあらかじめ約束するものではない」との言質をオバマ大統領から取って、方向転換を決

2013年2月27日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

金融緩和に次ぐ収穫

Global Market Outlook金融緩和に次ぐ収穫2013年2月25日(月)第一生命経済研究所 経済調査部副主任エコノミスト 藤代 宏一TEL 03-5221-452316:21 現在<主要株価指数>日経平均株価TOPIXNYダウDAX(独)FT100(英)CAC(仏)上海総合※<外国為替>※ドル円ユーロ円ドルユーロ<長期金利>※日本アメリカイギリスドイツフランスイタリアスペイン(円)終値11662.52980.714,000.577,661.916,335.703,706.282,3

日本のEPA戦略のあり方

2013年02月01日○世界貿易において開発途上国・新興国のプレゼンスが高まる中、WTOのドーハ開発ラウンド交渉は、先進国と開発途上国・新興国との利益の対立から行き詰っている。このため、二国間あるいは地域におけるFTA(自由貿易協定)が世界で積極的に締結されている。○FTAを締結する目的としては、関税の削減、撤廃を通じて貿易を活発化させ、経済成長につなげることが考えられる。さらには、競争を通じた国際競争力の強化、対内直接投資の増加などが挙げられる。このほか、グローバル化が進展する中で、競争相手よ

2011年11月14日パイプドビッツ★フィードバック数:18社会/政治

話題のTPPについての市民意識調査です。

TPP(環太平洋経済連携協定)への日本参加の是非について

政治・行政の情報をストックし、後世に引き継ぐ政治情報サイトです。自治体(ふるさと)の政治・行政の歴史を皆さまと共に刻んでいきます。ネットを活用して迅速・的確に有権者の動向を把握する意識調査やSNS分析のほか、ネットセキュリティ関連サービス、ホームページの開設・運用など、さまざまな政党・政治家様専用サービスをご提供しています。知りたい地域の選挙情報がメールで届いたり、政治山で行うすべての調査結果が見られるなどの特典があります。今後、会員のみが参加できるコンテンツも登場します。政治山TOP|会社概要

2011年11月11日パイプドビッツ★フィードバック数:0社会/政治

TPPについての意識調査です。

TPP(環太平洋経済連携協定)への日本参加の是非について

TPP(環太平洋経済連携協定)への日本参加の是非について

2011年10月26日日経BPフィードバック数:17社会/政治

TPP参加に63%が賛成

TPP参加に63%が賛成懸念は米国の意図※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となりますclose ここから先は「日経ビジネスオンライン」の 会員の方(登録は)のみ、ご利用いただけます。日経ID(日経電子版と共通)で 1クリック登録 会員登録(無料)のメリットメリット1日経ビジネスオンラインの記事が全て読める メリット2会員限定のアプリが使える メリット3Evernoteで記事保存等、多様なビジネスツールと連携 メリット4厳選された記事を平日毎日メールマガジンでお届け +好評につき延

2011年3月4日オイシックスフィードバック数:1社会/政治

TPP 賛成5割超える  全国の専業農家がアンケート回答

TPP 賛成5割超える 全国の専業農家がアンケート回答

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ