「samsung」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2017年3月29日ワンダーリーグフィードバック数:0デジタル家電

Samsung/Oculus提供の「Gear VR」向けアプリ全566を徹底リサーチ

報道関係者各位プレスリリース2017年3月23日株式会社ワンダーリーグVRビジネスの大本命 GearVRを徹底調査!samsung/Oculus提供の「GearVR」向けアプリ全566個を徹底リサーチした結果を発表します。モバイルVR向けサービスを提供する株式会社ワンダーリーグ(東京/代表 北村勝利)は、GearVR(samsung/Oculus提供)向けにOculus Storeで提供されている全アプリを調査、集計したデーターを発表させていただきます。GearVR とはバーチャル・リアリティ(

2017年2月16日ガートナーフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2016年の主要電子機器メーカーの半導体需要に関する調査

2017年2月1日ガートナー ジャパン株式会社広報室ガートナー速報2016年もSamsungとAppleが世界の半導体消費を牽引半導体ベンダーは顧客ベースの多様化を進め、変化するエレクトロニクス市場の力学を活用する必要があるとの見解を発表東京発 − 2017年2月1日 − ガートナーは本日、2016年の主要電子機器メーカーの半導体需要に関する調査結果を発表しました。Samsung ElectronicsとAppleは2016年に、半導体ベンダーにとって最大の顧客としての地位を堅持し、両社の半導体

2016年3月8日European Patent Officeフィードバック数:0ビジネス海外

Annual report 2015

1.Philips2 4022.Samsung2 3663.LG2 091

2015年8月25日DRAMeXchangeフィードバック数:0モバイル

TrendForce Reports Global Mobile DRAM Industry Sees 7.7% Revenue Growth in Q2 as It Resists Price Decline

TrendForce Reports Global Mobile DRAM Industry Sees 7.7% Revenue Growth in Q2 as It Resists Price DeclineAccording to the latest analysis by DRAMeXchange, a division of TrendForce, global mobile DRAM revenue reached US$3.851 billion in the second qua

2014年5月30日日経BP★フィードバック数:0マーケティング

アジア各国でのランキングです。

ブランド・アジア2014

アジアでのApple、SAMSUNG、Google などスマートフォン関連ブランドへの評価高まる。日本ブランドはSONY、HONDA が健闘するも、全体的に低調 ―「ブランド・アジア2014」の結果を本日リリース―2014年05月30日株式会社日経BPコンサルティング(所在地:東京都港区、代表取締役社長:戸田 雅博)は、アジア12地域を横断する、ブランド価値評価調査プロジェクト「ブランド・アジア2014」(*)の結果をまとめ、日本では2014年5月30日に調査結果報告書を発行・発売する。アジア各

中国ZTE、米国の特許出願における引用件数1位はSAMSUNG、被引用件数1位はLG

中国ZTE、米国の特許出願における引用件数1位はSAMSUNG、被引用件数1位はLG 弊社はこのほど、中国の通信機器大手ZTE(中興通訊)が、米国に出願した特許の全容を「特許技術調査レポート米国版:ZTE」としてまとめました。ZTEは世界知的所有権機関(WIPO)が発表した国際特許出願件数ランキングにおいて2年連続1位となっており、近年、世界各国で出願件数を急速に伸ばしています。世界の主戦場の1つである米国市場にも積極的に出願しており、今後さらに存在感を増していくものと考えられます。 本レポート

CPCを用いた米国特許分析:燃料電池の電解質分野 特許総合力ランキングトップ3はSAMSUNG SDI、東芝、パナソニック

【米国】燃料電池の電解質関連技術 特許総合力ランキングトップ3はSAMSUNG SDI、東芝、パナソニック弊社はこのほど、2013年1月から欧米にて本格運用が始まった「共同特許分類(CPC)」を用い、米国における燃料電池の電解質分野について、参入企業の競争力に関する調査をまとめました。1980年から2012年12月末までに米国特許商標庁で公開された燃料電池関連の電解質分野として、CPC「Y02E60/521(固体高分子形燃料電池(PEMFC))」~「Y02E60/526(溶融炭酸塩形燃料電池(M

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ