「UNFCCC」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

「2013年比26%削減」は本当に「国際的に遜色ない水準」か?

IGESの気候変動総合サイト(IGES Climate)では、気候変動に関する国際交渉、気候・エネルギー政策(緩和、適応、資金・技術)等に関するIGESの研究活動や出版物の紹介やスタッフコラム「Climate Updates」などを通じて、気候変動政策に関する最新の情報を提供していきます。 Climate Updates「2013年比26%削減」は本当に「国際的に遜色ない水準」か?2015年6月22日1. はじめに2015年12月にフランス・パリで開催される国連気候変動枠組条約(UNFCCC

2015年5月1日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度地球温暖化問題等対策調査報告書(地球温暖化問題を巡る国際動向調査(気候変動枠組条約(UNFCCC)))調査報告書

平成26年度地球温暖化問題等対策調査報告書(地球温暖化問題を巡る国際動向調査(気候変動枠組条約(UNFCCC)))調査報告書

2015年1月30日大和総研★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

温暖化、温室効果ガスについてのレポートです。

国際環境協力で進める地球温暖化対策

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 国際環境協力で進める地球温暖化対策環境エネルギー技術で地球全体のGHG排出量削減に貢献 ◆ベースラインシナリオでは、世界全体の温室効果ガス(GHG)の排出量は燃料燃焼等起源の二酸化炭素の増加によって今後も大きく増加していくことが予測されている。地球温暖化をこのまま放置すれば、我々の日常生活や経済活動の広い範囲が不可逆的で非常に厳しい状況に陥る可能性があると指摘されている。日本も世界で5番目にGHG排出

2014年8月31日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度地球温暖化問題等対策調査(地球温暖化問題を巡る国際動向調査(気候変動枠組条約(UNFCCC)))調査報告書

平成25年度地球温暖化問題等対策調査(地球温暖化問題を巡る国際動向調査(気候変動枠組条約(UNFCCC)))調査報告書

2013年7月10日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

オバマ政権の気候変動対策

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 オバマ政権の気候変動対策国内政策を固めて、外交に踏み出す オバマ大統領は2013年6月、気候変動対策について演説を行い、政権二期目(2013年~2016年)の政策方針「大統領気候行動計画(The President’s Climate Action Plan)」を公表した。国内政策はこれまでと大きく変わらず、天然ガス等の利用拡大を柱に温室効果ガスの排出削減に取り組む方針だ。一方、外交は中国やインドとの

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ