「profile」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年4月10日アクセンチュアフィードバック数:0キャリアとスキル

Getting to Equal 2017(男女のキャリア平等に向けたレポート2017)

Skip to main content Skip to Footer アクセンチュア株式会社2017年3月31日アクセンチュア最新調査――2020年に大学を卒業する女性は、社会人時代に男女の所得平等を経験する初めての世代になる可能性がある キャリア構築を促進する3つの要素により、所得格差解消を加速【東京発: 2017年3月31日】アクセンチュア(NYSE:ACN)の最新調査によると、2020年に先進国で大学を卒業する女性は、社会人として男女間所得格差の解消を経験する初めての世代となる可能性があ

2017年2月22日アクセンチュア★フィードバック数:0大型消費/投資

Banking on Blockchain: A Value Analysis for Investment Banks(投資銀行におけるブロックチェーン ― 投資銀行での利用価値に関する考察)

Skip to main content Skip to Footer投資銀行ビジネスはさらなる収益の拡大とリスクの低減が必要です。ブロックチェーンは収益性向上に苦戦する投資銀行に光明をもたらすのでしょうか。その答えを探るべく、アクセンチュアはマクラガン社と共同でデータに基づく分析を実施しました。 調査結果により、ブロックチェーンを活用することでミドルオフィス・バックオフィス全体において 30%以上のコスト削減が可能であることが明らかになりました 投資銀行ビジネスにおける課題にはどの

2017年2月14日アクセンチュアフィードバック数:0キャリアとスキル

Harnessing: Revolution: Creating the Future Workforce(未来のワークフォース:人材の活用と革命)

Skip to main content Skip to Footerアクセンチュア株式会社2017年2月2日アクセンチュアの最新調査:デジタル時代に人材のポテンシャルを引き出すため、企業経営者はスキル革命に着手すべき変化に適応できる人材を育成し、未来のワークフォースを創造するにはスキルの再学習が必要【スイス、ダボス発;2017年1月17日】アクセンチュア(NYSE: ACN)は、最新調査レポート「Harnessing: Revolution: Creating the Future Workf

2017年2月8日アクセンチュア★★フィードバック数:0企業情報システム

テクノロジービジョン2017

Skip to main content Skip to Footerアクセンチュア株式会社2017年1月27日“ひと”による“ひと”のためのテクノロジーの出現を予測 ――アクセンチュア調査レポート「テクノロジービジョン2017」人工知能、デジタル・エコシステム、人材のマーケットプレイスにおける “ひと”を中心としたテクノロジーの進展が、“ひと”に新たな力を与え、ビジネスや社会に変革をもたらす 【ニューヨーク発:2017年1月26日】企業の従業員や顧客を含めた“ひと”は、テクノロジーを活用して変

2016年12月23日アクセンチュアフィードバック数:0企業情報システム

Emerging Technologies in Public Service

Skip to main content Skip to Footer2016年12月14日アクセンチュア株式会社アクセンチュア最新調査――高度なアナリティクス、機械学習やIoTなどのデジタル技術が公共サービス機関の変革に貢献 【バージニア州アーリントン発 2016年11月15日】アクセンチュア(NYSE:ACN)の最新調査によると、高度なアナリティクスをはじめとするデジタル技術は、行政や公共サービスに携わる行政機関に急速な変化をもたらし、規制コンプライアンス、レガシーIT基盤への対応や役所文化

2016年12月19日アクセンチュア★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

エネルギー分野での新たな価値創造は、ミレニアル世代が推進役となる一方、要求の高い消費者であることが判明

Skip to main content Skip to Footerアクセンチュア最新調査――エネルギー分野での新たな価値創造は、ミレニアル世代が推進役となる一方、要求の高い消費者であることが判明日々の生活に密着したネットを介したソリューション、太陽光発電、およびデジタル関連サービスが最大の関心事項アクセンチュア(NYSE:ACN)の最新調査によると、エネルギー関連の新しい商品やサービスに対する消費者の関心は特にミレニアル世代(18〜34歳)を中心として高く、エネルギー事業者にとっての将来的な

2016年11月17日アクセンチュア★★フィードバック数:0企業情報システム

アクセンチュア最新調査――2035年には人工知能によって先進12カ国の経済成長率が倍増し、労働生産性は最大40%向上することが判明

Skip to main content Skip to Footer2016年11月17日アクセンチュア株式会社アクセンチュア最新調査――2035年には人工知能によって先進12カ国の経済成長率が倍増し、労働生産性は最大40%向上することが判明アクセンチュア(NYSE:ACN)の最新調査によると、人工知能(AI)が仕事の在り方を変え、人間と機械との新たな関係性を生み出すことで、2035年には年間経済成長率が倍増する可能性があることが判明しました。AI技術によって根本的に働き方が変わり、ビジネス成

2016年5月10日アクセンチュアフィードバック数:0ビジネス

Fintech and the Evolving Landscape(フィンテック、発展する市場環境)

Skip to main content Skip to Footer2016年4月27日アクセンチュア株式会社フィンテック投資は、欧州とアジアが世界市場を牽引し、2016年も継続して拡大――アクセンチュア最新調査グローバルにおける第1四半期のフィンテック投資額は、前年同期比67%増の53億ドルとなり、うち62%は欧州とアジアが占める結果に 【ロンドン発:2016年4月13日】アクセンチュア(NYSE:ACN)の最新調査によると、グローバルにおける2016年第1四半期のフィンテック投資額は、前年

2016年2月4日アクセンチュアフィードバック数:0マーケティング

テクノロジービジョン2016

Skip to main content Skip to Footer“ひと”を最優先する企業がデジタル時代の覇者になる――アクセンチュア調査レポート「テクノロジービジョン2016」 企業のイノベーション創出手法における根本的な変化を予測【ニューヨーク発:2016年1月26日】アクセンチュア(NYSE: ACN)は、世界のテクノロジートレンドに関する最新の調査レポート「Accenture Technology Vision 2016(以下、テクノロジービジョン2016)」において、“ひと”を最優

2016年1月22日アクセンチュアフィードバック数:0デジタル家電

2016 Accenture Digital Consumer Survey(2016年 アクセンチュア デジタル消費者調査)

Skip to main content Skip to Footerアクセンチュア最新調査――高まるセキュリティへの懸念とスマートフォン需要の低迷が消費者向けテクノロジー市場の成長を阻害 【ニューヨーク発:2016年1月5日】アクセンチュア(NYSE: ACN)の最新調査によると、高まるセキュリティへの懸念、スマートフォンやタブレット端末の需要の停滞、そして期待されるインターネット オブ シングス(IoT)市場の足どりの重さにより、家電業界を取り巻く環境は、来年度まで大きな好転が見られないこと

2016年1月20日アクセンチュア★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

エネルギー消費者調査

Skip to main content Skip to Footerアクセンチュアの最新エネルギー消費者調査――エネルギー事業者によるデジタル活用がこれからの競争力の源泉に【2016年1月18日】アクセンチュア(NYSE: ACN)が実施した最新のエネルギー消費者調査によると、デジタル時代におけるグローバルの消費者はデジタル関連のサービスの「個人情報保護」をエネルギー事業者の評価指標として非常に重視していることが分かりました。一方、日本の消費者においては、エネルギー事業者が提供するデジタル関連

2015年11月30日アクセンチュアフィードバック数:0ビジネス

銀行の役員に求められるテクノロジー分野の知見

Skip to main content Skip to Footerアクセンチュア最新調査――銀行の役員に求められるテクノロジー分野の知見邦銀でテクノロジー分野に造詣の深い役員比率は7.5%、世界平均は上回るも米国16%との差が明確に当該分野の知見をもつ役員数では、50%の邦銀が2名以上を擁するも、約40%は不在と回答 【ロンドン発:2015年10月28日】アクセンチュア(NYSE: ACN)が行った最新調査によると、世界の大手銀行において、テクノロジー分野の知見をもつ役員の必要性が明らかにな

2015年11月28日アクセンチュアフィードバック数:0ビジネス海外

Fintech Investment in Asia-Pacific set to at least quadruple in 2015

Skip to main content Skip to FooterFintech Investment in Asia-Pacific set to at least quadruple in 2015Lending and payments are where Asia-Pacific banks should seek startup expertise now. Blockchain, cloud and cybersecurity are the next frontier.

2015年9月7日アクセンチュアフィードバック数:0大型消費/投資

Capturing the Insurance Customer of Tomorrow

Skip to main content Skip to Footerアクセンチュア最新調査――顧客ロイヤルティ低下と保険商品のコモディティ化により、保険市場に4,700億ドルの新たな可能性が生まれている現在の保険会社に満足している契約者は3分の1以下にとどまり、「スイッチング・エコノミー」が拡大【ニューヨーク発:2015年8月4日】アクセンチュア(NYSE: ACN)が行った最新調査によると、保険会社に対する顧客ロイヤルティが世界的に低下し、保険商品がコモディティ化しているとの認識が拡大してい

2015年3月24日アクセンチュアフィードバック数:0ビジネス

アクセンチュア・デジタルデンシティ・インデックス

Skip to main content Skip to Footerアクセンチュア最新調査――デジタル技術の活用が進むことにより、世界上位10カ国のGDP総額は2020年に1.36兆ドル増加することが判明デジタル化を推進する上で最適な国や地域を特定することで企業の競争力強化に貢献するデジタルデンシティの指標を発表【ニューヨーク発:2015年3月10日】アクセンチュア(NYSE: ACN)は、世界の国や地域におけるデジタル技術の活用度合い(以下、デジタルデンシティ)に関する最新の調査結果を発表し

2015年2月6日アクセンチュアフィードバック数:0ビジネス

アクセンチュア・ハイパフォーマンスファイナンススタディ2014――銀行業界レポート

Skip to main content Skip to Footerアクセンチュア・ハイパフォーマンスファイナンススタディ2014――銀行業界レポートアクセンチュアが実施したグローバル規模の財務担当者を対象とした調査と、銀行業界のCFOに対するインタビューをもとに、銀行業界の6つの重要課題を洗い出します。 調査に回答した財務担当経営幹部が直面している課題の上位2項目はいずれも複雑性に関するものでした。 調査結果1:複雑性が最大の課題となっています。世界中の銀行が、スパイラル的に複雑

2015年1月22日アクセンチュア★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

アクセンチュアのレポートです。

IIoTによる成功(Winning with the Industrial Internet of Things)

Skip to main content Skip to Footerアクセンチュア最新調査――IIoTは経済成長を促進させるが、潜在能力を引き出すために政府と企業のさらなる対策が必要将来の労働者が新たなデジタル技術による恩恵を得るために【スイス、ダボス発:2015年1月21日】アクセンチュア(NYSE:ACN)の最新調査によると、経済成長の不確実性がある時代において、インダストリアル・インターネット・オブ・シングス(Industrial Internet of Things、以下IIoT)は、

2015年1月18日アクセンチュアフィードバック数:0ビジネス

2015年に投資銀行ビジネスが直面する10の課題

Skip to main content Skip to Footer2015年に投資銀行ビジネスが直面する10の課題上位10の重要課題を「規制への対応」、「事業再構築の推進」、そして「イノベーションの取込」という3つの柱に沿ってご紹介します。 投資銀行ビジネスの業界は、世界的な金融危機からある程度立ち直り、マーケットの活気も戻りつつあります。しかし、金融危機を教訓に様々な規制が強化され、重い足かせとなっています。 テクノロジーの進歩やタブレット・スマートフォン等の新たなツールの普及などを

2015年1月15日アクセンチュアフィードバック数:0大型消費/投資

2015年、保険業界を占う~デジタル展開後の真の勝者

Skip to main content Skip to Footer2015年、保険業界を占う~デジタル展開後の真の勝者FSアーキテクト Vol.36:業界外の企業の参入といった脅威に対し、保険会社はデジタル技術を用いて新たなビジネスモデルやサービスを創出することが必要である。 金融サービスグループマネジング・ディレクター保険グループ統括林 岳郎 逆ざや解消、アベノミクスがもたらした株高・円安トレンドを受け、2014年度の保険各社の業績は一定の結果を得るものと思われる。しかし、人口減

2014年11月19日アクセンチュアフィードバック数:0企業情報システム

インテリジェント・インフラストラクチャ――デジタル・ビジネスを実現する次世代インフラストラクチャ

Skip to main content Skip to Footerインテリジェント・インフラストラクチャデジタルテクノロジーの発達に対して従来のITインフラは限界を迎えています。俊敏かつ柔軟なインテリジェント・インフラストラクチャの構築が急務です。 大多数の企業ITインフラはソーシャルネットワーク、モバイル、アナリティクス、クラウドなどの新たなデジタルテクノロジーがもたらす変革に追随できず、限界点に達しています。 一方で、デジタルテクノロジーから受けられる恩恵は多大であり、顧客対応の迅

2014年10月23日アクセンチュア★フィードバック数:0マーケティング

アクセンチュアのレポートです。

CMO-CIO調査2014:浮き彫りとなったCMOとCIOのマインドギャップ

Skip to main content Skip to FooterCMO-CIO調査2014:浮き彫りとなったCMOとCIOのマインドギャップデジタル・マーケティングを競争優位の源泉にするには、マーケティング部門と情報システム部門の両者が有機的に協調・協働することが重要です。世界11カ国1147名のCMO/CIOを対象にした意識調査の結果を読み解き、日本企業に向けた提言を示します。 CMO-CIO調査2014:浮き彫りとなったCMOとCIOのマインドギャップ 高性能のスマート・デバイス

2014年10月3日アクセンチュアフィードバック数:0ビジネス

デジタル化の戦略における要諦~顧客が真に求める情報を提供せよ

Skip to main content Skip to Footerデジタル化の戦略における要諦FSアーキテクト Vol.35: デジタル化により顧客接点の高度化やオペレーション効率化とコスト削減などが期待できます。デジタル化領域として優先度の高い4つの領域をご紹介します。 金融サービス本部マネジング・ディレクター堀江 章子 デジタル化は今日のビジネスにおいて、収益性の向上、成長、競合他社との差別化を実現するための非常に重要な手段となってきている。金融業界に限らず、ハイパフォーマンス

2014年9月11日アクセンチュアフィードバック数:0ビジネス

デジタル・トランスフォーメーション――顧客中心のデジタル変革

Skip to main content Skip to Footerデジタル・トランスフォーメーション――顧客中心のデジタル変革デジタル変革の実現のためには、顧客との接点や商品を顧客理解に基づいて改革し、それらを常に提供するために自社の事業やテクノロジー基盤の再調整を行う必要があります。 デジタルは人々の体験を再定義し、生活、仕事、娯楽、人間関係の在り方に変革をもたらしています。デジタルによりあらゆるものが再考され、シンプルに、そしてより良いものへと変化していきます。人々が生涯を通じて変

2014年8月28日アクセンチュアフィードバック数:0マーケティング

コンテンツとコンテキストの相乗効果による最高の顧客体験の創出

Skip to main content Skip to Footerコンテンツとコンテキストの相乗効果による最高の顧客体験の創出顧客体験の最適化を最先端のウェブコンテンツ・マネジメントシステムによって実現し、「コンテンツとコンテキストの融合」という企業のビジョンを支援します。 ウェブコンテンツ・マネジメントを通じて、よりパーソナライズされた体験を提供する顧客1人ひとりにあわせて最適化された体験が求められる時代が本格的に到来しました。アクセンチュアが2012年に企業のCMO(マーケティング

2014年7月30日アクセンチュア★★フィードバック数:0企業情報システム

企業のICT活用についての調査です。

2014年アクセンチュアMobility Insight

Skip to main content Skip to Footerアクセンチュア、企業のモビリティ活用に関する最新調査結果を発表日本企業にとってモビリティはデジタル化のための最優先事項グローバル先進企業は全社戦略としてモビリティ活用を推進 【東京発、2014年7月30日】アクセンチュアが新たに実施した調査によると、多くの日本企業がデジタルテクノロジーにおける最優先事項を「モビリティ」であると考えている一方で、全社的モビリティ戦略を推進できていないことが明らかになりました。 「2014年アクセ

2014年7月23日アクセンチュアフィードバック数:0ライフスタイル

日本の慢性疾患患者の半数以上は、オンラインでカルテを閲覧できることがプライバシーのリスク以上に大事であると考えていることが明らかに

Skip to main content Skip to Footer 日本の慢性疾患患者の半数以上は、オンラインでカルテを閲覧できることが、プライバシーのリスク以上に大事であると考えていることが明らかに――アクセンチュア調査【東京、2014年7月22日】アクセンチュア(ニューヨーク証券取引所:ACN)が新たに実施した調査によると、日本の慢性疾患患者の71%は、患者に自らの電子カルテを閲覧する権利が与えられるべきであると考え、慢性疾患患者の半数以上(54%)は、オンラインで自らのカルテを閲覧でき

2014年4月25日アクセンチュア★フィードバック数:0大型消費/投資

アクセンチュアのレポートです。

消費者が変わる、保険が変わる―保険契約者500名のアンケート調査結果より

Skip to main content Skip to Footer消費者が変わる、保険が変わる日本においては3つのトレンド、「消費者のデジタル化の進行」「カスタマイズ化への要望」「デジタルチャネルの活用不足」が明らかになりました。事業者が次にとるべきアクションを提案します。 日本の保険市場は長らく典型的な成熟市場であるとされてきました。世界的に保険加入率が高い上に少子高齢化のため人口増加が見込めず、契約数を維持するのも困難であることが理由です。また、従来の消費者は保険の加入時期や保険商

2013年12月18日アクセンチュア★フィードバック数:0企業情報システム

CIO調査です。

ハイパフォーマンスIT調査2013年版

Skip to main content Skip to FooterハイパフォーマンスIT調査アクセンチュアが2005年から実施しているグローバル企業202社のCIOを対象とした調査の2013年版。ハイパフォーマンス企業の共通点、IT戦略上の注目すべき10のポイントを紹介します。 ハイパフォーマー企業が自社のITに対してどのような取り組みを行っているかを把握するために、アクセンチュアはグローバル企業202社のCIO(最高情報責任者、IT担当役員)に対して調査を実施しました。ここではその結

2013年10月29日アクセンチュア★フィードバック数:0マーケティング

1980年から2000年の間に生まれた若者についてのレポートです。

ミレニアム世代の消費者の実態:彼らが本当に求めているものは何か

No results found We were unable to find a match for \"$searchstring.\" Try searching again by using different or more general keywords and check for spelling errors. アカウントの作成 求人検索のカスタマイズや、採用関連ニュースやインサイト、求人のお知らせの受け取りが可能です。 インド、フィリピン、バングラディシュ、そして

2013年7月7日アクセンチュアフィードバック数:0マーケティング海外

中国の新たな消費者像

No results found We were unable to find a match for \"$searchstring.\" Try searching again by using different or more general keywords and check for spelling errors. アカウントの作成 求人検索のカスタマイズや、採用関連ニュースやインサイト、求人のお知らせの受け取りが可能です。 インド、フィリピン、バングラディシュ、そして

2013年7月7日アクセンチュア★フィードバック数:0マーケティング海外

アクセンチュアのレポートです。

中国の消費者心理をつかむ

Skip to main content Skip to Footer中国の消費者心理をつかむアクセンチュアは中国における消費動向に関して調査を実施しました。本調査は、急速な消費者行動の変化が企業活動に与える影響に関する洞察を提供します。 中国における消費者の知識と行動は急速に変化しており、企業が消費動向の変化を追うことが極めて困難な時代になりつつあります。アクセンチュアによる最新調査は、急速な消費行動の変化がもたらす企業活動への影響に対する洞察を提供します。また、本調査は流動的な事業環境

2013年7月7日アクセンチュアフィードバック数:0マーケティング

テレビの未来を制するものは誰か

No results found We were unable to find a match for \"$searchstring.\" Try searching again by using different or more general keywords and check for spelling errors. アカウントの作成 求人検索のカスタマイズや、採用関連ニュースやインサイト、求人のお知らせの受け取りが可能です。 インド、フィリピン、バングラディシュ、そして

2013年3月13日アクセンチュア★フィードバック数:3モバイル

企業のモバイル活用についてのCIO調査です。

2013年アクセンチュアCIOモビリティ調査

Skip to main content Skip to Footerアクセンチュア、企業のモビリティ活用に関するグローバル調査結果を発表CIOの約8割がモビリティは企業の収益拡大に欠かせない要素と回答し、IT予算の継続的かつ大規模な投資意向が明らかに【ニューヨーク発、2013年2月25日】アクセンチュア(ニューヨーク証券取引所:ACN)が新たに実施した調査によると、多くのCIO(最高情報責任者)がスマートデバイスなどのモビリティを活用していくことは、自社の収益拡大や顧客エンゲージメント強化のた

2013年1月21日アクセンチュア★フィードバック数:60デジタル家電海外

アクセンチュアによるデジタル家電についてのインフォグラフィック付きレポートです。

The 2013 Accenture Consumer Electronics Products and Services Usage Report

No results found We were unable to find a match for "$searchstring." Try searching again by using different or more general keywords and check for spelling errors. If you have applied for a position in a location other than India, Philippines, B

2011年11月29日アクセンチュア★フィードバック数:0企業情報システム

アクセンチュアによる財務部門の意識調査です。

アクセンチュア調査結果:財務・経理部門は成長機会よりもコスト管理を重視

Skip to main content Skip to Footerアクセンチュア調査結果:財務・経理部門は成長機会よりもコスト管理を重視 難局を乗り切るにも、財務・経理部門に対する経営資源不足に懸念の声 アクセンチュア(NYSE:ACN)が行った調査によれば、財務・経理部門は、企業の成長機会を見据えた大局的な視点を持つことよりも、財務・経理部門の本来の職務であるコスト管理をより重視していることが明らかとなりました。財務責任者の大半は、財務・経理部門が自社に新たな価値をもたらす先進的な業

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ