調査のチカラ TOP > タグ一覧 > WEBディレクター

「WEBディレクター」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2013年11月4日ワークポートフィードバック数:0キャリアとスキル

2013年9月Webディレクター職採用動向

[] <要旨>新規求人数は前月と同水準ながら、好調に推移しています。特に目立ったのはWebディレクター職で、即戦力として働ける方が多く求められていました。連休を挟んだ影響で選考スピードはやや鈍化したものの、面接の日程調整などはスムーズで1次面接の感触しだいではその場で最終面接を実施するケースも見られます。また、職業訓練校を9月いっぱいで卒業し、10月初旬の入社を目指す方が目立ったのも当月の特徴でした。<今後の見通し>景気拡大に伴い、体制強化を図る企業が多くあります。技術者・専門技能者の不足を補う

2013年8月30日ワークポートフィードバック数:0キャリアとスキル

2013年7月WEB系職種採用動向

[] <要旨> 自社サービス・クライアントワーク共に、業績好調による積極採用が続いています。単なる増員ではなく将来の幹部候補を求める企業が多く、実務経験年数など即戦力としての評価が鍵を握りそうです。ディレクターの場合は特に管理能力が求められるため、マネジメントや外注でのやりとりなどを具体的に職務経歴書に記載して積極的にアピールすることが大切です。選考は慎重に行う企業が多いため、在職中の方は引継ぎ期間も考慮して早めに活動を開始しましょう。 <今後の見通し> 「WEBディレクター」と一概に言っても、

2013年7月5日ワークポートフィードバック数:1キャリアとスキル

2013年5月Web系職種採用動向

[] <要旨> Eコマース市場の拡大は続いているものの、ECサイト運営、ECサイトディレクターの採用に関してはやや低迷しています。特にECサイト運営職に関しては、採用枠が1~2名という企業が多い上に人気が高く、求人が出ても即募集終了となってしまうのが実情です。採用要件としては「Webデザイン経験(2年以上)」「HTML、CSS、Photoshop、Illustratorの経験」などデザイン能力を求められる傾向にあり、ポートフォリオが決め手となるケースも少なくありません。人気業界であるアパレル以外

2013年4月23日ワークポートフィードバック数:1キャリアとスキル

2013年3月ディレクター・プロデューサー職採用動向

[] <要旨> 求人数に目立った増減はありませんが、ニーズは多様化しています。UIなどデザインよりの経験や知識を重視する会社が多く、特に、ECや自社サイトの増加に伴ってデザイナー経験のある人材が求められています。また、WEBマーケティング・解析などの知識や経験がある方を求める企業も目立ちました。業界別ではソーシャルゲーム業界が積極的な採用を続けており、ゲーム業界経験者はもちろん、WEBディレクター、特にフィーチャーフォンやスマートフォンでのコンテンツ・アプリ開発経験者のニーズが高い状況です。<今

2012年10月30日ワークポートフィードバック数:1キャリアとスキル

2012年9月インターネット業界採用動向

[] <要旨> インターネット業界の伸び率は徐々に鈍化していますが、規模は年々拡大しており、採用枠も増加しています。クリエイター(ディレクター・デザイナー)、アプリケーションエンジニア、インフラエンジニアと幅広い職種の求人が展開されている点も特徴でしょう。国内から海外へと事業を拡大する企業が多いため、語学力のある人材が優遇されています。また、選考期間中に他社に人材を奪われることを恐れ、二次面接と三次面接を同時に実施するなど選考回数の削減を図る企業が増加しました。ごく稀にではありますが、1回のみの

2011年1月25日ワークポートフィードバック数:0キャリアとスキル

2010年12月 ゲーム業界採用動向

[] <要旨> ゲーム業界のマーケットは、引き続きソーシャル業界が牽引しています。しかし、エンジニアは採用ニーズの高い状況が続く中でディレクターやデザイナーは現状維持か減少となり、ポジションによってはピークを過ぎた感があります。 一方、コンシューマー業界がオンラインやソーシャルに参入したことでWEB系人材の需要が高まり、WEB系エンジニアやWEBディレクター、デザイナーなどの求人が大手パブリッシャーや中堅パブリッシャーから相次ぎました。コンシューマー業界では依然としてPS3やXbox360とい

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ