「USドル」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年2月28日GfKフィードバック数:0デジタル家電

2016年グローバルのデジタルカメラ販売動向

「2016年グローバルのデジタルカメラ販売動向」 ミラーレスカメラの販売伸長により東南アジアでは金額規模が拡大  スマートフォンのカメラ性能が進化する中、2016年のデジタルカメラ市場は厳しい状況が続いた。2016年におけるグローバルのデジタルカメラ販売は数量前年比25%減の3,500万台、金額前年比13%減の153億USドルになったとみられる。  主要マーケットをみると、西ヨーロッパでは数量前年比24%減、北米では同18%減となった。ただし、平均価格の上昇により金額前年比はそれぞれ13%

2016年11月3日GfKフィードバック数:0モバイル

2016年第3四半期 スマートフォンのグローバル販売動向

「GfK調べ:2016年第3四半期 スマートフォンのグローバル販売動向」 【概要】 ・中南米は5四半期連続のマイナス成長から脱する ・EU離脱決定後のグレート・ブリテンはプラス成長 ・中国は携帯電話会社の補助削減により2017年には需要が縮小する見込み 2016年第3四半期(7-9月)におけるグローバルのスマートフォン販売台数は前年比7%増の3億5300万台、販売金額は同9%増の1040億USドルとなる見込みだ。中国が好調を維持していることに加え、北米以外のすべての地域でプラス成長となって

2016年10月14日GfKフィードバック数:0大型消費/投資

東南アジアの自動車タイヤ市場動向

「GfK調べ、東南アジアの自動車タイヤ市場動向」 2年間で20以上のブランドが東南アジア4カ国へ参入 タイヤメーカーにとって東南アジアの新興国は新規参入先として魅力的な存在です。原材料の価格低下もこの後押しとなっており、2015年以降では22の市販用タイヤのブランドがタイ、マレーシア、インドネシア、フィリピンの主要都市に参入しました。GfKは同4カ国で自動車タイヤのPOSトラッキング調査を実施しています。市場競争の激化は力のないブランドの市場撤退を促すが、今年の各市場におけるブランド数を

2016年2月8日MasterCardフィードバック数:0大型消費/投資

アジア太平洋地域渡航先ランキング

プレスリリースMasterCard、初の「アジア太平洋地域渡航先ランキング」を発表 東京は167都市中3位に輝く 日本からは、東京、大阪、北海道、千葉がトップ20にランクインMasterCard(本社:ニューヨーク州パーチェス)は、今回初となる調査「アジア太平洋地域渡航先ランキング(MasterCard Asia Pacific Destinations Index)」を発表しました。一泊以上滞在する海外からの渡航者が初めて2,000万人を超えたバンコクが他の都市を大きく引き離し、第1位に選ば

2015年6月25日経済協力開発機構フィードバック数:0社会/政治

低金利が年金と保険の支払い能力(ソルベンシー)を脅かす

低金利が年金と保険の支払い能力(ソルベンシー)を脅かす2015年6月24日OECDの最新レポートによると、現在の低金利環境は、年金基金や生命保険会社の長期的な財政的実効性に大きなリスクをもたらします。なぜなら、これらの機関は約束に見合った十分なリターンを求めるからです。今回が創刊となる「OECD企業・金融アウトルック」は、年金基金と生命保険会社は、金利が高かった時に保険契約者や信託受益者に対して約束したレベルのリターンを守るために「利回り追求」にのめり込む可能性があるということを主な懸念としてあ

2015年4月15日矢野経済研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

市場データです。

PLM市場に関する調査結果 2015

2015年04月15日 PLM市場に関する調査結果 2015 ~世界、国内ともに堅調な成長をみせるPLM市場~ 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にてPLM市場についての世界および日本国内における調査を実施した。1.調査期間:2014年10月~2015年3月2.調査対象:PLMシステムメーカー3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mail によるヒアリングを併用<PLMとは>PLM(Product Lifecycle Management)とは、開発・生産からメンテナンス

Citrixの調査です。

オフィスワーカーのワークスタイルに関する調査

現在、選択できる記事はありません。当サイトに新しい記事を継続的に追加しますので、再度ご確認ください。Citrix、2017年度第1四半期決算を発表(英語)2017年第1四半期収益は6億6,300万USドル、第1四半期のGAAPベースの希薄化後1株当り利益は0.44 USドル、非GAAPベースの希薄化後1株当り利益は0.97 USドル、繰越収益は前年同期比11%増の17億 USドル、 第1四半期に700万株の自社株買い戻し シトリックス、Citrix XenDesktop Essenti

DaaS市場のグローバルトレンド

現在、選択できる記事はありません。当サイトに新しい記事を継続的に追加しますので、再度ご確認ください。Citrix、2017年度第1四半期決算を発表(英語)2017年第1四半期収益は6億6,300万USドル、第1四半期のGAAPベースの希薄化後1株当り利益は0.44 USドル、非GAAPベースの希薄化後1株当り利益は0.97 USドル、繰越収益は前年同期比11%増の17億 USドル、 第1四半期に700万株の自社株買い戻し シトリックス、Citrix XenDesktop Essenti

2013年12月25日JETRO★フィードバック数:0ビジネス海外

ハノイのライフスタイルです。

ハノイスタイル

ジェトロの海外ネットワークを通じて収集した最近のビジネスニュースや政治・経済の概況、貿易・投資実務に役立つ制度・手続き情報や各種統計、調査レポートなどをお届けしています。 各国・地域別にご覧になりたい場合は「国・地域別情報」をご覧ください。 各種サービスメニューを取り揃えて日本企業の皆様の海外ビジネス展開を支援します。 海外ビジネスの目的にあわせてご利用いただける、ジェトロのビジネス情報とサービスをご案内します。 ベトナムの首都ハノイ市

世界17カ国での調査です。

「ビジネスにおけるモビリティ」に関しての調査

現在、選択できる記事はありません。当サイトに新しい記事を継続的に追加しますので、再度ご確認ください。Citrix、2017年度第1四半期決算を発表(英語)2017年第1四半期収益は6億6,300万USドル、第1四半期のGAAPベースの希薄化後1株当り利益は0.44 USドル、非GAAPベースの希薄化後1株当り利益は0.97 USドル、繰越収益は前年同期比11%増の17億 USドル、 第1四半期に700万株の自社株買い戻し シトリックス、Citrix XenDesktop Essenti

2013年9月4日経済産業省フィードバック数:0ビジネス海外

アフリカビジネスに関する基礎的調査報告書

アフリカビジネスに関する基礎的調査報 告 書平成25年3月株式会社 野村総合研究所0アフリカビジネスに関する基礎的調査 報告書― 目 次 ―1.はじめに .................................................................................................................................. 12.事業実施方法 ................................

2013年8月9日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

繊維産業の現状及び今後の政策展開

繊維産業の現状及び今後の展開について平成25年1月17日経済産業省繊維課長 片岡 進目次1.繊維産業の現状について2.繊維産業のサプライチェーンの状況3.日本衣料品市場の販路別構成4.繊維産業のグローバル市場5.これまでの繊維政策6.今後の繊維政策の方向性11.繊維産業の現状について2繊維産業の現状①繊維産業の製品出荷額は、1991年がピーク。現在はピーク時の1/3以下。繊維産業は、70年代以降3度のショックを経験(日米繊維交渉協議(70~72年)、オイルショック(73、79年)、プラザ合意

2013年3月31日JETRO★フィードバック数:1ライフスタイル海外

ベトナムのハノイでの生活についてのレポートです。

ハノイスタイル(2013年3月)

ジェトロの海外ネットワークを通じて収集した最近のビジネスニュースや政治・経済の概況、貿易・投資実務に役立つ制度・手続き情報や各種統計、調査レポートなどをお届けしています。 各国・地域別にご覧になりたい場合は「国・地域別情報」をご覧ください。 各種サービスメニューを取り揃えて日本企業の皆様の海外ビジネス展開を支援します。 海外ビジネスの目的にあわせてご利用いただける、ジェトロのビジネス情報とサービスをご案内します。 ベトナムの首都ハノイ

2012年7月11日矢野経済研究所フィードバック数:5製造業/エレクトロニクス

PLM市場に関する調査結果 2012

2012年07月11日 PLM市場に関する調査結果 2012 ~順調に回復する世界市場、今後の回復に期待する日本市場~ 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にてPLM市場についての世界および日本国内における調査を実施した。1.調査期間:2012年2月~5月2.調査対象:PLMシステムメーカー3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリングを併用<PLM(Product Lifecycle Management)とは>開発・生産からメンテナンス、あるいはリサイクル

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ