「TVCM」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

TVCM×Facebook 動画広告のクロスメディア広告効果調査

株式会社博報堂DYメディアパートナーズ2015年8月5日  株式会社博報堂DYメディアパートナーズ(本社:東京都港区、社長:大森壽郎、以下 博報堂DYメディアパートナーズ)は、Facebook Japan株式会社(本社:東京都港区、以下 Facebook)とTVCMとモバイル動画広告をかけ合わせることで、商品・サービスに関するコミュニケーション活動の効率を高める仕組みの構築を目指し、「TVCM×Facebook 動画広告のクロスメディア広告効果調査」を行いました。 本調査では、Facebookの

2015年3月30日D2C★フィードバック数:0モバイル

広告への反応を見ています。

ユーザはどこでアプリをダウンロードするのか

スマイルの新着情報を RSSフィードで漏れなくチェック! デジタルマーケティングの総合オピニオンサイトHOME > ユーザはどこでアプリをダウンロードするのか。 ユーザはどこでアプリをダウンロードするのか。D2C Rの戸倉です。今回はアンケート調査を元に、ユーザがアプリをダウンロードするときの心理について書きます。ネット広告を見たユーザの心理とは!?Q1:ストアで直接ダウンロードする以外に、広告からアプリをダウンロードしたことがあるか。回答:YES or NO女性に比べて男性のほうがアプリを

TVCM×Yahoo! JAPANのインスクロール×YouTube InStream動画広告のクロスメディア広告効果調査

株式会社博報堂DYメディアパートナーズ2014年9月8日 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:大森壽郎)は、TVCMとPC・スマートフォン・タブレットなどのオンライン動画広告をかけ合わせることで商品・サービスに関するコミュニケーション活動の効率を高くなる仕組みの構築を目指し、「TVCM× Yahoo! JAPANのインスクロール×InStream動画広告のクロスメディア広告効果調査」を行いました。本調査は、ヤフー株式会社の協力を得て2014年3月以降に実施さ

TVCM×YouTube InStream動画広告のクロスメディア広告効果調査

株式会社博報堂DYメディアパートナーズ2014年9月4日 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:大森壽郎 以下 博報堂DYメディアパートナーズ)は、TVCMとPC・スマートフォン・タブレットなどのオンライン動画広告をかけ合わせることで商品・サービスに関するコミュニケーション活動の効率を高める仕組みの構築を目指し、「TVCM× InStream動画広告のクロスメディア広告効果調査」を行いました。本調査では、グーグル株式会社の協力を得て2013年4月以降に実施され

2014年4月9日QLifeフィードバック数:0ライフスタイル

【14年3月版】「お薬探しの“切り口”」の最新動向

【14年3月版】「お薬探しの“切り口”」の最新動向を発表2014年4月09日 [水] スギ花粉飛散がピークを迎え、「アレグラ」「アレロック」「ザイザル」など軒並み急増「アレジオン」はOTC薬の大量TVCMの影響か35位のジャンプアップスギ花粉飛散がピークを迎えた3月は、最も検索された薬剤こそ【ロキソニン】だったが、2位に【アレグラ】が入った。その他、【アレロック】【ザイザル】【タリオン】【セレスタミン】がそれぞれ先月から14位、21位、17位、28位と大幅アップし、花粉症・アレルギー性鼻炎治療薬

2013年2月11日ドゥ・ハウス★フィードバック数:6ライフスタイル

食品購入における情報源です。

年代別に見る「普段使っている食品を購入する際に重要視する情報源」

ソーシャル時代の「聞く技術」の最新事例をお届けします 聞く技術研究所は新サイトに移行しました。新しいサイトをぜひご覧ください。 新サイトTOPページ⇒年代別に見る「普段使っている食品を購入する際に重要視する情報源」Original Update by whynotred 以前、「普段使っている食品を購入する際に重要視する情報源」について書きましたが、今回はこのテーマをもう少し掘り下げて紹介します。上記テーマを各年代で見てどういった特徴があるのか、それぞれ店頭でどのようなものに注目しているのかを

2009年12月22日MMDLaboフィードバック数:11マーケティング

モバイルSNSでのコミュニケーションに関する実態調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > モバイルSNSでのコミュニケーションに関する実態調査 モバイルSNSでのコミュニケーションに関する実態調査 【 調査結果サマリー(※一部抜粋) 】■ 「SNSで知り合った人と実際に会った経験あり」約4割■ モバイルSNSに登録したきっかけ、約3割が「モバイル広告」、約1割が「TVCM」■ SNSへのログイン回数、65.7%の利用者が「1日

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ