「kWh」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年7月13日矢野経済研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

中小水力発電市場に関する調査を実施(2017年)

2017年07月04日 中小水力発電市場に関する調査を実施(2017年) ~FIT適用により、渓流水、農業用水、工業用水、上下水道等の落差・流量を利用した発電が急伸~ 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内の中小水力発電の発電電力市場および発電所建設市場の調査を実施した。1.調査期間:2017年4月~6月2.調査対象:中小水力発電事業者、発電設備機器メーカー、コンサルタント、土木工事会社3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査併

2015年10月1日矢野経済研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

定置用蓄電池(ESS)市場に関する調査結果 2015

2015年10月01日 定置用蓄電池(ESS)市場に関する調査結果 2015 調査要綱 矢野経済研究所では、次の要綱にて国内の定置用蓄電池(ESS)市場に関する調査を実施した。1. 調査期間:2015年5月~9月2. 調査対象:定置用蓄電池(ESS)関連メーカー、蓄電システム関連プレーヤー他3. 調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査併用<定置用蓄電池(ESS:Energy Storage System)市場とは>本調査における定置用蓄電池(

2015年6月4日科学技術振興機構フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

中国陸上風力発電の発展状況-その2

中国陸上風力発電の発展状況-その22015年 5月27日金 振(中国総合研究交流センター フェロー)○ 買取価格の引き下げと風力発電設備のコストダウンの流れ 2015年1月1日より、5年ぶりに改正された新しい風力発電買取価格が導入れた。中国における風力発電買取価格は、風力資源状況や施工難易度によって4つの風力資源区に分けられ、2014年末までの買取価格は0.51元/kWh~0.61kWhに設定されていた。2015年から、第一類〜第三類風力資源区の買取価格は、1kWあたり、一律に0.02元下げられ

2015年4月29日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

管内電力速報(平成27年2月分)(近畿)

平成27年4月27日管内電力速報(平成27年2月分)~総電力需要は2ヶ月ぶりに前年実績を下回った~1.2 月の総需要電力量(電気事業者の販売電力量+自家発自家消費)は、135 億 37 百万kWh、対前年同月比 1.9%減となり、2 ヶ月ぶりに前年実績を下回った。2. 大口電力需要(自家発を含む産業用)については、43 億 71 百万kWhで、対前年同月比 2.6%減となった。製造業 11 業種全てで前年実績を下回り、製造業計では、対前年同月比 2.7%減となった。3. 特定規模電気事業者の販売

2015年4月14日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

総需要電力量速報(平成27年2月分)

総需要電力量速報最終更新日:平成28年5月17日総需要電力量速報(平成28年3月)当局管内(中部電力(株)エリア)の3月における総需要電力量は120億kWh、前年同月比1.2%の増加となり、前年実績を上回った。自家発を含む産業用大口電力需要は54億42百万kWh、前年同月比0.9%の減少となり、前年実績を下回った。業種別では、製造業主要11業種及び鉱業のうち、6業種が前年実績を上回った。 主要な業種の動向機械器具製造業輸送用機械では、自動車関連の操業日数増などから、前年同月比2.9%の増加となっ

2015年3月10日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成27年1月の九州の電力需要実績

平成27年1月の九州の電力需要実績九州経済産業局資源エネルギー環境部電力事業課1.総需要1月の総需要電力量(注 1)は、93.2億kWhで、前年同月比0.8%増と9ヶ月ぶりに前年同月を上回った。販売電力量は、81.1億kWhで、前年同月比0.3%増、うち一般電気事業者は79.8億kWhで、同0.4%減、特定規模電気事業者(注 2)は1.3億kWhで同75.3%増となった。また、自家発自家消費等電力量(注 4)は、12.0億kWhで、前年同月比5.0%増と4ヶ月連続で前年度月を上回った。2.用途別

2014年12月3日ザイマックス★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

節電の状況です。

オフィステナント電力量調査(2014年9月まで)

2014.12.01オフィステナント電力量調査(2014年9月まで)~2014年夏季、震災前同季比で18.5%減~ザイマックス不動産総合研究所は、全国のオフィスビルに入居するテナントを対象に、「オフィステナント電力量」を継続的に調査しており、2013年6月以降、定期的に結果を発表している。今回は、2014年9月までのオフィステナント電力量について調査した結果を公表する。オフィステナント電力量オフィスビルに入居するテナントが1ヶ月間で消費する1坪あたりの電力量・2014年夏季(7~9月)のオフィス

2014年4月22日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度電力系統関連設備形成等調査事業(国際連系に関する調査・研究)報告書

平成25年度電力系統関連設備形成等調査事業(国際連系に関する調査・研究)報告書平成 26 年 3 月一般財団法人日本エネルギー経済研究所目次第 1 章 各国の電気事業 ............................................................................................................................. 1第 1 節 中国 ..............................

2014年3月12日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成24年度エネルギー使用合理化促進基盤整備事業(待機時消費電力調査)報告書

平成24年度エネルギー使用合理化促進基盤整備事業(待機時消費電力調査)報告書平成25年2月目次報告書概要第1章 事業概要1.1 背景と目的 ···························································· 11.2 事業内容 ······························································ 1第2章 家庭所有機器の使用実態調査2.1 調査方法 ···················

2014年3月12日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

将来のエネルギー需給構造における省エネルギー対策に関する調査事業報告書

資源エネルギー庁 御中平成 24 年度エネルギー使用合理化促進基盤整備事業(将来のエネルギー需給構造における省エネルギー対策に関する調査事業)報告書2012 年 8 月環境・エネルギー研究本部はじめに我が国の省エネルギー政策については、エネルギーの使用の合理化に関する法律に基づく工場・事業場、住宅・建築物、輸送、機械器具など各分野における規制的対策に加え、予算、税制等の支援措置を含む総合的な対策が講じられてきたところである。しかしながら2011年3月11日の東日本大震災以後、我が国のエネルギー安

2013年11月5日電気事業連合会フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

電力需要実績 2013年9月分(確報)

2013年10月31日電 気 事 業 連 合 会2013年9月分 電力需要実績 (確報)[需要実績の概要(10社計)]用途別電力量 対前年伸び率(10社計)○ 9月の電力需要は,10社販売電力量合計で 743 億kWh,対前年伸び率 2.7 %減月別となった。用途別○ 特定規模需要以外の需要のうち,電灯については,8月下旬から9月中旬にかけて, 気温が前年に比べ概ね低めに推移し,冷房需要が減少したことなどから,3.4 %減と なった。 特定規模需要における業務用については,9月上旬から中旬にかけ

2013年7月25日矢野経済研究所フィードバック数:1製造業/エレクトロニクス

小型民生機器用リチウムイオン電池世界市場に関する調査結果 2013

2013年07月25日 小型民生機器用リチウムイオン電池世界市場に関する調査結果2013 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて小型民生機器用のリチウムイオン電池(LiB)世界市場の調査を実施した。1. 調査期間:2013年4月~6月2. 調査対象:日本、韓国、中国などのリチウムイオン電池(LiB)メーカー3. 調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mail によるヒアリング、ならびに文献調査併用<小型民生機器用リチウムイオン電池とは>本調査における小型民生機器とは、ノートPC

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

平成23年度地球環境適応型・本邦技術活用型産業物流インフラ整備事業,円借款・民活インフラ案件形成等調査,エルサルバドル・太陽熱・地熱熱水統合発電に係る案件形成調査報告書(和文)

        平成 23 年度民活インフラ案件形成等調査          エルサルバドル・太陽熱・地熱熱水統合発電に係る案件形成調査報告書                平成24年2月        経      済      産      業      省      委託先:  JFEエンジニアリング株式会社  双日株式会社  特定非営利活動法人循環型社会推進センター   ま  え  が  き本報告書は、経済産業省からJFEエンジニアリング株式会社、双日株式会社、特定非営利 活動法人循環型

2013年4月27日電力中央研究所フィードバック数:1製造業/エレクトロニクス

電中研 短期マクロ計量経済モデル 2012-財政乗数の変化と震災後の節電量の推定-

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告) 報告書番号 Y12032 タイトル電中研 短期マクロ計量経済モデル 2012−財政乗数の変化と震災後の節電量の推定−CRIEPI Short-Run Macroecnometric Model 2012 (SMMQ 2012) -Chages in Fiscal Multipliers and Estimation of Power Demand Decline- 概要世界的な金融混乱など様々な外生的ショックは日本経済に構造変化を生じさせた可能性

2012年6月18日電気事業連合会フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2012年5月分 電力需要実績(速報)

   2012年6月15日電 気 事 業 連 合 会2 0 1 2 年 5 月 分 電 力 需 要 実 績 (速報)[需要実績の概要(10社計)]○ 5月の電力需要は,10社販売電力量合計で 655 億kWh,対前年伸び率1.8 %増となった。(参 考) 産業用需要の大口電力については, 2.0 %増と3ヵ月連続で前年実績を上回った。 これは,東日本大震災による影響の反動増などから,繊維,紙・パルプ,化学を除く主要業種において,前年実績を上回ったことなどによる。○ 特定規模需要以外の需要のうち,

2012年6月14日電気事業連合会フィードバック数:3製造業/エレクトロニクス

2012年5月分 発受電速報

2012年6月13日電 気 事 業 連 合 会2012年5月の発受電速報<発受電電力量>1.全国の概要5月の発受電電力量は、東日本大震災による影響の反動増などから10社計で 691.0億kWh、  前年同月比 100.2%となった。(主な内訳)「水 力」:出水率が前年同月値を下回ったことなどから、61.6億kWh、前年同月比 87.2%       となった。      「火 力」:原子力発電電力量が減少したことなどから、502.1億kWh、前年同月比 133.9%       となった。 「原

2012年5月18日電気事業連合会フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2012年4月分 電力需要実績(速報)

   2012年5月18日電 気 事 業 連 合 会2 0 1 2 年 4 月 分 電 力 需 要 実 績 (速報)[需要実績の概要(10社計)]○ 4月の電力需要は,10社販売電力量合計で 701 億kWh,対前年伸び率1.0 %増となった。○ 特定規模需要以外の需要のうち,電灯については,お客さまの節電の取り組み による影響や,検針期間が前年に比べ短かったことなどから,4.1%減となった。(参 考) 産業用需要の大口電力については, 5.1 %増と2ヵ月連続で前年実績を上回った。 これは,企

2012年4月27日電気事業連合会フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2011年度下期分  電力需要実績 (確報)

2012年4月27日電 気 事 業 連 合 会2011年度下期分 電力需要実績 (確報)用途別電力量 対前年伸び率(10社計)[需要実績の概要(10社計)]○ 2011年度下期の電力需要は,10社販売電力量合計で 4,376 億kWh,対前年(単位:億kWh,%)伸び率 2.4 %減と2期連続で前年実績を下回った。期 別特定規模需要  特定規模需要における業務用についても,同様に,4.6 %減となった。近3期の実績10/下期電  灯1,546.6▲ 2.21,342.9▲ 8.11,580.83

2012年2月27日積水化学工業フィードバック数:3大型消費/投資

太陽光発電実邸アンケート調査(2011)

「太陽光発電実邸アンケート調査(2011)」について— 光熱費ゼロ住宅が80%に拡大! 太陽光発電大容量化の効果大 —2012年2月23日積水化学工業株式会社積水化学工業株式会社 住宅カンパニー(プレジデント:高下貞二)は、このほど「太陽光発電(以下PV)実邸アンケート調査(2011)」を実施しました。2010年にセキスイハイムに入居されたお客様を対象に、(1)光熱費の実績、(2)PVの満足度と省エネ意識の変化などを調査したものです。当社ではPV、省エネ設備と電力消費量、光熱費の関係を把握するた

定置用蓄電池/蓄電システムの市場動向調査結果

市場調査とコンサルティングのシード・プランニング定置用蓄電池/蓄電システムの市場動向調査結果 ◆ 2011年度出荷(見込み含む)の、✓ 蓄電容量は約23,482kWh、売上規模は156億円と見込まれる。内、新築住宅は4,500kWh、1,100戸強への出荷の見込み。✓ 電池種類は、リチウムイオン:75%、鉛:24%、NAS:1%。新築住宅用は鉛が55%。✓ 電池形態は、ポータブルタイプ:55.8%、据え置き型:30.4%、蓄電モジュール:13.8%。✓ 1kWh当たり平均単価は、リチウムイオン:

2011年12月19日リコー★フィードバック数:2製造業/エレクトロニクス

リコーがエネルギー分野のレポートを発行しました。

需要側を取り込む新しいエネルギー・システムへの展望

需要側を取り込む新しいエネルギー・システムへの展望―イノベーションによる一層の節電でグリーン成長と低炭素社会の実現を2011 年 12 月 19 日リコー経済社会研究所―はじめにリコー経済社会研究所は、グローバルな事業展開を図る企業の経営環境の大きな変化を捉え、そこから新しい企業経営の方向性を探ることを目的に、2010年に設立されました。特に環境・資源・エネルギー分野においては、地球環境の保全と経済成長の両立について企業のイノベーションを通じていかに達成していくかという観点から調査・研究を進めて

2011年3月4日積水化学工業フィードバック数:4製造業/エレクトロニクス

太陽光発電実邸アンケート調査(2010)

「太陽光発電実邸アンケート調査(2010)」について— 光熱費ゼロ住宅が73%に拡大!余剰電力買取価格引上げ+太陽光発電大容量化の効果大 —高断熱・高気密躯体+高効率設備導入+オール電化住宅・深夜電力利用がベース2011年2月28日積水化学工業株式会社積水化学工業住宅カンパニー(プレジデント:高下貞二)は、このほど「太陽光発電(以下PV)実邸調査(2010)」を実施しました。2009年にセキスイハイムに入居されたお客様を対象に、①光熱費の実績、②PVの満足度と省エネ意識の変化などを調査したもので

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ