「et al」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年4月10日経済産業研究所フィードバック数:0大型消費/投資

家に賭ける:金融政策、住宅ローンの活況、住宅価格

世界の視点から 家に賭ける:金融政策、住宅ローンの活況、住宅価格Òscar JORDÀ サンフランシスコ連邦準備銀行リサーチアドバイザー / カリフォルニア大学デービス校教授Alan TAYLOR カリフォルニア大学デービス校教授 / CEPRリサーチフェロー住宅は世界金融危機の大きな原因であった。そのため、現在の超低金利の下、住宅市場が新たなバブルで膨れ上がっているのではないかとの懸念がある。本稿では、先進14カ国の過去140年分のデータを用い、超低金利が長期にわたって続いた場合の金融安定リス

2014年9月15日一橋大学フィードバック数:0キャリアとスキル

先進国における外国人家事労働者の増加要因の国際比較分析

先進国におけ る外国人家事 労働者の増加 要因の国際比 較分析伊藤善典(一橋大学経済研究所)【要旨】近年、先進国では、高齢化等により介護ニーズが増加する中、外国人家事労働者の増加が見られる。日本でも、外国人家事労働者導入の検討の開始が閣議決定された。しかし、先進国の全てで外国人家事労働者を受け入れているわけではない。南欧や東アジアの家庭では多数働いているが、北欧ではわずかである。本研究では、先行研究の成果を活用しつつ、多国間比較を行うことにより、外国人家事労働者の需要につながった要因を抽出し、先

2013年度の「アジアの自然災害」研究会報告書

2013年度の「アジアの自然災害」研究会報告書が完成しました。2014-05-22 本研究では、Hsiao et al. (2010)の手法により、東日本大震災の被災三県(岩手県、宮城県、福島県)の、同震災が発生しなかった場合に実現されていたであろう名目及び実質GRPの推計を行いました。これと、速報的に発表されている被災三県GRPとの比較を行い、同震災が被災地の経済活動に与えた影響の定量把握を試みました。阪神・淡路大震災以降、復興計画の重要な目的の一つとして、間接経済被害の極小化が挙げられます

2013年6月30日内閣府フィードバック数:1製造業/エレクトロニクス

外資系企業の参入と国内企業の生産性成長:『企業活動基本調査』個票データを利用した実証分析

ࠐ! फ! ໦! ଢ଼!㸦ㄽᩥ㸧እ㈨⣔௻ᴗࡢཧධ࡜ᅜෆ௻ᴗࡢ⏕⏘ᛶᡂ㛗㸸ࠗ௻ᴗάືᇶᮏㄪᰝ࠘ಶ⚊ࢹ࣮ࢱࢆ฼⏝ࡋࡓᐇドศᯒyyyyyyyyyyyyyyyyyyyఀ⸨ᜨᏊᏛ⣭つᶍࡀᏛຊ࡜Ꮫ⩦ཧຍ࡟୚࠼ࡿᙳ㡪yyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyy஧ᮌ⨾ⱑ㤳㒔┤ୗᆅ㟈࡟࠾ࡅࡿᆅ᪉㈈ᨻ࡬ࡢᙳ㡪㸸ᖺḟู㒔┴ูࡢ᥎ィyyyyyyyyyyyᐑᓮ Ẏ⥔ᣢᖺ㔠ᖹ‽໬࡜≉チࡢ࢜ࣉࢩࣙࣥ౯್yyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyᒣ⏣⠇ኵᩍ㣴ፗᴦ౯᱁ࡀฟ⏘࡟୚࠼ࡿᙳ㡪yyyy

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ