「WAON」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年8月10日ドゥ・ハウスフィードバック数:0マーケティング

「ポイントカード」に関する調査

2016.08.04所持率の最も高いポイントカードは「Tポイントカード」 ポイントカードを作った理由は「よく行くお店で使える」 ~ 「ポイントカード」に関する調査結果を発表 ~株式会社ドゥ・ハウス(東京都港区 代表取締役社長:高栖祐介)は、自社のインターネットリサーチサービス『myアンケートlight』を利用し、1都3県に住む20代~50代の男女を対象に「ポイントカード」に関するWEBアンケートを実施いたしました。調査期間は2016年7月12日(火)~7月15日(金)。有効回答は1,063人から

既婚女性の電子マネー利用実態調査

ソフトブレーン・フィールドは営業効果を高めたい企業と全国規模で店舗売場を店頭調査する消費者モニターとを結ぶ企業パートナーです。 ホーム > 新着情報 > 【プレスリリース】「85%が電子マネーを活用!現金やクレジットカードと半々で使うが50%!〜既婚女性の電子マネー利用実態調査〜」 法人企業のお客さまへ 働きたい主婦の皆さまへ 【プレスリリース】「85%が電子マネーを活用!現金やクレジットカードと半々で使うが50%!〜既婚女性の電子マネー利用実態調査〜」2016年05月12日報道関係者各位2

2015年10月27日マイボイスコムフィードバック数:0大型消費/投資

マイボイスコム 非接触IC型電子マネー(6)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ非接触型電子マネー所有率は8割弱。所有率、利用率の上位は「WAON」「nanaco」「Suica」「楽天Edy」など。「WAON」「nanaco」などは過去調査より増加傾向 買い物での電子マネー週1回以上利用者は、直近1年間電子マネー利用者の5割弱。楽天Edy主利用者、iD主利用者、QUICPay主利用者などでの利用頻度が高い傾向 買い物での電子マネー利用者のチャージ方法は「レジ、サービスカウンター」「電子マネーのチャージ専用機」「駅の券売

2013年10月28日マイボイスコムフィードバック数:0大型消費/投資

マイボイスコム 非接触IC型電子マネー(5)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ非接触型電子マネー所有率は8割弱。所有率上位は「Suica」「WAON」「nanaco」「楽天Edy」など。「WAON」「nanaco」などは過去調査より増加傾向。男性30・40代は「楽天Edy」、女性30代以上は「WAON」が最も多い。利用意向は全体の7割弱。電子マネー所有者では8割強だが非所有者では2割弱 直近1年間に利用した非接触型電子マネーは「Suica」「WAON」「nanaco」「楽天Edy」「PASMO」の順で多い。買い物で最

2011年11月9日マイボイスコムフィードバック数:6大型消費/投資

非接触IC型電子マネー(4) マイボイス

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ非接触型電子マネー所有率は8割弱、2007年・2008年調査時より増加。「Edy」「Suica」「WAON」が上位で、WAON、nanaco所有者は、2008年調査時よりも増加 直近1年間では関東では「Suica」、北陸、四国では「Edy」、それ以外では「WAON」の利用者が最も多い。電子マネーの使用頻度が増えた人は33.0% 非接触IC型電子マネーの利用場所は「交通機関」「コンビニエンスストアがトップ2。2008年調査時より「スーパー」が

2010年4月26日楽天リサーチ★フィードバック数:15大型消費/投資

楽天リサーチによる電子マネーに関する調査結果です。

電子マネーに関する調査

2010年4月21日楽天リサーチ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:森 学、以下 楽天リサーチ)は、電子マネーに関するインターネット調査を実施しました。今回の調査は、3月19日に楽天リサーチ登録モニター(約183万人)の中から、全国の20~69歳の男女計1,000人を対象に行いました。 【総評】電子マネーは昨年に続いて流通系が躍進し、より生活に密着した決済手段になっていることが分かる。また、ユーザーは利便性に加え、ポイントやマイルといった特典も求める傾向にあり、単なる決済手段にとどまら

2009年4月27日楽天リサーチ★フィードバック数:0大型消費/投資

楽天リサーチによるICカードに関する調査結果です。

利用者数1位は2年連続で「Edy」、2位「Suica」との差は拡大 月額平均支払い額、昨対で387円のマイナス

2009年4月21日楽天リサーチ株式会社(代表取締役社長:森 学、本社:東京都品川区)は、電子マネーに関するインターネット調査を実施しました。今回の調査は、3月20日から21日にかけて、楽天リサーチ登録モニター(約160万人)の中から、全国の20~69歳の男女計1,000人を対象に行いました。調査内容は、ショッピングで利用している電子マネーや月々の支払額、サービスの満足度などで、一部2008年7月の調査結果との比較を交えて分析しました。 【総評】利用可能な店舗やサービス内容が拡充し、生活に無くて

インターワイアードによる電子マネーに関する調査です。

『電子マネー』に関するアンケート 2008

電子マネー利用者は56.4%。自販機、スーパーでの利用増える 「WAON」の認知度、昨年より2割アップこの1年で、PASMO、nanaco、WAON、TOICAなど、新しい電子マネーが参入・普及しました。利用する電子マネーや利用の仕方に変化はあらわれたのでしょうか?インターワイヤード株式会社が運営するネットリサーチのDIMSDRIVEでは、「電子マネー」についてアンケートを行い、各電子マネーの認知率や利用場所、利用頻度などについてまとめました。調査は2008年7月9日(水)〜7月24日(木)にか

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ