「Uber」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2017年4月9日UBERフィードバック数:0ライフスタイル

Uberで最も多い忘れ物トップ10

Site NavigationUber の忘れ物インデックス飛行機やバス、電車、そしてUberのご利用時に忘れ物をしたことに気付き、パニックになったことはありませんか。Uber の乗車でも忘れ物が多く、その種類は多岐にわたります。今回、最も多い順にUberの忘れ物インデックス(米国版) を作成してみたところ、面白い発見がありました。Uberの忘れ物インデックスには、鍵や充電器や財布などの、利用者がよく忘れるものから、驚くようなものまで含まれています。また忘れ物が多い州(米国)や曜日などもわかりま

2016年11月12日MMDLaboフィードバック数:0大型消費/投資

シェアリングエコノミーサービスに関する調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > シェアリングエコノミーサービスの利用経験は7.3%、利用したことがあるサービスの上位は「Airbnb、Uber、Laxus」 シェアリングエコノミーサービスの利用経験は7.3%、利用したことがあるサービスの上位は「Airbnb、Uber、Laxus」 MMD研究所は、15歳~69歳の男女4,412人を対象に2016年10月21日~10月2

2016年6月30日Criteo★★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

Eコマースの未来―2026年への道のり

Ovum社調査レポート:Eコマースの未来―2026年への道のり今後10年間におけるEコマースの動向を予測したOvum(オーバム)社の調査に基づく本レポートは、デジタルとモバイルを活用する小売業者にとって大変有益な内容となっています。PDF としてダウンロード 未来を正確に予測することはできません。しかし、Ovum社は小売業界に影響を与え続けるテクノロジーの進化を注意深く観察・分析することにより、今後10年間でEコマースが私たちに何をもたらすのかについて予測しました。今から備えておければ、時

2015年6月26日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング要登録

シェアリングエコノミーに関する調査

日本のシェアリングエコノミー“Uber for X”は、女性が牽引? 拡大のために期待することは、「信頼性・安全性を高める認証制度」日本のシェアリングエコノミー“Uber for X”は、女性が牽引?自宅など、使わない期間やスペースをシェアしたい女性が2割超調査結果サマリーシェアリングエコノミー拡大のために期待することは、「信頼性・安全性を高める認証制度」これまでに家や自動車などを貸し出したことがある人に、今後のサービス拡大に向けて期待することを聞いたところ、「信頼性・安全性を高める認証制度」(

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ