「VIX指数」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

「短期」は損気~冷静な判断と中長期の投資が重要~

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年10月20日「短期」は損気~冷静な判断と中長期の投資が重要~ 中国やユーロ圏での景気の先行き不透明感や、エボラ出血熱の感染拡大への懸念などを背景に、市場に不安感が拡がる中、投資家のリスク回避の動きを受け、世界的に株価が軟調気味となっています。投資家の不安心理を反映する指標とされるVIX(ビックス)指数は15日に一時、2011年12月以来の30超えを記録、その後はやや低下したものの、落ち着きを取り戻したとは言えない状況です。VIX

2014年1月21日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

2014年、脱「失われた3、7、20年」ゴールデンサイクル

リサーチ TODAY2014 年 1 月 21 日2014年、脱「失われた3、7、20年」ゴールデンサイクル常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創今年の経済については4月以降の消費税率引き上げに伴う減速もあることから、先行きには警戒を示す見方も多い。我々も消費税率引き上げに伴う一時的な減速は不可避と見るものの、その後、再び緩やかな回復を展望する。その背景には、今年は過去の3つの大きな足枷から正常化の基調にあるという位置づけがある。それは、脱「失われた3年」、脱「失われた7年」、脱「失われた2

2014年1月17日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

2014年のリスクシナリオ、死角は内外政治要因

リサーチ TODAY2014 年 1 月 17 日2014年のリスクシナリオ、死角は内外政治要因常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創年初に開いた当社NY事務所とのTV会議で、NYから「今年、米国市場でダウンサイドを意識する投資家は少ない」、「現時点で懸念材料がないことが懸念」との発言があった。それだけに、何かあったときのショックは大きい。日本も年初は平穏で、昨年までの緊張した状況からは異なる。それでも過去を振り返れば、1年を通じて必ず予期しないイベントが生じてきた。楽観シナリオに死角はない

2013年12月2日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

100年に一度の危機がなかった2013年、来年も安定?

リサーチ TODAY2013 年 12 月 2 日100年に一度の危機がなかった2013年、来年も安定?常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創12月になり、2013年を振り返る段階になってきた。下記の図表は市場の不安度合いのバロメーターであるVIX指数の推移である。VIX指数は10月に米国の財政問題への懸念から一時的に警戒水準とされる20を超えたが、その後は再び低下して現在に至っている。米国の財政問題や欧州の債務問題は引き続き懸念材料であるが、VIX指数が特に上昇するには至ってはいない。■図

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ