「TSR企業」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年4月14日東京商工リサーチフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2016年度「太陽光関連事業者」の倒産状況

公開日付:2017.04.06 「太陽光関連事業者」の倒産が過去最多を更新した。2016年度(4-3月)の倒産は68件に達し、これまで最多だった2015年度の61件を7件(前年同期比11.5%増)上回った。負債総額は146億4,100万円(同57.0%減)で半減した。2015年度は新電力の日本ロジテック(協)(TSR企業コード:298943107、東京都)が、2016年3月に負債約120億円を抱え銀行取引停止処分を受け倒産したが、2016年度最大の負債は太陽電池セル製造のPVG Solution

2017年3月25日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

「さくら野百貨店仙台店」の運営会社 (株)エマルシェの債権者調査

「さくら野百貨店仙台店」の運営会社 (株)エマルシェの債権者調査 公開日付:2017.03.17 2月27日、仙台地裁へ破産を申請した「さくら野百貨店仙台店」を運営する(株)エマルシェ(TSR企業コード:291677851、宮城県仙台市)の主要債権者の所在地は、東京都と宮城県に集中していることがわかった。業種は、「繊維・衣服等卸売業」や「織物・衣服・身の回り品小売業」など、アパレル関連の小規模事業者が多い。エマルシェのように地元経済をけん引している百貨店、大型商業施設が行き詰まった場合、中小規模

2016年11月28日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

2015年度米麦卸売業動向調査

公開日付:2016.11.17 米麦卸を主業とする430社の2015年度(2015年4月期~2016年3月期)の業績は、売上高合計が1兆5,702億4,600万円(前年度比1.2%増)、利益(当期純利益)合計も139億700万円(同53.6%増)と、「微増収・大幅増益」だった。同業界は1942年制定の食糧管理法による許可制で守られていたが、1995年に食糧管理法の廃止で登録制に移行し、さらに2004年には届出制に移行した。これにより米の流通は事実上の自由化に入った。食の多様化から米の消費量は年々

2016年10月17日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

2016年1-9月「老人福祉・介護事業」の倒産状況

2016年1-9月「老人福祉・介護事業」の倒産状況 公開日付:2016.10.07 2015年4月の介護報酬改定から1年が経過したが、2016年1-9月の「老人福祉・介護事業」倒産が累計77件に達した。すでに9月時点で2000年1月から調査を開始して以来、最多だった前年(1-12月)の76件を上回り、年間最多記録を更新した。負債5千万円未満の小・零細規模が68.8%、設立5年以内が46.7%を占め、小規模かつ新規事業者を中心に倒産を押し上げている。また、事業計画が甘い安易な起業だけでなく、本業不

2016年8月24日東京商工リサーチフィードバック数:0ライフスタイル

「靴業界動向」調査

公開日付:2016.08.19 全国の百貨店に販路を築いていた婦人靴卸の(株)シンエイ(TSR企業コード:290081955、法人番号:5010501006498、東京都台東区、負債総額63億400万円)が7月28日、東京地裁へ民事再生法の適用を申請した。29日には婦人靴製造の新興製靴工業(株)(TSR企業コード:290077540、法人番号:7010601012238、東京都墨田区、負債総額21億6,700万円)が東京地裁に民事再生法の適用を申請。さらに、8月11日には靴製造販売のバレリアンシ

2016年7月17日東京商工リサーチ★フィードバック数:0社会/政治

「チャイナリスク」関連倒産調査(6月、上半期)

「チャイナリスク」関連倒産調査(6月、上半期) 公開日付:2016.07.082016年上半期(1-6月)の「チャイナリスク」関連倒産は62件(前年同期比55.0%増)だった。負債総額は489億8,200万円で前年同期から半減(前年同期939億900万円、前年同期比47.8%減)した。2015年4月に江守グループホールディングス(株)(TSR企業コード:600000702、法人番号: 6210001000419、福井県)が負債711億円を抱え東京地裁に民事再生法の適用を申請したが、当期はこれに匹

2016年6月8日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

上場ゼネコン60社 2016年3月期決算調査

公開日付:2016.06.07 主要上場ゼネコン60社の2016年3月期決算の連結売上高合計は、14兆9,414億2,800万円(前期比4.0%増)で5期連続の増収となった。また、本業の儲けを示す連結営業利益合計は、9,474億5,100万円(同75.6%増)で、3期連続で増益となった。増収は44社(構成比73.3%)、増益は50社(同83.3%)で、増収増益は41社(同68.3%)だった。なお、連結純利益合計は6,190億3,900万円(前期比66.8%増)で4期連続で増益となった。好決算の要

2016年5月17日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

「チャイナリスク」関連倒産調査(4月)

公開日付:2016.05.12 4月の「チャイナリスク」関連倒産は7件、負債総額は15億1,700万円で、件数・負債ともに前年同月を下回った。前年に負債総額711億円を抱え東京地裁に民事再生法を申請した江守グループホールディングス(株)(TSR企業コード:600000702、法人番号:6210001000419、福井県)の大型倒産があった反動で、負債は大幅に減少した。2016年1月-4月の累計件数は42件に達し、前年同期27件から1.5倍増(55.5%増)となった。42件を業種別でみると、アパレ

2016年4月28日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

「平成28年熊本地震」関連調査

公開日付:2016.04.18 4月14日以降の巨大地震は、熊本県内に本社を構えている企業にも大きな影響を及ぼしている。東京商工リサーチでは、熊本県内に本社を構えている企業数や従業員数、業種などを分析した。熊本県内に本社を構える企業数は3万5,173社、従業員数は33万346名(判明分)で、全体の売上高合計は9兆3,662億7,100万円だった。産業別売上高はサービス業他の売上高3兆7,378億9,100万円(構成比39.9%)が最も大きく、次いで製造業の売上高1兆7,893億7,000万円(同

2016年1月19日東京商工リサーチフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

ミネベアグループ・ミツミ電機「統合に伴う取引先」調査

ミネベアグループ・ミツミ電機「統合に伴う取引先」調査 公開日付:2016.01.15 2017年4月の経営統合を目指し基本合意書を締結した精密機械加工のミネベア(株)(TSR企業コード:411007688、東京都港区、東証1部)と、ミツミ電機(株)(TSR企業コード:290236819、東京都多摩市、東証1部)の取引先は、重複が極めて少なく経営効率が高いことがわかった。今回の調査は、ミネベアと同社連結会社4社(以下、ミネベアグループ)とミツミ電機の1次および2次取引先を企業情報サービス「tsr-

2016年1月15日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

2015年「チャイナリスク」関連倒産調査

公開日付:2016.01.13 2015年の「チャイナリスク」関連倒産は76件だった。前年(2014年)の46件から1.6倍増となった。負債総額は2,346億2,800万円で、4月に江守グループホールディングス(株)(TSR企業コード:600000702、福井県、民事再生、売掛金等回収難)が711億円、9月に第一中央汽船(株)(TSR企業コード:291084648、東京都、民事再生、中国景気減速)が1,196億700万円の負債を抱えて倒産した影響により、前年の203億200万円から11.5倍と大

2016年1月12日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

第一中央汽船グループの債権者調査

公開日付:2015.12.25 第一中央汽船(株)(TSR企業コード:291084648、東京都中央区)と関連のSTAR BULK CARRIER CO.,S.A.(TSR企業コード:015465810、東京都中央区)が9月29日、東京地裁に民事再生法の適用を申請した。負債総額はそれぞれ1,196億759万円、568億5,902万円。東京地裁に提出された再生手続開始申立書には、多数の債権者が記載されているが、外航・内航の両輪を備える総合海運会社のため、申立書上の債権者は海外法人であることも多く、

2015年9月30日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

「第一中央汽船グループ国内取引状況」調査

「第一中央汽船グループ国内取引状況」調査 公開日付:2015.09.29 第一中央汽船(株)(TSR企業コード:291084648、東証1部、東京都中央区)が9月29日、東京地裁に民事再生法の適用を申請した。負債総額は1,196億800万円(保証債務含む)で、海運業者の倒産としては、2012年7月の三光汽船(株)(TSR企業コード:290448557、東京都港区、会社更生法、負債総額1,558億円)に次ぐ、歴代3番目の大型倒産となった。今回、東京商工リサーチは、保有する国内最大級の企業データベー

2015年1月23日東京商工リサーチ★フィードバック数:0ビジネス

業種別の分析です。

業種別にみる「景気回復度合い」調査 -増収増益業種動向-

業種別にみる「景気回復度合い」調査 -増収増益業種動向- 公開日付:2015.01.22 2012年12月の第2次安倍内閣誕生時からの企業業績を比較したところ、最新期の「増収増益」企業は19万6,229社で、前期の17万8,990社から1万7,239社(9.6%増)増加した。東京商工リサーチでは企業の売上高・利益を業種別に合算し、業種毎の比較調査を行った。この結果、最新決算期の増収増益は、45業種中33業種(構成比73.3%)で、7割を超えた。増収増益業種は前期は19業種だったが、最新期では33

2012年12月27日東京商工リサーチフィードバック数:12ビジネス

売上高100億円以上の「小売業」動向調査 ~ 「ホームセンター、家電」 10年前に比べ売上高平均1.7倍増 ~

企業情報、信用調査など与信管理をサポートする東京商工リサーチ 売上高100億円以上の「小売業」動向調査 ~ 「ホームセンター、家電」 10年前に比べ売上高平均1.7倍増 ~ 小売業はリーマン・ショック以降、消費低迷とデフレで我慢が続いている。年間売上高100億円以上の小売業者数は2007年度の1,499社をピークに減少をたどっている。だが、2011年度は小売業者の売上高合計および1社あたりの売上高平均が増加し、復調の兆しも見え始めた。中堅・大手小売業者は冷え切った個人消費を喚起し、未曾有の不況

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ