「reproduction」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年4月27日小学館フィードバック数:0ライフスタイル

女性の冷えと幸福度に関する調査

カテゴリー アクティビティ5月29日より小学館女性インサイト研究所は「しごとなでしこ総研」に名前が変わりました働く女性を応援する雑誌「CanCam」「Oggi」「Domani」「美的」の読者組織や「しごとなでしこサロン」のメンバーを中心に、リアルに働く女性たちのインサイト<ホントのキモチ>を掘り下げ、研究するために設立されました。雑誌作りで培ってきた読者との信頼関係をいかして、今を生きる女性の価値観や購買欲求、キモチの揺らぎをとらえていきます。*研究内容はレポートとして広く発表すると同時に、企業

2015年6月10日小学館フィードバック数:0大型消費/投資

夏の金銭管理実態調査

カテゴリー アクティビティ5月29日より小学館女性インサイト研究所は「しごとなでしこ総研」に名前が変わりました働く女性を応援する雑誌「CanCam」「Oggi」「Domani」「美的」の読者組織や「しごとなでしこサロン」のメンバーを中心に、リアルに働く女性たちのインサイト<ホントのキモチ>を掘り下げ、研究するために設立されました。雑誌作りで培ってきた読者との信頼関係をいかして、今を生きる女性の価値観や購買欲求、キモチの揺らぎをとらえていきます。*研究内容はレポートとして広く発表すると同時に、企業

2015年2月18日小学館フィードバック数:0ライフスタイル

「女性の趣味と暮らし」に関する調査

カテゴリー アクティビティ5月29日より小学館女性インサイト研究所は「しごとなでしこ総研」に名前が変わりました働く女性を応援する雑誌「CanCam」「Oggi」「Domani」「美的」の読者組織や「しごとなでしこサロン」のメンバーを中心に、リアルに働く女性たちのインサイト<ホントのキモチ>を掘り下げ、研究するために設立されました。雑誌作りで培ってきた読者との信頼関係をいかして、今を生きる女性の価値観や購買欲求、キモチの揺らぎをとらえていきます。*研究内容はレポートとして広く発表すると同時に、企業

2015年2月3日野村総合研究所フィードバック数:0ビジネス

ASEANの長期展望と日本企業が取り組むべき課題

特集 ASEANの構造変化と日本企業の現地マネジメントのあり方ASEANの長期展望と日本企業が取り組むべき課題岩垂好彦C ONT E NT SⅠ ASEANの経済統合と事業環境の変化Ⅱ 環境変化を踏まえたASEAN各国の長期展望Ⅲ ASEANの変化に対応した事業体制のあり方Ⅳ 経済統合後を見据えた事業再編へ要 約1 ASEAN(東南アジア諸国連合)は、2015年末をもって「ASEAN経済共同体(AEC)」を完成させるとしている。これを機に、国境を越えた経済活動が活発になり、世界の多国籍企業から

2015年2月3日野村総合研究所フィードバック数:0企業情報システム

ITソリューションフロンティア 2015年2月号

2015Vol.32 No.02(通巻 374 号)02特  集パ銀ー行トビナジーネとスし変て革の2015Vol.32 No.02(通巻 374 号)02視点IT サービスの進化は止まらない04久 保 並城特集銀行ビジネス変革のパートナーとして投資性商品のマーケティングの高度化…………………………………─ データマイニングを活用した顧客理解の深化 ─06鈴木  啓銀行における投資信託や保険などの投資性商品の販売は、人的・時間的コストの高い属人的アプローチから、顧客データを活用した戦略的アプローチ

2014年5月8日野村総合研究所フィードバック数:0企業情報システム

2020年に向けたIT市場の動向

NRINEWS2020年に向けたIT市場の動向桑津浩太郎ハードウエアやネットワークを中心としたIT市場が成を強めている(図1)。IT市場は熟化する一方で、スマートフォンやクラウドサービス、多様化と成熟化が同時に進行するM2M(Machine to Machine:機器と機器の接続)などの、状況に置かれているのである。多様な機器、サービス、プラットフォームが同市場をけん引しようとしている。本稿では、上述のサービスや利活用へのシフトと並行して注目を集めるM2Mを取り上げ、これまでの自動販売機や電力メ

2013年10月8日野村総合研究所フィードバック数:0ビジネス海外

ASEAN消費市場への日系企業の参入における課題と対応策

特集消費市場として拡大するASEANASEAN消費市場への日系企業の参入における課題と対応策倉林貴之CONTENTS長尾良太Ⅰ 消費市場としての注目度が高まるASEANⅡ 「モザイク」模様のASEAN消費市場Ⅲ 日系企業による参入上の工夫 ── 日系企業の取り組み事例Ⅳ 日系企業が直面する課題と対応策要約1 日本・中国に次ぐアジアの第三極としての消費市場へと成長することが見込まれるASEAN(東南アジア諸国連合)。日系企業にとっての「今後の進出意向」は中国と肩を並べる水準に達している。2 消

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ