「ppm」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年9月26日IDCフィードバック数:0ビジネス

2016年第2四半期 世界プリンター/複合機市場実績

2016年第2四半期 世界プリンター/複合機市場実績を発表 21ppm以上のカラーレーザー機器と21~30ppmのモノクロレーザー機器への旺盛な需要によって出荷台数のマイナス成長が改善 上位5ベンダーでは、キヤノンとエプソンが前年同期比プラス成長 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、2016年第2四半期(4月~6月)の世界HCP(Hardcopy

2016年6月9日気象庁★★フィードバック数:0社会/政治

2015年の日本付近の二酸化炭素濃度の状況

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 二酸化炭素濃度は過去最高を更新~2015年の日本付近の二酸化炭素濃度の状況~報道発表日概要2015年の日本付近の二酸化炭素濃度は過去最高を更新し、南鳥島でも年平均値が400ppmを超えました。本文日本付近の大気中の二酸化炭素濃度は増加を続けており、国内の地上観測地点の濃度、航空機による日本の南東上空の大気中の濃度、観測船による日本の南方海上における冬季の海面の濃度のいずれも過去最高を更新しました。 南鳥島でも濃度の年平均値が初めて400ppmを超

2016年5月24日JAXAフィードバック数:0社会/政治

全大気平均二酸化炭素濃度が初めて400 ppmを超えました

プロジェクト活動内容 アーカイブス 打ち上げ情報 過去のプロジェクトデータ サイト コンシェルジュよくあるご質問 目的から探す 選んで見つける!検索サポート お問い合わせ先一覧お問い合わせサポートデスク TOPプレスリリース全大気平均二酸化炭素濃度が初めて400 ppmを超えました ~温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」(GOSAT)による観測速報~全大気平均二酸化炭素濃度が初めて400 ppmを超えました ~温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」(GOSAT)による観測速報~ 国立研究開発法人宇宙

2015年5月28日気象庁フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

日本を含む北西太平洋域の二酸化炭素濃度の状況

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 日本を含む北西太平洋域の二酸化炭素濃度の状況 ~過去最高を更新、年平均値で初めて400ppmを超える~報道発表日概要大気中の二酸化炭素濃度は増加を続けており、国内で観測を行う3地点のうちの2地点で2014年の年平均値が初めて400ppmを超えました。 また、日本南方海上(2015年冬季)、日本の南東上空6km付近(2015年4月)の大気中二酸化炭素濃度もそれぞれ過去最高を記録しました。本文気象庁は、世界気象機関(WMO)の全球大気監視(GAW)計

2014年12月10日東京都フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

26年今夏における光化学スモッグの発生状況

今夏における光化学スモッグの発生状況平成26年12月9日環境局福祉保健局 東京都は、大気汚染防止法及び環境確保条例に基づき「東京都大気汚染緊急時対策実施要綱(オキシダント)」を定め、都内を8地域に分けて、光化学オキシダントの濃度が発令基準以上になった場合に光化学スモッグ注意報等を発令しています。このたび、今夏(平成26年4月〜10月)における結果がまとまりましたので、お知らせします。1 今夏の特徴(1) 注意報の発令日数は昨年に比べて減少(別表、別図)注意報の発令日数は9日で、猛暑であった昨年の

2014年8月21日千葉県フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度大気汚染の状況について

ここから本文です。平成25年度大気汚染の状況について発表日:平成26年8月19日環境生活部大気保全課 電話:043-223-3855 大気汚染防止法に基づき実施した平成25年度大気汚染状況の測定結果がまとまりましたのでお知らせします。 25年度の大気環境は、24年度と比べ環境基準達成率が低下した項目もありますが、年平均値はほぼ同程度で推移しています。 ・二酸化いおう及び一酸化炭素は30年以上連続して、一般環境大気測定局(一般局)、自動車排出ガス測定局(自排局)全局で環境基準を達成しました。 ・

2014年6月1日気象庁★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

観測データです。

日本を含む北西太平洋域の二酸化炭素濃度の状況 ~過去最高を更新、海上や上空でも400ppm超え~

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 日本を含む北西太平洋域の二酸化炭素濃度の状況 ~過去最高を更新、海上や上空でも400ppm超え~報道発表日概要大気中の二酸化炭素濃度は増加を続けており、2013年の年平均値、2014年4月の月平均値ともに、過去最高を更新しました。 また、2014年冬季に日本南方海上で、2014年4月には日本の南東上空6km付近で、それぞれ初めて400ppmを超えました。本文気象庁は、日本を含む北西太平洋域の陸上、海上、上空に立体的に温室効果ガス観測網を展開し、大

2013年12月12日東京都フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

25年夏における光化学スモッグの発生状況

今夏における光化学スモッグの発生状況平成25年12月10日環境局福祉保健局 東京都は、大気汚染防止法及び環境確保条例に基づき「東京都大気汚染緊急時対策実施要綱(オキシダント)」を定め、都内を8地域に分けて、光化学オキシダントの濃度が発令基準以上になった場合に光化学スモッグ注意報等を発令しています。このたび、今夏(4月〜10月)における結果がまとまりましたので、お知らせします。1 今夏の特徴(1) 注意報の発令日数は昨年に比べて増加(別表、別図)注意報の発令日数は17日であり、発令を開始して以来最

2013年8月15日インフォトレンズフィードバック数:0ビジネス

国内ドキュメントイメージスキャナー市場動向と予測

PressRelease株式会社インフォトレンズ2013 年 8 月 14 日国内ドキュメントイメージスキャナー市場規模と予測を発表2012 年の国内ドキュメントイメージスキャナー市場の販売台数は 22 万台で前年比成長率は5.2%でした。また、販売金額は 132 億円で、前年比成長率は 0.1%でした。2017 年には、販売台数は 41 万台、販売金額は 193 億円に成長すると見込まれます。2012 年~2017 年の年間平均成長率は、販売台数で 13%、販売金額は 8%と見込まれま

2013年5月21日大和総研フィードバック数:2製造業/エレクトロニクス

排出量取引マーケットレポート2013.5.17

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 排出量取引マーケットレポート2013.5.17大気中CO2濃度が最高値を記録 ◆マーケットサマリー(2013/4/19~2013/5/16)具体的な手が見えず、EUAは€4の上値抵抗線を抜けずに終わる◆関連トピック■大気中CO濃度が最高値を記録米国海洋大気庁(NOAA)は、5月9日、ハワイにあるマウナ・ロア観測所(MLO)で観測している大気中の二酸化炭素(CO2)濃度が、1958年の観測開始以来、初め

2013年3月17日自治体国際化協会★★フィードバック数:3製造業/エレクトロニクス海外

中国の環境問題とそれに対応する産業についてのレポートです。

中国の環境保護・省エネルギー産業の動向

中国の環境保護・省エネルギー産業の動向Clair Report No. 382 (Mar 14, 2013)(財)自治体国際化協会 北京事務所「CLAIR REPORT」の発刊について当協会では、調査事業の一環として、海外各地域の地方行財政事情、開発事例等、様々な領域にわたる海外の情報を分野別にまとめた調査誌「CLAIR REPORT」シリーズを刊行しております。このシリーズは、地方自治行政の参考に資するため、関係の方々に地方行財政に係わる様々な海外の情報を紹介することを目的としております。内容

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ