「storage」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2016年9月4日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内Software-Defined Storageの需要動向

国内市場におけるSoftware-Defined Storage(SDS)の認知度や利用率はまだ低いながらも上昇傾向にあることが判明 SDSの導入の主な目的は「コスト削減」とするユーザーが多く、「管理の効率化」を上回っている SDSの普及は導入効果を見込みやすい大企業を中心に進む見込み IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内Software-Defin

2015年11月19日H&Iフィードバック数:0企業情報システム

ストレージサービスの世界市場2015-2019

◆英語タイトル:Global Storage Services Market 2015-2019◆商品コード:IRTNTR7634◆発行会社(調査会社):Technavio◆発行日:2015年11月11日◆ページ数:85◆レポート言語:英語◆レポート形式:pdf◆納品方法:Eメール◆調査対象地域:グローバル◆産業分野:IT◆販売価格オプション(消費税別) ※販売価格オプションの説明はこちらでご確認ください。※お支払金額は「換算金額(日本円)+消費税+配送料(Eメール納品は無料)」です。※本体価

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ