「refers」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

パフォーマンスの原動力:2020年以降の人的資本

パフォーマンスの原動力:2020年以降の人的資本 金融業界は、さまざまな環境変化に直面し、もはや“変わるべきか”を議論する段階ではなく、いかに早く、いかに他に後れをとらず、新しい環境で“強いビジネスを推進するか”、に議論を集中させる必要があります。【金融業界の環境変化】顧客ニーズの多様化・複雑化新しい技術の導入規制・ルールの改定政治的な混乱本レポート『パフォーマンスの原動力(The Power to perform)』では、さまざまな環境変化の中で取り組むべき人材マネジメントにフォーカス

2050年の世界 長期的な経済展望:世界の経済秩序は2050年までにどう変化するのか?

2050年の世界 長期的な経済展望:世界の経済秩序は2050年までにどう変化するのか? 本調査レポートは、2050年にかけての主要32カ国のGDPを予測した「The World in 2050」の最新版です。英国の国民投票におけるEU(欧州連合)離脱派の勝利や米国大統領選挙でのトランプ氏の勝利など、世界の政治に何度も激震が走った1年を経て、2050年はおろか、2017年の経済予測を示すことすら大胆な試みに思えるかもしれません。しかし、経済や政治のサイクルにおける短期的な浮き沈みを越えて、

2015年内部監査全世界実態調査

2015年内部監査全世界実態調査‐急激な変革の時代において内部監査の「真北」を目指す‐ 今回で第11回目となるPwCの内部監査全世界実態調査は、世界中の計1,300名の内部監査部門長や利害関係者(役員会メンバー、マネジメントなど)に調査した結果を取りまとめたものです。今日の企業は新しいビジネス戦略を推進していることから、内部監査が企業において重要な位置を維持し価値を提供し続けるには内部監査も同じペースで進化しなければなりません。PwCは、組織が現在の状態から望んでいる場所にたどり着くため

PwCのレポートです。のレポートです。

リテールバンキング2020 進化か革命か

金融業界は、変化を求められる大きな力にさらされています。顧客の期待、技術の革新、規制強化、人口動態や経済変動など、金融機関が乗り越えなくてはいけない課題は山積みです。これからの時代で成功するには、これらの課題を解決することが必要です。また、金融機関は現在の責務を果たすだけではなく、将来に向けて、自らを根本的に改革し再構築していかなければなりません。本レポートにおいては、PwCの「プロジェクトブルー」という枠組みを駆使し、これらの課題が将来、リテールバンクにどのような衝撃を与えるのかについて見解を

大いなる期待‐チーフデータオフィサーの進化

大いなる期待‐チーフデータオフィサーの進化 経営幹部(C-suite)の中でチーフデータオフィサー(Chief Data Officer, CDO)という新たな役割が浸透し始めています。この新たに登場したリーダーは、情報資産に関する企業全体のガバナンスと有効利用に責任を負っており、データを活用し、リスクを管理し、収益機会を生み出すことに尽力することが求められています。本報告書では、CDOがどのような役割を果たすかについて考察しています。 © 2004-2017 PwC. All r

PwCのレポートです。

Top health industry issues of 2015 ヘルスケア業界の展望

米国医療業界は大きな転換を迎えようとしています。PwCは毎年消費者調査と専門家インタビューを実施し、ヘルスケア業界が直面する直近の課題をまとめています。2015年は、インターネット普及や患者中心思考、新規参入企業のイノベーションならびに医療保険改革法(ACA: Affordable Care Act)などが業界変革を推進していくことが予想されます。鍵を握るのは、患者自身、特にテクノロジーとともに成長してきたミレニアル世代。そして、新たに医療業界に参入しイノベーションをもたらす新規参入企業。テクノ

ビジネスに影響を及ぼす"水"リスク

ビジネスにおいて、特に工業や製造業においては水は欠かすことができません。その一方で、世界各地で洪水、渇水などの自然現象に加え、人為的な水の汚染が起きており、世界のどこでも水資源を思うように利用することはもはや不可能であるとともに、水は管理を行うことが難しい資源の一つともなっています。OECDによると、現在の水の利用形態のペースがそのまま続けば2050年までに世界の水需要は55%増大すると見込まれています(主に、製造業(+400%)、電力(+140%)、家庭(+130%))。また、2015年の世界

競争優位をもたらす組織文化を築く

組織文化およびこれを支えるビヘイビアの変革は、あまりに大きな課題であるように見えることから、他の喫緊の課題が片付くまでは後回しにしておこうという気持ちになってしまいがちです。しかし、焦点を絞ったビヘイビアの変革は、市場での認知度向上や顧客の理解度向上に取り組む際の触媒として機能し、また、目まぐるしく変わる市場環境へ適用する機敏さの源にもなります。本報告書の構成は以下のとおりです。 組織文化の変革へ向けた新たな取り組み未来の金融機関で組織文化が果たす役割組織文化はどうすれば変わるのか競争に勝てる組

グローバルでの人材についてのレポートです。

目的を明確にした国際間異動 モダンモビリティ調査 2014年

目的を明確にした国際間異動 モダンモビリティ調査 2014年 世界の企業は今、急速に成長する市場へ参入するため、また将来を担うビジネスリーダーに必要なグローバルマインドセットを醸成するために、国際間異動のあり方を再考しています。新しい人材資源へのアクセスを確保すること、それと並行して、既存の人材を適切なコストで適切な国や地域の適切なポジションへ配置して戦略的に管理することが重要であり、それに成功すれば、強力な競争優位性が得られます。本調査では、国際間異動に関してグローバル企業が直面してい

投資家調査です。

投資家の視点:投資家はいかに今日そして明日の取締役会のあり方を変えていくのか

投資家の視点:投資家はいかに今日そして明日の取締役会のあり方を変えていくのか PwC米国では、2014年に、年金基金や資産運用会社など幅広い機関投資家(調査に参加した機関投資家の運用資産総額約11.5兆米ドル)を対象とした調査を実施し、取締役会の現状について投資家が取締役に何を期待し、その期待は満たされているのかなどについて意見を求めました。本調査の結果得られた意見は以下の3点にまとめられます。取締役の現状に対する投資家の満足度は、全般的に2013年の調査結果よりも向上しているものの、一

PwCのレポートです。

激増するリスク追いつかない対策‐米国サイバー犯罪調査2014における主要な発見事項

激増するリスク追いつかない対策‐米国サイバー犯罪調査2014における主要な発見事項 米国小売業のCEOが、サイバー攻撃後の株価低迷や利益減によって辞任したことはご存知でしょうか。PwCが米国において実施した、サイバー犯罪調査2014によると、「現在のセキュリティ対策では、持続的で巧妙化する攻撃に対抗できているとは言い難い」という調査結果が導出されました。犯罪組織は、検知されないように標的を絞り攻撃を仕掛けています。しかも、セキュリティインシデントの件数も被害額も急増しているのです。今回の

PwCのレポートです。

成長に向けた新たな視点 人材マネジメントの最新動向2014年

成長に向けた新たな視点 人材マネジメントの最新動向2014年 先般発行したレポート『未来の働き方‐2022年までの変遷と展望』でも指摘されたように、雇用や労働の世界がどこへ向かっているのか、それが企業や人材マネジメントにとって何を意味するのかについて慎重に検討しなければならない時期にきています。例えば、景気回復期における新興市場の本質や労務管理、多様性と信頼関係が果たす役割、さらには人事部門のあり方についてすら見直す必要があります。今回の調査では、過去の習慣を打破して考え直すことで、他社

PwCのレポートです。

5つのメガトレンドと潜在的影響

メガトレンドとは、世界の在り方を形作るほどの力を持った経済のマクロな動きのことをいいます。メガトレンドは事実を基に認識され、多くの場合、実証データの裏付けもあります。社会に大きな課題を突き付ける巨大な潮流と定義されますが、そこには大きな機会も存在します。メガトレンドの考え方自体は目新しいものではありません。メガトレンドという名称は付かないまでも、以前から大半の企業が何らかの方法や形式で、社会の巨大な潮流に対応した戦略を構築してきました。PwCはここ数年来、多くのクライアントがグローバルメガトレン

PwCのレポートです。

取締役会では何が問題にされているのか‐将来のガバナンスと取締役会のあり方に関する取締役と投資家の見解‐

取締役会では何が問題にされているのか‐将来のガバナンスと取締役会のあり方に関する取締役と投資家の見解‐ PwC米国では、2014年夏に、公開企業の取締役(863名)および機関投資家(33社)に対してそれぞれ取締役および取締役会のあり方に関する調査を実施しました。本調査では、これら2つのグループの回答を比較することにより、同じ視点が共有されている領域と、異なる視点が存在する領域を明らかにしています。例えば、取締役にとって最も重要な属性・資質としては、取締役および投資家の双方が「財務に関する

PwCのレポートです。

ガバナンスと将来の取締役会のあり方を決定づけるトレンド PwC企業取締役調査(2014年)

ガバナンスと将来の取締役会のあり方を決定づけるトレンド PwC企業取締役調査(2014年) PwCは、ガバナンスの今後の方向性を見極め、取締役会のあり方に影響を与えうるトレンドを把握すべく、「企業取締役調査(2014年)」を実施しました。本調査においては、公開企業863社の取締役から寄せられた回答に基づき、以下のテーマについて議論を展開しています。取締役会のパフォーマンスに対する注目の高まり適切な取締役会を構成することに対するプレッシャー注目される取締役会構成員の多様性取締役会による課題

PwCのレポートです。

より少ない経営資源でより大きな成果を生み出す トップパフォーマーはどこが違うのか?

より少ない経営資源でより大きな成果を生み出すトップパフォーマーはどこが違うのか? 各企業・組織内で人事部門は、顧客プロファイリングなどで行われているのと同じように、豊富なデータとその分析に裏付けられた人材計画を提示することを求められています。企業や組織の人事部門がこうした期待に応える能力を備えているかを調べるため、PwCは2014年の年初、世界各地150企業を対象に調査を実施しました。本報告書では、最も効果的な人事業務がどういうもので、高まり続けるニーズに迅速に応えるためには何が必要とさ

PwCのレポートです。

Gut & gigabytes 直観とビッグデータ

本レポートは、企業がどのような重要な意思決定を行うのか、またリーダーはどんなプロセスを経てその決定に至るのかを探ることを目的とし、PwCの支援により英国エコノミスト社の調査部門(Economist Intelligence Unit)がグローバルの企業や組織の上級役職者1,135名を対象に調査、作成しました。重要な意思決定方法は変わりつつあります。現代のビジネスリーダーの多くは、豊富な情報を手に入れ、それを活用して自社の進むべき方向を選択しています。本報告書では、重要な意思決定プロセスの中で、ビ

PwCのレポートです。

アセットマネジメント2020 資産運用業界の展望

アセットマネジメント2020 資産運用業界の展望 本報告書は、資産運用業界に対するPwCの知見に基づき、新たな金融規制、人口動態の変化、ソーシャルメディアの台頭などさまざまな世界情勢を分析して、資産運用業界の2020年の展望を予測しています。今回の分析により、2012年末において約64兆米ドルであった世界の運用資産残高は、2020年までに約102兆米ドルに達するものと見込まれています。また、世界で生じているさまざまな要因をきっかけに、資産運用業は金融ビジネスの中心になることが予想される一

次世代のETF 資産運用会社にETF戦略が必要な理由

次世代のETF 資産運用会社にETF戦略が必要な理由 本稿は、上場投資信託(ETF)商品、市場インフラや販売について、また資産運用会社がETFに関する戦略を必要とする理由について考察しています。近年の資産運用業界においてETFは著しい成長を見せており、ETFの運用資産額は、今後3年から5年間で5兆米ドルにまで成長する可能性があります。その成長の理由として、その低コストという利点だけではなく、特定のアセットアロケーションの構築に使いやすいという利便性も持ち合わせてるということが挙げられます

CEO調査です。

アジア太平洋地域における投資は今後も拡大

プレスリリースPwC Japanグループの動向をプレスルームからお届けします。 © 2004-2017 PwC. All rights reserved. PwC refers to the PwC network and/or one or more of its member firms, each of which is a separate legal entity. Please see www.pwc.com/structure for further details.

PwCのレポートです。

短期的思考を超えて事業を成功に導く:サステナビリティに関するCEOの視点

短期的思考を超えて事業を成功に導く:サステナビリティに関するCEOの視点 サステナビリティ(持続可能性)を理解し、行動を起こすにあたり、多くの企業は社会的責任を果たすことから始めます。しかし多くの場合は、こうした活動は事業の戦略的意思決定から切り離されてきました。PwCが実施した第17回世界CEO意識調査の結果によると、世界のCEOの75%がサステナビリティはもはや慈善活動ではなく、製品やサービスを生産し提供する方法の中に先見的な思考と責任あるビジネス慣行を組み入れることであると考えてい

PwCのレポートです。

統合報告を見据えた企業情報開示の課題と挑戦‐日本と英国の調査結果からの示唆‐

統合報告を見据えた企業情報開示の課題と挑戦‐日本と英国の調査結果からの示唆‐ 「日本版スチュワードシップ・コード」と「日本版コーポレートガバナンス・コード」対応を踏まえた、機関投資家と企業による「目的を持った対話(エンゲージメント)」が求められる中、「統合報告」などの企業情報開示への注目と期待が高まっています。PwC UKが実施した企業情報開示に関する調査では、徐々に改善傾向は見られるものの、依然多くの企業情報開示が大きな改善余地を残す結果となっています。調査結果から判明した実践的な12

PwCの調査です。

グローバル情報セキュリティ調査2015(日本版)

プレスリリースPwC Japanグループの動向をプレスルームからお届けします。 © 2004-2017 PwC. All rights reserved. PwC refers to the PwC network and/or one or more of its member firms, each of which is a separate legal entity. Please see www.pwc.com/structure for further details.

PwCのレポートです。

コーポレートパフォーマンス:投資家は何を知りたがっているのか?‐調整後業績数値を公表するにあたって‐

コーポレートパフォーマンス:投資家は何を知りたがっているのか?‐調整後業績数値を公表するにあたって‐ 経営陣が真に役立つ財務報告資料を用意したいのであれば、プロ投資家のニーズや見解を理解することが肝要です。私たちは、コーポレートレポーティングの有効性を最大化するべく、プロ投資家を対象とした世界調査を実施しました。本報告書では、大半のプロ投資家が有用であると考えている調整後業績数値(APM)の開示について検証し、APMレポーティングの改善に向けた機会を紹介します。 © 2004-20

電力小売市場意識調査2014

プレスリリースPwC Japanグループの動向をプレスルームからお届けします。 © 2004-2017 PwC. All rights reserved. PwC refers to the PwC network and/or one or more of its member firms, each of which is a separate legal entity. Please see www.pwc.com/structure for further details.

PwCのレポートです。

未来の働き方‐2022年までの変遷と展望

新しいテクノロジーがわれわれの働き方に計り知れないほど大きな影響を与えています。実際、異なる世代が同じ職場で働く中で、労働力の多様化と就労の長期化が進んでいます。従来のキャリアモデルはもうすぐ過去のものとなり、未来の職務や役職の多くは私たちがこれまで考えたこともないものになるかもしれません。どうすれば新しい時代の人材を惹きつけ、定着させ、動機付けできるでしょうか?その結果、人事はどう変わるのでしょうか?本調査はPwCとオックスフォード大学サイード・ビジネス・スクールのジェームス・マーチン科学文明

PwCのレポートです。

10Minutes‐統合報告‐

「日本版スチュワードシップ・コード」の制定により、機関投資家と企業による「目的を持った対話(エンゲージメント)」が求められています。企業と投資家が中長期的な視点から対話を深め、企業価値を高めるためには、非財務情報も含む中長期的な情報開示が有意義です。また、「日本版コーポレートガバナンス・コード」策定の検討が開始され、ダイバーシティなどの非財務情報開示がますます拡大するなど、短期的な財務情報中心の開示から、中長期的な非財務情報を含めた統合的な開示への社会全体の期待が高まっています。企業の外部環境を

PwCの調査です。

デジタル投資の成果を高める5つの行動 ‐第6回 Digital IQ調査‐

デジタル投資の成果を高める5つの行動 ‐第6回 Digital IQ調査‐ PwC USでは、世界36カ国の主要企業の経営幹部を対象に、クラウドコンピューティング、ソーシャルメディア、ビックデータなど先進情報技術への企業の理解と適用状況を調査し、その傾向を明らかにすることを目的に「Digital IQ 調査」を毎年実施しています。本報告書は、「PwC's 2014 Digital IQ Survey」(回答企業1,494社)の回答結果をまとめたもので、デジタルの時代に共通して注視している

世界の都市ランキングです。

Cities of Opportunity 6‐世界の都市力比較2014

本報告書は2014年5月にPwC Globalが発表した「Cities of Opportunity 6」をPwC Japan で抜粋・翻訳し、一部の結果に対する分析を加えたものです。第6回となる今回の報告書では、30の都市、10の領域、59の指標について評価を行っています。ランキングの結果を見ると、2012年にオリンピックを開催したロンドンがニューヨークを抜いて初の1位を獲得し、企業や人材誘致のため積極的な政策を打ち出してきたシンガポールが前回の7位から3位に躍進するなど、興味深い変動が見られ

PwCのレポートです。

サブサハラ・アフリカの成長とともに‐日本とのビジネスをつなぐ視点‐

サブサハラ・アフリカの成長とともに‐日本とのビジネスをつなぐ視点‐ サハラ砂漠以南の地域「サブサハラ・アフリカ」は「最後のフロンティア」と呼ばれ、世界中が注目する新興市場としてその地位を確立しつつあります。欧米や中国系企業と比較し、現地への投資や進出が消極的との印象がある日本企業ですが、多くの日本企業はその理由として情報不足を挙げています。一方で経済的な自信を深めるサブサハラ諸国は、近年では積極的な経済外交や投資誘致策を展開しており、今後グローバル企業間におけるサブサハラ・アフリカ市場で

PwCのレポートです。

レジリエンス 対応すべきリスクと戦略

PwCの行った第17回世界CEO意識調査からは、世界経済について明るい見方がうかがえました。一方で、それが自社の持続的な収益成長につながるかという点については、CEOは慎重な見方を崩していません。事業に大きな影響を及ぼすメガトレンドを捉え、絶え間なく変化する世界に適応するためには、レジリエンスが不可欠です。本報告書では、その一助となるべく、対応すべき以下の課題におけるリスクと戦略についてまとめています。課題1:テクノロジーテクノロジーからイノベーションを最大限引き出しているか課題2:人口構造の変

CEO調査です。

第17回世界CEO意識調査:人材をめぐる課題

技術進歩、人口構造の変化、都市化といった巨大なメガトレンドが世界を変え、それに伴って事業環境も変化しています。こうした流れは、人材マネジメントにもはっきりと大きな影響を及ぼしています。メガトレンドによって、グローバル企業のスキルマップが書き換えられているのです。特定のスキルに対する需要が高まり、それと同時に供給側も大きく変化しているこの時代、CEOにとって長年の悩みの種であった優秀人材の確保をさらに難しくしています。世界のメガトレンドから予測すると事態は厳しさを増す一方だと思われます。小手先の対

サイバーポリティクス:国家と市民がしのぎを削るハイテク軍備競争

Eurasia Group・PwC Japan共同レポート『サイバーポリティクス:国家と市民がしのぎを削るハイテク軍備競争』 PwC Japanでは、ストラテジックパートナーであるEurasia Group(地政学的リスク分析を専門とする米国のコンサルティング会社)と、日本における共同マーケティング活動の一環としてレポートを発行しています。本レポートは、昨今、勃発している国家間のサイバー戦争で、最も重大な影響を持ち得るのは、政府と市民の間で繰り広げられている国内の情勢であると分析し、トル

資産運用業界の2020年の予測です。

アセットマネジメント2020 資産運用業界の展望

アセットマネジメント2020 資産運用業界の展望 本報告書は、資産運用業界に対するPwCの知見に基づき、新たな金融規制、人口動態の変化、ソーシャルメディアの台頭などさまざまな世界情勢を分析して、資産運用業界の2020年の展望を予測しています。今回の分析により、2012年末において約64兆米ドルであった世界の運用資産残高は、2020年までに約102兆米ドルに達するものと見込まれています。また、世界で生じているさまざまな要因をきっかけに、資産運用業は金融ビジネスの中心になることが予想される一

コミュニケーションズレビュー/2014年3月

コミュニケーションズレビュー/2014年3月 ‐通信、ケーブル、衛星、インターネット企業経営幹部のための洞察‐通信業界では、顧客の需要が音声サービスからデータサービスへ大きくシフトしています。事業目標の達成度を測る上でこれまでのような利用者単位の指標、すなわち一人当たりの平均売上(ARPU)や純増数では無く、データシェアプランなどの台頭に伴い、顧客が端末やサービスをどのように利用しているかという全体像を把握するための新たな指標が必要になっています。データとスマート端末が主流となる市場においては、

グローバル エンタテイメント&メディア アウトルック2014-2018

プレスリリースPwC Japanグループの動向をプレスルームからお届けします。 © 2004-2017 PwC. All rights reserved. PwC refers to the PwC network and/or one or more of its member firms, each of which is a separate legal entity. Please see www.pwc.com/structure for further details.

炭素予算の破綻 低炭素経済指標2013

PwCが2013年に調査した第5回目の「低炭素経済指標」の結果、世界の気温上昇を2100年時点で平均2度以下に抑えるためには世界全体のGDP当たり炭素排出量を毎年6%削減する必要があることがわかりました。しかし2007年から2012年の5年間における炭素削減率は平均0.7%に過ぎず、このままでは2100年までの許容炭素排出量、すなわち炭素予算を2034年までに使い果たしてしまう計算となります。この毎年6%という炭素削減率は極めて大きな数字ですが、一部の国々におけるエネルギー効率の向上や再生可能エ

公共部門の生産性向上のための新たなアプローチ‐優先順位付け、測定、整合化による公共部門の生産性の向上‐

公共部門の生産性向上のための新たなアプローチ‐優先順位付け、測定、整合化による公共部門の生産性の向上‐ 「生産性」は、公共部門においても産業界においても、長期間にわたり議論されてきたテーマです。本書では、公共部門の生産性に関するこれまでの取り組みの原動力と経緯について考察し、また以下の3つの質問に焦点を当てることによって、公共部門においても生産性は大きな意味を持つものになる、とこれまでの否定的な見解を覆す主張をしています。政府のプログラムや活動を戦略的に優先順位付けするに当たり、集団的ア

Cities of Opportunity 6‐世界の都市力比較 2014

プレスリリースPwC Japanグループの動向をプレスルームからお届けします。 © 2004-2017 PwC. All rights reserved. PwC refers to the PwC network and/or one or more of its member firms, each of which is a separate legal entity. Please see www.pwc.com/structure for further details.

10Minutes‐注目すべきCOSOフレームワークの改訂‐

COSO内部統制フレームワークの改訂 2013COSO内部統制フレームワークが20年ぶりに改訂され、2013年5月14日に公表されました。1992年に米国で公表されたCOSO内部統制フレームワークは、内部統制に関するグローバルスタンダードとして、世界の主要国で内部統制の整備や運用・評価の基準として広く活用され、わが国の内部統制報告制度や金融検査マニュアル策定の際にも参照されました。今回の改訂は、従来のフレームワークにおける内部統制の定義や評価・管理方法を大きく変えるものではなく、この20年間にお

10Minutes データプライバシー

「顧客のデータプライバシーに真摯に向き合うこと」がビジネス上重要であることは、言うまでもありません。顧客から預かった個人情報を適切に取り扱うことによって、確実に法令を遵守し、また顧客の信頼を勝ち取ることが可能になります。ビジネスがグローバル化した現代の環境下では、日本の個人情報保護法だけでなく、EUのデータ保護規則など、海外の法規制を遵守することも不可欠です。一方で、顧客情報の利用価値は以前よりも増しています。企業にとって、顧客の属性情報(性別、年齢、職業、家族構成、居住地域、購買履歴等)はそれ

経済犯罪実態調査 2014 日本分析版

日本における経済犯罪‐現状と対策‐PwCが実施した「経済犯罪実態調査 2014」を基に日本企業の回答結果(75社)を分析した「経済犯罪実態調査 2014 日本分析版」の結果、経済犯罪の被害にあった日本企業の割合が世界全体(37%)の半分以下の15%であることが分かりました。しかし、この結果だけを見て、日本で起こる経済犯罪が少ないと結論付けるのは早計であり、日本での不正発見率が低い可能性を念頭に置く必要があります。調査回答を分析した結果、日本企業は企業内で起こり得る経済犯罪を過小評価している傾向が

経済犯罪実態調査2014日本分析版

プレスリリースPwC Japanグループの動向をプレスルームからお届けします。 © 2004-2017 PwC. All rights reserved. PwC refers to the PwC network and/or one or more of its member firms, each of which is a separate legal entity. Please see www.pwc.com/structure for further details.

PwCのグローバル調査です。

第17回世界CEO意識調査

第17回世界CEO意識調査富士フイルムホールディングス株式会社 代表取締役会長・CEO古森 重隆氏 日本電信電話株式会社 代表取締役社長鵜浦 博夫氏 Industry focus[English]Asset managementAutomotiveBanking & capital marketsCapital projects & infrastructureChemicalsCommunicationsEnergyEngineering & constructionEntertainmen

PwCのレポートです。

インドにおける外資系銀行

インドは、BRICs諸国の一国として今後の成長が期待されており、邦銀を含む外資系銀行からも有望な市場として注目されています。PwCインドでは、外資系銀行に対するアンケート調査を行い、これまでの外資系銀行の活動や最近の規制に関する動きなどを報告書としてまとめました。本報告書では、外資系銀行はインドを有望市場として注目しつつも、さまざまな規制への対応が課題となっていることが示されています。主要な内容は以下のとおりです。 外資系銀行の活動の現状外資系銀行に対する規制の推移子会社を設立する際のガイドライ

PwCの調査です。

インドネシアの銀行に対する意識調査レポート2013

インドネシアの銀行に対する意識調査レポート2013 インドネシア経済はここ数年順調に拡大しており、インドネシアの銀行業界も、2012年は好調な業績を上げています。そうした中で、銀行業界は今後どのような成長戦略を描き、どのような経営課題を抱えているのでしょうか。PwCインドネシアでは、第4回となるインドネシア銀行業界に対するアンケート調査を行い報告書にまとめました。回答結果の事例として、次のような項目が挙げられています。 7割以上が貸出の20%以上の伸びを見込む。半数以上がM&Aなどを通じ

汚職リスクに対する効果的なアプローチ

汚職リスクを定量的に評価し、万全な統制環境から企業の発展をもたらす多くの国で汚職に関する規制や監督官庁からの監視が強まっており、企業における汚職リスクへの対策が不可欠となっています。贈賄や汚職リスクをコントロールするには、SOX法への対応だけでは十分ではありません。このリスクに対して、PwCでは「Type of official interactions(公務員との関係性)」、「Industry(業界)」、「Geography(地理・地域性)」、「History(歴史)」、「Tone at th

PwCの調査です。

経済犯罪実態調査 2014

プレスリリースPwC Japanグループの動向をプレスルームからお届けします。 © 2004-2017 PwC. All rights reserved. PwC refers to the PwC network and/or one or more of its member firms, each of which is a separate legal entity. Please see www.pwc.com/structure for further details.

PwCのレポートです。

グローバルにおける自動車部品サプライヤー業界の統合 2013年版

グローバルにおける自動車部品サプライヤー業界の統合 2013年版 PwCが2013年に世界的な773社の自動車部品サプライヤーを対象に、30の指標に基づき情報収集および分析を行った結果を要約した調査資料です。地域、規模別、分野別等のさまざまな観点から、サプライヤーの動向を分析し、2014年以降の業界動向を予測しています。主な内容2013年の自動車部品サプライヤーのM&A件数は減少が見込まれているものの、取引規模は増加が見込まれています。買収に積極的な北米のサプライヤーに対して、業績が不振

PwCの調査です。

グローバル情報セキュリティ調査2014(日本版)

プレスリリースPwC Japanグループの動向をプレスルームからお届けします。 © 2004-2017 PwC. All rights reserved. PwC refers to the PwC network and/or one or more of its member firms, each of which is a separate legal entity. Please see www.pwc.com/structure for further details.

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

お知らせ